アップルが再び世界を変える!「Vision Pro」複合現実(MR)ヘッドセットを発表 =3499ドル – マネーイズム
 

アップルが再び世界を変える!「Vision Pro」複合現実(MR)ヘッドセットを発表 =3499ドル

2023年6月6日未明(日本時間)、アップルは開発者向けカンファレンス「WWDC23」の基調講演で複合現実(MR)ヘッドセット、「Vision Pro」を発表しました。
アップルにとっては、8年前に「Apple Watch」発売して以来の主要な新製品です。

アップルがVR/AR市場に進出
7年の歳月をかけて開発したMRヘッドセットとは

アップルは「Vision Pro」のインターフェースを「空間コンピュータ」と説明しており、
ティム・クックCEOは「ユーザーが製品を見るのではなく、製品を通じて見るものとしては、初めてのプロダクトだ」と発言しました。
 

開発に7年余りをかけた「Vision Pro」の価格は3499ドル(約49万円)。これはメタ・プラットフォームズのVRゴーグル最上位機種の3倍以上の価格であり、多くのライバル商品より高いことも特徴です。
Proモデルは主にソフトウェア開発者向けのデバイスであり、Macディスプレイの拡張として使えることがポイントです。ソフトウェア開発者にとってVisionProにより生まれる広いスペースは、作業の効率化と創造性の両方に活かされることが期待されます
最初にProモデルをリリースすることで、ソフトウェア開発者に多くのアプリを作ってもらい、その後、価格を下げた一般向けデバイスが登場することが予想されます。
 

今回発表された「Vision Pro」は、装着して見える背景は現実の風景であり、その上にアプリが浮かび上がります。Macに採用されている「Apple M2」とセンサー処理を担当する「R1」というデュアルチップを搭載し、2つの超高解像度ディスプレイに広がる2,300万のピクセルにより、ユーザーと外界の新たな関わりを提案しています。
EyeSightと呼ばれる機能によって、着用者がVRに没頭しているのか、ARでアプリを使用しているのか、分かりやすい設計になっており、コミュニケーションが可能です。
手や目、声で操作出来るのに加えて、Magic KeyboardとMagic Trackpadにも対応しており、あらゆる場所が無限のキャンパスになることも大きな特徴です。
没入のレベルは、右サイドのDigital Crownというコントローラーを回して調整することができるため、部分画面や全画面に切り替えが可能です。
プライバシーとセキュリティはユーザーの虹彩認証を搭載し、虹彩データはデバイスの中に暗号化されます。
 

コンテンツ面では新たな映像体験として、アップルはディズニーとのコラボレーションを発表しました。エンタテイメントとテクノロジーの融合による可能性が広がることが期待されます。
さらにUnityとの協力により、Unityベースで開発されるゲームやアプリ、高解像度レンダリングなどが、VisionOSの機能にアクセスできることも明らかになりました。
 

株価の反応は「VisionPro」の発表直後、アップル株は下落に転じており、投資家を熱狂させるには至らなかった一方、ディズニーとUnityの株価は上昇しています。
発売予定日は2024年前半に米国で販売予定。2024年後半には“さらに多くの国”で発売されます。
 

鈴木林太郎
金融ライター、個人投資家。資産運用とアーティスト作品の収集がライフワーク。どちらも長期投資を前提に、成長していく過程を眺めるのがモットー。Webメディアを中心に米国株にまつわる記事の執筆多数。
「トピックス」カテゴリの最新記事