税理士コラム | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税理士コラム

税理士コラム

高橋昌也税理士・FP事務所ブログ

呪縛からの解放
2009.11.07

20090909115953.jpg

変な形。

おはようございます、最近は色々なものがありますね。
何でしょう、すごく重そう。


昨日からの続き、期間損益計算に拘っていることについて。
別に私は「冒険会計に戻せ」と言いたいわけではありません。


どちらかというと、私は長期的な目標しか掲げらず、短期的な
行動指針をないがしろにすることの方に危険性を感じている
人間です。
その意味で、期間損益計算というツールは結構重要視して
いたりします。

ただ、一年という決められた期間内において損益を競うだけの
事業活動にはあまり意味がないことを知って頂きたいだけです。
最終的な目標は、個人や企業が継続的に幸せな状態を実現
できるような仕組みになっていれば良いわけです。
会計なんてのは、そのためのツールに過ぎません。


実は一年という期間が固定されたことにより生じた弊害は
企業以外にも存在します。
悪名高きお役所の「予算」というものです。
一年という限られた時間内で予算を使い切ろうとするから、
妙な支出が増えるというわけです。
必要なのは、その公共投資そのものから継続的に得られる
利潤やサービスそのもののはずです。


とある著名な経営学者の言葉を借りてこの文章を締めます。

「企業が継続的な発展を手にするためには、
 期間損益計算という呪縛から解き放たれる必要がある」


いつもお読み頂き、ありがとうございます。


使える時間は適切なのか?
2009.11.06

20090821130128.jpg

いや、まぁ言われてみればそうなんですけどね。

おはようございます、これでぬるかったら怒りますけど。
こうやって改めて書いてみるのも、広告的には面白いのかも。


昨日からの続き、固定資産の経理について。
やはり最大の問題点は

・使える時間の見積もり

が非常に難しいことです。
例えばPC、世間一般的には4年間使えることになっています。
しかし、私は今回1年半で買い換える羽目になりました。
これは故障が原因でした。

使える期間が変わってくるのは何も故障だけとは限りません。
例えば技術そのものが新技術の登場により駆逐されることもあります。
現行の機械にマッチする製品が最早作られなくなった場合、
その資産は途端にゴミとかすことになります。

全般的に技術革新が進み、同じ設備を使い続けることができる時間は
短くなっているように感じられます。
このような状態にあって「この機械は何年間使えます」と断言することは
相当なリスクが隠れていることを認識しなければなりません。


明日、再度合流をしてこの話を締めます。

この項、明日まで続く。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。


支出と費用が一致しない罠
2009.11.05

20090818122052.jpg

近所に展示されているトロリーバス。

おはようございます、川崎にも昔は走っていたみたいです。
保管状態も悪いので、ボロボロですけど。


昨日からの続き、固定資産や引当金の経理処理について。
実際上の問題について、少し考えてみます。

最大のポイントは

・支出と費用のタイミングがずれること

ここに尽きます。
固定資産では支出が先に来て費用が後から来ます。
引当金では費用が先に来て支出が後から来ます。
これらは経営者の判断を著しく狂わせます。

利益があるのに会社は潰れます。
このことは、自著においても取り上げさせて頂きました。
現預金の残高と期間損益の数字が乖離し続けることにより、
経営者は判断しなければならないことが倍以上に増えてしまいます。


明日、また分離します。
当ブログでは固定資産という経理処理の実務的問題点でも。
別コラムでは引当金に関して同じような分析をしてみます。

この項、明日に続く。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。


ブログトップページ

最近の記事
カレンダー
税理士紹介ビスカス
コメント
アーカイブ
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!