税金Q&A 支援者によって支援方法が異なる場合 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 支援者によって支援方法が異なる場合

税金Q&A

支援者によって支援方法が異なる場合
【Q】

支援者によって支援方法が異なる内容の再建計画であっても、合理的な再建計画と認められますか。


【A】

支援者によって支援方法が異なる内容の再建計画であっても合理的な再建計画と認められる場合としては、例えば、債権放棄が主な支援方法である再建 計画において一部の債権者が債権放棄に応じないが金利減免には応じている場合や融資残高を維持するにとどめている場合などが考えられます。
なお、それぞれの支援者がどのような支援方法を採るかは、当事者間の合意により決定されるものです。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!