税理士コラム | 税理士紹介25年、税理士紹介のパイオニア「税理士紹介センタービスカス」

税理士 紹介ビスカス > 税理士コラム

税理士コラム

吉田信康税理士事務所ブログ

新年の課題(夢をかなえるゾウ風) その3

2009.01.06

課題2 「毎日本を読む」

「なんや?税理士として当たり前と違う?
税理士だから、毎日勉強して当然やないの。」
また、もっともなガネーシャの突っ込み。

「もちろん。当然のことだと思うけど、税理士の仕事は結構忙しいの。
よく宴席もあるし。必ず毎日読むのは結構キツイ・・・。
あの麻生総理だって忙しい身でありながら、毎晩ホテルのバーで飲んでいて
多分毎日本なんか読んでいないさ。」
(ちょっと苦しい言い訳・・)


ガネーシャの突っ込みではないですが、確かに最近読む本の量が
減っていて、これではマズイと感じていました。
何となく忙しさを理由に自分に言い訳してきたのですね。

それが、昨年マイクロソフトの元社長成毛眞氏が書いた
本は10冊同時に読め
を読んでから自分自身考え方が変わりました。

%E6%9C%AC%E3%81%AF%E5%90%8C%E6%99%82%E3%81%AB10%E5%86%8A%E8%AA%AD%E3%82%81.jpg

副題読めますか?
「本を読まない人はサルである!」

この本を読んで以来、できるだけいろいろなジャンルの本を
毎月最低10冊は買う
ことにしています。

その本の指示通り、自宅の寝床やトイレ、事務所の机の上など
私の動線に散乱させています。
確かに、そうしていると空いた時間で結構読めるようです。
どうしてもビジネス書など専門的な本を買ってしまう傾向に
なるのですが、あえて違う分野の本も探そうと努力しています。

それと全部読もうとしないことですね。
これは会計士の勝間和代さんがそう言っていました。
つまらなければ無理に全部読まなければいい。
そう思うと気楽なものです。
ここで大事なのは、それでも本の購入代金はケチらずに
投入することなのでしょう。
ただ、確かに無駄にするにはもったいないので、できるだけ
その10冊は慎重に選ぶようにしています。
その本探しも楽しいし、現在のトレンドも掴めるし、生の情報が入ってくる・・。

もっともっと人間の幅を広げるためにも、毎日無理してでも
読んでいこうと思っています。
今年は歴史書や哲学書などもチャレンジしたいですね。
夢をかなえるためには、これくらいは当然の課題でしょう!




コメント (1)

いつも大変お世話になっております。

私も今年はもっと本を読むことを目標にしてます。
(幸い、毎日通勤で電車に乗ってる時間があるので・・)

成毛さんの本、面白そうなので今度書店に行ったら
早速購入してみます。

他にもお薦めがありましたら、教えて下さい!


ブログトップページ

最近の記事
カレンダー
カテゴリ
税理士紹介ビスカス
コメント
アーカイブ