税理士コラム | 税理士紹介25年、税理士紹介のパイオニア「税理士紹介センタービスカス」

税理士 紹介ビスカス > 税理士コラム

税理士コラム

吉田信康税理士事務所ブログ

取り戻せ!税金!!

2009.05.22

まだまだ3月決算ネタを。
今週は頭が決算モードで申し訳ないですが他のこと考えられません。
よく他人のブログを覗くのですが、
「どうして毎日毎日違うネタでアップできるのか」と
不思議でなりません。
私と違って頭が柔らかいのでしょうかね・・・。

さて、専門的なお話で恐縮ですが
欠損金の繰戻し還付」という制度があります。
平成21年度の税制改正で復活した本当にホットなお話です。
要するにこれだけ不景気なのですから、国税庁が
「少しでも税金を返しましょう」
といってくれているのですね。

つまり、昨年度は利益が出て税金を納めた会社があったとします。
今期はやはりあの「リーマンショック」から売上が激減し、赤字決算になったという会社も多いですよね。
簡単に言えば、昨年度の黒字と今年の赤字を比べて、
「黒字幅より赤字幅が大きかったら、昨年度の納めた法人税全部返します」
という大変ありがたい特例なのですね。
これは「定額給付金」の比ではありません。

法人税というのはもともと赤字が出ても、7年間は繰り越すことが
できるのですが、やはり来期以降黒字がでるという前提なのですね。
これだけ景気が落ち込むと、来期以降必ず利益がでるとは
限らないですからね。
今後7年間の見通しがたたないなら、取りあえず昨年度の税金を返してもらいましょう。
ということになりますね。やはり
「将来の夢より目先の現金」ですね。

ただ、会社が今後どうなるかよくお聞きして決めなければならないのですね。
しかもその手続きは申告所の提出と同時です。
「出せばよかった。」と後からいわれないためにも真剣に
検討しています。

でも税金を取り戻すこの還付、本当に好きです。
税理士固有のお仕事ですからね。
本当に感謝もされます。税理士冥利につきますね。
3月決算ガンバ!


ブログトップページ

最近の記事
カレンダー
カテゴリ
税理士紹介ビスカス
コメント
アーカイブ