税理士コラム | 税理士紹介25年、税理士紹介のパイオニア「税理士紹介センタービスカス」

税理士 紹介ビスカス > 税理士コラム

税理士コラム

吉田信康税理士事務所ブログ

30年ぶりの同窓会

2010.06.21

文京区小石川、東京ドームの近くに都立竹早高校があります。
30数年前のことになりますが、そのバスケットボール部に私は入部しました。
週末にそのバスケ部の同窓会が、なんと卒業以来はじめて
行われました。

竹早バスケ.JPG

私は中学まで運動らしいことはしていなかったのですが
高校になるとなぜかバスケ部に入ったのですね。
それは当時すでに身長が180センチは越えていて背が高かったからと、
兄の影響でした。
(実は私の兄は全日本の監督までやったバスケ界の超有名人で、
岡田ジャパンならぬ、吉田ジャパンをかつて・・・)

しかし、入ってみて分かったのですが学内一厳しい部でした。
上下関係も厳しく、週6日放課後の練習は無論のこと、
朝練や昼練!まで・・。
バスケ初心者の私は常に怒られていてばかりいました。
当時竹早高校は進学校だったので(多分今も?)、部活は帰宅部に所属して
予備校に通う人も多かったのでしょう。
練習のきつさで、10人以上いた同級生の部員は最後4人だけに。

でも私は前にもアップしたお話ですが、囲碁部の中心選手となりながらも、
必死になってバスケットも練習しましたね。
2年生になるとなぜかキャプテンに。


30年振りとなると顔つきがすっかり変わって最初は戸惑ったのですが
15分も話すとすぐ昔のように、「オイ!オマエ!!」と呼び合うように
なりましたね。
30年の月日で、メタボや白髪オヤジになっていたり。
かつてのかわいい後輩達も、部長や役員になっているものも。
新入部員だった頃の、ういういしかった顔も
やり手営業マンのいい顔つきになっているものもいました。
何といっても、一人として欠ける事もなく全員が頑張っているのを
知って本当にうれしかった。
やはり同じ釜の飯を食った仲間というのはいいものですね。


夏合宿の際に、蒸し風呂のように暑い体育館でのきつい練習。
気絶しそうなくらい頭が朦朧とした中、ボールを必死に追いかけていた・・・。
「世の中にはこんな苦しいことがあるのか」
そう思えたことがその後の人生にどれだけ役立ったか。

きつい時、苦しい時、声を掛け合って励ましながら
頑張った仲間達。
時間が経つのを忘れ、深夜まで(朝まで!)語り合いました・・・。


なんかもっと頑張らなければいけませんね。
そう思い知らされました。
心のどこかで、あの頃の自分が蘇りました。

たけはや~!ファイトッ!ファイトッ!ファイトッ!ファイトッ!・・・


コメント (1)

ホント同窓会っていろんな意味で楽しいですよね。

私はもう少し下の世代ですが、
同窓会のたびに
お互い(見かけも含めて)の変化を確認し合います。
それも温かい眼差しでです。

あの頃には想像もつかなかった未来に
お互いいるわけで、
昔の思い出をベースに感慨深く振り返るわけです。

1時間もすると緊張もとれて
素直に「みんながんばってるなぁ・・・」
とうれしくなってきます。
確かにあだ名で呼び合う限られた仲間です。

そういう共有の振り返る時間が持てるってのは
シアワセですよね。

~クラスではあきらかに不良という位置づけだった
竹早の後輩八木より。


ブログトップページ

最近の記事
カレンダー
カテゴリ
税理士紹介ビスカス
コメント
アーカイブ