税理士コラム | 税理士紹介25年、税理士紹介のパイオニア「税理士紹介センタービスカス」

税理士 紹介ビスカス > 税理士コラム

税理士コラム

吉田信康税理士事務所ブログ

飲食店が蘇る! その3

2010.09.30

焼肉店は、まず改装にお金がかからないそうです。
ほとんど「居抜き」状態で転換できました。
これはものすごいことですね。

大手焼肉チェーンですと、コンロ付きテーブルですね。
テーブルの中に入っていてしかも煙の出ないものも。
でもあれは結構高価なのです。
よく「炭火焼」といって、わざわざ「備長炭」なんかつかっている
お店もありますが、あれもコストがかかると想像できますね。

でも実際に流行っている焼肉店のほとんどが、
テーブルの上におくタイプなんだそうです。

焼肉ロースター.jpg

これで十分なんだそうです。
コスト面でも最高なのですね。感心しました。
あとは換気用のダクトをつければ改装完了で、
本当に改装費ほとんどかからないのですね。
このマジックには感心しました。

あと、いろいろ肉の仕入方法や酒の原価率、
またメニューの設定など、まさにコンサル内容そのものなのですが、
いろいろ教えてもらいました。
当たり前でありながら、意外と盲点なんですが、
焼肉店にはコストの高い料理人なんていらないのです
そのほかこのご時勢どうやって「食べ放題」を運営するかなどなど・・・。
これも感心しました。
残念ながら、ブログではアップできません。
仕入れの流通が確保できて本当に美味しい焼肉でした。しかも安い。
一日に数回転する理由が分かりました。


あと面白いことを聞きました。
明日から、タバコ値上ですよね。
愛煙家の方々は大変なのでしょうけど、タバコと飲食店の議論で
盛り上がりました。
いまや禁煙ブームですね。
飲食店を全面禁煙にするところも多いそうです。

でもこれ重要なことらしいのですが、やはりタバコを店内全面禁止に
すると売上は総じて落ちるそうです。
一般論として、「タバコ吸う人は金払いがいい」だからだそうです。

確かにそうでしょうね。
これだけ不景気で健康ブームでも、毎日吸うタバコ代に
気を使わない人は・・・。
タバコ吸う人には大酒のみでが多いらしいです。
飲食店再生のキーワードは意外と「タバコ」だって
教えてもらいました。

ところで、このお店は禁煙ではありません。
でも分かりますよね。
でも焼肉店はもともと煙があって、タバコの煙なんて
吸っていても分からないくらいのですね。
しかも各テーブルに大きなダクトがついている・・・。


どうでしょうか。
脱サラして焼肉屋でも始めませんか・・・?


ブログトップページ

最近の記事
カレンダー
カテゴリ
税理士紹介ビスカス
コメント
アーカイブ