税理士コラム | 税理士紹介25年、税理士紹介のパイオニア「税理士紹介センタービスカス」

税理士 紹介ビスカス > 税理士コラム

税理士コラム

吉田信康税理士事務所ブログ

仕事納め
2010.12.29

本日で仕事納めです。
この1年間ありがとうございました。

仕事納めといっても実はずっと仕事はしていますが、
けじめをつけるためブログもお休みにします。
このネタはよくアップしますが、「年末の仕事は自分の確定申告をする」
ためなのです。
日頃から個人と法人の確定申告をご指導していますが
自分の確定申告もキチンとできないのにやはり指導はできないですよね。
この話を知り合いの税理士に話すと結構驚かれます。
「毎年3月15日に出しているけど・・・」
そういわれますね。

でも本当に12月31日で決算はできるのですね。
これは理想かもしれませんが、「1月1日に国税庁に電子申告して終わり」
となりたいものですね。
そうするにはどうしたらよいか・・。
これも来年の本のネタになりそうなお話ですね。
1月1日に国税庁に電子申告したって
「確定申告はお早めに」
と毎年言っているのですから、怒られはしないのではないでしょうか?
(ただ今のところは電子申告は1月4日から受付なのですね・・・。)


さて今年一年振替ってみて、
「今年の一文字」
で表現してみましょう。

本家の清水寺で発表されたのは「暑」であることは
ご存知でしょうね。
私なら
「走」
を選びます。
よくアップしていたように本当によく走りました。
今年1月に新宿シティマラソンで生まれて初めて
10キロのマラソンを走ってみて、結構マラソンにハマリましたね。
一年間で、5キロ1回、10キロ3回、ハーフ5回も大会に
出場してしまいました。
来月はついに初フルマラソンにチャレンジします。

ここ3ヶ月の月刊走行距離は平均で150キロくらいですね。
ということは多分この1年間で1000キロ以上は楽に走ったでしょうね。
1000キロというと東京大阪間の往復ですからね。
来年は2000キロくらい走りたいですね。

実際に走ったお話もそうですが、仕事の方も走り続けた年でした。
何とか年末に本を2冊発刊できたのも良かったですね。
まだまだ頑張らばければと思います。
中小企業を元気にするのも税理士の仕事なのです。

ということで来年も走り続けます。
良い年を。


「大金持ちも驚いた105円という大金」 その4
2010.12.28

年末の忙しいときに長々と古本ネタですいません。
そろそろ言いたいことをハッキリ書きましょう。

別に「アマゾン・マーケットプレイスで起業しましょう!」とか
「副業しましょう!」というお勧めを強く言っているのではありません。

確かに誰でもパソコンとクレジットカードくらい持っていますね。
簡単に始められるビジネスです。
この著者は群馬県の高崎に住んでいるそうです。
北関東のブックオフを中心にやっているのですから
都内に住んでいる人なら楽勝でできるのではないでしょうか・・・。

「このブログのおかげで・・・」
というお話が数ヵ月後に聞けるかもしれませんね!?


しかし、言いたいことは「ネットビジネスの将来性」なのですね。
この著者もはっきり書いていましたが、
「アマゾンの一人勝ちはおかしい」と。
確かに一番それを感じました。

「日本でもアマゾンに対抗して、『利根川』でも『信濃川』でも
日本独自の書籍のネットシステムを確立すべきだ!」
確かにそう思います。
日本の確立された本の流通システムではできないのでしょうか。
なぜ誰もこれに対抗するシステムを作ろうとしないのでしょうか?
数年前のネットバブルで多くのベンチャー企業がネットに
挑みました。
ネットバブルが崩壊していつの間にか、大手企業の寡占化、独占化が
進んでいます。

書籍だけでなく、例えば旅行ビジネスでもそうです。
この正月に旅行に行かれる方も多いとお思いますが
ネット予約でも「じゃらん」と「楽天」など大手により
市場が占有されてしまっています。
旅行関係の方から聞いた話ですが、最大手が来年から
送客手数料(いわゆる紹介料)を一方的に値上すると通告したために、
ある旅館ホテル組合からボイコット運動まで発展しているそうです。

寡占化により市場原理が働かなくなっているのです。
冷静に考えたら、ネットビジネスにもまだまだチャンスがあると
気がつきませんか?
パソコン一台で大手企業と対抗できる・・・。
そんな夢がこのマーケットにまだまだ潜んでいるのです。
来年はこの夢にチャレンジしてみませんか・・・。


「大金持ちも驚いた105円という大金」 その3
2010.12.27

「アマゾンマーケットプレイス」という仕組みご存知ですか?
これもこの本のおかげでそのからくりを知りました。
もちろん。よく私も購入の方で利用しますので
なんとなく分かっていましたが、出品するシステムは大違いですね。

例えば今ベストセラーの水嶋ヒロさんの「KAGEROU」が
アマゾンでは定価は1470円(税込み)です。
これを「アマゾンマーケットプレイス」では1000円くらいで
売られています。
購入する側としては別途送料がかかるのがミソですね。
新刊なら無料なのですが250円もかかります。
ということは古本を1250円で買うことになってしまうのですね。

ではこれを出品した側はどうなるかというと、
仮に1000円で売れたとしても、その1000円がまるまる入るのではなく
アマゾンから手数料が差し引かれます。
出品契約によって違うらしいのですが、売価の15%と定額の100円です。
ということは250円も手数料取られて750円しか残らないのですね。
これを商売とするには新刊の値段の半額以下で仕入れなければ
ならない・・・。

これは大変ですね。
数十万部のベストセラーだから商売になるかと思ったら
全く違うのですね。

このあたりWebマーケケィングを勉強したことがある人なら
当たり前の理論なのですね。
このネタは以前私もどこかでアップしましたね。
要するに有名な
「恐竜の尻尾(ロングテール)理論」
なのですね。
「あまり売れない商品こそがネット店舗では欠かせない収益源」
という考え方です。

これはこの本に一貫して書かれていることです。
「そんな本が売れるのか!」
驚くことばかりです。
著者に言わせれば

「ベストセラーよりロングセラー」
だそうです・・・。


「大金持ちも驚いた105円という大金」 その2
2010.12.24

「せどり」という珍商売分かりましたか?
これは誰でも簡単にできるサイドビジネスなのですね。
もちろんこれで独立開業もできる。
必要なものは
「パソコン」と「クレジットカード」
だけです。

それさえあれば、だれでも「アマゾンマーケットプレイス」へ登録できます。
登録は無料!
登録さえすれば即日出品も可能なのですね。

しかしこの著者は実はそのクレジットカードさえ持っていなかった。
これは書いていないことなのですが、自己破産しなくて
良かったのですね。
クレジットカードさえも持てなくなりますからね。

ただこの「せどり」にあと必要なのは、「携帯電話」だそうです。
これはブックオフで売られている本が
現在のアマゾンでの値段がいくらか確認できるようにするソフトを
使うためです。
「へ~!」
これも感心しました。
ブックオフで売られている古本が今いくらで
売れそうか瞬時に分かるのですね。
これなら誰でももちろん素人でもできそうですね。

しかしこの著者はその携帯さえも持っていなかった。
そのあたり全部正直に書いています。

そうやって試行錯誤しながら古本を売っています。
これも驚くのですが、ブックオフで105円で買ったセール本が
なぜかアマゾンだと数千円で売れることもある・・。
ここでも「へ~!」
ですね。

「こんなビジネスがあるのか!」
読んだ人は皆きっとそう思うでしょうね・・・。



「大金持ちも驚いた105円という大金」 その1
2010.12.22

もう歳の暮ですね。
残り少ない日々で今年最も感動した本をご紹介しましょう。

お金持ちも驚いた105円.JPG

この本は以前成毛真さんのブログで紹介されていたので
思わず衝動買いした本です。
成毛さんのような読書家が勧めているのだから間違いない本だろうと
思ったのですね。
成毛さんいわく
「このタイトルをもっと考えてつけていたら相当売れていた本」
本当にそう思います。

私も経営者本を今年数十冊後紹介してきたかも知れませんが
その中で秀逸の本です。
大企業の経営者が本当の意味ですべて書き下ろすことは
ないのですからね。経営者の生の声で聞けますね。
この著者はかなりの読書家のようで筆もそうとうたつようです。
苦労話ですが、文章がうまいからぐいぐい引き寄せられます。

まず設定が面白い。
この著者60歳の予備校の非常勤講師。
20年前に予備校事業に失敗して5000万円もの借財。
数年前に不動産経営に手を出したもののこれも失敗。
60歳にしてなんと借金4000万円。
夫婦でなんとか年収500万円でありながら、
月々の返済額が40万円!
どうやっても普通の暮しは無理そうですね。
弁護士に相談に行ったら間違いなく自己破産を勧められるでしょうね。

それでこの方はどうしたでしょうか?
この方は本当に読書家だったようで
数千冊の蔵書をアマゾンで売ることを思いつきます。

アマゾンで古本が売られていることをご存知ですか。
以前アップしたこともありましが、私も良く購入します。
本当に1円で売られていることもあるのですね。
あの仕組みが良く分かります。
「へ~そうなの!」
それで商売にしてしまうのですね。
この本で「せどり」という言葉を初めて知りましたね。
簡単に言えばブックオフの105円で買ったようなセール本を
アマゾンで高く売るのです。

それで古書販売のまったくのど素人が(失礼!)
月の売上が100万円を越え、2年間で2万冊!
なんと1700万円も売上をあげ
借金も返済してしまうのですね。


「商売に失敗した人」
「自己破産を考えている人」
「脱サラでしようかと思っている人」

にぜひ読んでいただきたい本です。
この本を読むと間違いなく勇気がわきます。
私からの「クリスマスプレゼント」です・・・。


発刊記念大特集!「個人事業者のための超簡単経理」 その5
2010.12.21

「税理士要らず!」の副題の意味が
そろそろお分かりになってきたでしょうか。

会計ソフトの入力を自力でやると必ず分からないことが
出てきます。
「どうやって入力するのだろう?」
「どんな手順でやればいいのだろう?」
「勘定科目って何だろう?」
それを解決するような本にしたいと思ったのですね。

当たり前ですが個人事業主の方は年に1回しか
確定申告しないのですね。
それを毎年覚えている訳がないのです。
「あれ!去年はどうやったのだろう?」
「どうやって入力したのかな?」
「これはどんな勘定科目にしたのかな?」
これが分からないからこそ専門家に頼まざるを得なかったのですね。

最後に本音も少し書いておきましょう。
ただあんまりアップしすぎると、文句も言われるし
著作権に侵害して著作権者からクレームがきそうなので?
このあたりまでにしておきます。
詳しくは買ってお読みください・・・。
今なら当事務所にて、「著者サインサービス」実施中です。

(税理士要らずシリーズ おしまい)


・・・・・・・・

「そんなソフト買っても使いこなせませんよ。黙って領収書を
もってきなさい」などという会計事務所も未だにあるのです。
そういう会計事務所は確定申告直前にパートをたくさん雇って、
朝から晩まで入力作業です。当然その労賃が上乗せされた高い
報酬がふっかけられます。
しかし時代の流れには逆らえなくなってきています。
パソコンが普及した上、国税庁のWeb上の申告書作成システムも
年々進化しています。
あれを使いこなせば誰でも確定申告書ができる時代です・・・。


(税理士要らず!個人事業者のための超簡単経理より)


発刊記念大特集!「個人事業者のための超簡単経理」 その4
2010.12.20

本邦初公開!「逆引き勘定科目辞典」!!

いよいよ。この改訂版のキモをご紹介しましょう。

勘定科目でつまずく方は本当に多いのですね。
「これは何費かな・・・・」
そんなことを考えるとまた前に進まなくなるのですね。
これをどう攻略するかが超簡単経理なのですね。

以前「勘定科目なんて英単語!」
ということをご紹介しましたね。

やはり知らない単語が出てくると分からないどころか、
やたら難しく感じるものです。
でもここで今更その「単語」を覚えてください。
とはいえないですよね。
例えば「通信費」という勘定科目の中に「切手代」が含まれます。
ここで「通信費」という単語を覚えようとすると
もう慣れない方は止まってしまうのですね。

ですので、「通信費」という言葉、つまり「知らない英単語」を
覚えるより、「切手代」という言葉がでてきたら
「通信費」と分かるようにすればいいのです。
英語で喩えれば、「英和辞典」で和訳するより
「和英辞典」で切手代を調べられるようにすればいいだけの
お話なのですね。

この改訂版では巻末に「逆引き勘定科目辞典」を付けました。
日頃経理で出てきそうな「単語」を網羅しています。
例えば
「アマゾンで書籍購入」
をア行から見つければ「新聞図書費」が見つかります。
どうでしょうか。
コペルニクス的発想の転換!!


・・・・・・・・・

ここで中学生になった頃のことを思い出してください。
「This is a pen(ディス イズ ア ペン)」なんて最初に習いますよね。
This(ディス)は「これ」という意味だと覚えたはずです。
あれと同じ要領で、割り切って最初はこの単語を覚えていただいたほうが
よいと思います。
ところで、その英単語はどうやって覚えましたか?
例えば単語カードを作って、は「This」は「これ」という意味だと
作りませんでしたか。
単語カードみたいに「勘定科目カード」を作りなさい。
とはお願いしませんが、やはり知らない「単語」を覚えていただく必要は
あるのです。
巻末に参考として良く出てくるものをまとめておきました。

(税理士要らず!個人事業者のための超簡単経理より)


発刊記念大特集!「個人事業者のための超簡単経理」 その3
2010.12.17

「なんで税理士要らず!なんだ!!」

そろそろ業界の方からお怒りの声が聞こえてきそうですね。
私も一応税理士ですから、「税理士が要らない」とは
申していません。
税理士の手助けを「要らずに」確定申告書を作成しましょう!
という本なのですね。

それで
「誰も教えてくれなかった会計ソフトの入力法」
を公開しているのです。

今まで弥生会計のセミナーを中心にソフト入力の
指導をしてきました。
実際には素人の方にはなかなか難しいものがあります。
領収書の山で悩んでいる人がさっと入力なんかできるものでしょうか。

でも私自身本当に「どうやったらカンタンに入力できるか」を
悩みに悩んで書き上げたのですね。


それで、一つだけ内容をここで公開しますが
「領収書のグルーピング」
なのですね。
これは大事なのです・・・。
領収書の山を一気に片付けて「グルーピング」する。
そしてそれを一気に入力してしまうのですね・・・。


あと、もっと自信があるのは
「誰も教えてくれなかった『年イチ』必殺入力法」
なのですが、
これは申し訳ないですが、このブログではアップしません。
本書をぜひお読みください。
でもこの方法は誰にも教えないで下さい。
「税理士要らず」の意味が分かっていただけます・・・。


・・・・・・・・・

先ほどまとめていただいた領収書を取り出してください。
おおよそ勘定科目別にまとまっていますか?
その勘定科目ごとにこれから入力していきますが、簡単に入力
できるようにまとめなおしてください。
慣れてくれば、このやり方で最初から領収書をまとめておけば、
より簡単に準備作業が終了します・・・


(税理士要らず!個人事業者のための超簡単経理より)



発刊記念大特集!「個人事業者のための超簡単経理」 その2
2010.12.16

「領収書の山の片付け方を指導した本」なんて
いままでまかったでしょう。
これは申し訳ないのですが、確定申告の作成以前の問題ですからね。

でも実際に確定申告の本はどれも
「所得控除だ」
「税額計算だ」
なんていうお話が出てくるのですね。
多くの個人事業主の方は
「何をどうしたらよいのかさえ分からないのです。
だから本当の意味で読者の悩みに答えていないのです。
お分かりでしょうか?

よく「これ以上やさしく書けない」と表題がついた確定申告本が
ありますね。
所得控除や税額計算を「これ以上やさしく」説明してもまったく
意味がないと思うのです。
本当に悩んでいることを「これ以上やさしく」説明する
ことが必要だと思うのですね。

フローチャート.jpg

しかも、これ以上やさしく説明できないまさに
Aコース「超簡単コース」

Bコース「ちょっとガンバルコース」
の二つをご用意しました。
このコースの選択はこのフローチャートをご覧下さい。

Aコースはまさに「超簡単」です。
詳細はもちろん本書をご覧下さい。

でも「ちょっとがんばって」みませんか?


・・・・・・・・・

さて、これから入力していただき、節税していただこうと
思っているのですが、ここまでの作業でもう目一杯ですか?
(中略)
さて、そういう人のために、誰も教えてくれなかった
「電卓だけの超簡単コース」をご紹介して起きましょう。
これは本当に超簡単です・・・。

(税理士要らず!個人事業者のための超簡単経理より)


発刊記念大特集!「個人事業者のための超簡単経理」 その1
2010.12.15

お待たせしました!
パル出版よりついに発刊されました。

税理士要らず.jpg

もう全国有名書店で発売されています。
水嶋ヒロの本と並んで売られているはずです!?
先日ご紹介した「個人事業者・フリーランスの青色申告」と
セットでいかがでしょうか。

この自信作!写真を良く見てください。
驚きの題名が付いています!
なんと「税理士要らず」と付けました。

本当にこの本あれば税理士が要らないのです!
これはかなりセンセーションナルな題名を付けてしまいましたね。
業界からいつ文句がでてくるか?楽しみですね。


もう一つ
「領収書の束の前で途方に暮れているアナタへ」
と付けています。
もうこの二つの副題ともこの本の企画の段階で考えていたのですね。
出版社との企画会議で私から提案したアイデアです。

前著である「個人事業の超簡単経理」を全面改訂をするお話が
持ち上がったとき、確定申告でどんな本がウケルか
真剣に考えに考えたのです。

今までの税理士経験から、
「領収書の束の前で途方に暮れている」姿が思い浮かんだのですね。
ほとんどの個人事業者はそんな感じなのです。

ではまた発刊記念として、この本の「見どころ・読みどころ」をご紹介しましょう。


・・・・・・・・・

毎年3月の確定申告の間際になると、領収書の山を見て途方に暮れる人が
必ずいます。
「申告期限まで、もうあと数日。早くこの領収書を何とかしないと・・・」
そういう悩める人への本を思い切って書いてみました。
(中略)
難しいことは一切省きました。これから難しいことを説明してもご理解いただく時間も
ないですからね。
とにかく目の前の領収書を片付けることから始めましょう。
そんな「ものぐさ」さんのための、誰も書かなかった確定申告の駆け込み寺です。

(税理士要らず!個人事業者のための超簡単経理より)



10万円! 高いか?安いか?
2010.12.14

東京マラソンに外れた私にも財団事務局からメールが
届きました。
10万円以上の寄付をした人は先着順で
チャリティランナーとして参加できるそうですね。

「10万円かよ!」
この金額に誰でも突っ込みたくなりますね。

『参加に当たっては、記念品として配布されるチャリティランナー用の
特別なデザイン・色のTシャツの着用をお願いしています。』

なんだか特別なTシャツの着用を強制されるみたいですね。
しかも

『また、Tシャツの背面には、チャリティに参加した
目的や"想い"を自筆で表現できるスペースを設けて』
あるそうです。
これです。

東京マラソンTシャツ.jpg

背中の白い部分に
「難病に戦う子供達&家族に勇気と笑顔を!」

「世界に羽ばたく障害者アスリートを!」
とか書くのでしょうね。(HPより)

「確定申告はお早めに!吉田税理士事務所」
などと書いたら怒られるのでしょうかね!?


要するに、10万円払ってチャリティにぜひ賛同してください。
ということなのでしょう。
1000人募集ということなので
1億円以上の寄付が集まるのでしょうね。


チャリティそのものはよいとは思います。
しかし、やはり私は申し込みませんね。
本当に走りたいマラソンランナーの気持ちを
逆なでするようなものですからね。

私もビギナーながらマラソンランナーの端くれです。
でも申し訳ないですが、マラソンは「東京マラソン」
だけではないのですね。

もっと良い場所で、もっと良い気候のところで
開催されるマラソンがたくさんあることも知っています。

因みに、同時期に開催される「香港マラソン」だって
5、6万も出せばツアーがあります。
10万円も出せばかなりグレードアップした海外旅行も楽しめるでしょう。

決してチャリティに反対しているわけではないのですが・・・。
やはり10万円は高いと思いませんか・・・。


(初のフルマラソン挑戦まであと48日)



2年ぶりのバスケットボール
2010.12.13

週末に久しぶりにバスケットをやってきました。
大学のバスケットボールのサークルのOB会が
2年に一度あるのですね。

早稲田バスケット.JPG

この歳でバスケットなんてやれるとは思っていなかったのですが
日頃マラソンで鍛えているせいなのでしょうか。
思ったより身体が動けましたね。
リングに手が届いて、もう少しでダンクができそうな?くらい。
走れたせいか2ゴールできました。


学生時代の昔の仲間とは本当にいいものですね。
たまにあってもすぐあの頃に戻れます。
また20歳くらいの後輩の学生達とバスケットやれて実に楽しかったですね。


早稲田の「バスケットボール同好会」とは設立50年にもなる
名門サークルです。
早稲田のようなマンモス大学になると、
高校時代にバスケットボールに熱中した人は非常に多くいます。
本当にバスケットを極めたい人は体育会で続けるのですが
せっかく大学に入ったのであれこれやってみたいと思うのでしょうか。
本当なら体育会にでも入りそうな高校時代に県大会の
代表にもなったような人もこのサークルに多くいました。
正直結構レベルが高かったですね。
一週間のうち5日か6日は練習があったのです。

残念ながら早稲田大学の体育館は使えなかったので、
区営のコートをあちこちいきましたね。
終わるとたまり場の喫茶店でウロウロ・・。
おかげで大学の授業はあまり行けませんでしたが・・・。


「ブザービート」というのをご存知でしょうか。
ブザーがなって試合終了と同時にゴールに入るのです。
それを始めて私はやってしまいました。
「これか!」
昔の血が騒ぎましたね。
バスケットボールの楽しさを思い出しました。

また2年後やれるようもっと身体を鍛えたいですね。
いつまでもバスケットボールやり続けられるように・・・。


「はとバスをV字回復させた社長の習慣」 その5
2010.12.10

「NGワードを決める」

面白い経営術だと思ったのでご紹介しましょう。
NGワードは「末端」、「業者」、「生き残り」
どうですか?
なんとなくすぐ言う使いそうな言葉ですね。

「末端はNG」
ある日役員の一人が
「この計画を末端まで周知徹底して行います。」
と社長に言って、これを聞いた社長は激怒したそうです。
お分かりになりますね。これはまさに「逆三角形理論」が理由ですね。
営業所の所員や乗務員が「末端」ではあってはならないのです。
そういう発想を上司が持ってはならないという、まさに精神論です。

「業者はNG」
これは業界によっては毎日のように言ってそうな言葉ですね。
業者とはいわゆる「下請け業者」のことですからね。
特に建築関係なんて絶対に言いますからね。
はとバスではこの「業者」という言葉を使うと即クビだそうです。
恐ろしいですね。
「お取り引き先」
と呼ぶそうです。

確かに下請けを小バカにしたような「業者」という言葉は
見下した感じがしますね。
これは心すべきNGワードですね。


「生き残りはNG」
この言葉もこの不況期まさに使いますね。
厳しい業界に合ってはなおさらです。
では生き残りではなく何なのか?
これは勉強になりますね。
「勝ち残り」

つまりSMAPの歌なのですね。
「ナンバーワンより♪ オンリーワン♪♪」


このように言葉一つとっても会社経営進むべき方向がきまると
思いませんか?


最後にデパート業界のお話まで著者は触れています。
デパートで「売り場」
ということばがいけないとしています。
こんな言葉を使うからデパート業界は不況から脱しきれないのだ
そうです。
「逆三角形理論」をマスターした方ならお分かりですね。
「売ってやる」という発想がいけないそうです。
「勝っていただく」という発想。
つまり「買い場」!

「ご来店ありがとうございます。8階家具『買い場』です・・・?」


(はとバスシリーズ おしまい)
何だか『はとバス』に一度くらい乗ってみたくなりましたね・・・。


持っているものは「ユーモア」です!
2010.12.09

夕べから新聞、テレビで話題の「ゆうもあ大賞」の表彰式に
行ってきました。
実はこの大賞はお客さんの関係があって、ここ10年参加しています。

ゆうもあ大賞.JPG

今年はあのハンカチ王子こと斉藤佑樹君でした。
あと歌手の坂本冬美さんと由美かおるさんです。
「おのぼりさん的に」一番前で見ていました。
各局のテレビカメラがすべて入っていましたが、
一番前に陣取って背の高い人は実は私です。
報道関係者の皆様「絵的に」すいません。
ちょっと邪魔になったでしょうか・・・。


一応早稲田の「後輩の」斉藤佑樹君には始めて会いましたが、
思ったよりガッチリとした体付きでしたね。
もっと華奢かと思っていたのですが、
さすが「ドラ一」ピッチャーです。
本当に球界を代表するピッチャーになってほしいものです。

あと由美かおるさんの入浴シーンはなかったことと(当たり前か)
坂本冬美さんの「また君に恋している」の生歌を聞きたかったのですが
やはりこれもなかったです。
これは残念でした。

ただ斉藤佑樹君のコメントが、多少教科書的で固かったですね。
ゆうもあ大賞なんですから、
「持っているものは仲間です」
に引っ掛けて
「持っているものはユーモアです」
くらい言ってほしかったですね。
まあ明日入団発表なのですから、緊張していたのでしょうね。
ゲストの野村監督ともかなり緊張して話していました。

ただこれはマスコミには報道されなかったお話なのですが
ゆうもあ大賞は協賛企業数十社から賞品が出るのです。
でもそれを斉藤佑樹君は一切受け取らないと辞退したのですね。
アマチュアの規定に引っかかるらしいのですが
それもまたさわやかで良かったです。

ユーモアの精神を持って
日ハムでもがんばってください。


「はとバスをV字回復させた社長の習慣」 その4
2010.12.08

「組織の逆ピラミッド化」分かりましたか?
これは意味深いお話ですね。

つまり、「社長は一番下で全社員を支えている」わけで、
「ピラミッドの頂点であぐらをかいてはいけない」ということです。
社長自ら変革しないとできないでしょうね。
以前ご紹介したスズキ自動車の会長の名言
「トップダウンはコストダウン」
を思い出しました。
会社を変革するには社長自ら動くしかないのですね。

では逆ピラミッドの一番上の「お客様」をいかに大事にするべきか
その意識改革にまず何をしたか?

赤字会社ながら1000万円もかけ、
CS(顧客満足)研修をまず実施します。
JTBにお願いして800人の全社員に実施したのです。

その後、全社員サービス研修まで発展させていきます。
ここでの中心はグループ討議なのですね。
「サービスアップのために何ができるか」、まさに
現場レベルで徹底議論です。

このワザは星野リゾートでも研究しましたね。
全社員一丸になるには全員参加型の討議が必要なのですね。
一方的に「上からやりなさい」では絶対ダメなのですね。
これも同じ経営理論です。

さらに、現場の乗務員が一番大事にされていると認識させることも
大事なのですね。
そのため社長は何をしたか?
これは決して真似ができないですね。
毎朝出発するすべてのバスに乗り込み、
「私が『はとバス』の社長です」
と乗客に挨拶しただけでなく、バスガイドさんや運転手に声をかけて
言ったそうです。これで社員の顔と名前を覚え元気付けたのですね。

それと毎朝だけでなく、毎週日曜日に「自腹で」
はとバスツアーに奥さんと参加したのだそうです。
これもすごいお話ですね。
この「自腹で」というところがポイントです。
お客さん目線で、はとバスがどう見られるか確かめたかったのでしょうね。


分かりますか。
商売柄想像がつくのですが、会社の「忠実な」経理部長あたりが
「社長!それは会社の経費に落ちますから領収書まわしてください」
そんな進言があるかもしれませんね。

この社長はもしそんな経理部長がいたら、
「社長ではなくお客様をみろ!」
「お客さまあっての『はとバス』だ!」

と言って間違いなくクビにするのでしょね。
「組織の逆ピラミッド化」深いです・・・。


「はとバスをV字回復させた社長の習慣」 その3
2010.12.07

まだ続きます。「はとバス」ネタ。
やはりV字回復して欲しい会社のために書き続けます。

この本で一番感動したお話。
この人本当に役人出身なの?と思ったところです。

社長になってすぐ
「組織を逆ピラミッドにする」
これを、はとバスでまず打ち出したのですね。
普通の会社組織では社長がトップですよね。
それからピラミッドが始まっています。
一番下が平社員ということなのでしょうか。
社長の命令一つで全体が動く仕組みですよね。
日頃中小企業と接している税理士としては
至極当たり前のお話なのです。
ワンマン経営者ならそれが鋭角!なっています。
それを「コペルニクス的に」まずひっくり返したのです。

では一番上は誰になるか?
お分かりになりますか?
図で書くとこうなります。

逆ピラミッド.JPG


一番上は当然「お客さま」ですね。
そのすぐ下がバスの乗務員です。
はとバスの組織で一番お客様に接している乗務員を大事にした。
「社長は一番下だよ」とトップ自らが言い出したのですね。
もちろん全社員への発想の転換を促したのですね。


驚いたのは、この方はそもそも都庁時代から
こんなこと言っていたのですね。

都庁の交通局で働いていた際に
こういっていたのです。
「知事ではなくお客様をみろ!」

「お客さまあっての都営交通だ!」
「我々の給料はお客さまからいただいているのだ!」

「役人らしくない」どころか
「都庁からはみ出た異端児」
とまで言われたそうです。
そんなこと絶対にいえないですよね。

石原新太郎さんに対してこんなこと言えますかね。
本当に次の都知事になっていただきたいものですね・・・。



板橋リバーサイドハーフマラソン
2010.12.06

お約束どおり、前人未到!?の三週連続マラソン走ってきました。
この師走(先生も走る?)の忙しい時期にこんなことやる
税理士は全国で私くらいでしょうかね。

板橋リバーサイド.JPG

都営三田線の西台駅から徒歩15分。非常に近い会場でした。
都内でこんなに近いところで開催されるのですね。
ビギナーランラーとしてはビックリです。
ただ荒川沿いを走るコースなのですね。
一度「春日部大凧マラソン」で走りましたが、川沿いコースは
結構単調で飽きるのですね。
まあ、それは訓練として割り切って参加しました。

実は、先に言い訳しますが、前日に2年ぶりに大学のバスケットボールの
サークルのOB会があって、3時間もバスケットやって
夜の10時まで酒を飲んだもので・・・。
(すいませんが、最初から言い訳です・・・)

もちろん、疲れはあったのですが、
とにかく3周連続のハーフをスタートしました。
キロ6分のいつものペース。
まず10キロは予定通り60分。
疲れはあったのでゆっくり走りました。
17キロで1時間45分。
「あと4キロは25分で走れば・・・」
とは思ったものの、これから足がまったく止まりました。
残念ながらキロ7分以上かかります。

ここで悟りましたね。
キロ7分を出さずに6キロで走り続ければ、
そこそこの良いタイムになるのですね。

昨日石川遼のゴルフ見て思いました。
ゴルフと同じなのですね。
6つ(ダブルボギー)までで、7つ(トリプルボギー)を
出すとスコアが崩れますよね。
アマチュアのゴルフと同じなのだと本当に思いました。


結果は?
2時間15分20秒!
まあ言い訳はいろいろありますが、
フルマラソンへの強化練習は無事終了です・・・。


(初フルマラソン挑戦!まであと55日)


「はとバスをV字回復させた社長の習慣」 その2
2010.12.03

ところで「はとバス」に乗ったことありますか?
このレモンイエローの印象的な車体!

バス写真.JPG

私は生まれも育ちも東京です。
これだけ長く住んでいて一度も乗ったことがないのですね。
やはり東京見物する必要がないからでしょうか?
事実、東京タワーも一度も行ったことがありません。

「はとバス」は創業60周年を越えた老舗企業で、
しかも株主が東京都とJTBだったとは、この本を読むまで
知りませんでした。
当然代々社長は都庁とJTBの天下り。
そんな「親方日の丸」みたいな企業が黒字の訳ないのでしょうか。
「はとバス」と「都バス」と名前だけでなく体質も似てそうですからね。

事実バブル崩壊後ずっと赤字企業だったようです。
主力の観光バス事業や海外旅行事業、料理飲食業など大幅な赤字。
しかもこの筆者が社長になるまで、負債70億円のいつ潰れても
おかしくない企業だったそうです。

「親会社がなんとかしてくれる・・・」
そういう「甘え企業」は世間でも多いですね。(内緒)

そんな倒産寸前の企業に筆者は社長として乗り込みます。
まず最初に社長室と社長車をなくしたのは申し上げましたね。
では次に何をしたか?

賃金カット!です。
社長3割。役員2割。社員1割と全社員の賃金カット。
当然社員からの反発があったようですが、
救われたのは社員がこの「はとバス」に対して
かなり愛社精神があったようです。

このあたり一般の中小企業とは違うかもしれませんが
参考になりますね。
まずトップから変わる!
あとは従業員の問題です。
しかもリストラはあえてしなかったのです。


ところでこの著者はかなりの読書家のようです。
ここでも出てきました!ドラッガー!
実にいいこと言っています。噛み締めて読んでください。


「人件費がコストであることは間違いない。
しかし、人は材料ではなく財産だ。
つまり、『人材』ではなく『人財』なのです。」


「はとバスをV字回復させた社長の習慣」 その1
2010.12.02

最近書評をあまり書きませんでしたね。
確定申告本書いたり、囲碁やマラソンをやったりして
忙しかったのも事実ですが、もちろんしっかり読書はしています。

はとバス.jpg

また私の好きな現場の社長が書いた「ベタな」経営術本。
勝手なことを言ってお題目ばかりの「経営コンサルタント」の本より
役に立つと思います。
何となく本屋で見つけて買ってみたものの、この著者にまず驚きました。
まず著者が都庁の元高級官僚だったのです。
つまり天下りで「はとバス」の社長になったのですね。

民主党の「事業仕分け」でやたらと批判の多い「天下り」ですが
こういう立派な官僚さんもいらっしゃるのですね。

都庁を交通局長という要職で定年退職した筆者は
東京都地下鉄建設株式会社に「代表取締役専務」という肩書きで
まず最初の「天下り」します。
「社長は運輸省OB、常務は大蔵・建設両省OB、監査役は自治省OB
実質的な責任者が私でした。」
と本に正直に書いてあったのですから、
どう見ても天下り先ですよね。
事業仕分けで切られそうな会社かと思いきや、
「都民の税金2000億円と銀行借入7000億円投入している
大地下鉄会社」だそうで、
そんな会社で、あの大江戸線の開通のために大活躍したそうです。

その手腕を買われて、はとバスの社長になるのですね。
それでまずやったことは
①社長室を廃止する
②社長専用車を共有車にする
この二つ。

こういう優れた方がお役人にいらっしゃるのですね。
民主党の「事業仕分けの委員長」になっていただきたいですね。

この経営手腕は参考になりますのでご紹介していきましょう・・・。



囲碁とスポーツとフェアプレィ精神
2010.12.01

広州アジア大会で囲碁の男子は、残念ながら銅メダルに終りました。
やはり韓国が強く金メダル。中国の銀も順当といったところでしたね。
下馬評では、台湾にも勝てなくてメダルもあやういかといった
悲観的な予想があったのですが、なんとか面目を保ったというところでしょうか。

ところでご存知でしょうか。
囲碁のペア碁戦で、「あってはならないこと」が起きてしまったことを。
囲碁界では話題になっているのですが、あまり報道もされていない
ようなのでご紹介してみましょう。

韓国ペアが中国と対戦した時、「時間切れ」を狙って、なんと「反則負け」
になったというのです。
永年囲碁をたしなむ者としては、正直許しがたい行為なのですね。
囲碁の対戦では持ち時間が決められているのが普通です。
プロなら3時間とか5時間とかとてつもなく長いですが、
アマチュアの大会では40分か45分くらいなのですね。
ですから、対局していて時間切れになることもしばしあります。
ただ今回の国際大会ではたったの45分でした。

しかし、国を代表するトップ棋士がなんとその時間切れを狙った
行為をしたのですね。
「ルールだからいいのではないか!」
そういう人もいるらしいですが、やはり頭のスポーツの囲碁としても
フェアプレィ精神は絶対に必要なはずです。
私としてもこれはどうしても許せない行為なのです。

そんな卑劣な行為に及んだ別の理由を、あるプロ棋士から聞きました。
韓国ではアジア大会でも金メダルを取ると「兵役免除」なのです。
そのため是が非でも、それこそ「死んでも」勝ちたいと思うのだそうです。
どんな手を使っても・・・。

北朝鮮との緊張が高まっているこんな時節柄
そんな気持ち分からないではないですが、
兵役免除という特典の代償も大きいでしょうね。
「レッテル」が貼られ、彼は一生言われるのでしょうね。

何だか釈然としないお話ですね。
最近テニスの試合にもたまにでますが、これもまさにフェアプレィです。
アマチュアの試合はすべてセルフジャッジです。
コートのライン上に落ちたボールは「イン」なのですが、これも「アウト」と
意識的に言う人もいますね。
あまりに勝ち負けに拘るとそうなってしまいます。
確かにそれで勝負には勝つかもしれません。でも
「ジャッジの汚い人」というレッテルが貼られ、2度と誘われなくなります。
やはりそれがスポーツだと私は思います・・・。


メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!