税理士コラム | 税理士紹介25年、税理士紹介のパイオニア「税理士紹介センタービスカス」

税理士 紹介ビスカス > 税理士コラム

税理士コラム

吉田信康税理士事務所ブログ

グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた(3)

2011.02.17

ソニー時代の面白いお話はさておき、この著者が現実に
体験してきた『パラダイムシフト』
これを彼は書きたかったのでしょうね。

『パラダイムシフト』とは
ここ50年の大きなうねりということなのですが
こういう最先端の方の文章はやたらカタカナが多いです。
でも必死になって何度も理解しようと読み返しましてみました。

『アナログからデジタルへ。
オフラインからオンラインへ。
ソニーからアップルへ。
ウォークマンからiPodへ。
マイクロソフトからグーグルへ。
パーソナル・コンピューティングからクラウド・コンピューティングへ。』

まさにその最先端の「大きなうねりの中で」
もまれてきたのですね。『生き証人』ともいえるでしょうか。
そういう方がいう言葉の重みを感じるのです。
内容はこの本でご確認ください。

彼の結論としては、これからの変化を積極的に受け入れていかなければ
ならないということなのですね。


「グーグルはどこへ向かうのか」
そんなことを考えたことありますか?

それよりもまずグーグルの創業年を知っていますか?
1998年9月です!
わずか13年ほど前です。
スタンフォード大学の大学院でコンピュータサイエンスの
博士課程に在籍していた学生が作ったのですね。
その3年前に「検索エンジン」の研究をともに始めたことで
知り合った仲だそうです。

それがわずか10年あまりで、世界で最も成長した会社になったのです。
これは本当に驚異的な成長スピードですね。

日本のどんな上場企業でさえ、この「新興」の会社に「追い抜かれた」
といえるのではないでしょうか。
1998年創業というと、実は私もその年に開業なのです。
1998年3月ですから私のほうが半年「先輩」ですけど・・・。
ということは、おこがましいですが私も「グーグルに抜かれた」のですね!?


でもこれから起業される方に言い続けましょう。強烈な『ネタ』です。

「私が税理士開業した年とグーグルが創業した年は同じです。
チャンスは誰にも平等なのですよ。」


ブログトップページ

最近の記事
カレンダー
カテゴリ
税理士紹介ビスカス
コメント
アーカイブ