税理士コラム | 税理士紹介25年、税理士紹介のパイオニア「税理士紹介センタービスカス」

税理士 紹介ビスカス > 税理士コラム

税理士コラム

吉田信康税理士事務所ブログ

衣料品下取りチャリチィー

2011.05.31

当事務所の隣には、中野マルイがあります。
マルイ発祥の地、旧本店なのですね。
そこで本日まで、「衣料品の下取りチャリティー」をやっていますね。
マルイ全店でやっているのでご存知の方も多いでしょう。

どういうことかというと、
「東日本大震災の支援として、新品の衣料品を一点200円で
下取りする」
というチャリティーです。
要するに、不要な衣料品をマルイが引き取って、被災地に送ろう!
ということなのでしょうか。

ただ問題は、なんでもいいから、引き取りますではなくて、
1 新品もしくは同等のもの
2 下着、子供服、スポーツウエアなど
だけなのですね。
古着はもちろんダメだし、冬服もダメなのだそうです。

どこの家庭にも、もらい物などの新品の着ない服があるからでしょうか。
子供が小さい時にお祝いなどによくもらいましたね。
成長が早いのですぐ着られなくなる・・。
私も、マラソンレースの参加賞で「将来絶対着ない」Tシャツを
何枚ももらいました。
テニスの参加賞のソックスなんかもそうですね。
着ない理由はサイズが合わない、色合いが悪いからでしょうか・・・。
でも気に入らない服をチャリティーに出すのも気が引けるものなのですね。

〇〇マラソンのロゴが入ったTシャツを被災地の方々が
喜んで着ていただけるのでしょうか・・・。

そのあたり割り切って出したら、マルイから一点につき200円の金券をもらいました。
でもこの金券の使い方が難しいのですね。
6月一杯までの期限で、一人1回一枚まで、レストランは使えないなど・・・。
しかしチャリティーそのものには賛同するのですが
どうも「チャリティー・ビジネス」のように感じてしまうのですね。

チャリチィーとはやはり「無償」が大前提だと思うのです。
被災地の方に慶んでいただければそれでいい。そう思いませんか。
そこにどうも企業の戦略が入ってくると、少し色褪せてきてしまうのですね。

今後こういうチャリティー・ビジネスがはやっていくのでしょうか。
「商魂」というベースで、復興支援を考えてしまうのも、
企業の悲しい性(さが)なのでしょう・・・。



ブログトップページ

最近の記事
カレンダー
カテゴリ
税理士紹介ビスカス
コメント
アーカイブ