ふるさと納税特集【2022年版】|申請方法や控除との関係について解説 – マネーイズム
 

ふるさと納税特集【2022年版】|申請方法や控除との関係について解説

今年もあと1カ月ほどとなりました。年末が近づくにつれ、ふるさと納税に駆け込みで寄付する人が増えるそうです。ふるさと納税に興味や関心はあるけれど、どういった仕組みなのかががわからないという人も多いのではないでしょうか。
そこで今回は「ふるさと納税」の申請方法や各種控除との関係についてのポイント・注意点をまとめました。

ふるさと納税の基礎知識

ふるさと納税とは?

・ふるさと納税するならいつがいい? ふるさと納税の申込時期のコツとは(2021/12/09公開)

[2021/12/09公開]
ふるさと納税とは、簡単にいうと、自治体に寄付をして税金の控除や返礼品の受け取りなどを行うことです。原則として1年間いつでも受付をしていますが、実は申込時期にはコツがあります。そこで、ここではふるさと納税を行うために最適な時期や、申込のコツについて解説します。

・ふるさと納税で地方自治体を応援!個人事業者のメリットについて解説(2022/10/21更新)

[2022/10/21更新]
確定申告で利用する所得控除のなかでも、「ふるさと納税」による控除が定着しているようです。制度利用者は年々増加しており、「ふるさと納税」の返礼品を特集したサイトまで登場し、特産品を目当てにふるさと納税をする方もいます。今回は「ふるさと納税」を利用した場合のメリットを中心に、制度全体を広く解説します。

ふるさと納税の申請方法

・確定申告なしで「ふるさと納税」できる「ワンストップ特例制度」を徹底解説(2021/12/06公開)

[2021/12/06公開]
確定申告で利用する所得控除のなかでも、「ふるさと納税」による控除が定着しているようです。制度利用者は年々増加しており、「ふるさと納税」の返礼品を特集したサイトまで登場し、特産品を目当てにふるさと納税をする方もいます。今回は「ふるさと納税」を利用した場合のメリットを中心に、制度全体を広く解説します。

・フリーランスの方必見! ふるさと納税での注意点(2022/10/21更新)

[2022/10/21更新]
ふるさと納税は多くの方が利用する制度となっていますが、会社員の方に比べて、フリーランスの方は申請や利用上限額に注意が必要です。知らないうちに損をしていたということにならないために、フリーランスの方向けにふるさと納税の注意点を解説します。

ふるさと納税と各種控除の関係

・住宅ローン控除とふるさと納税の控除を併用する場合に注意すべき点(2022/1/27公開)

[2022/1/27公開]
個人が所得税の控除で代表的なものといえば、住宅をローンで購入した場合の住宅ローン控除とふるさと納税の控除でしょう。どちらも多くの人が利用する控除であるため、両者を併用しようという人も多いです。そこで、住宅ローン控除とふるさと納税の控除を併用する場合に注意すべき点について、詳しく解説します。

・今年も「あと1ヵ月」のふるさと納税で、賢く「節税」でも、控除の限度額には注意しましょう(2022/10/21更新)

[2022/10/21更新]
個人が所得税の控除で代表的なものといえば、住宅をローンで購入した場合の住宅ローン控除とふるさと納税の控除でしょう。どちらも多くの人が利用する控除であるため、両者を併用しようという人も多いです。そこで、住宅ローン控除とふるさと納税の控除を併用する場合に注意すべき点について、詳しく解説します。

・「ふるさと納税」の季節 そこで気をつけたい各種控除との関係(2022/10/21更新)

[2022/10/21更新]
一つ気をつけたいのが、ふるさと納税制度が適用される「寄付額」には、所得に応じた上限がある、ということです。さらに「医療費控除」などの控除を利用すると、上限額などに影響する可能性も。ふるさと納税と各種控除の関係を、わかりやすく解説します。

 

まとめ

ふるさと納税とは、好きな自治体に寄付ができ、返礼品を受け取ることもできる制度です。この制度を利用すると、寄付金のうち2,000円を超えた部分については税金が控除されます(控除上限額の範囲内で寄付した場合)。ふるさと納税で税金の控除を受けるための方法には、確定申告とワンストップ特例制度の2つがあります。自分はどちらの方法をとったほうが良いのかを考え、忘れずに税金の控除を受けましょう。
 

「税務/会計」カテゴリの最新記事