税理士コラム | 税理士紹介25年、税理士紹介のパイオニア「税理士紹介センタービスカス」

税理士 紹介ビスカス > 税理士コラム

税理士コラム

吉田信康税理士事務所ブログ

夢をかなえるゼイ! 脱サラ編 その16

2009.03.27

入社3年目で早くもターニングポイントを迎えました。
2年間個人向けの証券営業やりましたが、どうも成績が芳しくない・・。
理由は分かっていました。
先日アップしたように、「口がうまくなく」性格的に営業向きではないということと
根本的なお話なのですが、どうしても株が好きになれなかったことです。
高校時代から証券会社に憧れ、大学では証券論まで専攻しながら
どうしても株が好きにはなれませんでした。

証券会社では株が好きな人の集団です。
自分の好きなものだから他人にも勧められる。
普通はそうなのでしょう。
でも私の性格からなのでしょうが、株が上がったり下がったりすることの
意味がどうしても納得できない。
自分で納得できないものはやはり他人には勧められない。

できる営業マンというのは、納得できないものでも、何でも売ってしまう。
「この株は上がるものだ」とマインド・コントロールして売ることができる。
そこに根本的な差を感じていました。

株については結構勉強もしました。
チャート分析もやったし、日々の出来高を見て上がりそうな株の
タイミングを掴んだり・・・。(これ自慢ではないですがものすごいノウハウ)
あれこれやりましたが、やはり株というものは理解できませんでした。

3年目になり、個人向けの営業課から、法人主体の法人課への
支店内移動がありました。
なぜ移動したかというと、債券の営業が得意だったからなのです。
「上がります。儲かります。」という株のあいまいな営業より
確定利付きの国債を売る方が自分の性分に合っていたのでしょう。

でも、最近でもお客さんから株のこともよく聞かれます。
野村證券にいたことを知っているからこそ聞いてくるのでしょう。
あのころは必死に株式相場欄を見て研究していましたが
相場観のなくなった今は、正直分かりません。

「自己責任が原則なのですよ・・・やめた方がいいですよ。
それより本業にまい進して下さい。」

逃げるわけではないですが、そういうことにしています・・・。


ブログトップページ

最近の記事
カレンダー
カテゴリ
税理士紹介ビスカス
コメント
アーカイブ