税理士コラム | 税理士紹介25年、税理士紹介のパイオニア「税理士紹介センタービスカス」

税理士 紹介ビスカス > 税理士コラム

税理士コラム

吉田信康税理士事務所ブログ

夢をかなえるゼイ! 脱サラ編 その6

2009.03.12

大学時代のことをあれこれ書いてきましたが
「先生がさかえ通りで安酒を飲んでいたのは分かりましたが
では大学時代いったい簿記会計をどれくらい勉強したのですか?」
と今度は突っ込まれてしまいそうですね。

夢のお話から脱線してしまいますが(いつものことか・・)
これも講演会で必ず私がいう「ネタ」なのです。
多少ハジをしのんでご披露しておきましょう!?

正直申し上げて、大学時代に簿記の授業には出たことはありませんでした。
ということは簿記会計をほとんど勉強したことはありません。
全国の税理士の皆様すいません・・・。

商学部なので、実は簿記は必修科目なのですね。
でも古き良き早稲田の黄金時代
本当に良い先生が多かったと思います!?
その簿記論で著名な教授は、常に出席を取りませんでした。
よって普段の授業はいつも数名しかいいません。
ほとんどの学生はサボっているようでした・・・。
よって、私もその教授には悪いと思いつつ(本当です)、
出席したことはなかった訳です・・・。
最初の授業と最後の授業で教授に会うくらいで、
ほとんどその教授の顔を覚えていません。

でも、その著名な教授は実に親切でした。
どんなに学生がサボろうと単位をいただけるのです。
というのは最後の授業で、試験に出す問題のヒントまで教えてくれました。
どんなヒントだったかはっきり覚えていませんが、要するに
借方と貸方の意味」さえ知っていれば、どんな学生でも
解けるような問題を出すと事前に教えてくれていたのです。

よって学生は試験直前に「借方と貸方の意味」を
必死になって覚えます。
どうやって覚えたかが重要なのです。それは
借方のリは左のリ
それだけです。
要するに借方が左側であれば、あとの貸方は右側なのです。
本当にそれだけ知っていれば誰でも解ける問題でした。

すいません。正直申し上げたつもりです。
その教授のおかげで、単位もいただけ、卒業もできました。
それで私も今偉そうに税理士やっているのです。
本当にいくら感謝しても足りないくらいです・・・。

ただ、講習会で必ずいうお話なのですが
「借方と貸方の意味は無意味です。そんなことはどうでもよいです。」
そう説明してから超簡単経理を説明することにしています・・・。

借方のリは左のリ
これは私の講演会ネタです・・・。


ブログトップページ

最近の記事
カレンダー
カテゴリ
税理士紹介ビスカス
コメント
アーカイブ