税理士コラム | 税理士紹介25年、税理士紹介のパイオニア「税理士紹介センタービスカス」

税理士 紹介ビスカス > 税理士コラム

税理士コラム

吉田信康税理士事務所ブログ

夢をかなえるゼイ 私の脱サラ日記 その19

2010.08.20

20年前の証券会社


ブログを書きながら気がついたのですが、
決して、特定の会社の暴露話を面白おかしく
アップしているつもりはありません。
20年前の証券会社がどうであったか、どんな背景で脱サラしたかを
ご説明するためです。ご容赦ください。

ちょうどその頃は、バブル崩壊という外的要因を受けながら、
証券会社が「株屋さん的古き体質」から「総合金融会社」へ
劇的に生まれ変わる時でした。
当時は、「ビックバン」とも呼ばれ、金融自由化の大きなうねりの中に
いました。


「これは大変なことになる・・・。」
危機感さえ思ったくらいです。
またファイナンス業務(銀行業務)をやりながら、証券業務とは
まったく異質なビジネスであることも実感していました。
銀行業務は「アセット・ビジネス」とも呼ばれ、融資残高(アセット)に応じて
その鞘(金利差)を抜くビジネスです。
例えば1%の利息で預金を集め、その資金を3%で貸し付けて
差額の2%儲けるようなビジネスですね。
証券業務は、「ブローカレッジ・ビジネス」とも呼ばれ、金融仲介
(ブローカレッジ)業務です。要するに手数料ビジネスです。
不動産ビジネスに喩えると、銀行は「不動産管理業務」であるのに対して
証券は「不動産仲介業務」です。
そのビジネスの違いをまざまざと感じながら、その中で、私は仕事もし、
かつ勉強もしていました・・・。


ところで昨日マスコミで
「野村證券が新卒の有能な方(英語がペラペラで専門能力を
持つようなスペシャリスト)は月給54万円で採用・・」
ということが報じられていましたね。

「54万払えるなら18万で3人採用するのが
この就職難の時の社会貢献だろ・・・」
と大学生の親なら皆ツッコミたくなるでしょうね。

でも「20年経ってようやく気がついたのかよ・・・」
これが素直な野村OBとしての実感です。
その当時、英語の操れるスペシャリストはすでに必要だった訳です。
しかも、
私自身英語も勉強していましたが、とにかく専門知識が
必要だった。とりわけ税務会計についての・・・。
間違いなくこういう人材は野村證券にはこれから必要だ!
そう確信していました。
つまり、目指したのは金融のことが良く分かって
しかも英語の操れる「企業内税理士」でした・・・。


もし今でも人がいないなら、履歴書持って野村の新卒採用に
私が本当に応募しましょうかね・・。(もちろん冗談です)


ブログトップページ

最近の記事
カレンダー
カテゴリ
税理士紹介ビスカス
コメント
アーカイブ