税理士コラム | 税理士紹介25年、税理士紹介のパイオニア「税理士紹介センタービスカス」

税理士 紹介ビスカス > 税理士コラム

税理士コラム

吉田信康税理士事務所ブログ

ユニクロ帝国の光と影 その9
2011.06.30

ユニクロの目標としてきたGAP。日本国内にも多くの店舗がありますね。
私の好きな御殿場プレミアム・アウトレット。
行かれた方はお分かりだと思いますが、入場してすぐ左側の一番良い場所に
大きなGAPのアウトレット店がありますね。
いつもあそこで子供服を買っていました・・・。

ユニクロもそうですがGAPも品番を絞り込んだ、大量生産、大量販売です。
それにより低価格を実現するのですが、常に売れ残りのリスクが伴います。
季節はずれた売れ残り品をこのように「バーゲン品」、
今流に言えば、この「アウトレット」としてさばかなければならないのですね。
どうしてもアパレル業界ではこの「バーゲン」、「アウトレット」というものが
存在してしまいます。

これも勉強になりましたが、アパレル業界では正規の値段で売ったものと
このバーゲン品価格で売ったものと比較すると、
実際の収入は正札販売の60~70%にとどまるといわれているそうです。

つまりアパレルの商品は全体では平均の値引率が30~40%になるのですね。
それだけ売れ残って正札で販売できないものが、
常に在庫としてあるということです。

バーゲン・セールは「女性の友」かもしれませんが、アパレル業界では
いわば「必要悪」なのでしょうね。


ではこのZARAはどうか?
値引きの影響は10%にとどまるそうです。
それだけ正札通りに売れてしまうのでしょう。

ここにZARAの強みですね。常に「少量生産」し、マーケットの動向により
売れると分かれば増産する。

これもビックリしたのですが、ZARAでは
「春夏と秋冬のに2シーズンの初めに投入する商品の50%だけを前もって決定し、
その残りの50%をシーズン中に、市場の動向や顧客の反応を見ながら、
追加で投入していく」

これは日本のアパレル業界の常識を知っている人が聞いたら驚きますね。

毎年、真夏に冬服のデザインを考え、真冬に夏服のデザインを
考えている変な業界だと私は思っていましたから・・・・。(失礼!)



ユニクロ帝国の光と影 その8
2011.06.29

すいません。ユニクロの錦織選手に始まって、ついついテニス、
マラソン・ネタで本題からかなりそれてしまいました。
(いつものことですが・・)
まだまだ言いたいことはたくさんあります。

世界一のSPA企業となったZARAのお話に戻しましょう。
ZARAの特徴は
第一に、価格設定の違い
第二に、スピード
でしたが、

第三に「少量多品種」ということも重要なのです。
ようするに「売れ切れ御免」の戦略です。ユニクロは品目を絞り込んで
大量生産することにより、コストを引き下げたのでしたね。

ZARAはその逆です。製造コストのアップにつながらないのではないかと
思いますよね。
この第二点のスピードと第三点の少量多品種を可能にするには
自社工場を持つことでカバーしているのです。
これは驚きました。
ここまでで十分ユニクロと真逆の企業だと気がつきますよね。
ユニクロは戦略的に自社工場を持っていません。
中国など発展途上国で生産委託し、貨幣価値の差で生産コストを
引き下げるビジネスモデルでした。

確かに安い製品はできるかもしれませんが、海外の工場に委託して
生産を外注すると、どうしても企画から製品が出来上がるまでの時間
(これをリードタイムというそうです)が長くなり、何ヶ月も前に
客の好みを推測しなければならないという危険が常にでてきます。

これに対してZARAは自社工場と物流センターまでを
本社近くに持つことで、企画から販売までのリードタイムを
わずか2週間に短縮できる。
これはすごいですね。
日本にも原宿や青山などでデザイナーが情報収集したファッションを
すぐさまスペインの企画部隊に持ち込み、その2週間後にもう
日本の店頭で売られている・・・。
しかもそれが、大量に売られるのではなく、少量多品種で・・・。
これは間違いなく売れますよね。もちろん多少高くても・・。

しかも感心したことはZARAでは各店舗で、毎日店員が
「顧客が試着したけど買わなかった商品を集めて検討会が行われる・・・
顧客が買わなかった理由が、色なのか、デザインなのか、それとも価格なのか」
そういうデータがすべて本社に集約されるそうです。

それでもう2週間後にそれを取り入れた商品が店頭に並べられる・・・。
これは本当にすごいと思います・・・。


マラソンは一日を短くし、一生を長くする
2011.06.28

先日、日経新聞のコラムでこの名言を読んだ方も多いでしょう。

「テニスは一日を短くし、一生を長くする」

米国の医師がこのフレーズを言ったそうですが、これを引用して
ウインブルドンでクルム伊達選手の大活躍を称えていました。

伊達公子 テニスは一日を.jpg

5回も優勝している強豪ビーナス・ウイリアムスとの大熱戦。
40歳の伊達選手の若々しいプレーに歓声を送った方も多いでしょう。
惜しくも負けてしまいしたが、会場全体ではスタンディング・オベーションで
そのプレーを称え、地元新聞では「貴婦人」と大絶賛したそうですね。

しかし、いいフレーズですね。
気のあった仲間と週末テニスすると、本当に一日が短いです。
医者の真意としては、「テニスによって健康になり、長生きできる」という
ことなのでしょうか。

ただもっと広い意味で、「テニスによってより豊な人生を長く送れることができる」
そんな意味だとも思いませんか。
テニスをすることでいろいろな仲間や知人もでき、人生が広がる気がします。


同じようにマラソンも似たような点を感じています。
本当にマラソンに参加すると一日はあっという間です。
マラソンに参加することで、毎日のように走るようになり、健康になる。
ひいては長生きする。これも間違いなくそう思いますね。

実は、名門マラソンレースの「つくばマラソン」に
昨日エントリーしてしまいました。
本当にレベルの高い大会らしいです。
参加者の平均タイムが4時間くらい。私のような初心者ランナーが
参加してよいのか迷いましたが、思い切ってエントリーしてみることに
しました。
11月27日ですから、まだまだ5ヶ月も先です。
でもこれから月間200キロ走り続けたら、当日まで1000キロも走れるのです。
それだけじっくり練習を積んでから、チャレンジしてみようと思っています。


「3.11」から世の中全体が変わったように感じています。
特に人の心、人生観まで変わった方が多いようにも思います。

私も4月1日から、毎朝長い距離を走るようになりました。
何か日頃の行いを改めたいと感じますからね。

残された我々は、一日一日を精一杯大事に過ごし、
そして一日でも長く生きていく義務があると思いませんか。


冨里スイカマラソン
2011.06.27

久しぶりの公式戦。本当に楽しみにしていました。
本当に出られてラッキー。大人気で2次の抽選まであったくらい・・・。

スイカマラソン(出走前).JPG

レース前の表情。余裕ですね。
10キロで50分切りそうな自信の表情。

実は予想タイム45分のところに並んでいたのですね。
昨年、正直に55分のところに並んでいたら
あまりの大混雑に身動き取れなかったのですね。
でもやはり大人気のレースです。
それでも開始してからほぼ30分くらい、つまり5キロ地点くらいまでは
そのまま団子状態です。

やはり、このレースは記録を狙う大会ではないのですね。
楽しむ大会です。
レース前からある「スイカの食べ放題」やたくさんの「露天」など
まさにお祭りムード。
本当にスイカの着ぐるみ着ている人もいたりして
それぞれが楽しんでいるのですね。
私も始めてスマホを持って、写真撮りながら楽しんで走りました。

8キロ過ぎに、お目当ての「給水所」ならぬ「給スイカ所」
これです。

給スイカ所.JPG

もう、これまでか!というくらい並んでいますね。
今年は最初からこれを楽しみにしていたので、実は他の給水所では
あまり水を取らなかったのですね。
のどがカラカラのときに、取れたて切りたての、この甘くてジューシーなスイカ!

もうレースなんかあきらめて、四切れも食べてしまいました。
これはお勧めしますよ。
本当に私が今まで生きてきた中で、一番のスイカでした・・・。

結局タイムは「給スイカ所」のこのタイムロスが響いて
60分もかかってしまいましたが、まあ仕方がないですか!

レース後、いつものように駅前のラーメン屋に飛び込み、この一言!
「ビールと餃子!!」

この一杯が至福の時。
このビールが飲みたくて走っているようなものですから。

本当に楽しい一日でした。感謝。


残念!ユニクロの錦織圭!!
2011.06.24

ユニクロのお話で一人で熱くなっていたら、
錦織(にしこり)圭選手がウインブルドンで残念ながら緒戦敗退
してしまいました。

相手はかつてウインブルドンを制したことのある
レイトン・ヒューイット(30歳・オーストラリア)ですから
仕方がなかったでしょうかね。

錦織圭ユニクロ.jpg

でも、錦織選手のユニフォーム見て驚きますね。
まさにユニクロを着ているのです。
実はユニクロと錦織選手が今年の1月から5年契約を
結んでいたのですね。
それまでは彼はアディダスを着ていたのです。
結構似合っていてカッコ良かったと思っていたのですけどね・・・。

「ユニクロってスポーツウエアあったの?」
と感じる人も多いでしょうね。
正直あまりカッコイイウエアだとは思いませんでした・・・。


でもどうなのでしょうか。
スポーツ選手にとってウエアは本当に大事だと思うのです。
その機能性など、大丈夫なのでしょうか。

「世界を目指すユニクロ」と「世界で活躍したい錦織選手」の
両社の思惑が一致したと報道されましたが・・・。
でも私のブログを熱心に読んでいる方なら
どうして柳井社長がテニス界に進出したか分かりますよね。

男子テニスで世界のトップは、『スペイン』のナダル選手なのですね。
SPA企業世界トップが『スペイン』のSARAであることは
ちょうど説明しているところでしたからね。
錦織選手がグランドスラム大会で大活躍してくれれば、
本当に宣伝になるでしょうし、
いつか、スペインのナダルを破ることがあったら・・・。
もう柳井社長の喜ぶ顔が目に浮かびますね。

ヒューイットが「日本の」ヨネックスを着ていたのが
皮肉に見えました。
しかもヨネックスのウエアも本当にカッコイイものでしたからね。
そういえば、男子ゴルフの石川遼選手もヨネックスを着ているのですが
ヨネックスの売上に結びつくほど効果があるのでしょうか・・・。


でもスペインのSARAは絶対にナダルにウエアは提供しないと
思いますよ。そういうことを考えない会社だと思うし、
ナダルもフェデラーもナイキのウエア姿がはまり過ぎていますからね。


私は今のところ、ユニクロのテニスウエアを着たいとは思わないのですが
ユニクロのテニスウエアが人気がでるかどうかは
やはり、今後の商品開発と錦織選手の大活躍に期待するしかなさそうです・・。


ユニクロ帝国の光と影 その7
2011.06.23

世界一のSPA企業となったZARAのすごさとは何か!

裏を返せば、日本で快進撃を続けてきたユニクロの「死角」とも
いえますね。
これには関心しました。
ファッションにうとい「おじさん税理士」でありますが、
これは広い意味で、デフレ経済のすべてのビジネスに当てはまると思うのです。
デフレ・スパイラル切り抜ける「中小企業のための処方箋」です!

ZARAのすごさは三点あります。

第一に、『価格設定』の違い。

ユニクロの価格設定とZARAには2倍くらいの違いがあるそうです。
例えば、ZARAの女性用のジーンズは5000円から8000円代中心。
ユニクロの低価格198(イチキュッパ)や298(ニーキュッパ)の
低価格ジーンズとは違いますね。

ユニクロは今までその低価格がウリで、日本発のSPAを牽引してきました。
でもZARAは価格が高くても売れているのです。
不景気でも高く売れる技術をぜひ知りたいですね。
それは何だと思いますか?

第二の点が重要です。

それはまず『スピード』なのです。

ユニクロは中国の工場で委託して製品化していますね。そうなると
商品開発から店舗に並べられて販売するまで1年はかかるそうです。
それに対して、ZARAはどうか!

これは本当に驚きですね。
わずか「2週間」で製品化してしまうのです。
こんな企業は他にないでしょうね。

ファションに詳しい方なら誰でも知っていることらしいのですが
これは勉強になりました。

『人気ロック歌手のマドンナが、スペインの国内ツアーを行った時、
熱狂的なファンが、初日にマドンナが着ていた同じ衣装をZARAで買って、
それを身に付けて最終日に駆けつけた!』

そんな伝説!があるそうです。

お分かりになりますか!初日にマドンナの衣装を見たZARAのデザイナーが
短期間で製品化して販売できてしまうスピードなのです。

すごいですね。
日本で言えば、AKB総選挙の際に、選挙公示日に身に付けていた
前田あっちゃんの衣装を応援するファンがZARAで買って、
それを選挙開票日に着て一緒に祝うみたいな・・・・??



ユニクロ帝国の光と影 その6
2011.06.22

実は、私が「ユニクロ出禁!」になってでも説明したかったことがあります。
この本を取り上げた理由は、ユニクロの目標とされるZARAのことに触れ
このユニクロと比較したかったのですね。
これはビジネスにおいて非常に参考になるお話だと本当に思ったのです。

ユニクロは、もともとアメリカのGAPのビジネスモデルを
参考にしていたといわれます、
事実そうなのですね。
製造小売業(SPA)を全世界で最初に始めたのがGAPですから。

そのGAPを目標に1980年代後半からユニクロは始動します。
その後10年以上も試行錯誤しながら、21世紀に入り、
日本で最初にSPAを確立し、流通革命を起したとされます。


ところでZARAというブランドはご存知ですか。
以前取り上げた柳井氏の書かれた「成功は一日で捨て去れ」では
スウェーデンのH&Mとともにユニクロの目標とされている会社です。

ZARAはスペインの会社。北西部の田舎町に本社があります。
ZARAとはブランド名でその会社は「インディテックス」といいます。
ユニクロがブランド名でその会社がファーストリテイリングというのと
同じですね。


この著者はこのスペインの会社まで取材に行っています。
昨日ユニクロがこの著作を訴えているという怖いお話をしましたが、
このZARAの記述は本当だと思うのです・・・。


ではユニクロとZARAの比較から。
ZARAは世界70カ国以上に4900を越える店舗を構え、
ワールドワイドに展開しています。
従業員は9万2000人。
そのうち8割が正社員。

ユニクロが世界7カ国でわずか136店舗の海外進出にくらべると
断然の差です。
すでにご紹介しましたが、ユニクロの従業員は3万人。
そのうち正社員は10%の3000人しかいません。
その残りの90%はアルバイトが占めています。
これも驚くほどの差ですね。

売上規模でみると
ZARAは今までトップだったアメリカのGAPを抜き、
2010年1月期の売上は1兆3037億円!
その売上高の68%を海外店舗で売り上げているまさに世界企業!

ユニクロは
2010年8月期で売上8148億円
そのうち海外売上高ではまだ10.7%にとどまります。


世界一のSPA企業となったZARA(インディテックス)の戦略は
実に参考になります・・・。


ユニクロ帝国の光と影 その5
2011.06.21

先日のアルバイトをいかに有効に活用するかというのは、
非常に今日的なお話なのですね。
実は結構反響大きかったのです。この点について、熱心な読者からメールも
たくさんもらいましたので、「マニュアル経営」がよいか悪いかも含めて
いずれ続きも書いていきましょう。

また、「マニュアル経営」とともに、この本で「ユニクロの闇の部分」としている
店長の長時間労働があります。
店長は、毎日15、16時間勤務は当たり前のようです。
マニュアルで、「朝レジのつり銭を入れてパソコンを立ち上げること」と
「閉店後レジを閉めて、現金を夜間金庫に入れること」が
店長の仕事としてマニュアルで決められているのなら、
これは当然そうなりますよね。

月間の労働時間は300時間は悠に越え、ここで重要なことは店長というのは
管理職に該当し、残業代もでないそうです。

大卒で入社した方がすぐ店長になれるということで、
これは数年前話題になった「名ばかり店長」ということで問題になりそうですね。
入社数年で、すぐ管理職になってしまうのでしょうか。
多分立派なマニュアルがあるので誰でも店長になれるのでしょう。

一応現在では、その「名ばかり店長」問題があってからは、月間の勤務時間240時間を
越えないようになっているそうですが、本当のところはどうなのでしょうか。


ユニクロのチラシ良く見ますよね。
「バーゲンセール」
の開店時間にビックリしませんか。
朝6時開店!なのですね。
朝6時からお客さんなんてくるのでしょうか。
従業員の方々は本当に大変だと思います。
でも、これは1984年にユニクロ第一号店が、朝6時に開店したということで
「伝統的行事」らしいです。
でも、こんなことからも恒常的に長時間労働になっていないのでしょうか。


実は、今月この本の記述に対してユニクロは、発行元の文芸春秋に対して
出版差し止めなど損害賠償を起しているのですね。
国内における店長の長時間労働のお話などは事実無根だとしているのです。


でも出版されて3ヶ月もたってから急に裁判を起すのも変ですよね。
まあ、あまりユニクロの「闇の部分」に触れて、
私が「ユニクロに出入り禁止」にでもなっても困るので
止めておきましょう・・・。


東京マラソン予選?で自己ベスト更新!
2011.06.20

久しぶりにマラソン大会に出場しました。
ただ、「公式戦」ではなく、東京マラソンを主催する団体のイベントなのですね。
距離は10キロの記録会ですが、標準記録を突破すると、なんと抽選で
東京マラソンに出場できる「特典」付き!

場所は、味の素スタジアムとその周辺の公園で行われました。
サッカー観戦の習慣がないもので、初めて味の素スタジアムに行きましたが、
意外と近いのですね。しかも広々として良い所です。

東京マラソン予選.JPG

本当に1月にフルマラソンを走って以来ですから、5ヶ月ぶり。
マラソン大会はずっと中止でしたからね。
久々だったのと、暑くもなく絶好のコンディションで、
この「走る喜び」に感動しました。

こういう機会を与えてくれた主催者や、スタッフの方々には本当に感謝です。
エイドでボランティアの方から水をもらうときでも、
「ありがとう!」と思わず言ってしまいました。


最初の1キロのラップはなんと5分ジャスト。いいペースです。足取りが軽かったです。
でも3キロ過ぎたらガクッときました。

実は、(すいません。言い訳・・・)その前の日は断れない宴席があって、
ついお付き合いで深夜11時までアルコールを。
5キロ過ぎてくると、アルコールが体内から蒸発してくる実感?がありました。
どうも体内のエネルギー効率が悪かったようです。

マラソンの前日はやはりアルコールは厳禁ですね。
「良い子のみんなは」マネしないようにしましょう!

それで結局どうなったか。
10キロ 57分28秒!

実は10キロで自己新記録です。
平均すると1キロ、5分45秒くらい。
このペースを維持して長い距離を走れるようになれば、フ
ルマラソンは4時間を切って夢の「サブをォー」の仲間入りかも・・・。
悪条件の中の結果で、少し自信になりました。
ちなみに東京マラソンの抽選は外れました・・・残念!

来週は久々の公式戦!です。
「給水所」ならぬ「給スイカ所」のある、私の大好きな「冨里スイカマラソン」
今度は禁酒して望みます。連続自己新なるか!ガンバ!!


ユニクロ帝国の光と影 その4
2011.06.17

「マニュアル経営」が良いか悪いか。いろいろ異論反論もあるでしょう。
経済成長しているが右肩上がりのときは経営者側にとって、
これほどよいマネジメントはないのですね。


経営側は「この通りやれ!」と指示するだけで、簡単なのですね。
特にユニクロのようにカリスマ経営者のいる企業においては
有効なのでしょうね。

ユニクロが快進撃を続けてきた、「増収増益」の過程では
このマニュアル経営が効果を発揮してきたのでしょう。

この本によると、特にユニクロの店舗経営においては
「店長マニュアル」
「店長代行マニュアル」
「アルバイトマニュアル」
の三種類が各店舗に存在し、まさにマニュアル経営が万能に
なっているそうです。

アルバイトが、先に申し上げたように、「軍隊のような規律で」
マニュアルどおりの作業を強いられ、それを統括する店長代行や
店長自身も本部からのマニュアルどおりの勤務を強制される。
店長はいわば「軍曹」のように、アルバイトという「下士官」を
マニュアルどおり使いこなさなければならないのでしょう。


面白いと思ったのは、店長の役割は、
「本部から下りてくる売上目標をクリアすることと、
人件費を抑えることの二つに尽きる」
という記述なのですね。逆に言えばそれ以外はまったくできない。
それではせっかく店長になっても店舗独自の裁量が発揮できないので
面白くないかと思うのですが、やはりその通りだとかかれています。

もし勝手なことをやると、
「なんでマニュアルどおりにやらない」のだと本部から叱られる・・。


ここにこの不況期「一人勝ち」とされてきたユニクロの
成長理由を垣間見た気がしました。

経営学的にはそれが正しいのですね。
会社経営で、
利益をあげるには、「売上をあげる」か「経費を削る」ことの二つしかない。
当たり前とは思いますが、それを全店舗の店長に強制しているのです。

そのためには、「アルバイトを一人で8時間働かせるのではなく
二人で4時間ずつ働かせるようにする」
「風邪などの理由で急な欠勤が出てシフトに影響出ないように
休み時間にうがいを徹底させる」
など細かな指示がマニュアルで強制されているのだそうです。
つまりアルバイトを如何に効率よく働かせ、人件費を抑えるかです。


デフレ・スパイラルで苦しめられてきた中小企業の皆様。
お分かりになりましたか。
その「発信源の企業」はこれほどまでに努力してきたのです・・・。


ユニクロ帝国の光と影 その3
2011.06.16

「ユニクロのアルバイトは軍隊のような厳しさがある・・・。」
これは結構驚きですね。

アルバイトの行動がすべてマニュアルに書いてあり、
こうやりなさいという指示ではなく、
必ずこうしなければならないという命令なのだそうです。

「それはマニュアルに書いて無いので出来ません。」
ということがないようにすべて書いてあるのですね。
今の若い人なら本当にそう言いそうなことですよね。
ということは、自分で判断して、自分で行動することができなくなると
思いませんか。

ここで以前ブログで取り上げた、星野リゾートの社員教育法を思いだしました。
星野リゾートは自分達で考え、自らの「気づき」を大事にしていましたね。
この点大きく異なります。

例えば、ユニクロではアルバイトは、「ユニクロ以外の服を着てはならない」
そうです。マニュアルにハッキリ書いてあるそうです。

でも、これは当たり前のことと言えますよね。
トヨタのセールスマンが、日産の車に乗って営業には絶対行かないですね。
どうやってトヨタの車を販売したらいか、お客さんにアピールするには
「この新車は私も乗っていますが、・・・がいいですね」
と言うに決まっていますよね。
日産に乗っているトヨタのセールスマンから(そんな人はいないでしょうけど)
絶対にトヨタの車なんか買いませんからね。

ユニクロのアルバイトでも、どうやって自社製品を売ったらよいかを
考えれば、多分それに誰でも思いつくと思います。
でもそれをマニュアルに書かないと、ユニクロのアルバイトは気がつかないで
他社ブランドを着てしまうのでしょうか。
「それはマニュアルに書いてありません。」というのか、
そんなことを考えない人をアルバイトに雇っているのでしょうか。

さらに、ユニクロのアルバイトの時給は900円からだそうです。
ずいぶん安いと思いませんか。上がっても1150円なのだそうです。

これは大変ですね。
さらに恐ろしいデータが載っていました。
2005年の内部資料で、一年間で辞めたアルバイトは73%で、
半年以内には46%は辞めてしまうそうです。
時給900円で、今時「軍隊並みに」こき使われたら、
若い人は持たないのでしょうね。
ユニクロの標準店舗の人員40、50名のうち、店長と店長代理のみ2名が
正社員であとはアルバイトだけなんだそうです。

確かに労働集約型のアパレル産業においてアルバイトの戦力化は
至上命題であることは認めます。でも
どうこの「マニュアル経営」がユニクロの弱点のように私は感じ出しました・・・


ユニクロ帝国の光と影 その2
2011.06.15

この本の前半は、以前取り上げた柳井氏の書かれた「成功は一日で捨て去れ」と
「一勝九敗」の内容が何度も出てきます。
私のように、ユニクロ通?の方はこのあたり読み飛ばしていいところでしょう。
でも読みながら、自分の書評を反省してしまいました。
本の抜書きが多いと実に読みにくいのですね。
自分お言葉で解釈して書かないといけないのですね・・・。


ところでこの本を読んで、久しぶりにユニクロに行って買い物しました。
テニス用かマラソン用のスポーツウエアでも買ってみようかと思ったのですが
私に合うような大柄のサイズがあまりないのですね。
それで仕方がないので、680円のランニングシャツと「3枚990円!」の
下着を買いました。
なかなか機能性が高く、しかも安くてよかったのですが、
この本を読んだからでしょうか。店員に注目してしまいました。

ユニクロの店員は、本社できめられた「マニュアル」で仕事が細分化され
すべて統一されているのですね。
例えば、「レジでは一人15秒」で処理しなければならないそうです。

ユニクロの店員はどうも愛想がないと思いませんか。
「今日はいい天気ですね」とか
「今度の新商品はこれです。いかがですか?」
なんて気さくに話しかけられたことないですね。

これも多分マニュアルに書かれているのでしょうね。
マニュアルには、お辞儀の仕方から、立っている時の姿勢、
それこそ腕の組み方(右手を上にするか、左手を上にするかまで!)
すべて書かれているのです。

どうしてそこまでするか分かりますか。
このアルバイトの問題もあとで詳しく解説しますが、
ユニクロの全従業員約3万人のうち、実は正社員が3000人、つまり10%しか
いないからです。
ということはそれ以外の90%がアルバイトと契約社員でまかなっているのです。
(ただし、派遣社員はいないと書かれていました)

このアルバイトを如何に戦力にするかということは、ユニクロにとって
経営上大事なことであったのですね。
それでマニュアル管理され、店舗においても店長やその店を管理するブロックリーダー
で徹底的に管理指導されているのです。

ユニクロの店員に愛想がないのはそういう理由なのでしょうね。
この本いわく「軍隊のような厳しさ」なのだそうです・・・。


ユニクロ帝国の光と影 その1
2011.06.14

ユニクロ・ウォッチャーの私としては発刊されてから気になっていた本でした。

ユニクロ帝国の光と影.jpg

一年半ほど前しつこくユニクロ・ネタをアップしましたからね。
そのときの結論は
「ユニクロのSPA『製造小売業』は確かにすごいと思いますが、
この戦略では売上5兆円は到達できないと思います・・・」
ということを、「僭越ながら」書いたと思います。

予想通りといったら、大変失礼ですがユニクロは失速しているのですね。
震災後どこも失速しているので、一概にユニクロだけとは言えないとは
思いますが・・・。


この本を最初購入するのをためらったのは、「週間文春から依頼されたから」と
巻頭に書いてあるからなのですね。
要するに「週刊誌ネタ」=「ゴシップ記事」ではないかと思っていたのですね。
まずこの表紙が怪しい色ですよね。
しかも題名からしていかにも「週刊文春的!」ですね。
「影」というのはだいたい予想つきますからね。
「安売りの理由は・・・だ!」みたいな。
「アルバイトを低賃金で雇っているのではないか」とか、「中国の労働者を
こき使っているのではないか」、なんてゴシップ記事ということでしょうか。

どうも週刊誌的で、ここに取り上げるほどでもないと思っていたのですね。
ところが買って読んでみて驚きました。
この著者は、わずか1年ほどでユニクロに関して書かれたあらゆる文献に
目を通して研究しているのですね。
単なる雑誌記者とか評論家とは違うのは、それを検証しているのです。
実際に柳井社長に取材に行っていますし、発祥の地の宇部や
国内のユニクロ店、中国でのユニクロの製造工場まで突撃取材しています。

私もユニクロ・ウォッチャーとして、
「ユニクロは実際・・・ではないか」
と思っていたことがズバリ書かれているのですね。

それと何よりも参考になったのは、ユニクロのライバルとされる
スペインのZARAまで行って取材しているのですね。
ユニクロとZARAの比較は実に参考になります。

ここに、震災不況を脱する「処方箋」を見つけたと私は思うのです。
ユニクロなど大企業に対抗して中小企業が生き残る術です。
日本がダメだから安易に海外に出ればよいというだけでもなさそうですね。

しばらくご紹介していきましょう。


銀婚式
2011.06.13

まったくのプライベートなお話で恐縮です。
25年前の6月に私は結婚しました。

週末に、昔結婚式を挙げたホテルで、身内だけでささやかながら
お祝いの食事をしました。
家族に心から感謝するとともに、子供達も無事成長して
皆全員健康でいられたことは何よりも幸せなことなのでしょう。

本当に早いものですね。その間確かにいろいろありましたが、
あっという間でしたね。


ところで、業務案内に
「よろず相談業務」
を追加しました。こちら
人生相談、脱サラ相談、結婚相談・・もう何でもありですね。
税理士として長年やってきましたが、やはり単に税金の相談だけでも
ないのですね。
人生や生き方そのもののご相談もあるのですね。
杓子定規に税金のご相談だけです、というのも正直でないかなと思って
追加してみたのです。ここまで掲げる税理士事務所もないとは思いますが・・。
ただその時々、真剣に考えてきたつもりですが、
正しいアドバイスができたか、これは難しいところです・・・。


まだまだ人生修行が足りないのかもしれません。
税理士として人間としてもっと経験を積み、もっと修羅場をくぐっていかなければ
より明確なアドバイスはできないのでしょう。

実は「離婚相談」というのも何度も経験しました。
実際に結婚の時より、離婚の時の方が「財産分与」など税金が
深く関わってくるのですね。
だけど、業務案内にはさすがに「離婚相談」はかかげられないので・・・。

東北の被災地のことを思えば、こんな「プチしあわせ」は
本当にありがたいことなのだと心から思います。

自分に関わっていただいた方々を幸せにすること、これが
税理士としての仕事なのだと今はしみじみ思っております。


もっともっと人生修行し、あと25年金婚式までは頑張るつもりです。
これからもよろしくお願いいたします。


囲碁は経営に本当に役立つか?
2011.06.10

ドラッカーやビルゲイツ、ついにはイチローまで出てきて
本題とはかなりそれてしまいましたね。

ドラッカーがもし生きていたら、今の日本の現状をどうとらまえて
どんなアドバイスしただろうと本当に思いませんか。

ドラッカーがもし囲碁を打てたら、
まさに、日本経済のどんな「形勢判断」をし、
どんな「次の一手」を打っていたか。
やはり今だからこそ考えますね。

経営に絶対に役立つという信念から、このテーマで解説しているのです。
囲碁というのは、単なるゲームではないのですね。
すべて自分の頭で考え、自分の力で打つ。
そこに偶然性が入り込む余地がまったくない。
そこが実に面白いし、囲碁の良さだと本当に思うのです。

テレビゲームとは違うのです。
よく麻雀と比較されますが、麻雀はまさに「運」という偶然性が
強よすぎますよね。
囲碁はまさに初手から自分の力。
運に頼るなど絶対にありえません。
麻雀ならプロに偶然勝つことはあるかもしれません。
でも私が井山名人に1000回打っても一回も勝てないでしょう。
(絶対に1000回も打ってもらえないでしょうけど・・・)

囲碁は経営に本当に役立つか?
これは今後実証していきます。

しかし
「もしドラッカーが囲碁を打ったら」
これ我ながら面白いこと思いついたと思うのです。

「ヒカルの碁」という人気アニメが昔ありましたね。

ヒカルの碁.jpg

主人公のヒカルに最強の天才棋士の霊が乗り移って
ヒカルを強くしたのですね。

こんなストーリーの本はどうでしょうか。

『新ビジネス版 ヒカルの碁』

『ヒカルが大人になって、今度はドラッカーの霊が乗り移る・・・。
囲碁を打ちながら、今度は最強の経営を学ぶ。
プロ棋士として囲碁も勝ち続けながら、東北地方に最強の企業を築き上げ、
日本を復興していく。』

どうでしょうか。題名は
もしヒカルがドラッカーのマネジメントを学んで
東北で囲碁を打ったら

脚本書きましょうかね・・・。


もしビルゲイツが囲碁を打ったら
2011.06.09

実は、マイクロソフトの創業者ビルゲイツが囲碁愛好家であることは
囲碁ファンの間では知られているお話です。

今から10年も前のお話ですが、立教大学で講演を受けたときに
ビルゲイツが話した内容が今でもネットで出ています。
韓国からの留学生から教わったそうで、当時在籍していたハーバード大学には
強い相手がいなかったのでMITまで行って打っていたそうです。

しかもその講演で
「碁のソフトウエアはあまりよくないですね。」
といっていたのが衝撃的ですね。
かなり強いような口ぶりですね。
10年前の囲碁ソフトは棋力はせいぜい初段くらいですから
それ以上の棋力だったのでしょう。

その頃ウィンドウズが爆発的に売れていた頃ですよね。
ウィンドウズ2000でもMEでもプログラムに
「アクセサリ」で面白くないゲームがついていましたが
ビルゲイツがもう少し本気だして、すべてのウインドウズPCに「囲碁ソフト」が
プレインストールされていたら飛躍的に囲碁ファンが増えていたでしょうね。

実は、現在でもビルゲイツがかなりの囲碁好きであることを
あるプロ棋士から聞いたことがありますので、
すべて本当のことなのですね。
今はボランティア活動なども熱心にされているようですから
世界中の子供達に囲碁を広めるような施策を彼自身から
積極的にやってもらいたいですね。


ついでにネット検索していたら
あの大リーガーのイチロー選手も囲碁をやることを見つけてしまいました。
本当なのですね。
こちら

プロ棋士が代表を努めるサイトですから、これも本当のお話なのでしょう。
マリナーズのオーナーは任天堂ですから、
囲碁ソフトをどうして作らないのでしょうか。

「イチローとレッツGO(碁)!」
なんて・・・。


もしドラッカーが囲碁を打ったら
2011.06.08

これはご存知ですね。
「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーのマネジメントを読んだら」
の完全パクリですね。

もし高校野球.jpg

この本は今から1年以上前にこのブログで取り上げたのですね。こちら
そのときはそんなに売れると思わなかったのですが、
なんと大ベストセラーになってしまいました。
AKBが主役で映画化もされるそうですね。

これは都立程久保高校の野球部のマネージャーであるみなみちゃんが
ドラッカー理論により甲子園に出場するという「涙のスポコン物語」!?

ドラッカー理論と高校野球というミスマッチが良かったのですね。
それなら、ドラッカーと囲碁の方がはるかに自然です。

少し「独創的」に解説してみましょうか。
ドラッカーの理論では、「マーケティング」と「イノベーション」が重要です。
「マーケティング」のためにマネージャーのみなみちゃんが、
程久保高校野球部を一つにしようと、
野球部全員に会って話を聞きましたね。

ドラッカーのいう「マーケティング」とは結構難しい理論では
ないかと思うのですが、日本語でいうと「マーケット」とは「市場」ですから
市場調査ということでしょうか。それから発展的に「顧客創造」なんても
訳されていますね。

では囲碁で言うとどうなるか?
「形勢判断」
なのですね。
もっとカッコイイ言い方では「大局観」でしょうか。
囲碁は常に「勝っているか負けているか」読む力が要求されます。
もっと言えば、「相手の力を見抜く力」も。
マーケティング=大局観と訳せないですかね?

では「イノベーション」はどうか。
ドラッカーの経営学ではこの「イノベーション」も重要ですね。
独創的なやり方で他社を圧倒する。これができたら経営的に有利であることは
誰でも理解できるでしょう。
マネージャーのみなみちゃんは、常識的な野球では絶対ありえない
「ノーボール・ノーバント」作戦という「イノベーション」を行いましたね。

では囲碁では?
囲碁の必勝法は「局面で最善手を打ち続けること」です。
当然相手が気がつかないような最善手ですね。

イノベーション=最善手・独創手ですね。

どうでしょうか。
「もしドラッカーが囲碁を打ったら」
きっとこれも映画化されますかね・・・?


囲碁は経営に役立つか?
2011.06.07

さあ!囲碁つながりで「新ネタ」をご披露しましょうか。
私は囲碁暦40年の大の「囲碁好き」でありますが
本業とどう関わるか、経営に役立つか結構真面目に考えていたのですね。
単に趣味だけでやっているのではないのです。

囲碁をやられたことのない方のために、囲碁を少し解説してみましょう。
誰でも知っている戦国武将、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康。
この三人が囲碁好きであったことは有名なお話なのですね。

本能寺の変の前日に織田信長が囲碁をたしなんでいたことも
本当らしいです。
戦国武将が好んで囲碁をやっていたことは、兵法にも
つながるからでしょうか。
このあたり何となく想像つきますね。
明治に入って西郷隆盛も囲碁好きで有名でした。
西南戦争で大敗したあとも、逃げる最中にも囲碁をやっていたそうです。

では、本題に入って「経営に役に立つ」のでしょうか?
この命題は、私の「ライフワーク」なのですね。
今後小出しにしていきます。


ではまず「イントロ」から。
まず、囲碁は、序盤、中盤、終盤の局面に分かれます。
会社経営も、設立、発展、など様々な局面がありますね。
私も職業柄、企業経営の終盤=廃業に多く関わってきました。

ということは、囲碁の序盤、中盤、終盤の三局面があるとしたら
企業経営にも、「設立、発展、廃業」など局面があるということなのでしょう。

それぞれの局面において、形勢判断をし、構想をめぐらし最善手を打つ。
やはり経営に通じるものがあると思いませんか・・・。


書きながら、オチを思いつきましたが、熱心なブログファンなら
もうお分かりですね。
私もそんな本をいずれ書きたいのですね。

「経営に通じる囲碁」
「経営と大局観」

どうでしょうか。
でも今書くとしたら、やはりこれでしょうねね。

もしドラッカーが囲碁を打ったら


熱海へ碁(GO!)
2011.06.06

久しぶりの囲碁ネタ!囲碁ファンの皆様お待ちどう様でした。
一年ぶりに東京税理士会の熱海大会に参加してきました。

熱海.JPG

もちろん震災の影響で開催するかどうかの議論くらいは
あったらしいですが、
「こんなときだからこそ!」という世論の後押しで?
決行したみたいです。

囲碁を通じて同業の緒先輩と親しくなれるこの旅行は
個人的には大好きなのですね。
囲碁をやったことのある方にしか分からないかも知れませんが
碁の楽しみが倍増するのです。

ところで、
「熱海の景気はどうなのだろう?」
震災後の久しぶりの一泊旅行なのでそれも気がかりでした。


写真は、早朝にランニングしたときの熱海海岸の様子です。
まったく誰も人がいませんね。
ご存知の方も思いますが、「お宮の松」の前の砂浜からずっと遊歩道が
防波堤まで続いています。
ここを走るのが楽しみだったのですね。
往復8キロくらいですが、ランニングしたときに出会った方は
二人くらいでしたね。

いったいどうしてしまったのでしょうか熱海は?
昨年取り上げた、大手「再生」ホテルチェーンの傘下に入った
かつての高級旅館は比較的空いていました。こちら
昨年夜に「四回転」していた大広間でのバイキングも
かなり空いていたみたいです。
廊下を清掃している方に
「どうですか?景気は?」
とこっそり聞いてみると、
「やはり震災後は・・・」と正直に答えてくれました。

大手ホテルであればなおさら、この震災不況は堪えるのでしょうね。
若干値上していながら、タオルは薄い小さなものであったり、
フロのカランのお湯が連続10秒!しかでなかったり、
送迎バスもあちこちのホテルを経由するなど
企業努力もかなり垣間見えました。


ところで肝心の碁のお話でしたね。
Aクラス準優勝!でした。
連覇ならず!残念!!


かもめの玉子
2011.06.03

岩手県を代表する銘菓「かもめの玉子」をご存知でしょうか。
東北のお土産ならこれ!というくらい有名ですね。

かもめの玉子.jpg

その銘菓を製造する「さいとう製菓」の本社は岩手県大船渡港から
わずか100メートル。
今回の大津波で本社だけでなく、工場や直営店が甚大な被害を受けたそうです。

でも従業員250人全員が無事だったのですね。
YouTubuでその社長さんが地震直後的確な指示を出して
社員を誘導する動画が出回りましたね。
ご覧になりましたか。こちら
しかし、そのあとの行動も素晴らしかった。
これは週刊誌で読んだのですが、この「かもめの玉子」の在庫2万箱、
約2000万円相当!を避難所に奥さんと二人で回って配ったそうです。
もちろん、代金なんかとらずにです。

「寄付金だ!交際費だ!」
なんてつまらない税務署の突っ込みなんか関係なしです。
(すいません。職業柄ツマラナイお話・・・)


このお話に感動して、先日通販で大量に購入してしまいました。
「頑張ってください。」
とメールに書きましたが、すぐ商品が届きました。
製造ラインも復旧したのでしょうか。
なんだか社長さんの復興への心意気を届けていただいた思いです。


カステラ生地で黄身あんを包んで卵型に焼いて、ホワイトチョコレートで
コーティングして玉子にみたてたお菓子です。

似たようなお菓子は確かに多いのですが、これは本物です。
あんがしっとりして甘すぎず実に美味しいです。


先日陸前高田の海苔を通販で購入したことをアップしましたが、
こういう「美味しい」復興支援はいいですね。

義援金もなかなか被災者に届かないようですし。
がんばれ東北!かんばれ かもめの玉子!!



手賀沼エコマラソン
2011.06.02

千葉県の手賀沼というところはご存知でしょうか。
千葉県の北西部にあるこの沼はかつて「日本一汚染された沼」として
有名だったのですね。
それが今から16年間に「手賀沼浄化」を願って、マラソン大会が
開かれるようになったそうです。

都心から近く、柏のそばでアクセスが良いから大人気の大会です。
昨年も知っていながら、エントリーできなかった大会です。
こちら
そのリベンジの日がついにやってきました。
6月1日にエントリーが開始されたのです。
10月30日に開催されるのですから、なんと5ヶ月も先です。

10月30日というと「熱心なブログファン」の方はお分かりですね!?
第1回大阪マラソンが開催される日でもあるのです。
残念ながら、落選したのでしたね。
よって、大阪マラソンのリベンジでもあったのです。

6月1日から開始なのですが、正確には午前零時からです。
それは昨年の失敗からの教訓です。
もう11時50分頃から、iPadの前で正座して待っていました。
iPadの時計はもちろん正確です。
12時になると同時にアクセスしました。
「重い!」
もう大量のアクセスがあることが分かります。
地元優先枠が2000人もありますので、
残りの一般枠6000人目掛けてアクセス集中しているのでしょう。

トップページから、もうすでに固まっています。
「待っている方は1500名です・・」
このエントリーシステムは親切にも、ウェイティングの方の
人数が出てくるのですね。
でも「1500人ならなんとか・・・」淡い期待が持てます。

じっと待ちます。
1500人が1200人に・・・1000人にだんだん減ってきます。
20分待ったところで。
ようやくアクセスできました。
登録完了!

翌日になって、マラソン仲間から、
「エントリーできなかった」
というメールをたくさんもらいました。
「深夜1時に1万人待ちです・・」
と出たのであきらめたと言っていた友人もいました。
やはりブームは続いているのです。まさにラッキーだったのでしょう。
ということで、出場できなかった仲間の分まで頑張ります!


5月の月間走行距離192キロ!
山中湖に出場していたら200キロは楽勝だったのですけどね・・・。


クールビズとサマータイム制導入!
2011.06.01

今日から6月ですね。
ブログも夏バージョンに衣替えです。

5月からもうすでに「勝手に」実施している「クールビズ」も
本格的に本日から実施します。

6月1日から10月31日まで
『私はネクタイをしません!』
『上着も着ません!』
日本復興と節電・エコに協力するためです。どうかご理解ください。

よって、当事務所に御来所される方は、ご遠慮なく
「ノータイ・ノージャケット」でいらしてください。

ラフな格好でそれこそTシャツ・ジーパンでも結構です。
作業着はまさにフォーマルウエアですから、
もちろんそのままいらしてください。
弱冷房で手動扇風機(俗に言う"うちわ")もご用意しております。


『サマータイム制』も導入します。
といって始業時間を始めるとか、夕方4時までとかする訳でもありません。
当事務所のサマータイム制は

『日没以後は訪問はご遠慮いただきます。』
『午後5時以降は職員は誰もおりません。』

それだけですね。
もともと朝は早いですから、8時までには来ています。
職員は早く帰して、あとは所長の私が頑張るだけですね。
午後の5時以降は私の机の電気だけつけてあとは全部消そうかと
思っています。(もちろん。クーラーも)

節電に協力するため、エレベーターホールも少し暗いです。
できることからすぐやってみようと
本気で思っております。

仕事の段取りや要領を考えて、時間内に絶対に終わらせようと
集中することですね。

ただ、日没以降の訪問はお断りしますが、
ビアホールでの打ち合わせは大歓迎です・・・!?


メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!