税理士コラム | 税理士紹介25年、税理士紹介のパイオニア「税理士紹介センタービスカス」

税理士 紹介ビスカス > 税理士コラム

税理士コラム

吉田信康税理士事務所ブログ

消費税2013年から8%?

2011.12.20

北朝鮮の訃報で驚いているときに消費税増税のお話が
こっそり報じられています。

「消費税率の引き上げについて、
2013年10月に8%、2015年4月に10%
とする案を軸に調整に入った。」

民主党の藤井税制調査会長がそれを語ったらしいですから
どうやら本気でそうなりそうな状況みたいですね。
以前アップしたとおり、消費税税率アップへと秒読みに入ったと
いうことなのでしょうか。

2011年をあとわずかというところの年末、
2013年10月まではあと1年半しかないのですね。
何度もアップしていますが、消費税の構造をよく理解していただかないと
大変なことになりますね。

「個人なら判定期間は2年前」
「法人なら判定期間は2期前」

ということは消費税が平成元年に創設されたからの規定でした。
ところが、これが2013年の判定期間から改正されているのですね。

私の読み通り、やはり2013年に増税しようと
政府は「企んでいたの」ですね。

でも10月からというのは中途半端ですね。
まだ確定ではないのでしょうけど、
2013年中に増税しようとするには2013年4月では
間に合わなそうなので、間を取って10月からということに
しようとするのでしょうか?

ただし、政治が混迷して消費税増税が
必ずしもすんなり決定しそうもない雲行きですが
「消費税増税も仕方がない」
という雰囲気も一方でありますね。


今月で個人事業の方々は決算です。
2011年に売上1000万円超えている方は要注意ですね。


では、本日12月20日まで計算して999万の売上だったらどうしますか?
もう今日で仕事納めして、明日からハワイでも行かれたら
どうでしょうか!?・・


ブログトップページ

最近の記事
カレンダー
カテゴリ
税理士紹介ビスカス
コメント
アーカイブ