税理士コラム | 税理士紹介25年、税理士紹介のパイオニア「税理士紹介センタービスカス」

税理士 紹介ビスカス > 税理士コラム

税理士コラム

吉田信康税理士事務所ブログ

大田区ロードレース
2011.12.19

税理士になら誰でも忙しいこの時期に、なんとまた性懲りもなく国内最終レース。
「忙中走あり」
師走を走る税理士先生・・・・。

DSC_0102.JPG

またまたローカルな大会。
いかにも区民大会みたいなアットホームな感じが良かったです。
でも参加者は3000名もいたらしい。

大田区と言っても「大井競馬場」の近くです。
わざわざモノレール乗るのも・・と思ったら、
大井町駅からバスで意外に近いのですね。
このあたり一帯がずいぶん開発されていて感動してしまいした・・・。


参加したのは10マイルのレース。
どのくらいの距離か想像できますか?
10マイルとは16キロなのですね。
いつも17キロくらいになると、足が痛くなったり、攣ったりするので
ちょうどいい距離ですね。

これも知らなかったのですが、ここに大きな陸上競技場があって、
そこからスタートして中央海浜公園をなんと5周します。

やはり周回コースはイヤなのですね。
必ず途中で早い人からどんどん追い抜かれるから。
それを予想してはいましたが、3周目くらいから、もう抜かれていました。
しかも距離表示がないので、ペースがぜんぜんつかめません。
でもやはり抜かれるのもやはりイヤなので
必死に走っていたらペースがかなり早かったみたいです。

それで結果は、10マイル(16キロ)でなんと

1時間28分42秒!!

これは驚異的なタイムがでました。
1キロあたり、なんと5分30秒くらい。
このペースならハーフ(21キロ)2時間を切れてしまいそうですね。

「自分の限界は1キロ6分だ」なんて勝手に思っていたらダメなのですね。
年内最終レースでまだまだやれそうな気がしてきました。


昨日の「防府読売マラソン」で川内選手がまた頑張りましたね。
マラソンの常識を覆す彼の頑張りに脱帽です。

年明け、川内選手が招待選手で参加する谷川真理マラソンで
「対戦する?」のが楽しみになってきましたね。

頑張れ日本! 頑張れ川内選手!!


小川和紙マラソン
2011.12.12

つくばフルマラソンから2週間。
東京マラソンに向けてまたトレーニング開始です。
なんたって12月は「師走」ですからね。
やはり「先生」は走らなければならないのです!?

DSC_0101.JPG

池袋から東武東上線で1時間余り。
埼玉県小川町があります。
そこで開かれた「小川和紙マラソン」
名前の通り、地元特産の和紙に因んで十数年も行われている
「町興し」のイベント・マラソンなのですね。

何度も書きますが、こういうローカルな大会は本当に好きですね。
これは参加してみないと分かりませんよ。
町の人達のやさしさ触れ合え、町の活気を感じることができるのですね。

人口わずか3万ほどの小さな町ですが、町全体でこのイベントを
盛り上げようとする熱意が十分伝わってくるマラソン大会でした。
もう沿道では町民全体が応援しているのではないか?と思ったくらい。

何と言っても終わった後の「トン汁」が最高でした。
具だくさんでお代わり自由。
今までのマラソン大会の中で一番のおいしさでしたね。
イベントの司会者も言ってましたが
「トン汁には地元の新鮮な野菜だけでなく、地元婦人会の方々の愛情が
たくさん入っています・・・・」

本当に美味しい愛情を味わうことができました。
ありがとうございました。


ところでマラソン大会の方は、フルマラソンから
あまり日がたっていないので、「謙虚に」10キロにエントリーして
いたのですね。

でも走り終わって、これも正直物足りなかったくらいですね。
ハーフを走ればよかったですね。
もう走りも復活しました!

でも写真でお分かりの通り、若干お腹回りが気になりますね。
ここ連日忘年会続きだったもので・・・。(また言い訳)
これからの忘年会・新年会に負けず、もう少し絞って頑張ります!


つくばマラソン その4
2011.12.02

25キロくらいからがキツカッタ!
なんとかそれまで1キロ6分台をキープしてきたものの、
27キロすぎになると1キロ7分を切れなくなりました・・・。
もう足が棒のようになってきて重く感じてきます・・・。

29キロ地点到達。
ここでつくばマラソン名物の「おしるこ」をいただきました!
これが走る前からの楽しみでした。
マラソンしながら「おしるこ」を食べることは想像つきますか?
「小豆が入っているのかな?お餅は・・・」
期待していたのですが、やはり何も入っていませんでしたが。

でもこのあたりからちょうど身体が冷えてきたところで、
暖かい「おしるこ」が本当に腹にしみました。
正直に告白しますが、つい「おかわり」してしまいました・・・。
まあこれくらいのタイムロスは市民ランナーなら許してもらえるでしょうね。


おしるこパワーで少し元気になってようやく30キロ。
20キロから30キロのラップが1時間9分。
だんだん落ちてくるのが分かります。
30キロから35キロは、筑波山を背にする直線コース。
有名な「筑波おろし」も吹き付ける最後の難所です。
ここを粘れるかが、つくばマラソンのポイントらしいです。

やはり、確かにここからがキツカッタ・・・。
1キロ8分くらいにガクッと落ちます・・・。
これが今後のフルマラソンに向けた課題なのでしょうね。

でも筑波の人達の応援がありがたかった。
立ち寄るエイド(給水所)のスタッフの声援だけでなく、
市民の人がたくさん沿道で応援していました。
ボランティアでコーラ配っている人まで。
走りながら飲むコーラというのも「初体験」でしたが、格別でした。
ほんとうにありがとうございました。


35キロ過ぎからまた筑波大学の構内に入っていきます。
筑波大学のキャンパスは本当に広いのですね。
こんなマラソンコースができるくらいですから・・・。
でも38キロから構内をぐるぐる回って精神的には
かなりキツカッタですが・・・。


ようやく感動のゴール!!
タイムは4時間48分10秒!(ネットタイム)
自己ベスト更新です!!(まあ2回目ですから・・)

つくばマラソン記録証.JPG


(つくばマラソン シリーズ おしまい)
来年も必ずチャレンジしますよ!おしるこ食べるために・・・!?


つくばマラソン その3
2011.12.01

スタート前ゴール地点で.JPG

つくばマラソンのコースは15キロくらいから折り返しのハーフまで
ほぼ一直線です。
その間ずっと右の復路のコースに「本当のマラソンランナー」が
走ります。

「速いな~。」、「フォームがきれいだな~。」

感心することしきりです。
この直線のコースはそれだけでも本当に楽しかった。
いつもなら15キロすぎあたりから足が痛くなりだすのですが
まったくその兆候もない。
ちなみに17キロのラップは1キロ6分ちょうどでした。

「今日は調子いいのかも・・・」

そう思っているときに、反対側の復路コースに
「4時間のペースメーカー」を発見しました。
もう大集団でまさに団子状態で走っています。

「いつかあの集団に入って4時間切りを目指したいな・・・」

夢は膨らみます。
折り返しまであとすぐというところで
今度は「4時間半のペースペーカー」を発見しました。

「今日の目標を発見!追いつけるぞ!!」

距離的にわずか2キロ弱くらいでしょうか。

「4時間30分のペースメーカーは1キロ6分30分くらいで走っているから
自分のこのペース『6分』で走るといつ追いつくのだろう・・・」

これは難しい「算数の問題」!?です。
数年前に、子供の塾の宿題にあった「旅人算」ですね・・・。
でも走りながら考えるのは至難の業でした・・・。

「えーと・・・??」

考えているうちに早くもハーフの折り返しに到達してしまいました。
ハーフまでで、ラップは2時間10分くらい!
このタイムは正直書くと今シーズンベストなのですね。
もうビックリしました。
しかも体調万全で足もどこも痛くない。


「これは速い!ひょっとして4時間30分切れるか・・・」

もううれしくなってきました。

「やはりマラソンは楽しい!」

とそこまでは本当に思っていました・・・。


つくばマラソン その2
2011.11.30

東京マラソン当選で完全に舞い上がってしまいましたね。
各方面からお祝いのメールたくさんいただきました。
ありがとうございました。

さあ!3か月後の東京マラソンに向け、つくばマラソンの反省を
アップしてみましょう!

スタート前.JPG

本当に参加してよかったのですね。
自分の実力がよく分かりました。

8番目のGブロック、「屈辱の」スタートラインに立った時
ブロック先頭に「ペースメーカー」の方がいました。
つくばマラソンは、4時間、4時間30分、5時間のレベルに
合わせてペースメーカーが走るのですね。

レース前から4時間30分を目標にしてきた私としては
当然4時間30分のペーサーかと思ったら、なんと5時間のペーサーでした。

「あなたはまだまだ5時間のレベルですよ!」

ということなのでしょう。
号砲が鳴ってスタートしてから、Gブロックは本当のスタートラインを
越えるまで8分くらい経過しました。
さすがマンモス大会ですね。
スタートしてすぐ私は大胆な行動に出ました。
1キロくらい走ってから、その5時間のペーサーを一気に抜いたのです。

「今日の目標は4時間30分だ!」

初マラソンの館山若潮マラソンの時も5時間のペーサーを
途中5キロ過ぎあたりで振り切りました。
でも、もっと早く決断すればよかったという反省からなのですね。
4時間30分のペーサー目指してスタートです。
意気揚々。ここは楽しいですね。


つくばマラソンのコースは実に平坦です。
ほとんどアップダウンがなくて本当に走りやすい。
しかも中間の折り返しから、ずっと同じコースを戻るのです。
自分の位置が分かることでこれもいいですね。

最初の10キロ通過。
ラップが61分58秒。1キロ平均6分11秒。実にいいペース。

14キロ地点で早くも折り返してくるトップ集団とすれ違いました。
トップは27キロ!以上すでに走っているはずです。
「早っ!」
でもそのときは拍手して声援を送る余裕がまだまだありました。
力強いトップ集団を見ながら走るのも楽しいですね。
余計パワーもらった感じもしました・・・。

「これが本当のマラソンか・・・」

真のマラソンランナーを目の当たりにしたような驚きでした。
そのころはまだまだ元気で、二度目のフルマラソンを
心から楽しんでいました・・・。


東京マラソン当選!!
2011.11.29

=====================================================================

◇◇ 東京マラソン2012 平成24年2月26日(日)開催 ◇◇

=====================================================================

《追加抽選結果(当選)のお知らせ 》

---------------------------------------------------------------------
ヨシダ ノブヤス 様
受付番号:13001

すいません。つくばマラソンネタを中断して速報です!
まったく予想していなかったことが急に起きました!
まるで「まだ買っていない」年末ジャンボに当ったかのようですね。
このブログで何度も取り上げた東京マラソンでしたが
なんと「敗者復活」、「逆転満塁さよならホームラン」となりました!

東京マラソン公式クラブ「ONE TOKYO」のメンバーに
なったこともアップしましたが
そのプレミアム会員の「追加エントリー」に当選したのですね。
今まで「先行エントリー」でも落選し、「一般エントリー」でもまたまた落選!
実はまったくあきらめていたのです。


実は当選通知をもらって、正直これは「詐欺メール」ではないかと
思いました。
つまり
「当選したからすぐ入金してださい」
となっていたからなのですね。
参加手続きURLをクリックすると、カード番号を入れるサイトが出てくる・・。

「これはやはり新種のカード詐欺か?」

すいません。何度も疑ってしまいました。
3回くらい慎重に読んでから、「ONE TOKYO」とサイトやメールを
確認した上で入金申し込みをしました。

しかし、当選通知まじまじと何度も読み返しましたが、「替え玉受験」は
絶対できませんね。
「もしやったら参加料は没収です」とまで書いてありますから。
多分、親族や知人の名前を使ってまで不正に当選した人が、
大量にあきらめたのでしょうか・・・。
どうあれ、当選した以上頑張ります。

心から喜んでいたものの、以前ブログで取り上げた「被災児童日記」のことを
ふと思い出しました。こちら
小学生のお父さんが今年東京マラソンを完走し、
その12日後につなみで亡くなられた・・・。
この小学生が来年の東京マラソンをどんな気持ちで迎えるだろうと・・・。


本当にありがとうございました。
いろいろな事情で出たくても出られなかった人の分まで
がんばります!


つくばマラソン その1
2011.11.28

ついにこの日が来ました!
この日のために月間200キロも走りこんできたのですね。
やる気マンマンで「つくばエクスプレス」に乗り込みました。

つくばエクスプレス.JPG

実はつくばエクスプレスに乗ったのは初めてなのですね。
筑波大学はこの電車のおかげでずいぶん近くなったのですね。
秋葉原からわずか40分くらい。

当日は7時ちょうど発の臨時列車があったのですが、混むのを予想して
思いっきり早起きして、その2本前の6時31分初の電車に乗り込みました。
もうやる気十分ですね。

でも、それから数々の衝撃的な事実が待ち受けていました・・・・。
6時半ならガラガラだと思って乗り込んで電車はなんと超満員です。
ランナーで埋め尽くされています。
仕方がなくずっと立っていましたが、駅に着いてシャトルバスに乗り込もうとしたら
もうすでに長蛇の列です・・・。

「そんなバカな・・・」

バカだったのは私でした。
つくばマラソンは、タイムにこだわる「エリートランナー」には
必須の人気レースなのですね。

シャトルバスに乗り込んだらまったく雰囲気が違います。
皆見るからに「速そうな」ウエア着ています。
走りこんだ靴と、使い込んだウエア。
本当には速い人は最新の派手なウエアなんて着ていないものです・・・。

いつもなら楽しそうに談笑している「お楽しみの」走友会の人たち
なんかまったくいません・・・。
皆黙って今日のレースに備えているよう。

「今日は3時間30分を目指したいのですが、どんなペースにしたら」
そんな真面目な会話が耳に飛び込んできます。

いかにも「サブスリー」のようなベテランランナーから
「1キロ5分ではダメだよ。少し切るペースで・・・」

「これはマズイ・・大変なレースに参加してしまった・・・」
1キロ6分がやっとの亀ランナーとしては焦りました・・・。
会場につくとこれまた異様な雰囲気。
お楽しみででてきている仮装しているランナーなんかいません。


しかも、ここでも決定的な事実に遭遇します。
私も自己ベスト4時間52分なのですが、これを正直に書いてエントリーして
ありました。
スタート順がベストタイム順で9ブロックに区分けされていたのです。
なんと私は8番目のGブロック。

「制限時間6時間のレースのはずだけど・・・」
そうは思ったもののいつもの雰囲気とは明らかに違いました・・・。

そんな伝統ある「多少場違いな」つくばマラソン!
いよいよ生涯2度目のフルマラソン・チャレンジです・・・。


おいしいカーボ・ローディング
2011.11.25

フルマラソン直前には炭水化物をしっかり取っておくことが必要です。
これを「コーボ・ローディング」といいます。

つまり、42.195キロをしっかり走りぬくために、
体内にしっかりエネルギーを蓄えておく必要があるのですね。
それでここ数日せっせと炭水化物を取っています。
ごはん、うどん、パスタ・・・・。

水曜日にしっかり走りこんだ私としてはもう直前は走らないのですね。
今更は走っても疲労が蓄積されるだけなのです。
それで「食べる」練習をここでしっかりしております。
大量に炭水化物を摂取することで、医学的には体内に「グリーコーゲン」が
蓄えられるそうです。

DSC_0059.JPG

おいしそうなごはんでしょう!
これは白金にある「和食の名店」です。
白金の住宅街にあるひっそりとしたお店です。
それほど大きなお店ではないので、すいませんが教えません。
いつも一杯でなかなか予約が取れないくらいだからなのです。
ひっそりとした店構えなので、よく芸能人も「おしのびで」
来るそうです。

もうおいしいごはんならここですね。
しっかり炭水化物を取って準備万端です。
ついでに、しっかりアルコール?も補給しておきました。
これで体内に「グリコーゲン」と「ガソリン」!?の補給も
バッチリできました。
あとは本番を迎えるだけですね。


考えたら、あの大震災の直後の4月から
思い切って走り出しましたね。
「もっと頑張らなければ・・・」
そう無性に思い知らされたのがきっかけです。
それから月間200キロを本当に走ったのです。
ついに今月までで1500キロは越えました。

東京から気仙沼くらいまでで500キロですから、
1500キロあれば被災地を全部駆け巡った距離でしょうか・・。
こんなロートルな税理士からでも、日本に元気を届けましょう!

ガンバレ日本!
ガンバレ中小企業!!


つくばフルマラソン挑戦まで、ついにあと2日!


ねりま光が丘ロードレース
2011.11.21

練馬区光が丘。ご存知ですか。
中野から電車で20分もかからない距離。
こんな近場でハーフマラソンが30回も行われていたとは
知りませんでした。

ねりま光が丘.JPG

こういうローカルな手創り感のある大会は好きですね。
マラソンスタート前に、トイレの大行列や、荷物預り所の大混乱など
まったくありません。

コースは確かに狭いので、記録を狙うシリアスランナーには
ちょっと大変でしょうか。

私のようなお楽しみランナーには十分なレースでした。
過去のネット情報ではいろいろ不満点がアップされていましたが
私が見た感じではすべてクリアされていたようでしたね。
大会運営者が一生懸命努力されているのでしょう。


さて記録の方は・・・(また言いわけですが)
来週のフルマラソンに向けての調整ということで、
一キロ6分のラップをどこまで続けられるか試したかったのですね。
しかも余裕をもってハーフマラソンを終えるくらいでないと
当然ですがフルの距離は大変です・・・。

記録は2時間12分。
「得意の後半の失速」で一キロ6分は無理だったのですが、
そこそこペースは維持できました。
本番のフルマラソン4時間30分切に向け最終調整はできました・・・。


ところで光が丘公園はすばらしいですね。
過去一度花見に行ったことくらいしかなかったのですが
紅葉が結構きれいでした。

光が丘公園.JPG

広いのですね。日比谷公園の3倍の広さらしいです。
その中に野球場あり、サッカー場あり、テニスコートもたくさんあります。
ストリートバスケットやるところもあったりして・・・。
緑もきれいで、まるでニューヨークのセントラルパークのよう。
(すいません。行ったこともないのに知ったかぶり・・・)

ファミリーで住むには良いところのようです。
一度住んでみたかったですね・・・。


さあ!つくばフルマラソンチャレンジまであと6日!


日中友好囲碁大会
2011.11.14

そろそろフルマラソンまであと2週間なので30キロくらい
走り込みをしなければいけないなと思っていたのですが
「どうしても囲碁大会に出てほしい」
という知人からの要請で、ランニングはあきらめ
「のこのこ」でも「喜んで」参加してきました。

日中囲碁.JPG

昨年も参加しましたが、「日中友好囲碁大会」
5人一組の団体戦なのですね。
これが実に楽しい。
囲碁は本来一人でやるものなのですが、
それをチーム戦にするところに面白味があります。
勝ち上がるのには最低3人勝たないといけないのですね。

ですからチームの迷惑にならないように、何としても勝たなくてはならない。
勝つとうれしさが5倍になります。
万が一チームが負けるということは、負けた人が最低3人以上いるわけですから
仲間と「慰めあう」こともできる・・。

チームワークが当然必要で、そういう意味で「スポーツ感覚」で楽しめるのですね。
もっとこういう大会があればよいのですけどね。

私の所属する囲碁の団体から8チームもでていました。
ということは40名!です。
皆で励ましあったり、慰めあったり和気藹々。
終わったあとの懇親会も楽しいものです。
囲碁を通じていろいろな人と知り合える・・・。

ちなみに結果は、わがチームは優勝でした。
5人の中で唯一私だけが全勝で優勝に貢献できました。
(すいません。また自慢話・・・)


ただ最後に少し辛口のコメント。
どうしても勝ちたい意識が強すぎるのか、誠に残念ながら
「アンフェア」な態度が多くみられました。
あまり詳しくは書きたくないのですが、
時間切れ勝ちを狙うような「アンフェア」なプレーです。
中学生までがそういうことをやっていたのは正直がっかりしました。

プロ棋士がそういうことやるから真似てしまうのでしょうか。
ルール改正をするか、囲碁を教える側が最初に
きちんと指導すべきことなのでしょうね。
囲碁歴43年の真の囲碁愛好家としては切に思います・・・。



東京税理士会囲碁大会
2011.11.04

JR千駄ヶ谷駅から徒歩5分。新宿御苑の隣に東京税理士会館があります。
数年前、総工費数億円もかけて実に立派な会館ができました。
その2階大会議室で春と秋の年2回、休日に囲碁の大会があります。

DSC_0030.jpg

税理士登録した13年前から出ていますが、
つい最近までは平日に行われていたのですね。

「昼間から仕事しないで碁を打っているとは優雅な業界だな。」

とよく思っていたのですね。
でも最近はやはり休日に行われるようになってきました・・・。当然ですね・・。

参加者60数名。
AクラスからDクラスまで棋力よって16人ずつランク分けされます。
実は、税理士会の囲碁のランクは段級位ではないのですね。
普通、町の碁会所で打つ時は、段級位をつけるのですが、
これはなかなか公平ではないのですね。地域差もかなりあるし。

それで東京税理士会では「点数制」を取り入れています。
現在ではランクが最高の人で200点くらい。一番下の人で30点くらい。
1回勝つと1点上がり、1回負けると1点下がります。
そういう意味で実に公平なシステムですね。
普通の碁会所で四、五段の人が150点から160点くらいで
7点違うと一段差あるような感じです。


すいません。また自慢話になってしまいますが、
私の点は現在190点くらいです。

190点以上の人は東京税理士会には5人しかいないのですね。
ということは私は「ランク5位」ということになるでしょうか。
最高位の人と10点くらい違いますから、
囲碁で言う「棋力」でいうと、一目差違いくらい。

いつかランキング1位になってみたいですね。
なったら、当然ですが、このブログでまた自慢げに
アップしますから大丈夫?です。


ところで、大会の方はAクラスに出場。
ただ残念ながら準決勝で負けてしまいました。
でも3位決定戦で勝って結局3位でした。
まあよしとしましょうか・・・。

休日はマラソンだけではないのです。
囲碁で頭のリフレッシュ! これも楽しいですよ!


マラソンの魅力
2011.11.01

市民マラソンブームの立役者は、やはり金哲彦さんですね。

金哲彦.png

週末の朝日新聞にも掲載されていましたね。

「マラソンブームの背景には、東京マラソンがきかっけであることは
間違いない。これだけの先が見えない世の中にあって、特に多くの30代
40代のサラリーマンが、『達成感』を求めてマラソンをするようになった・・・」

「達成感」は私も認めます。
フルマラソンを完走した「達成感」はいいようのないものですね。ただ
「でもそれだけでもないな」
そう思うのです。

ここ一か月、このブログでもどこでもマラソンネタを披露していると
「よくそんなに走れるね?どうしたのですか?」
と聞かれることも多いのですね。
この年代で毎週末マラソンにエントリーしている税理士は
私くらいでしょうけど・・・。

「達成感」以外にある種の「満足感」というものもあるでしょうか。
たとえば先日も谷川真理さんと一緒に走りましたね。
素人でもオリンピックのメダリストと一緒に戦える(走れる?)競技は
マラソンくらいしかないのではないでしょうか。

サッカーのなでしこジャパンに感動しましたが、いくらサッカーが
うまくても澤選手同じピッチに立てる訳ないですよね。
野球だってそうです。イチロー選手と同じグランドに立って野球なんて
できないし、いくらゴルフがうまくても石川遼と一緒にラウンドなんかできない。

でも高橋尚子さんと一緒に走れるマラソン大会はたくさんあるのです。
いわば一緒にピッチにたてるのです。
こんな楽しいスポーツほかにないですよね。

もっと言えば、来年の東京マラソンでディフェンディング・チャンピオンの
市民ランナーの星・川内選手と一緒に走れますよね。
彼は本当にオリンピックにでられるかもしれない選手です。

私は囲碁やテニスもやりますが、いくら頑張っても、全国大会出場どころか
東京大会の地区予選であっさり負けてしまいますね・・・。
要するに他の競技で決勝まで残るなんてありえないし、
日本代表選手と一緒に競技することすら、まずできないのです。

東京マラソンで川内選手と一緒に走って、万が一か、億が一でも?
2時間5分くらいで走ったとしたら、日本代表かオリンピック候補?に
なれるかもしれないのです。
こんな「夢のある競技」はマラソンしかありえないと本当に思うのです。


最後に、私がエントリーするときに、必ずつける所属団体名は
「中野夢走会」です。
私が勝手に作った団体ですが、
走友会なんて月並みな名前なんて付けていません。

ただ会員はまだ1名、私だけです。
どうですか?
一緒に「夢に向かって」走りませんか・・・。



手賀沼エコマラソン
2011.10.31

都心からわずか30分の千葉県柏市に、「手賀沼」があります。
「手賀沼」というと、昔学生時代に習った日本史の教科書に
出てきましたね。
江戸時代に老中田沼意次や水野忠邦が干拓した・・・。
名前だけは知っていましたが、本当に初めて行ってきました。
こうやって、マラソンをすると知らない所に行けるのもいいですね。
手賀沼は正直に何もないところですが、のどかで良いところですね。

手賀沼.JPG

「エコマラソン」という名前からお分かりの通り、
「環境保護」を目的に今から17年も前から開催されている
非常に伝統のある大会です。
やはりアクセスがよいのでかなり人気の大会ですね。


この大会の何がすばらしいかというと「応援」です。
会場につくと、地元高校のブラスバンドが演奏していました。
高校生のみごとな歌声に聞きほれてしまいましたね。
コース上でも他校のブラスバンドが一生懸命に
応援してくれていました。

ZARDの名曲「負けないで」ってありますね。
今まで何百回も聞いてきましたが、初めて「応援される側で」
聞きました。
ちょうどあとゴールまで残り3キロくらいの一番苦しいところ。


負けないで~♪
もうすこし♪
最後まで走り抜けて~♪


演奏してくれた高校生の皆さん。
本当にありがとう!
あの24時間テレビで、ゴールの武道館に飛び込んでくるランナーに
なった気持ち。
自分のために応援してくれるのか!
そう思うと心から感動しました。


でも記録は手元の時計で2時間15分くらい。
もう一つですね。
残念ながら、まだまだ足りないものは、走力と根性でしょうか・・・。
これで10月の走る込み月間終了。
月間走行距離209キロ。


つくばフルマラソン挑戦まであと27日!


グリーンリボン・ランニング・フェスティバル
2011.10.24

国立競技場で行われた大会
「グリーンリボン・ランニング・フェスティバル」
に出場してきました。

DSC_0016.jpg

やはり国立競技場を走れることはうれしいものですね。
場所が良いから、やはり参加者は数千人。
年々参加者が増えているそうです。

写真はレースの前に行われた谷川真理さんのランニング教室。
谷川さんはマラソン大会で何度かお見かけしますが、
実に熱心に指導されていますね。
マラソン普及のために長年努力されているようで
私もファンの一人です。
レース中に私とハイタッチもしてくれたし。

マラソンを速く走るコツを教わりました。簡単に言うと
「股関節を意識した走り」
なんだそうです。
これは簡単なようで難しいですね。
今度うんちくと実績を積んでから説明します・・・。


レースの方は10キロでした。
先週、先々週ときつい長距離を走ったので物足りないくらいでしたが
結構暑かったのですね。
周回競技で、つまり国立競技場の周りを3週もするのです。
やはりタイムレースというより、フェスティバルでしたので
楽しんで走る人が多かったようです。

2週目で一緒に走っていた谷川真理さんになんと
「周回遅れで」抜かれてしまいます。
でも、走るフォームが実に美しい。
今日はこれを見ただけでも収穫でした。
「股関節を意識した長いストライド・・・」
実にカッコよかったです。


ところで「グリーンリボン」とは、臓器移植普及のための運動なのですね。
昨年より、「改正臓器移植法」が施行されているのもご存知ですか?
健康で走れることに感謝しつつ、こういう運動にも賛同しなければいけないのですね。


ところで、タイムの方は、結構暑かったのでそれほど伸びなかったのです。やはり
よい子のみんなは、マラソンの前日の深酒はやめましょう!?

つくばフルマラソン挑戦まであと34日!


タートルマラソン
2011.10.17

40回も続く伝統のマラソン大会に出場してきました。

タートルマラソン.jpg

場所は北千住から歩いて10分ほどの河川敷。
都心から30分もあればいけることから、超人気の大会です。
ここ数年の参加者は1万人も超えます。

名前の通り、「タートル」(亀)のようにゆっくり走ろう!」
という健康増進の目的で開催されたマラソン大会らしいですね。
パンフレットには、「あまり無理して走らないで」
と書いてはあったのですが・・・。


ただやはり河川を走る大会は単調ですからね。
北千住から荒川を遡って、赤羽近辺まで走っての折り返しです。
「何だ!赤羽マラソンの逆回りか・・・」
本当にそうなのですね。

でも人数が実に多いのです。
参加者の希望タイム順にAからEまでの5クラスに分かれます。
不遜にもBクラスへ。

前半はそこそこのペースで快調に走ります。
キロ6分ペースのまあまあの走り。
でも折り返しくらいから、「異変」が起こります。

お昼近くなり、急速に気温が上昇してきたのですね。
気温は28度くらいだったらしいのですが、
雨上がりのところで湿度も高く、非常に蒸し暑いのです。
河川敷のコンクリートの上では体感温度30度くらい。
しかも日差しがものすごくきつい。
自分だけではなく、全体のペースがガクッと落ちてくるのが分かります。

そのころになってようやく事態が分かってきました。
まず救急車が一台コースの中に入ってきました。
「熱中症」で倒れるランナーが続出してきたのです。
数人倒れている人を見ました。
12キロ過ぎてから、歩き出す人も増えました。
もうレースなんかあきらめている人も・・・。

たくさんのランナーが倒れていたようですが
でも懸命にスタッフの人たちが頑張っていました。


こんな大会初めてだったのですが、
マラソンをなめていたらとんでもないことが起こりますね。
一応歩かずにゴールできましたが、今シーズンワースト。
正直先週の30キロよりはるかにキツカッタのです。
翌日新聞で見ましたが、なんと23人も!熱中症で病院に運ばれたそうです。

でも暑い中必死に応援してくれた、地元中学生と高校生、
やはりスタッフの方々の努力に心から敬意を称します。
「頑張ってください!」ってペットボトルの水を
頭から水かけてくれた中学生。ありがとう!

きつかったけどまた来年も挑戦します!


東京マラソン落選!!
2011.10.12

=====================================================================

◇◇ 東京マラソン2012 平成24年2月26日(日)開催 ◇◇

=====================================================================

《抽選結果(落選)のお知らせ》

---------------------------------------------------------------------
ヨシダ ノブヤス 様
受付番号:13001

このたびは東京マラソン2012にエントリーいただき、誠にありがとうございました。

定員を超えるお申込みがあり厳正なる抽選を行いましたところ、
誠に残念ながら今回はご意向に沿えない結果となりました。

---------------------------------------------------------------------

またまた残念な結果となりました。
これで何年連続して落選しているのでしょう。
なんとかならないものでしょうか。
3回連続して落選した人は優先的に・・・なんて考慮してもらえないのでしょうか。
わざわざ会費払って「プレミアム会員」にもなっていたのですけどね・・・。

どうも「しゃれで」申し込んでいる人も多いと聞いています。
マラソンなんかしたことのない方が「ファッションで」申し込んでいるので
やたら倍率が高いのですね。

「陸連の記録を持っている人」
「フルマラソンもしくはハーフマラソンの経験がある人」
なんて少しバーを上げていただいたらどうなんでしょうか・・・。


このメールの最後に

【その他】・第46回青梅マラソン大会は2012年2月19日(日)に開催します。

とありますが、もう青梅マラソンはエントリー締めきっているのですね。
青梅と東京の両方申し込んでいるランナーも多いのでしょう。

私は、正直当たらない感じもしていたので、しっかり青梅マラソンも
エントリーしていたのですね。

「東京マラソン完走記」
を期待されていたブログファンの皆様すいません。
このリベンジは青梅マラソンで果たします。

がんばれ日本!!


荒川30キロマラソン
2011.10.11

スポーツするには本当によい季節ですね。
そろそろ本格的なマラソンシーズンがスタートです。
フルマラソンはご存じのとおり42.195キロもあります。
いきなりそんな長距離を走ろうとするのは、やはりは素人ランナーとしては
土台無理なお話なのですね。

荒川30キロ.jpg

フルマラソンに向けてよく勧められるのが、「30キロ走」です。
ただなかなか一人で30キロを走ろうとはなかなか思えないものです。
今年初めて走ったフルマラソンの前に、この30キロ走を行おうとしまいましたが
やはり挫折したのですね。
皇居は一周5キロなのですが、それを一人でもくもくと6周なんてとても
できるものではないのです。

それで格好の大会を見つけました。
「荒川30キロマラソン」

場所は京成電鉄「堀切菖蒲園」から荒川沿いを南に9キロ走り、
葛西まで走ったところ折り返し、6キロ戻ったところ
また折り返しがあってそれを往復してから戻るコースです。

川沿いを走るコースは正直あまり好きではないのですね。
景色が単調ですから結構つらいのです。
しかも、その日かなり暑かったのですね。


写真でお分かりの通り、ペースメーカーが付きます。
しかも結構有名人の方なのですね。
一応「生意気にも」キロ6分ペース、つまり3時間以内にゴールする
ペースでチャレンジしてみました。

ペース走というのは初めてだったのですが、
なかなかよい練習になりますね。
15キロ地点までは結構楽勝でついて行ったのですが、
実はそこから足が痛くなりだしてしまったのです。
慣れないペース走で自然と無理してしまったのでしょうか。

17キロで右足が痙攣し、それをかばって走っていたら20キロで
今度は左足が痙攣してしまいました。
いつものハーフなら、それでもだましだましゴールしたのですが
そこからの残りの9キロが正直つらかったのです。

「やはり30キロは長いな・・・」
でも歩かないで何とかゴールできました。
遠くにスカイツリーが見え、長距離の訓練としては良かったのですが、
まだまだ筋力不足ですね。


でもこの大会そのものは実に良かったです。
まずスタート前にジュースとドーナッツの差し入れがあります。
しかもコース終了時に、大ぶりのタオルがかわいらしい女性のスタッフから
首にかけてもらえます。
なんだか本当にマラソン選手になったみたいですね。
さらに、お土産のTシャツだけでなく、なんと冷たいビールまで配られ
アイシングの氷まで用意されていて、こんな大会はないですね。

まあ、記録より練習会の意味合いが強い感じです。
目標の3時間は、残念ながら大幅に超えてしまいましたが・・・。


がんばれ日本! 私もがんばります!!


オクトーバースポーツマラソン
2011.10.03

いよいよ10月ですね。
マラソンファンの皆様お待たせしました。

しばらくマラソンネタが毎週のように出てきます。
実は10月から毎週末ずっとエントリーし続けているのですね。
今月の目標は
10月16日のタートルマラソンと
10月30日の手賀沼マラソンをターゲットとしたいと
思っております。
よって10月は少し走りこみます。

9月の月間走行距離は208キロ!
毎月200キロ走る税理士は少ないでしょうね。
今月は250キロくらいは走りたいと思っております。


マラソンファンの方ならご存知の通り、10月は
「オクトーバー・スポーツ・マラソン」
があるのですね。
「秋冬のレースに向けて走りこもう!」
というのです。
別にマラソンレースがあるわけでもなく、
インターネット上で走った距離を競い合う「バーチャルイベント」
なのです。実に「今流」ですね。

インターネットの向こう側にいる数万人のライバルと競いあうのですね。
まあ、それはそれとして毎日走りこみたいと思っております。

DSC_0026.jpg

写真はよく出てきますが、私のホームコース。善福寺緑地公園です。
あれだけ厳しかった暑さも和らぎ、走るには最高の季節になりました。
以前は夜皇居を走っていましたが、
4月から早朝ランに切り替えたのですね。

早朝の遊歩道を走るのは楽しいですよ。
ご一緒に走りませんか!


2月の「青梅マラソン」も思い切ってエントリーしてみました。
頑張ろう!日本!!


渡良瀬遊水地ハーフマラソン
2011.09.26

いよいよマラソンシーズン到来ですね。
台風一過で一気に涼しくなりましたからね。
スポーツの秋ですね。

渡良瀬遊水地タテ.jpg

満を持して栃木県と埼玉県の県境にある渡良瀬遊水地まで
行ってきました。

昨年初めてこの大会に出場して、非常に悔しい思いをしましたからね。
マラソン3回目ながら、あの残暑厳しい中で実につらいレースでした。
夏場の練習不足から足がなんと3回くらい攣って、
なんとか歩かなかったものの最後はヘロヘロでした。
後ろを振り返ると制限時間(2時間40分)打ち切りの係員が待機していて、
結構ドキドキものでした。


あれから一年。
4月から月間走行距離200キロの成果を出そうと、張り切っていきました。
前日の練習ではキロ5分30秒くらいを余裕で走れたので
「これはひょっとすると自己ベスト更新か!」
「夢の2時間切り!」
と勇んでいたのですけどね・・・・。

渡良瀬遊水地は好きなコースですね。
ちょっと都心からアクセスは悪いのですが
まず何といっても走りやすい。
道幅がかなり広いのです。

速いペースで走るシリアスランナーとは接触しないから
マイペースで走れるから好きなのです。
マンモスレースにはない田舎ののんびりレース。
お勧めですよ。


最初の5キロは余裕の28分。
快調です。懐かしい景色でペースもあがります。
10キロ、ラップが29分。順調です。
15キロ、ラップが31分。なかなか良さそうです。


やはりマラソンというのは
正直なスポーツです。
やればやったなりの成果が出ます。
走りこんではいたものの、やや筋力アップ不足だったのでしょうか
腿の裏側(ハムストリングス)が攣り出しました・・・。
そこからの残りの6キロがつらかった・・・。

屈辱の昨年のレースからは20分以上タイムはアップしましたが、
まだまだですね。

今年度初マラソン「ほろにがスタート」でした。
もう少し身体絞って、前日の酒も控えて(飲みました。スイマセン)
再チャレンジです。
頑張ります!


富士吉田火祭りロードレース
2011.08.22

夢のお話で少し熱くなりすぎたので小休止。
徳光さんの走りに負けてはいられません。

火祭りロードレース.JPG

「日本一過酷なレース」といわれるマラソン大会に参加してきました。
霊峰富士の麓、富士吉田市で行われるマラソン大会。
通常オフシーズンである、この暑い8月に行われるということと、
アップダウンがかなり厳しいことで有名です。
昨年は、あの猛暑の中(30度以上)行われ、
参加者は、まさに名前どおりの「火祭り」だったそうです・・・・。


ただ、私は7月に肉離れをやって故障明けだったことと、(最初から言い訳)
あまり走れなかっのでかなりウェイトオーバーだったので、(また言い訳)
自信はなかったのですね・・・。

さすがに初参加で、「ハーフ」はキツイと思っていたので
10キロにエントリーしていました。
山の中を走りますから、いわゆる「トレイル・ラン」に近いレースです。
東京池袋生まれ、池袋育ちの私としては、山の中を走り回ったことは
ないのですね。(また言い訳)


前半の5キロがずっと登りです。
トレイル・ランとは難しいと正直実感しました。本当にキツイのです。

ただ後半は気持ちよかった。
富士山の「天然ミスト」の中を駆け抜ける感じです。
実に涼しくて気持ちいい。

結果(タイム?)はどうあれ、故障明けのテストランみたいなものでした。
これで9月からの本格的シーズンに向けスタートができました。
まあ課題は、ビールを控えてウェイトをもう少し絞るということですか・・・。

楽しい大会でしたし、参加賞の「山田うどん」が最高だったので
来年は「怖いもの見たさで?」、日本最高峰の「ハーフ」に
エントリーしようかと思っています。


ところで、週末「東京マラソンの先行エントリー」の発表がありました。
それで結果は・・・?

「残念!!」
悔しかったのですが、
夢は決してあきらめてはいけないのでしたね。

このブログを読んでいる方にはそんなことは当然お分かりでしょう!?

「東京マラソンもいつかかなえるゼイ!」


東京マラソンエントリー
2011.07.29

来年のお話で恐縮です。
2012年2月26日に東京マラソンが開催されます。

それになんと早くもエントリーしました。
実は、一般の方の申込みが8月1日からなのですが、
それに先立って、今月「先行エントリー」というのがあったのですね。

東京マラソンを運営している財団が募集する「プレミアムメンバー」に
なっていたのです。(ちょっと自慢)
8月1日からの一般受付だと多分競争率10倍くらいなのですが
先行エントリーだと倍率が少し落ちるのですね。
定員2000人のところ、先行エントリーの方は10,779人。
倍率は5.4倍!
少しは当たる可能性があるのでしょうか。

実は
「しまった!」と思ったのが
同時に募集された「ペアエントリー」だったのですね。
これは500組1000人の募集枠に対して、わずか971組1, 942人しか
募集がなかったのです。
ということは1.9倍!!

昨年どうしても出たくてわざわざ10万円!も払って出場した方に
とっては本当に悔しいでしょうね。
かなり出場できる可能性はあったのです・・・。
これは来年からの「裏技」ですね。人に教えないで下さい。

発表は8月19日です。
当然ですが、当選していたら、多分「かなり自慢げに」アップしますので
お楽しみに・・・。

実は、今月かなり入れ込んで走っていて24日の日曜日までで
月間走行距離190キロを越えていました・・・
これで「今月は楽勝で200キロ突破!月間最高!!」と思っていたら
日曜日の夕方4時間もテニスをやっていたときについ・・・。
なんと「肉離れ」!!!

比較的軽かったのですが、1週間はドクターストップとなってしまいました・・。
じっくり直して来月からまた頑張ります・・・。



テニスは一日を短くし、一生を長くする
2011.07.04

先日ご紹介した言葉ですが、まさにそれを実感した週末でした。
月に一度、税理士会のテニスの練習会があります。
贅沢なことに、都心でコートが二面も取れていて、
しかも専属のコーチもいます。
その会にお願いして入れてもらっているのです。
ほとんどが、学生時代にテニスに打ち込んできたような方ばかりで
もちろん初心者もいますが、かなりハイレベルです。

私のようなバスケットボール部出身の初心者は、
なんとかついていっていますが、あとはパワーと口と度胸でカバー?
しています。

都心のコート事情で、2時間しか取れませんが、
高度な練習あり、実践ありの、なかなか充実した練習会です。

それにしても同業者同士ですから、気兼ねなく実に楽しい会です。
ですから終わった後の懇親会がまた楽しいのですね。
このテニスのあとのビールも大好きですね。
この季節はビールが本当に美味しいですから。
若い税理士もいますが、年齢的に近い税理士も多く、
テニス談義で大いに盛り上がりますが、
現在仕事での悩みなど相談することもよくあります。
時間があっという間で、まさに「テニスは一日を短くする」ですね。

ジョコビッチ.jpg

あと、この週末ウインブルドンの男女決勝がNHKで生放送で
やっていましたね。ご覧になりましたか。
これも大熱戦で面白かったですね。

なかなかテニスの試合を地上波でやることが少ないのですが
もっとやってほしいものです。
やはり「生」は違います。録画だと結果が分かっているので
見ていて緊張感がないのですね。

結果はご存知の通り、女子はクビトバ選手が、男子がジョコビッチ選手が
ともに初優勝でした。

個人的には、シャラポワとナダルに勝って欲しかったのですが
これも世代交代の波なのでしょうか・・・。


この週末はテニス三昧で、人生を少しだけ長く楽しみました・・・。


マラソンは一日を短くし、一生を長くする
2011.06.28

先日、日経新聞のコラムでこの名言を読んだ方も多いでしょう。

「テニスは一日を短くし、一生を長くする」

米国の医師がこのフレーズを言ったそうですが、これを引用して
ウインブルドンでクルム伊達選手の大活躍を称えていました。

伊達公子 テニスは一日を.jpg

5回も優勝している強豪ビーナス・ウイリアムスとの大熱戦。
40歳の伊達選手の若々しいプレーに歓声を送った方も多いでしょう。
惜しくも負けてしまいしたが、会場全体ではスタンディング・オベーションで
そのプレーを称え、地元新聞では「貴婦人」と大絶賛したそうですね。

しかし、いいフレーズですね。
気のあった仲間と週末テニスすると、本当に一日が短いです。
医者の真意としては、「テニスによって健康になり、長生きできる」という
ことなのでしょうか。

ただもっと広い意味で、「テニスによってより豊な人生を長く送れることができる」
そんな意味だとも思いませんか。
テニスをすることでいろいろな仲間や知人もでき、人生が広がる気がします。


同じようにマラソンも似たような点を感じています。
本当にマラソンに参加すると一日はあっという間です。
マラソンに参加することで、毎日のように走るようになり、健康になる。
ひいては長生きする。これも間違いなくそう思いますね。

実は、名門マラソンレースの「つくばマラソン」に
昨日エントリーしてしまいました。
本当にレベルの高い大会らしいです。
参加者の平均タイムが4時間くらい。私のような初心者ランナーが
参加してよいのか迷いましたが、思い切ってエントリーしてみることに
しました。
11月27日ですから、まだまだ5ヶ月も先です。
でもこれから月間200キロ走り続けたら、当日まで1000キロも走れるのです。
それだけじっくり練習を積んでから、チャレンジしてみようと思っています。


「3.11」から世の中全体が変わったように感じています。
特に人の心、人生観まで変わった方が多いようにも思います。

私も4月1日から、毎朝長い距離を走るようになりました。
何か日頃の行いを改めたいと感じますからね。

残された我々は、一日一日を精一杯大事に過ごし、
そして一日でも長く生きていく義務があると思いませんか。


冨里スイカマラソン
2011.06.27

久しぶりの公式戦。本当に楽しみにしていました。
本当に出られてラッキー。大人気で2次の抽選まであったくらい・・・。

スイカマラソン(出走前).JPG

レース前の表情。余裕ですね。
10キロで50分切りそうな自信の表情。

実は予想タイム45分のところに並んでいたのですね。
昨年、正直に55分のところに並んでいたら
あまりの大混雑に身動き取れなかったのですね。
でもやはり大人気のレースです。
それでも開始してからほぼ30分くらい、つまり5キロ地点くらいまでは
そのまま団子状態です。

やはり、このレースは記録を狙う大会ではないのですね。
楽しむ大会です。
レース前からある「スイカの食べ放題」やたくさんの「露天」など
まさにお祭りムード。
本当にスイカの着ぐるみ着ている人もいたりして
それぞれが楽しんでいるのですね。
私も始めてスマホを持って、写真撮りながら楽しんで走りました。

8キロ過ぎに、お目当ての「給水所」ならぬ「給スイカ所」
これです。

給スイカ所.JPG

もう、これまでか!というくらい並んでいますね。
今年は最初からこれを楽しみにしていたので、実は他の給水所では
あまり水を取らなかったのですね。
のどがカラカラのときに、取れたて切りたての、この甘くてジューシーなスイカ!

もうレースなんかあきらめて、四切れも食べてしまいました。
これはお勧めしますよ。
本当に私が今まで生きてきた中で、一番のスイカでした・・・。

結局タイムは「給スイカ所」のこのタイムロスが響いて
60分もかかってしまいましたが、まあ仕方がないですか!

レース後、いつものように駅前のラーメン屋に飛び込み、この一言!
「ビールと餃子!!」

この一杯が至福の時。
このビールが飲みたくて走っているようなものですから。

本当に楽しい一日でした。感謝。


東京マラソン予選?で自己ベスト更新!
2011.06.20

久しぶりにマラソン大会に出場しました。
ただ、「公式戦」ではなく、東京マラソンを主催する団体のイベントなのですね。
距離は10キロの記録会ですが、標準記録を突破すると、なんと抽選で
東京マラソンに出場できる「特典」付き!

場所は、味の素スタジアムとその周辺の公園で行われました。
サッカー観戦の習慣がないもので、初めて味の素スタジアムに行きましたが、
意外と近いのですね。しかも広々として良い所です。

東京マラソン予選.JPG

本当に1月にフルマラソンを走って以来ですから、5ヶ月ぶり。
マラソン大会はずっと中止でしたからね。
久々だったのと、暑くもなく絶好のコンディションで、
この「走る喜び」に感動しました。

こういう機会を与えてくれた主催者や、スタッフの方々には本当に感謝です。
エイドでボランティアの方から水をもらうときでも、
「ありがとう!」と思わず言ってしまいました。


最初の1キロのラップはなんと5分ジャスト。いいペースです。足取りが軽かったです。
でも3キロ過ぎたらガクッときました。

実は、(すいません。言い訳・・・)その前の日は断れない宴席があって、
ついお付き合いで深夜11時までアルコールを。
5キロ過ぎてくると、アルコールが体内から蒸発してくる実感?がありました。
どうも体内のエネルギー効率が悪かったようです。

マラソンの前日はやはりアルコールは厳禁ですね。
「良い子のみんなは」マネしないようにしましょう!

それで結局どうなったか。
10キロ 57分28秒!

実は10キロで自己新記録です。
平均すると1キロ、5分45秒くらい。
このペースを維持して長い距離を走れるようになれば、フ
ルマラソンは4時間を切って夢の「サブをォー」の仲間入りかも・・・。
悪条件の中の結果で、少し自信になりました。
ちなみに東京マラソンの抽選は外れました・・・残念!

来週は久々の公式戦!です。
「給水所」ならぬ「給スイカ所」のある、私の大好きな「冨里スイカマラソン」
今度は禁酒して望みます。連続自己新なるか!ガンバ!!


熱海へ碁(GO!)
2011.06.06

久しぶりの囲碁ネタ!囲碁ファンの皆様お待ちどう様でした。
一年ぶりに東京税理士会の熱海大会に参加してきました。

熱海.JPG

もちろん震災の影響で開催するかどうかの議論くらいは
あったらしいですが、
「こんなときだからこそ!」という世論の後押しで?
決行したみたいです。

囲碁を通じて同業の緒先輩と親しくなれるこの旅行は
個人的には大好きなのですね。
囲碁をやったことのある方にしか分からないかも知れませんが
碁の楽しみが倍増するのです。

ところで、
「熱海の景気はどうなのだろう?」
震災後の久しぶりの一泊旅行なのでそれも気がかりでした。


写真は、早朝にランニングしたときの熱海海岸の様子です。
まったく誰も人がいませんね。
ご存知の方も思いますが、「お宮の松」の前の砂浜からずっと遊歩道が
防波堤まで続いています。
ここを走るのが楽しみだったのですね。
往復8キロくらいですが、ランニングしたときに出会った方は
二人くらいでしたね。

いったいどうしてしまったのでしょうか熱海は?
昨年取り上げた、大手「再生」ホテルチェーンの傘下に入った
かつての高級旅館は比較的空いていました。こちら
昨年夜に「四回転」していた大広間でのバイキングも
かなり空いていたみたいです。
廊下を清掃している方に
「どうですか?景気は?」
とこっそり聞いてみると、
「やはり震災後は・・・」と正直に答えてくれました。

大手ホテルであればなおさら、この震災不況は堪えるのでしょうね。
若干値上していながら、タオルは薄い小さなものであったり、
フロのカランのお湯が連続10秒!しかでなかったり、
送迎バスもあちこちのホテルを経由するなど
企業努力もかなり垣間見えました。


ところで肝心の碁のお話でしたね。
Aクラス準優勝!でした。
連覇ならず!残念!!


手賀沼エコマラソン
2011.06.02

千葉県の手賀沼というところはご存知でしょうか。
千葉県の北西部にあるこの沼はかつて「日本一汚染された沼」として
有名だったのですね。
それが今から16年間に「手賀沼浄化」を願って、マラソン大会が
開かれるようになったそうです。

都心から近く、柏のそばでアクセスが良いから大人気の大会です。
昨年も知っていながら、エントリーできなかった大会です。
こちら
そのリベンジの日がついにやってきました。
6月1日にエントリーが開始されたのです。
10月30日に開催されるのですから、なんと5ヶ月も先です。

10月30日というと「熱心なブログファン」の方はお分かりですね!?
第1回大阪マラソンが開催される日でもあるのです。
残念ながら、落選したのでしたね。
よって、大阪マラソンのリベンジでもあったのです。

6月1日から開始なのですが、正確には午前零時からです。
それは昨年の失敗からの教訓です。
もう11時50分頃から、iPadの前で正座して待っていました。
iPadの時計はもちろん正確です。
12時になると同時にアクセスしました。
「重い!」
もう大量のアクセスがあることが分かります。
地元優先枠が2000人もありますので、
残りの一般枠6000人目掛けてアクセス集中しているのでしょう。

トップページから、もうすでに固まっています。
「待っている方は1500名です・・」
このエントリーシステムは親切にも、ウェイティングの方の
人数が出てくるのですね。
でも「1500人ならなんとか・・・」淡い期待が持てます。

じっと待ちます。
1500人が1200人に・・・1000人にだんだん減ってきます。
20分待ったところで。
ようやくアクセスできました。
登録完了!

翌日になって、マラソン仲間から、
「エントリーできなかった」
というメールをたくさんもらいました。
「深夜1時に1万人待ちです・・」
と出たのであきらめたと言っていた友人もいました。
やはりブームは続いているのです。まさにラッキーだったのでしょう。
ということで、出場できなかった仲間の分まで頑張ります!


5月の月間走行距離192キロ!
山中湖に出場していたら200キロは楽勝だったのですけどね・・・。


山中湖ロードレース
2011.05.30

1月の館山マラソン以来4ヶ月もマラソンを走っていません。
実は29日に、大人気の「山中湖ロードレース」に、こっそりエントリーしていました。
富士山を見ながら、あのリゾート地を爽快に走ってみたかったのですね。
しかも何とか幸運にもエントリーできていたのです。

「こんな台風が来るのに行くの?」

ここ1週間、家族からの冷ややかな目に耐えながら、
しかも決算の激務にも耐えながら毎朝6キロ走って準備していました・・・・。

ご存知ですか。マラソンというのは、「雨天決行」なのですね。
ですから、この台風が来るこんな大荒れの日でもやるのです。
しかし、前日に泣く泣く決断しました。
「参加を取りやめよう・・・」

正直、雨の中ずぶぬれでも走りたいと思うほど、
マラソンが好きではないのですね。
おかげで週末タップリ仕事ができましたが・・・。


でも「行きたかったな・・・」と何となくマラソン情報をネットで見ていたら
偶然大震災で父親を亡くした小学生の「被災児童の日記」を見つけました。
その小学生のお父さんは先日の東京マラソンを完走したそうです。
そのわずか12日後にあの大津波で亡くなられた・・・。

この日記を勝手に転載しては申しわけないと思いましたが、
多くの方に読んでいただきたいので、アップします。
(こちら→)被災児童日記.pdf

被災児童の文を読んだのも初めてでしたが、
小学生らしい本当に素直な文章で、被災の生々しい様子に
読んでいて思わず目頭が熱くなりました・・・。
何度も読み返していたら、山中湖で走られなかったことなんか
どうでもよくなりましたね。

ようやく2週間後に遺体で発見された時、
「顔が水より冷たく・・」というところに涙ですが、
腕時計が動いていたところに本当に心が打たれました。
きっとマラソン用の時計をされていたのですね。
トライアスロンでも使用できる完全防水のものだからでしょう。

気になったので、ネットでこのお父さんの情報を探しましたが、
確かにマラソンはフルマラソンを3時間台で走られる49歳の
トップアスリートでした。
東京マラソンもこの息子さんと一緒に東京に来ていたそうで、
親子マラソンにも参加する子煩悩な良きお父さんだったのでしょう。
自慢のお父さんであったことも、この日記からひしひしと伝わります。

介護施設を経営されていて、被災時一旦は非難できていたものの、
やはりお仕事柄でしょうか、安否確認のため車で戻ってしまい
不幸にも被害に遇われてしまったようです。
この小学生はこの介護施設を継ぐ言っているそうです。


いつか大人になったら、あのマラソンウォッチを身に付けて、
東京マラソンを必ず走ってください。
きっとお父さんも喜んでくれるでしょう・・・。(涙)


善福寺川緑地公園
2011.05.06

「今このブログはハワイからアップしています・・・。」

毎年ゴールデンウィークになるとそう書きたい衝動にかられます。
残念ながら、また今年も東京にいて、しかも仕事もしているので
今日はライトなネタ。

善福寺緑地公園.jpg

「チャリティー・ランをします!」
宣言してから毎日のように善福寺川公園を走っています。
桜満開の時にもアップしましたが、
今は新緑で実に美しい公園です。
川沿いが遊歩道になっていて、ジョギングするには本当によい
ロケーションです。

以前は自宅の周りを3キロくらいしか走っていなかったのですが
善福寺川公園に行くまですでに往復3キロ走ることになるので
必然的に走行距離が伸びています。

ランニングをする人は自宅の周りを走る人が多いと思いますが
これは納得します。
すぐ家に帰れる安心感が大きいのですね。
「疲れた」「足が痛くなった」「雨が降ってきた」
もうすぐ帰れますね。

でも遠い所まで走るということは、往復を考えるとかなりの距離を
走ることになるのですね。
毎朝善福寺川公園を片道で1.5キロ先まで走ることにしています。
それだけで家から往復6キロ!になるのですね。

毎朝6キロ走る税理士は私くらいでしょうか。
土日はもう少し距離を伸ばして往復で12キロ走ります。
環七から五日市街道までゆっくり走りますが
本当に今は新緑がすばらしいです。


最後にチャリティー・ランの結果を発表しましょう。
4月月間走行距離は「183キロ」になりました。
目標の200キロには到達しませんでしたが
お約束どおり、18,300円を寄付したいと思います。

その寄付の仕方なのですが、税理士ブログらしく真剣に考えました。
そのうちアップします。お楽しみに。


大阪マラソン 落選!
2011.04.27

文書.jpg

またまた残念な結果となってしまいました。
倍率5倍ほどと聞いていたので、東京マラソンほどではないので
ひょっとしたら当選するかも?
と淡い期待ももっていました。
どうも子供のときからくじ運は悪い方なのですね・・・。

でも正直な感想としては、ほっとした感じですね。
「当選したらどうしよう?」
実はそう悩んでもいました。
エントリーしたのが2月ですから、まだ震災前。
東京マラソンに出られなかったくやしさから、
「衝動的に」エントリーしていたのです。
開催日は10月30日ですのでずっと先のお話なのに。

しばらく、まったくマラソンから遠ざかっています。
エントリーしながら開催中止になったマラソンばかりです。
以前アップした7月の福島で行われる「東和ロードレース」も早々に
開催中止が決定していました。
マラソン愛好家の情熱が、正直冷めているのかもしれませんね。

参加料1万円!と大阪までの往復交通費、宿泊費なんか考えたら
自粛して、その分義援金に回そう!
そう考える当選者もいるかもしれませんね。

またこういうことをアップすると申し訳ないのですが、
当選しながら、大阪にいけない被災者の方も
たくさんいらっしゃるとも思うのです。


ただ走ることによって「元気を東北に送ろう!」そういう考え方は
大賛成です。

私もこれも「公約」したとおり、チャリティー・ランを続けています。
実は4月の月間走行距離も170キロを越えてきました。

もう少し週末頑張って距離を伸ばして、なんとか200キロ!まで
走りたいと思ってもいます。
チャリティー2万円をお支払して元気を東北に送りたいです・・・。


お花見ラン
2011.04.11

今月はチャリティー・ランをやります!と宣言してから
毎日真面目に走っています。

善福寺公園.JPG

写真は善福寺川公園の桜です。
Xperia で撮影しました。
本当はもっと見事なのですが、アップするため
少し画素数落としているのでご了承ください。

これを毎日見るのが楽しみです。
ちょうど走り始めたのが蕾の頃でした。
徐々に咲き始め、今や満開です。

善福寺川公園の川沿いには遊歩道があり、そこを走るのですが
早朝桜満開の中を走るのは実に気持ちが良いです。
この五日市街道の近くの一番のスポットまで
自宅から5キロくらいあるのですが
これを見ると疲れが吹っ飛びますね。


実は先週末も皇居を走ってみたのですが
千鳥ケ渕公園の桜も満開でした。
残念ながら自粛ムードのため、お花見で盛り上がっている方も
少なかったですね。
ライトアップもなかったし。
桜見て酒を飲むより、見ながら走る方がいいですよ。
カネもかからないし、何より健康にいいです。


今月の月間走行距離は
10日間で88キロにもなりました。
これでチャリティー金額8800円です。

まあ朝10キロ走ってから仕事している税理士は
私くらいでしょうか?

がんばれ日本!
私もガンバリます!



また走り出しました・・・。
2011.03.28

重苦しい3月。正直かなり「へ込んだ」3月でしたね。
仕事も忙しいし、日々のニュースもかなり気になりますし。

マラソン大会もここ2ヶ月間はすべて中止となり、
走ることへの情熱もどこか忘れ去られたようでした。

ご批判は甘んじで受けるつもりでアップします。
また走ることを始めました。
「皇居ラン」を再開してみたのです。


皇居は本当に空いていました。
かつて大混雑していた皇居のランナーは皆自粛しているのでしょうか。
計画停電もあり、それどころでない人も多いのでしょうね。
世の中的には確かにマラソンどころではないでしょうけど。

フルマラソン直前の頃は、2、3週(つまり10キロか15キロ)は
結構軽く走れたのですけど、久しぶりに走ってみて
1週(5キロ)でも正直キツかったですね。

久しぶりに走ってみると違う感慨にとらわれます。
東京駅や官庁街のきれいな夜景がお気に入りだったのですが
世の中的に「節電」を呼びかけている官庁が
夜更けに煌々とした職場で仕事しているのですね。

東京駅近隣の摩天楼も不思議な光景です。
こんな光景を目の当たりしてみると、
計画停電のため、ろうそくの火でじっとしている家庭が
いったいどんなお気持ちだろうか、とつくづく感じます・・・。


「チャリティー・ラン」
を勧めている団体があります。

「一キロ10円とか100円のように自分で目標を決め、
走った距離に応じて募金をしよう」
「走ることによって東北の人たちに元気を送ろう」

という運動だそうです。
皇居1週したら50円とか500円募金をするのです。
どうでしょうか。私はこの「チャリティ・ラン」に賛同します。

もちろん被災者の方々のことを考えるとたまらないです。
でも一方で、いつまでも下を向いていても仕方がないとも
思うのです。

いつも言いますが
「税理士は中小企業の応援団」
だからです。
税理士が元気にならないと中小企業も元気になりません。

もっと前向きに元気に生きていきませんか!


東京マラソン
2011.02.28

「出たかったな・・・」
と落選した悔しさを思い出すので見るつもりもなかったのですが、
確定申告の準備で忙しい中、ついついテレビ見てしまいました。

川内選手.jpg

招待選手の走りもすごかったですね。
キロ3分などという「高速レース」は私にはまったく想像がつきません。
その厳しいレースの中で、「市民ランナーの星」公務員の川内さんが
なんと3位に入り世界陸上の代表になったのも驚きましたね。
ゴール後倒れこむシーンで箱根駅伝を思い出しましたが
彼も箱根の選手だったのですね。
これで「市民ランナー」のマラソン・ボルテージが
一段と上がりますね。


でもマラソンは見るものではなくて、やはり参加するものです。
これはマラソンを走った経験者としての実感です。(一度だけですが・・・)
市民ランナーの必死の走りに思わず応援してしまいますね。
4時間を切る人も多かったみたいですね。

昨年ほど寒くもなく走りやすかったのでしょうね。
完走者の満足げな顔を見ると、やはりうらやましく感じました。

石原都知事の息子の良純氏が私とそれほど年齢が変わらないのに
頑張って走っていましたね。
かなり練習したのでしょうね。
「子供のころ、忙しすぎて授業参観にも運動会にも
来てくれなかった父親に走りを見て欲しかった。」
なんて、ちょっとテレビ的なモチベーションでしたが。

「猫ひろしさん」が2時間37分というのは驚異的ですね。
先日もらったサインの価値があがるかな・・。

ただ芸能人の参加はこれ以上やって欲しくないですね。
物見遊山の素人ランナーが増えすぎても困るのです。
関門で引っかかった方も多かったみたいですが、
それなりに準備してから参加して欲しいですね。(少し小言)

来年こそ出たいなと心底思いました。
でも悔しいので大人気の「大阪マラソン」に
衝動的にエントリーしてしまいました・・・。

こっちは当選できるかな・・?


ついに初フルマラソン! おまけ
2011.02.07

ゴール.JPG
ハガキ.jpg


ついに初フルマラソン! その5
2011.02.04

館山若潮マラソン0023.JPG
(館山若潮マラソンのマスコットキャラクターのダッペエと)


タイム4時間56分はグロスタイムなのですね。
つまりスタートの号砲から私がゴールしたときまで。
実際には参加者が多いため私がスタート地点を通過したのが
5分くらいあと。
手元の時計では4時間51分くらいでした。これがネットタイム。

・・・まあ細かいことはよいとして、とにかく初のフルマラソンで
5時間を切って完走したのですからよしとしましょう。

ゴールした後、ランナーに振舞われたトン汁が実にうまかった。
そのあと温泉に立ち寄って極楽タイム。
疲れた身体を温泉で癒し、充実感で本当に胸が一杯でした・・・。


最後に「42.195キロの向こうに何が見えたか」を解説しておきましょう。

見えたものは
「感動」と「自信」
でしたね。
まずこんな達成感はなかなか味わえないということですね。
忘れていたものを思い出したような。

それと、この歳でこの長距離を歩かず走りきれたことは
ものすごい自信になりましたね。
気がついたのは前半が2時間22分で後半が2時間29分。
ということはあまり後半でそれほどペースが落ちなかったのですね。
後半のアップダウンを割り引けば、逆にペースが上がったくらい。
もっと走れそうな気がしてきました。
今度走れば4時間30分は切れそうですね。

あと「どうしてそんなマラソンなんて苦しいことやるのですか?」
とよく聞かれることにもお答えしておきましょう。

1年前はマラソンを走る人に対して、自分でも確かにそう思っていました。
ただこれは自分でもうまく説明できないし、ブログでもうまく書けませんね。
これは走ってみないと分からないことなのでしょうね。

登山家に「どうして山に登るのですか?」という質問に対して
「そこに山があるから」という名言がありますね。
ということは、「どうしてマラソンするのですか?」と聞かれたら
「そこに道があるから・・・」

(ちょっとキザですかね・・・。)

その答えを知りたい人は走ってみませんか。
私ももっと走りたくなりました。
東京マラソンやホノルルマラソン。ゴールドコーストマラソンもいいですね。
夢がまた脹らみましたね。

とにかく来年も「館山若潮マラソン」は走りにいきますよ。
あのコバルトブルーの海をもう一度見たいから。
エイドの美味しいクリームパンをまた食べたいし、あのオレンジをくれたおばあさんに
また会いたいから・・・。


(感動の初フルマラソンシリーズおしまい)
皆様応援ありがとうございました。


ついに初フルマラソン! その4
2011.02.03

館山若潮マラソン エイド.JPG

写真は山道に入る前のエイドで
バナナを食べて元気になっている私です。
バナナを握り締めた表情からまだまだ元気そうですね。

エイドや沿道の声援に助けられて、一気に難所に向かいます。
アップダウンのきつい中、太平洋の大海原が見えました。
遠く富士山や伊豆諸島も見えます。
すばらしい景色です。ホノルルマラソンにも匹敵するくらい
(もちろん参加したことないですが)
本当に素晴らしいロケーション。

見とれながら走っているとついに難所到着。
30キロ地点です!
ここで標高差40メートルの急坂を登ります。
ゆっくりですが「絶対歩かないぞ!」という気合です。
手元のマラソンウオッチを見たら、キロ8分の遅いペースでした。
確かにここが一番苦しかったですが、これを乗り越えた後が
楽しかった。

一気に下り坂を駆け下ります。
不思議と足もどこも痛くもない。
自慢ではないですが100人くらい抜いたと思います。
この難所で苦労して歩いている人、立ち止まっている人も
いましたが、自分としてはそれほどダメージなかったのですね。

「30キロの壁」を自ら打ち破った瞬間でした。
「マラソンって楽しいな・・」
駆け下りるとき心底思いました。

山道を下りるとまた海岸線に戻りました。
33キロ地点。
タイムは3時間45分。
山道でずいぶんタイムロスしたみたいでしたが
「残り9キロだと1時間もあれば到達できるのではないか。」
そんな楽観的な気持ちでした。
初マラソンなのだからとにかく5時間以内に・・・。
もう必死でした。

残り8キロ・・・
残り6キロ・・・
ひたすら走りました。
この頃から充実感で胸が一杯になっていました。

「フルマラソン完走だ!5時間切りだ!」
本当に感動はハーフの完走とは比べ物ならないですね。
残り4キロ・・・
残り2キロ・・・
ようやくゴールが見えました。


思わずバンザイで感動のゴール。
タイムは4時間56分20秒!

(まだまだつづく・・・)


ついに初フルマラソン! その3
2011.02.02

ハーフ通過。
もう2時間20分過ぎです。
ペースが遅いせいか、このとき5時間も切れないのではと思いましたね。
しかも、これから私自身「前人未踏」の21キロ以上の走りです。

ただ、このころようやく「フルマラソンの走り方」を気づき出しました。
皆本当に「もくもくと」走るのですね。
ハーフだと抜きつ、抜かれつ、結構忙しないですが、
フルマラソンだと、本当に皆淡々と走ります。

またエイド(給水所)もありがたく、うれしいのですね。
バナナやパンがものすごく美味しかった。

マラソンコース.jpg


コース図分かるでしょうか。
館山駅の北側、海岸の公園から走り、ずっと綺麗な海岸線を
走ります。
素晴らしい景色を眺めながらまさに淡々と。
南房パラダイスの公園や館山カントリーなど美しいリゾートと
菜の花が咲くフラワーライン。走っていて楽しい。

23キロくらいから山道に入ります。
いよいよ難所の突入です。
ダラダラとした上り坂。
もうめげそうになるくらい。立ち止まっている人も何人も見ました。

ここで感動したお話を。
ちょうど特養ホームの前に通りかかった時でした。
一人のおばあさんがむいたオレンジを
ランナーに一生懸命に配っていました。
もちろんボランティアでしょう。

その手の温もりを感じるようなオレンジをほお張った時、
なぜか底知れぬ力が沸いてきたような気がしました。
「こうやって寒い中応援してくれている人がいるのか・・・。」

そのおばあさんだけでなく、アメを配っている人や
レモンをくれる人まで沿道にたくさんいました。

こうやってボランティアの人や地元の人たちが
大会を盛り上げているのでしょう。
「いいマラソン大会だな」と走りながら、
しみじみ思いました・・・。


(つづく・・・)


ついに初フルマラソン! その2
2011.02.01

さあ!ついにスタートです。
このスタートの瞬間の緊張感は私は好きですね。

参加者なんと9500人!
前回7000人だから3割増しの大混雑です。

館山若潮マラソン スタート直後.JPG

スタート直後の写真です。
まだまだ余裕ですね。この混雑振りがわかるでしょうか。
スタートしてしばらくはこの団子状態で走ります。
キロ表示がないのでペースがまったくつかめません。
いつもより遅いペースで若干あせります。

でもそんな気持ちも海岸線を走るコースに出たとたん忘れました。
コバルトブルーの海に遠くに富士山が見えます。
すばらしい景色です。
見とれながら走るのは実に楽しいですね。

5キロ通過。
ラップは33分。
ということはキロ6分30秒です。
いつもハーフは2時間10分くらいのキロ6分ペース。
いつもより遅いのですが、何せ団子レースですから
これ以上ペースをあげるのも大変です。
「こんなものか」
初フルマラソンですので、慎重なペース展開。
無理しないペースなので楽に走れます。

8キロ地点で5時間のペースメーカーに会いました。
この大会は、ゴールタイムの30分ごとのペースメーカーが
走るのです。それについていけばそのタイムでゴールできるので
初心者としてはかなりの目安になります。
1分くらい並んで走ってから一気に抜きました。

ここで結構考えたのですね。
5時間のペーサーについていこうか悩みました。
ただ5時間というとキロ7分ペースです。
「ちょっと遅いかな。」
「いけるところまでこのキロ6分30秒で行ってみよう!」
そんな感じでした。

10キロ通過。
ラップは1時間5分。
20キロ通過。
ラップは2時間15分。
ペース的にはいいのではないかと思いましたが
このあたりで目標タイムの4時間30分はあきらめ
とにかく5時間を切ろう!そう思っていました。

でもこのときの景色は本当にすばらしかった。
綺麗なリゾート地の中、太平洋を見ながら走るのです。
どこまでも青い海。
「これか!」
マラソンのすばらしさを実感したときでした・・・。

(つづく・・・)



ついに初フルマラソン! その1
2011.01.31

初チャレンジやってきました。
参加したマラソン大会は
館山若潮マラソン!

館山若潮マラソン スタート前.JPG

房総の館山は、東京から高速がつながったせいで以外に近いのですね。
アクアラインを使うと2時間かからない距離です。

2日前から「アンパン4個」と「おにぎり4個」を
毎日通常の食事以外にせっせと食べて準備です。
それほど緊張はしませんでしたね。
逆にワクワクするような気持ち。
喩えれば、小学校の時の「遠足の前夜の気持ち」。
そんな気持ち、思い出せば、分かりますよね。
カバンに持っていくものを何度も出し入れしたし、
「アレもコレも」
と入れていくたびに楽しさが。
この年であの気持ちが蘇っていくとは・・・。

ただ朝10時スタートですので、日帰りも可能なのですが
マラソン・ビギナーとしては謙虚に前泊しました。
午後の3時から前日受付に、「ヤル気十分で」並んで受付。
勇んで駆けつけたものの、でも私よりもっとヤル気十分の
「オッサン・ランナー」で長蛇の列。

そのあと車でコースの下見。
ビギナーらしく用意周到ですね。
館山若潮マラソンは後半にアップダウンのきつい難所があり、
比較的難易度の高いコースなのです。
ご紹介したとおりマラソンでは「30キロの壁」があります。
このコースには30キロ地点に急な坂があり、まさにそこが「壁」なのです。
ビギナーとしてはそこが関門なのだそうです。

そこを車で走ってみました。
正直「帰ろうか・・・」と思ったくらい。
でも結果的には見ておいて良かったですが・・・。


宿泊先は、学生時代の知人宅にお世話になりました。
前日は「酒を飲まないぞ!」
という堅い決意でいったつもりが、バスケットボールで
同じ釜の飯を食った仲です。昔話に花が咲き
ついついビールが日本酒になり・・・。
これはこれで楽しかったのですが。

でも「サッカーの決勝戦は見ないぞ!」
という固い決意もかえって酒を飲んだせいで良かったですね。
おかげで11時過ぎにはいい気持ちで床につき、
「サッカーも見ず」ぐっすり眠れました。

さあ!決戦当日。もう6時には目が覚め、軽いウォーミングアップのあと
勇んで会場に向かいました・・・。
写真は「ヤル気マンマン」のスタート前の私です。
この時点では実に元気でした・・・。

(つづく・・・)


マラソンと「カーボ・ローディング」
2011.01.27

フルマラソンの前の調整法に、しっかり炭水化物をとっておく方法を
聞いたことがありますか?

カッコイイ言い方で「カーボ・ローディング」というのです。
フルマラソンを走る際に、特に初心者の場合は必ず「エネルギー切れ」に
なるそうです
確かに普通の人は40キロなんて走らないですし、
そんなエネルギーが自分にあるかどうかさえ分からないですからね。
初心者は必ず30キロあたりで「壁」にぶち当たるそうです。
この「30キロの壁」がまさに「エネルギー切れ」なのです。

それを防ぐには、体内に大量の「グリコーゲン」を溜め込む方法がよいと
医学的に言われています。
そのために大会前の4日か1週間くらい前から
大量の高炭水化物を摂取しておくといいそうです。
しかも運動量を減らして、体内に枯渇気味になったグリコーゲンを
十分蓄積しておくのですね。

市民ランナーでそこまでやる必要があるかどうか分かりませんが
なにせ初マラソンですから、よいと言われる事は
しっかりやっておこうと思っています。

玄.jpg

ここは事務所の隣にある「定食屋」さんです。
正直中野で一番うまいと思っています。
安くて、墨火焼きの魚に、おいしい家庭料理ばかりです。
ご飯も五穀米ならぬ「七穀米」で健康に気を使ってくれています。
ここはあまり教えたくないですがお勧めのところです。
ここに毎日通ってどんぶり飯を「おかわり」して、
体内にグリコーゲンをたっぷり溜め込んでします。

いつもより2、3キロ少し太っている位でちょうどいいらしいです。
確かに皇居やハーフマラソン走っていると、走る前と後では
3キロ!くらい体重が減っていることがあるのですよ!

月末で忙しいのでまったく走れないから、筋肉痛もすっかり取れ
この「美味しい調整」をして体調もバッチリです!

(初のフルマラソン挑戦!まであと3日!)


マラソンと「ミトコンドリア」
2011.01.26

日本列島全体が朝からサッカーで盛り上がっている中、
まだまだ続く熱いマラソンネタ。

正月に年賀状でマラソンを言いふらしたせいでしょうか、
「先生。マラソンのせいか顔色いいですね。元気ですね!」
皆に言われます。

本当にマラソンは健康にいいのですよ。
走り出してちょうど1年になりますが、風邪一つひきません。
そう言われたときの「ウンチク」を少しご披露しましょう。

ランニングが健康にいい理由で、最近では
「体内のミトコンドリアが増える」ということが
医学的に証明されているそうです。

「ミトコンドリア」とは細胞内にある「元気を生成する工場」のような
ものらしいです。
その原料は、「食事から摂取した栄養」と「呼吸から得た酸素」で
作られます。
この「ミトコンドリア」が増えると、「体を若々しく保ち、肌を美しくする」
効果があるそうです。
そのすばらしい細胞を増やすには

①有酸素運動をする
②背筋をのばす
③寒いところで寒さを感じる
④空腹になる

これが大事なのだそうです。
ランニングは①有酸素運動の代表格ですね。
ランニングでもなんでもスポーツすることで体内に
活性酸素が取り込まれます。

でもスポーツすること以外でも日常生活に
気をつけることで、この素晴らしい細胞を増やすことができるようです。
背筋を伸ばして仕事するのも重要で、背中にミトコンドリアが
大量にできるからなんだそうです。
猫背ぎみの私も少し気をつけなければいけませんね。


あと「活性酸素」を取り入れるには、食事も大事で
「早食い」は厳禁だそうです。
早食いもそうですが、「大食い」も多分ダメでしょうね。
「飲みすぎ」はもっとダメなんでしょうけど・・・。

どうですか。
「空腹時」に「寒い」ところで「背筋」を伸ばして「ランニング」する。
これが「体を若々しく保ち、肌を美しくする」秘訣です。
お勧めです!


(初のフルマラソン挑戦!まであと4日!)

決戦前夜がサッカーの決勝戦で困った・・・


ついに「ジョグリス」もデビュー!
2011.01.24

先日ご紹介したバンドーシュが「老舗の」聖地なら
最近の「新聖地」が「ジョグリス」なんですね。

ジョグリス.JPG

最近できたランナー向けのシャワー施設なのですが
ここは実に便利なところにあります。
半蔵門の交差点にあるのですね。
しかも何といっても安いです。1回700円ですが、
月会員になると会費がたったの2000円。これで何度でも利用できて
貸ロッカーもあるそうです。(これは大人気で70人待ち!)
実にきれいな施設ですね。
銭湯だと女性は行きにくいかもしれませんが、ここなら大丈夫ですね。
事実、最新ウエアーを身に付けた「カッコイイ」女性ランナーが
たくさんいました。


ところで初フルマラソンに向け、最後の調整をしようと思っていたのですね。
本当は、3時間かけてゆっくり30キロくらい走っておくとよいと
雑誌で読んでいたのです。
確かにハーフマラソンの経験はあるものの、42.195キロどころか
30キロも長距離走ったことないですからね。

そんな長時間走り続けて、自分の身体がどうなるか
まったく想像もつかないですね。
それで30キロは無理としても、3時間くらいかけて、ゆっくり5週して
25キロ走ろうと思ってスタートしたのです。

でも休日の皇居はランナーで大混雑でした。
ちょうど高校生の大会も行われてもいましたので、もう大変です。
結局3週で断念してしまいました。
一応15キロのランです。
今更無理して走って、来週に疲れを残しても仕方がないですからね。

前人未到の?42.195キロは、結局「ぶっつけ本番」となりました!


(初のフルマラソン挑戦!まであと6日!)


ついに「バンドゥーシュ」デビュー!
2011.01.20

東京のマラソンランナーの「聖地」についに行ってみました。
半蔵門にある銭湯「バンドゥーシュ」です!

バンドゥーシュ.jpg


何といっても、まず名前がとてもおしゃれですね。
場所柄、喫茶店かそれこそイタリアンレストランかと
思いませんか。入口も素敵です。とても銭湯とは思えないですね。
皇居ランする人がよく利用する理由が、行くとよく分かります。
本当に半蔵門の駅前にあるのですね。

皇居を走る人なら誰でも知っているくらい有名な銭湯だそうです。
マラソン・ビギナーの私としても、初フルマラソンの挑戦記念に
まずこの聖地に挑んでみました。

まず入口がどうも入りにくいですね。
いきなり、番台で「メンバーですか?」なんて聞かれたらとか
「フルマラソンの経験はあるのですか?」
「フルで3時間は当然切るのでしょうね?」
なんて聞かれたらどうしようかと、おどおどしていると

「初めてですか?」
と番台(正確には番台はなく受付)の女性が実に
慣れた口調で、靴や鍵の取扱など親切に説明してくれます。
ホッとして扉をあけると、実に狭い更衣室です。
いかにもベテランランナーらしき人が何人も最新のユニフォームに
着替えています。
気合を入れ直して、こちらも着替えて皇居ランへ。

少し寒いですが、やはり走っていると気持ちよいです。
半蔵門からスタートすると、あの官庁街の煌々としたビル郡が
目に入ってきます。
「まだあんなに仕事しているか。ご苦労様です。」
そう思いながら緩やかな下り坂を走ります。
桜田門を抜けると東京駅前の摩天楼。ここが一番好きなところです。

皇居を軽く2週してまた「バンドゥーシュ」へ。
サッパリと汗を流して湯船へ。この時期本当にありがたいですね。
暖まって気持ちよく「バンドゥーシュ」の出口の階段を登るとすぐ
なんとも美味しそうな中華料理屋の看板が・・・。
写真でも右側に見えますね。本当に隣にあります。

ここで誘われるように、「ビールと餃子」の至福の時。
マラソンの新しい楽しみ方の発見です。
こんなおいしいビールはなかなか飲めないですよ。
一度ご一緒しませんか!


(初のフルマラソン挑戦!まであと10日!)


フロストバイトロードレースで自己ベスト更新!
2011.01.17

「今日は寒いね~。」
が合言葉の本当に寒かった週末、また性懲りもなくハーフマラソンに
出場してきました。

フロストバイト.JPG

なんと米軍基地を走るレースなのです。
都心から電車で1時間あまり、米軍横田基地がありますね。
実はそこで行われたレースに初めて参加してきました。

もちろん米軍基地なんて入るのも初めてです。
ただ、ここで沖縄の基地問題に触れるのはブログのご法度だからしません。

米軍基地なんていうのは、
映画「愛と青春の旅立ち」か「トップガン」
がすぐ思い浮かびますよね。
滑走路からリチャード・ギアやトム・クルーズが
出てきそうな感じなのですね!?
本当に戦車まではなかったですが、軍用トラックや軍用機の横を走るのです。

しかし広い滑走路があって、とてつもなく広大な敷地です。
敷地内になんとゴルフコース!もあるのも走ってみると分かります。
これで軍用機が飛び交えば騒音問題が・・・。
まあ基地問題の実際が良く分かりました。
基地に入るのにパスポートと手荷物検査、ボディチェックまで
あるのですね。


それで実際のレースの方は、結構人気のレースです。
実際はそれほど狭くはない敷地内の道路を数千人が
一気に走るものですからかなりの大混雑です。
最初から本当に「団子レース」でした。

しかし滑走路の横の吹きさらしの中を走るものですから
本当に寒かったですね。
ただおかげで水を飲む必要もないので私としても快適に走れるのです。
前半10キロは59分。あの団子状態でなかなかのタイムです。

実は2週間後に控えたフルマラソンに向けた調整をしようと
心ひそかにもくろんでいたのですね。
それで後半は少しスピードを出して余裕でフィニッシュしようかと。
エイド(給水所)も寄らないで実際のフルマラソンの緊張感も
味わってみました。
その分タイムも稼げたかもしれませんね。

それでタイムはどうだったか!
何と2時間6分!

自己ベストを大幅に更新!

あと終わった後、米軍のハンバーガーも味わえたし、
陽気なアメリカンとも話もできました。
なんと言っても米軍の皆さんの暖かい応援が良かったですね。
陽気なハイタッチで走っていて元気が出ました。

ほんとに大満足の一日でした。
オバマ大統領!バンザイ!

(初のフルマラソン挑戦!まであと13日!)


谷川真理ハーフマラソン
2011.01.11

谷川真理さんが主催するハーフマラソンに出場してきました。

谷川真理マラソン.JPG

今年で12回目にもなるそうです。
マラソンブームが起きる前からこうやって地道に
市民ランラーを応援していただいたのでね。
彼女の頑張りに頭の下がる思いです。
一緒になってランナーと走りながら熱心に指導していましたね。
もうファンになってしまいました。

この大会は非常に手際が良いですね。
1万数千人の参加ということですから、ハーフマラソンとしては
全国最大規模です。
それを見事にこなしていました。
まず驚いたのは会場について受付がないのです。
どの大会でも受付でまず並ばされて・・・ということなのですが
それがまずない。
また競技終えて記録証をもらうのに並ばされるのですが
それもない。あとから郵送だそうです。
しかも「ウエブスタート」といってスタート時間が何度もある。
こんなやり方があるのか!関心しましたね。

ところで記録の方はというと、年初から箱根駅伝見て盛り上がっている上、
暑くも寒くもない絶好のコンディションで
期待したのですがね。
2時間10分!
もう少しで自己ベストだったのですけどね。
あの箱根駅伝で6区早稲田の高野選手みたいに
17キロ過ぎてからスパートしようと思ったんですが・・・。
やはり駅伝選手は偉大でした。
因みに、トップは城西大学の3区を走った選手でした。
なんと1時間5分!
バスケットボールで言うところのダブルスコアですね・・。

でも楽しい大会でした・・・。
猫ひろし(なんと彼は1時間15分!)のサインもらったし・・・。


(初のフルマラソン挑戦!まであと19日!)


10万円! 高いか?安いか?
2010.12.14

東京マラソンに外れた私にも財団事務局からメールが
届きました。
10万円以上の寄付をした人は先着順で
チャリティランナーとして参加できるそうですね。

「10万円かよ!」
この金額に誰でも突っ込みたくなりますね。

『参加に当たっては、記念品として配布されるチャリティランナー用の
特別なデザイン・色のTシャツの着用をお願いしています。』

なんだか特別なTシャツの着用を強制されるみたいですね。
しかも

『また、Tシャツの背面には、チャリティに参加した
目的や"想い"を自筆で表現できるスペースを設けて』
あるそうです。
これです。

東京マラソンTシャツ.jpg

背中の白い部分に
「難病に戦う子供達&家族に勇気と笑顔を!」

「世界に羽ばたく障害者アスリートを!」
とか書くのでしょうね。(HPより)

「確定申告はお早めに!吉田税理士事務所」
などと書いたら怒られるのでしょうかね!?


要するに、10万円払ってチャリティにぜひ賛同してください。
ということなのでしょう。
1000人募集ということなので
1億円以上の寄付が集まるのでしょうね。


チャリティそのものはよいとは思います。
しかし、やはり私は申し込みませんね。
本当に走りたいマラソンランナーの気持ちを
逆なでするようなものですからね。

私もビギナーながらマラソンランナーの端くれです。
でも申し訳ないですが、マラソンは「東京マラソン」
だけではないのですね。

もっと良い場所で、もっと良い気候のところで
開催されるマラソンがたくさんあることも知っています。

因みに、同時期に開催される「香港マラソン」だって
5、6万も出せばツアーがあります。
10万円も出せばかなりグレードアップした海外旅行も楽しめるでしょう。

決してチャリティに反対しているわけではないのですが・・・。
やはり10万円は高いと思いませんか・・・。


(初のフルマラソン挑戦まであと48日)



2年ぶりのバスケットボール
2010.12.13

週末に久しぶりにバスケットをやってきました。
大学のバスケットボールのサークルのOB会が
2年に一度あるのですね。

早稲田バスケット.JPG

この歳でバスケットなんてやれるとは思っていなかったのですが
日頃マラソンで鍛えているせいなのでしょうか。
思ったより身体が動けましたね。
リングに手が届いて、もう少しでダンクができそうな?くらい。
走れたせいか2ゴールできました。


学生時代の昔の仲間とは本当にいいものですね。
たまにあってもすぐあの頃に戻れます。
また20歳くらいの後輩の学生達とバスケットやれて実に楽しかったですね。


早稲田の「バスケットボール同好会」とは設立50年にもなる
名門サークルです。
早稲田のようなマンモス大学になると、
高校時代にバスケットボールに熱中した人は非常に多くいます。
本当にバスケットを極めたい人は体育会で続けるのですが
せっかく大学に入ったのであれこれやってみたいと思うのでしょうか。
本当なら体育会にでも入りそうな高校時代に県大会の
代表にもなったような人もこのサークルに多くいました。
正直結構レベルが高かったですね。
一週間のうち5日か6日は練習があったのです。

残念ながら早稲田大学の体育館は使えなかったので、
区営のコートをあちこちいきましたね。
終わるとたまり場の喫茶店でウロウロ・・。
おかげで大学の授業はあまり行けませんでしたが・・・。


「ブザービート」というのをご存知でしょうか。
ブザーがなって試合終了と同時にゴールに入るのです。
それを始めて私はやってしまいました。
「これか!」
昔の血が騒ぎましたね。
バスケットボールの楽しさを思い出しました。

また2年後やれるようもっと身体を鍛えたいですね。
いつまでもバスケットボールやり続けられるように・・・。


板橋リバーサイドハーフマラソン
2010.12.06

お約束どおり、前人未到!?の三週連続マラソン走ってきました。
この師走(先生も走る?)の忙しい時期にこんなことやる
税理士は全国で私くらいでしょうかね。

板橋リバーサイド.JPG

都営三田線の西台駅から徒歩15分。非常に近い会場でした。
都内でこんなに近いところで開催されるのですね。
ビギナーランラーとしてはビックリです。
ただ荒川沿いを走るコースなのですね。
一度「春日部大凧マラソン」で走りましたが、川沿いコースは
結構単調で飽きるのですね。
まあ、それは訓練として割り切って参加しました。

実は、先に言い訳しますが、前日に2年ぶりに大学のバスケットボールの
サークルのOB会があって、3時間もバスケットやって
夜の10時まで酒を飲んだもので・・・。
(すいませんが、最初から言い訳です・・・)

もちろん、疲れはあったのですが、
とにかく3周連続のハーフをスタートしました。
キロ6分のいつものペース。
まず10キロは予定通り60分。
疲れはあったのでゆっくり走りました。
17キロで1時間45分。
「あと4キロは25分で走れば・・・」
とは思ったものの、これから足がまったく止まりました。
残念ながらキロ7分以上かかります。

ここで悟りましたね。
キロ7分を出さずに6キロで走り続ければ、
そこそこの良いタイムになるのですね。

昨日石川遼のゴルフ見て思いました。
ゴルフと同じなのですね。
6つ(ダブルボギー)までで、7つ(トリプルボギー)を
出すとスコアが崩れますよね。
アマチュアのゴルフと同じなのだと本当に思いました。


結果は?
2時間15分20秒!
まあ言い訳はいろいろありますが、
フルマラソンへの強化練習は無事終了です・・・。


(初フルマラソン挑戦!まであと55日)


小江戸川越マラソン
2010.11.29

小江戸川越マラソン

池袋から東武東上線でわずか30分。
埼玉県川越市があります。
「小江戸」と呼ばれ、NHKの朝の連続テレビ小説「つばさ」で
かなり有名になりましたね。
でも小江戸と呼ばれる土地は、実は川越以外にも
栃木県栃木市、千葉県香取市などあるそうです。

あえて「小江戸川越マラソン」と冠をつけて
それをアピールするために第1回マラソンとしてスタートしました。
先週アップしたように、私は自己ベストを更新したばかり。
若干の疲れは残っているものの、自信満々で乗り込みました。

小江戸.JPG

市や地元商工会議所挙げてのまさに「町興し」です。
写真はゲストランナーの谷川真理さんです。
サインも丁寧にやっていました。

しかしなんと8800人もの参加です。
第一回でもあり、大混乱も予想されたのですね。

それで参加者を自己申告の予想タイム順に番号が振られ
そのゼッケン番号が手渡されました。
その番号順にスタートさせたのは良かったのでしょうね。

細い幹線道路、しかも市街地を走るものですから
まさに「団子レース」でした。

途中あの「つばさ」で有名になった川越の風情ある
町並みを走りました。
このあたりは楽しかったですね。
でも最初の5キロは30分。キロ6分の先週より遅いペース。
まあこれだけ人がいたら仕方がないですね。
10キロのラップもちょうど1時間くらい。

でもそのあとは快調でした。
途中の17キロあたりはキロ5分30秒!
前半抑え気味の方が返っていいものなのですかね。
しかも初めて一度も足もつらずに!走れました。

結果は?
2時間9分33秒!
また自己ベスト更新とはいかなかったですが、
2週連続の2時間10分切り!
少し自信になりました。

さあ!来週も走ります!
前人未到?の3週連続2時間10分切り!なるか・・・な?


(初フルマラソン挑戦!まであと62日)



古河マラソンで自己ベスト更新!
2010.11.22

まだまだ続くマラソンネタ。
マラソンには絶好の季節ですね。

古河マラソン.JPG

茨城県古河市で主催される「I Love 古河マラソン in谷中湖」の
ハーフマラソンに参加してきました。
ここ本当にエントリーするまで知らなかったのですが
9月に走った渡良瀬遊水地なのですね。
谷中湖とはあの渡良瀬遊水地か!と突っ込みたかったのですが、
9月のリベンジということで勇んで行って来ました。
あの時は制限時間(2時間40分)一杯で、あやうく打ち切りストップに
なるくらいもうヘロヘロでしたので・・・。


今度はご紹介した「体幹マラソン」を実践しようと最初から
計画していました。
気をつけたことは、

1.猫背にならないように空を見て走る
2.体重が足に乗るように「ポンポン」走る

もうそれだけでした。
空を見て走るというのはいいですね。
回りの選手を見ないということです。
今まで結構気になっていたのですが、抜かれても
とにかく自分のペースで回りを無視して走ってみました。
それとこの「ポンポン走り」は私が付けたネーミングなのですが
体幹を意識し、足に体重が乗るのを確認しながら
「ポンポン」走るのですね。

これは本当に成果がでました。
まず、最初の5キロが27分です。
これは区間記録更新!です。自分でもビックリしましたね。
少し飛ばしすぎかと思って押えましたが、10キロは56分。
15キロ過ぎても快調です。
とにかく「空見てポンポン」だけを気をつけて走りました。
さすがに19キロくらいに若干足にきて
足の腿の裏がつり出しました・・・。
でもそこは根性で走りましたね。

結果どうだったか。
2時間9分15秒!
もちろん自己ベスト更新です。一応目標の2時間10分を切れました。
なんと今までの記録の20分以上も更新です!(まだ4回目ですが・・・)
写真は記録証を手に記念のVサイン!うれしそうですね。

なんだかハーフで2時間切れそうに思えてきました・・・。



ランナーズ銭湯デビュー!
2010.11.18

ついに念願のランナーズ銭湯をデビューしました!
銭湯なんて本当に久しぶりですね。

ランナーズ銭湯 デビュー.jpg

銭湯といっても、ただお風呂に入るのではなく、
そこで着替えてマラソンができるのです。
脱衣所のロッカーの鍵を番台に預けてから走るのですね。

皇居の周りには三つの有名なランナーズ銭湯があります。
そのうちの一つです。
ここは穴場ですね。
結構空いています。
今後混むと困るので場所は教えません
(でものれんで分かりますね・・・人に教えないで下さい)

写真をよく見ると、下足箱の左側に棚が見えますね。
必ずそこにマラソンシューズを置くのがお決まりです。
保健所の指導で、マラソンシューズは脱衣所に持ち込むことは
厳禁なのですね。


多くの人が皇居を1週から2週するのです。
時間にして30分から1時間くらいです。
中には何週もする人もいるらしいですが、
1時間くらいで戻ってくるのなら
今時の銭湯としては大歓迎なのでしょうね。
このマラソンブームのおかげでこれら銭湯は
大繁盛しています。

ところで、銭湯は今いくらかご存知でしょうか。
今や内湯が定着しているので知らない人も多いのでしょう。
なんとたった「450円」なのです。
安いと思いませんか?

スポーツクラブへ通ったら、毎月1万円以上しますね。
皇居を「タダで」走って、銭湯に行ったと思えば実に安いものです。
走った後、熱めのお湯に浸かると確かに疲れも吹っ飛びます。
ここはジェットバスと電気風呂があって実に快適です。

どうでしょうか。やってみませんか。
新しい楽しみを発見しましたね。
銭湯のあと、美味しいビール飲んで・・・
これからはおでんに熱燗もいいですね・・・。


日中友好に一役買ってきました!
2010.11.15

尖閣諸島の問題など今や日中関係は大変ですね。
そんな中、日中友好協会主催の囲碁大会に参加してきました。

市ヶ谷の日本棋院で行われ、参加者はなんと600名を越していました。
この状況下、日中親善に皆さん協力的ですね。
ただこのタイミングで、中国側からの参会者は出場を見合わせることに
なったそうです。残念でしたね。
しかも、日本側も、官公庁の囲碁クラブの参会者は少なかったですね。
内緒ですが毎年都庁や防衛省の囲碁部の参加があるのですが、
さすがになかったです。
ユーチューブに投稿されると困るのでしょうかね?

大会は5人一組の団体戦です。
先週アップしました、中国広州でのアジア大会と同じ方式なのです。
やはり団体戦は面白いですね。
本来は個人競技である囲碁をチームワークで勝っていく面白みがあります。

日中友好囲碁大会.jpg

因みに、有段Aクラスで優勝しました。(すいません。いつもの自慢話で)
終わった後の打ち上げのビールのうまかったことといったら・・・。
「あのとき・・・あの手が・・・」
もう囲碁談義に花が咲きさらに酒が進みます。

ただ個人的には2勝2敗であまりチームの優勝には貢献できませんでした。
決勝戦では、なんと小学生のチームとの対戦でした。
小学校の低学年でアマチュアの六段くらいを打つそうですから
皆プロ志望の子でした。
本当に強かったですね。

実はチームはそれに勝って優勝したのですが、
どうも勝ったら申し訳なさそうに思ってしまいました。

私も一応、小学校の3年生の頃からやっているのですね。
囲碁は勝つと楽しいのですが、負けるとつらいのですね。
あの頃は負けると悔しくて泣きながら打っていました。
あの頃のくやしさがふっと思い浮かんで、つい手が緩んで負けてしまいました。
(ちょっと言い訳がましいか・・・)
でも本当にあの子強かったのでサインでももらっておけばよかったかな・・・。


ついにフルマラソンエントリー!
2010.10.29

新しい人生の扉を開けた記念に、新しいことにチェレンジする
ことにしました。
ついに念願だったフルマラソンにエントリーしてみました。
まだ3ヵ月後の1月末です。
どこのマラソンかは内緒ですが、そのうち公表します。

マラソン仲間が増え、ブログで偉そうにマラソンのうんちくを
語っていることに
「フルマラソンを走ったことないくせに・・・」
「ハーフや10キロなんてマラソンではないよ・・・」
結構言われていたのですね。
自分自身も、東京マラソンの抽選に外れたことで
「当たっていたらチャレンジしていたのに」
と何だか言い訳がましかったですね。

42.195キロを走り終えた自分がどうなるかを
確かめてみたくなりました。
もちろん、完走を目指すだけでなくそれなりのタイムで
走ることも目標とします。(タイムもそのうち・・・)
それに向けて練習もしてみようと思います。
マラソン仲間から
「月間200キロは走らなければ・・・」
「LSDをやって・・・」
と指導を受けています。
月間200キロ走るというのは結構大変なのですね。
毎朝3キロは走っているので、30日で90キロ。
それにあと110キロ必要です。
ハーフマラソンを月2回走ってもまだ70キロ足りない。
やはり土日に少し走りこまなければならないのですね。

LSDとはLong Slow Distanceの略です。
長距離をゆっくり走る訓練です。
例えば20キロを3時間くらいかけてゆっくり走る訓練ですね。

こういう訓練をしていないからハーフマラソンでもきついのだと
自分では自覚しています。
つまり長時間身体を動かす訓練していないからダメなのですね。

どこをどうやって走ろうか?
皇居にしようか?善福寺川かな?とか、そんなことを考えるのも
楽しいですね。

新しい自分がスタートした気がしています・・・。


ついに皇居ランデビュー! その2
2010.10.27

私はただ走っているだけでないのですね。
走りながら真面目に「マラソンビジネス」を考えています。

本当に皇居を走っている人はたいへんな数です。
平日の夜でもこれくらいですので土日ならもっとすごい。

確かに都心で5キロの距離を横断歩道という障害もなく走れるのは
ここしかないはずです。
しかもどんなに遅くなっても皇居ですので警備が厳重で安心。

やはり問題は、着替える場所の確保ですね。
昨日ご紹介したランナーズステーションはネットで見る限り
5箇所くらいあります。
あと着替えができる銭湯も2箇所。
ということは、圧倒的に少ないのですね。

きっとどこかの企業が考えているとは思いますが
ランニングの着替えができる「スーパー銭湯」!
これが皇居近辺にあればいいですね。
もしこれができたら間違いなく儲かりますよ。

場所的には神保町か麹町あたりでしょうか。
やはりアクセスは大事ですね。
1回の料金が500円くらいに押え、
巨大な更衣室とやはり広い湯船が欲しいですね。
これからの季節は走った後お風呂につかりたいですからね。
温泉だったらなおいいのですけどね。
そうなると1000円でもいい。

しかも健康をコンセプトに全館禁煙でノンアルコール。
ベジタリアン向けの食事もあるといいですね。
できれば会員制にしてコミュニティーの場を設ける。
毎日ランニング教室を開催し、
マラソンクラブも開催し、皆で大会に出場する。
団塊の世代向けに新たな社交場にする・・・。

どうしても一杯という向けに
となりにビアホールと居酒屋も併設する。

どうでしょうか。
どこか空室のビルでも買収してやったらうまくいくと
私は思いますが・・・。


ついに皇居ランデビュー!その1
2010.10.26

まだまだ続くマラソンネタ。
月末忙しいと言いながらすいません・・・。

前から走ってみたいと思っていた皇居をついに走ってみました。
実は高校時代バスケットのトレーニングで皇居は何度も走ったことが
あるので初めてではありません。
一人では正直恥ずかしかったのですが、友人から誘われたので
思い切って仕事帰りに行ってみました。

その友人達も実は初めてで、どこで着替えようか?と
悩んだのですが、今流行の「ランナーズステーション」を
利用してみました。

ランステ.JPG

有名な銭湯もあったのですが、ものすごい混雑らしいですね。
ロッカーとシャワーが数台ついているだけの設備ですが、
もう大盛況でした。
すぐロッカーは一杯になってしまって、なんとあとは脱衣かごだけです。
昔銭湯であったあの脱衣かごですよ。それでも1回700円は安いのか
高いのか・・。


着替えて、皇居まで走って5分くらい。軽いアップ。
竹橋の駅の交差点辺りからスタートです。
ランニングファンですごい人ですね。
あたりは薄暗いのですが、さすが皇居です。
警察官が厳重に警備しているので安心して走れます。
ゆっくりとした上り坂で、途中ちょっと細い歩道を走るのですが、
それを抜けると半蔵門。
そのあたりから急ににぎやかになります。

ここからが素晴らしいコースでした。
霞ヶ関、日比谷方面の官庁街が右に見え
遠くに東京駅の夜景が実にきれいです。
しかもゆっくりとした下り坂。
ここだけ走るだけで、何故皇居マラソンの人気があるのか
分かりますね。実に気持ちよいからです。
そのあと、桜田門をくぐるのですね。
広々としたコースを走りぬけると東京駅近辺の摩天楼。
煌々としたビル街。これも実にきれいです。
日本人がいかに勤勉か分かります。

友人達とマラソン話をしながら走り、まさに「ファン・ラン」
あまりに楽しんで走ったので1週目は32分。
2周目は頑張って29分。いい汗です。

終わってシャワーを浴びてから、居酒屋へ。
この一杯が至福の時。
どうでしょうか。楽しいですよ。皇居ラン。
ご一緒に走りませんか・・・。


毛呂山鎌北湖マラソン
2010.10.25

月末の決算と原稿執筆に追われ忙しい中、
また性懲りもなく走ってきました。
埼玉県の鎌北湖なんて初めて行きましたね。
でものどかな良い所で、参加賞は玉コンニャクでした。
家から車で1時間足らず。結構近いところですね。

毛呂山マラソン.JPG

写真は、マスコットのもろ丸君。
大人気で一緒に写真撮るチャンスが残念ながらなかった。
距離は10キロながら結構タフなコースだとは聞いていましたが・・・。

シドニー五輪の日本代表川嶋伸次さんがゲストナンナー。
こういうマイナーな大会にもこういう方が出場しているとうれしいですね。

最近は少しは走っているので10キロくらい、と軽い気持ちで
スタートから飛ばします。
1キロのラップが楽々5分。
これは飛ばしすぎかと思ったとたん、山岳コースの厳しい上り坂が始まります。
山岳コースの「洗礼」を受けてしまいました。

これは本当に参りましたね。
2キロ、3キロとまだまだ続きます。
「まだ終わらないの~」ともうすでにヘロヘロ。
走っているても歩いているのと変わらない速さ。
回りの人はそれでも結構速い速い。
ぐんぐん抜かれました。
東洋大の柏原選手の偉大さがよく分かりましたが、
しかし本当にキツイ。これが5キロ折り返しまで延々続きます。

この折り返し時点でもう30分もゆうに越して
この時点でタイムはあきらめました。

でもそのあとの下りが楽しかった。
結構速く走れるものですね。
6キロから7キロのラップが4分25秒。
これは自己ベストの「区間記録更新」!?でした。
「山下りのスペシャリスト」として箱根駅伝に出ましょうか!?

そのあとも回りの景色も楽しみながら快調に飛ばしましたね。
すべてキロ5分台。
自信はつきましたが、前半のヘロヘロが聞いて結局・・・。
悔しいのでタイムは公表しません。
順位だけ年代別123位。
何人中かも悔しいので・・・。

来年絶対リベンジします。
でも終わった後のサービスのトン汁がうまかった。
本当に素朴なよい大会でした。


全国税理士囲碁大会 その3
2010.10.06

なんだか自慢話?で終わってしまったので
真面目なお話もしておきましょう。

2日間大先輩の税理士といろいろ話ができて面白かったです。
囲碁をやる税理士はアナログな税理士が多いのですね。
メールなんて使ったことがない先生も多いのです。
最近の電子申告なんてまったく関係なさそうな大先生も。(内緒)


実は、囲碁人口は確かに高齢化していると思うし、囲碁の愛好家は
年々少なくなっているようです。
私も12年間、最年少をずっと継続しているのもさびしい限りです。
ヒカルの碁世代(漫画を読んで覚えた世代)が税理士になるのは
まだまだ先なのでしょうか。


実は大変さびしいお話を聞いたのですが、税理士の全国大会も
次回の10回記念大会あたりで終わりにしようということに
決定してしまったのです。
大会を運営する側も高齢化してしまって、もうどうにもならなく
なってしまったのがその理由のようです。
これは大変残念ですね。

一方で、パソコンでやるネット碁も流行り出しているのですから、
あと何年かしたら、囲碁の楽しみ方も変わってくるのでしょうか。

私なんかの世代でも、やはり碁盤を相対して打ちたい方ですけど
ネット碁で打つのが主流になる時代が来るのでしょうか。


ここで提案。
碁盤くらいの大きなiPadを開発してもらって
碁のソフトも同時に開発して欲しいですね。
そうなればタッチだけで、今までと同じように
しかもネットを通じて全国の方々と簡単に囲碁を打つことが
出来る・・・。

そうなれば全国大会なんて、すぐ簡単に出来るはずですね。
ゲームの世界では近い将来、通信を使った対戦型ゲームが
主流になるらしいですから、囲碁だってこれはできるでしょうね。

因みにその「碁盤型iPad」に電子申告のソフト(e-tax)も入っていれば
これまたアナログな税理士に向けて
電子申告の普及に飛躍的に役立つでしょうね。

私が日本棋院の理事長なら、その「碁盤型iPad」をすぐ開発するでしょうし
私が国税庁長官なら、その「碁盤型iPad」を全国の税理士に無償で
配布するでしょうね・・・。


ということで最後にサービス・ショット。
中島美絵子プロ二段との記念撮影です。

全国税理士囲碁大会 中島プロ.JPG


なんだか妙にうれしそうな顔ですね。
本当に楽しい全国大会でした・・・。

次回は絶対優勝します!



全国税理士囲碁大会 その2
2010.10.05

さあ!個人戦です。
昨日の団体戦のリベンジで燃えていました。

全国税理士囲碁大会 個人戦.JPG

エントリーは六段戦(Aクラス)です。
実はその上のクラス(名人クラス)もあるのですね。
もう全国レベルとなると、本当に強い人もいるのですね。
昔県大会の代表になったくらい強い税理士もいました。
もう本当に税理士業務をやっているの?と疑いたくなるような
「碁キチ」の先生も結構いるのですね。
(内緒ですが・・・)
残念ながら、東京税理士会の中でも私よりもっと強い先生が
いるので、六段戦に回ったのです。
それでこっそり優勝を狙っていたのです・・・。

1回戦。
埼玉県の先生と激突。
危なげなく初戦突破。
2回戦も札幌の先生を撃破。

こういう大会は勝ち上がっていると本当に楽しいのですね。
何といっても昼食がうまい。
3回戦名古屋の先生との対局。
押し気味に攻めながら、終盤で致命的なミス。
なかなか大会では勝ちきるのは難しいですね。
でも作ってみるとなんと「ジゴ」です。
ジゴとは同点ということなのですが、引き分けではなく
通常白番の方が勝つ決まりなのですね。
本当にあやうい勝利です。

こういうラッキーがあるとたいていは優勝するものなのですね。
いよいよ決勝戦。地元大宮の先生でした。
写真はその時のものです。
顔つきから見ると自信マンマンですね。
この碁も押し気味に進めながら、途中で勝ちを確信したのですが・・。
でも終わってみれば僅差の敗北。
これはショックでした。
残念ながら準優勝で終わってしまいました・・・。

本当に残念!
まあ日本全国の六段の税理士で中で2番目に強いということで・・・。


全国税理士囲碁大会 その1
2010.10.04

この週末、全国税理士囲碁大会がさいたま新都心で
2日間に渡って行われました。

全国税理士囲碁大会.JPG


写真はスナップ写真なのですが、真ん中の女性は、プロ棋士の
大沢奈留美四段と甲田明子三段です。
大会の審判ということと、また指導碁もあり
さらに美人プロ棋士で有名な中島美絵子プロも来られました。

写真でお分かりの通り、第9回も行われているのですね。
2年ごとに行われますから、もう18年も続けられています。
全国から囲碁愛好家である税理士の方々が多数参加しています。
聞いたところ、全国からこんなに多数の税理士が集まるような大会は
これしかないそうです。

私自身も登録開業した12年前にすぐ誘われて以来、
ずっと参加し続けております。
でも12年前、30代で参加して当時は「最年少」でした。
でもそれ以来ずっと私がまだ「最年少」なのですね。
ということは、当時60歳や70歳で参加された方々も
当然年齢が上がっているわけですから、年々参加者が少なくなっている
のもそんな理由なのでしょうか・・・。

でも大会実行委員(今回は関東信越税理士会)のご尽力でしょう。
なんと144名の税理士が埼玉県のさいたま新都心の会場に集合しました。
北は北海道、南は中国、四国の税理士の方々です。

何度もやっていると本当に顔なじみの方も多くて本当に楽しい会です。
囲碁は年齢が離れていても楽しめる競技ですから、
私と20歳や30歳!違っても、普通に一緒に楽しめるのですね。
夜は懇親会があって、遠方から来られた方々は当然宿泊されますから
もう深夜まで大宴会です。
囲碁をやっていた良かったと思える大会なのですね。


さて、大会の方は、初日団体戦が行われました。
団体戦は3人一組でチームを組みますが、なんと私はAクラスの
ノーハンデ戦(最強クラス)で出場しました。
緒戦は千葉県税理士会。これは勝ち上がったところ、
2回戦で東海税理士会に負けてしまいました。
敗者リーグに回ったものの、3回戦は東北税理士会に負け、
4回戦も北海道税理士会に負け、残念ながら入賞を果たすことは
出来ませんでした。
個人的には3勝1負で、まあまあの成績だったのですが
これはチーム戦の難しくも、また楽しいところです。


夜は「厳しい」反省会が待っていました。
でもこれもまた楽しみだったのです。
「あの手が・・・」とか
「ああすれば・・・」なんて
もう歳も関係ないのですね。
碁の話を中心に盛り上がります。

翌日の個人戦に影響しないように飲んだつもりだったのですが・・・。


渡良瀬遊水地ハーマラソン
2010.09.27

渡良瀬遊水地ってご存知ですか?
またマラソンをしなければ、知らなかったし、
絶対行かなかった地を訪れました。

渡良瀬遊水地ハーフマラソン.JPG

はるか昔、19世紀の頃から栃木県、群馬県の渡良瀬川周辺で起きた
「足尾銅山鉱毒事件」がありましたね。
小中学校の教科書にも載っている有名な事件です。
この鉱毒を沈殿させ無害化することを目的に作られた遊水地なのですね。
正直まったく知りませんでした。

東京都心から1時間半くらい。本当に栃木県と群馬県に渡る広大な遊水地です。
魚釣りしている人も多く、本当にのどかなところです。
その周囲7キロを3週するハーフマラソンに参加してきました。

参加者も少なくのんびりとした大会でしたね。
マラソンシーズンというのは冬なのですね。
ご存知でしたか?
そのシーズン前の調整で参加する人も多いらしく、コースもフラットで
本当に走りやすいコースです。
猛暑も一息ついて、すがすがしい秋の風を感じながら走ることができましたね。


これで自称「マラソン愛好家」としては数度マラソンに参加しましたが、
こういう田舎の(失礼?)は実にいいですね。
マンモス大会だと、かならず団子レースになってしまうのです。
スタートから数キロはまったくその集団で走らされるのです。
ですから、自分の実力がどうかまったく分からないのですね。
こういう田舎の大会だと人数が少ないし、コースも広いので
ストレスなく走れるし、早く走ろうと思えば抜けばよいのです。


今回は自分の実力がよく分かりました・・・。
最初の5キロのラップは余裕で29分。
実は今回の目標を1キロ6分。5キロ30分で走ろうと最初から
思っていたのですね。
10キロで1時間。まさに予定通りです。
でもやはりここからがキツかった。
15キロで「お約束の」足の痙攣が始まりました・・・。
3度くらい足が攣りました。

結果は・・・・? やはりどうも練習不足ですね。
まだまだです。自分の実力が本当に良く分かった大会でしたが
でも予定通り「歓走」でき、まさに走る歓びを実感できました。

実は来年の東京マラソンには一応申し込みました。
抽選で当たればのお話ですが
初のフルマラソンに向けて頑張ります。


(ソフトバンク優勝の理由は私がIpad買ったから・・・)


富士山クロスカントリー
2010.08.27

脱サラ日記で少し熱くなりすぎましたかね。
もう筆が止まらなくなってしまいました・・。
でもあの頃の情熱を思い出しました。
何だかもっと頑張らなければいけませんね。


毎日酷暑の今年ですが、この熱い情熱をぶつけに、またまた性懲りもなく
走ってみました。

富士山クロスカントリー.JPG

「クロスカントリー」ってご存知ですか?
スキーでもありますが、マラソンもあるのですね。
野山を駆けるマラソンです。
マラソンは普段はコンクリートの上を走るのですが
野山を走るので面白そうだと思って申し込んでいました。
もちろん初参加です。


場所は富士山のふもとでしたが、わざわざ参加してみました。
さすがに高原なので若干は涼しかったですが
走るともう汗だく。何といってもアップダウンが激しいです。
でもそれを皆参加者は、かなりのスピードで走っているのですね。

私は都会っ子なので、実は子供のころ野山を駆けて遊んだ経験は
ありません。
その初体験という意味で楽しかったです。
もう少し景色を楽しむ余裕があればもっと良かったのですが・・。

結果はあまりよくなかったです。
40歳以上男子の部でかなり後ろの方でした。
子供のころから野山を駆け上って遊んだ田舎の方(失礼!)
にはやはり勝てません。
まあこの炎天下走ろうとする根性をほめてやってください・・・。

しかし、私よりはるかに年配のおじさんが颯爽と走っているのに
感動しましたね。
急な坂をダッシュで抜かれたのは唖然としました。
まだまだ頑張らなければと毎回マラソンを走るたびに
思います。

マラソンのあとはお楽しみの温泉です。
超極楽でしたね。
タイムなんてどうでもいいではないでしょうか。
この瞬間を味わえさえすれば・・・。

マラソンのおかげで夏バテ知らずです。
ダッシュでシツコイ残暑を乗り切りましょう!
ガンバ。



冨里スイカマラソン
2010.06.28

千葉県冨里市。
スイカの名産地であることをご存知でしょうか。
生産量、出荷量ともに全国2位だそうです。

冨里スイカマラソン.JPG

実は、それはマラソンを始めなければ知らなかったことなのですが、
そのスイカの産地で行われる
「冨里スイカマラソン」に出場してみました。
「スイカの食べ放題つき」という、不純な参加理由でしたが・・。

本当に富里市って千葉県のどこにあるか知らなかったのですね。
なんと成田空港のすぐそばなのです。
車で成田空港に行くと、東関道の成田インターから降りますね。
その一個手前のインターに冨里インターがあったのです。
申し訳ないですが気がつきませんでした。

正直、実に遠いです。
それでも、東京からマラソンランナーが大挙して押しかけるので
いまや大人気のマラソンレースだそうです。
なんと1万3000人も参加者がいました。

レース自体は、シーズンオフ(!?)のこの6月に行われることで
暑くてキツイレースです。
スイカの出荷時期に合わせているので、し方がないでしょうか。

名物の「給水所」ならぬ、「給スイカ所」がありました!
9キロ地点の少し手前、ゴールまであと少しというところで。
もうタイムなんてどうでもいいと言う気持ちで
スイカをほお張りましたね。
このうまかったことといったら、私が50年近く生きてきて
一番うまかったスイカかもしれません。(少しオーバーか?)

レース終了後も、スイカの無料サービスが振舞われます。
たっぷり食べてきて、それだけで満足しましたね。
ところで、タイムの方なのですが、今まで10キロのレースに2度ほど
出場しましたが、最悪のタイムでした。
まあこの気温と湿度99%では・・・。

以上、ほろ苦い結果でしたが、最高のスイカでした。
地元の人たちも実に親切で、一生懸命に取り組んでいるのが
伝わってきました。
暑くてきつかったのですが、やはり楽しくもあり来年も必ず出ます!


でもいろいろ、このブログでマラソン経済学(町興し学?)も触れていますが、
これは本当に大成功例ではないでしょうか。
このレースのおかげで、冨里のスイカがより有名になり、
成田空港から車で帰る人が、皆一つ先のインターからスイカを
買って帰るようになれば、ものすごい経済効果です・・・。


最後に、タイムがどうあれ!このレースはダイエットには最高です。
どうでしょうか。やってみませんか。
即結果が出る「スイカ・ダイエット。」
この効果は私が保証します!!


熱海へ碁(GO!)
2010.06.14

週末また熱海へ囲碁旅行に行ってきました。
東京税理士会主催の囲碁大会に参加するためです。

2010061214420000.jpg

以前このブログでも取り上げたことのある、熱海の有名老舗ホテルでした。
もう3年連続でこのホテルを使用しています。
熱海という利便性と1万円でおつりがくる価格設定。
それで飲み放題・食べ放題・遊び放題のプラン!

客室数350室。収容人員1200人だそうですが
この不景気になんと満室です!本当に大盛況。
家族連れで大賑わいです。

夕食はお楽しみの「飲み放題・食べ放題」のバイキングなのですが
なんと5時台の組と7時台の組に合計4組に分けられて
実質的に4回転もしています。

ただ非常に気になったのが、今まで好評だったこのバイキングが
この大人数のせいか、かなりグレードダウンされた感じでした。
まずサラがワンプレートで小さく区切られたもの。
要するに少しずつしか取ることができません。
またあえてたくさん取りにくくするかのように
小さなスプーンや取り箸・・・。
肝心の味は申し別けないですが、かなり落ちています。
刺身なんてふた切れづつの小さなサラ。
せっかく熱海まで来たのだから、たくさん刺身たべたいではないですか・・・。
何といっても人の多さですぐ料理がなくなってしまいます。
こんなに大盛況なのに経営的にどうなのでしょうか。
土日の稼働率はいくらよくても全体としては・・・と
商売柄心配さえしてしまいます。

囲碁をやる税理士もかなり年配の方が多いので
この慌しい夕食と、この味ではかなり不評でした。
残念ながら、総意で次回から別の場所にしようということになって
しまいました。

最近よく星野リゾートの本を読んでおり、ホテル経営に
非常に興味があります。
このホテルも再生された成功例だと思いますが、今後どうなるだろうと
気になってしまいます。
星野社長の再生のポイントは、要するに「顧客満足!」ということ。
またそのお話は「ウンチク」をためてからそのうち・・・。


ところで囲碁の成績はと言うと・・・。
なんとAクラス(一応最上位クラスです)で優勝!しました。
(すいません。また自慢話でした・・・)


恐るべし!マラソンブーム!
2010.06.03

以前申し上げたことが現実になってきました。
やはりマラソンブームが、かなり加熱してきているようです。

確かに私のような「ビギナーランナー」が偉そうにブログで「ウンチク」を
たれるような時代ですからね。

そのビギナーとして、また性懲りもなくエントリーしようと
考えていた大会がありました。
「手賀沼エコマラソン」
開催日は5ヶ月も先の10月31日(日)です。

先日6月1日から受付開始と実は知っていたのです。
しかも、
「昨年は2日ほどで一杯になったので早く申し込んでおいたらいいよ。」
とマラソン仲間から言われていたのですね。
それで、1日の朝にパソコンを立ち上げた瞬間にエントリーサイトに
アクセスしました。
朝の8時40分頃です。
でももうその時、恐ろしい画面が私を待っていました。

「8時20分、募集定員に達しましたので、受付終了となりました。」

が~ん!!
もうビックリですね。
実は知らなかったのですが、6月1日の午前零時から
ネットでは予約を受け付けていたらしいのです。
でも定員8000人ものマンモス大会ですよ。しかも5ヶ月先の。

それがあっという間に一杯ですからね。
千葉県柏市と東京から近距離で交通の便が
よいというのも人気の理由でしょうか。

これは異常なほどの「マラソン大ブーム」ですね。
確かに、「健康ブーム」の影響と言うことがいえますが、
これも以前申し上げたように、これはビジネスチャンスです。
そう考える人も多いのでしょうね。

日本全国で「町興しマラソン大会」を考える時が
来たのではないでしょうか。


春日部大凧マラソン
2010.05.06

連休中また「懲りずに」走ってみました。
この「暑い中」ハーフ・マラソンにエントリーしていたのですね。

春日部大凧マラソン.jpg

都心から1時間あまり、「大凧まつり」と「クレヨンしんちゃん」で有名な
埼玉県春日部市まで遠征してきました。
3年前の倍の1万人の参加者だそうで、まさにマラソンブームを
物語ります。
春日部は初めて行ったのですが、のどかで良いところでしたね。
でもマラソンをしなかったなら訪れなかったところなのかも
しれませんが・・・。

残念ながら、その大凧まつりは、当日見られませんでしたが
「十二分に」マラソンを満喫してきました。
何といっても暑かった。
連休中は暑い日が多かったのですが、当日はことさら暑かったです。
7キロくらいまでは、結構余裕で走っていたのですが、
このコースの特徴で、そこから延々10キロくらい江戸川沿いの
土手を走ることになります。
3人も並んで走ると道幅が一杯になるくらいの非常に狭いコースを
炎天下の中、しかもまったく景色が変わらないところを
もう必死になって走りました。
これは正直キツカッタですね。
急性の熱中症になる人も多かったらしく、
本当に救急車を3回もみました。

このキツサは、昔高校生だった頃、バスケットボール部の夏合宿を
思い出しましたね。
体育館での練習後、延々とシゴキで走らされたことを・・・。
懐かしかったのですが、それくらいキツかったのは事実です。
その苦しい土手を走り終えると、最後のランです。
これも前回同様、「17キロの壁」がありました。
どうも距離で17キロ、時間で2時間くらい走ると
足が攣ってくるのですね。
これは単なる筋力不足と練習不足かもしれませんが、
マラソンビギナーとしては苦しい試練です。
最後はまたヘロヘロになってゴールしました。
少し悔しいので、タイムは公表しません。
でもこの暑い中、ゴールできただけでも良しとしましょうか。

ところで、最近マラソンを始めたと公表し出してから
「どうしてそんなに苦しいことやるの?」
と聞かれることが多くなりました。

それは、自分でもよく分からないところです。
一つ言えるのは、苦しい時に気分が高揚してくる
「ランナーズ・ハイ」という現象が味わえるからなのでしょうか。
これは一種の麻薬!? と同じ現象らしいです。
これは走ったことがある人でないと理解できないでしょうね。
しかも、マラソンランナーは苦しくても、ゴールした後
何故かまた、次のレースを走りたくなるそうです・・・。

ということで、マラソン「急性中毒」の私は
また「懲りずに」来月も走ります。ガンバ。


テニス中級クラス昇格!
2010.04.30

待ちに待ったゴールデンウィークですね。
「今このブログはハワイからアップしています・・・。」
てなことをいつか書いてみたいですね。
真面目に仕事している自分が、少しだけさびしいので、
せめてブログくらいはライトなネタを。


テニスを老後の趣味(!?)にしようかと、本当にラケットの握り方から教わって
もうかれこれ5年くらいテニススクールに通っています。

スギナミテニス.JPG

写真はそのテニススクールです。
室内で雨の日でも暑い日でも快適にテニスができます。

なかなか週に1回くらいでは上達しないのかと思っていたら、
なんと、今月中級クラスに昇格しました!

最初は入門クラス、初級クラス、そして初中級クラス・・・。
少しずつでもうまくなってくるとうれしいものですね。
達成感を味わえて。

一応これでテニスできます!っていえそうですね。
世の中に「テニスクラブ」というハイソな場所があるのですが
その入会資格は「スクールで中級レベル以上」というところも多いのです。

例えばゴルフクラブの入会条件で、名門クラブではいまだに、
ハンデキャップを取得しているところをあげているところが多いのと
同じです。
老後にはどこかのテニスクラブにでも入って
クラブライフを楽しむのもいいかもしれませんね・・・。

しかし、現在も週末に、テニスを通じて仕事以外の方々と
接することも楽しいですね。
たまには一緒にテニス旅行する仲間もできたりして。
趣味の囲碁もそうですが、まったく違う職業や年齢の方々と
交流するのもかなり刺激になります。
仕事以外の違う人脈もできるのですね。

また、うまくなってくると、
「コート取れましたのでやりませんか?」
と声をかけられるようにもなりました。

テニスに自信のある方、ぜひ対戦しましょう!
ご連絡ください。
すいません。今日のブログは自慢話でした・・・。


ハーフマラソン・デビュー!
2010.04.05

ついに走ってみました。
まだマラソン暦2回の初心者ランナーが、無謀にも挑戦してみました。
「日立さくらロードレース」のハーフマラソンの部に
こっそりエントリーしていたのですね。

さくらロードレース.jpg

写真は大会のHPよりです。
残念ながら、今年はまだ桜が咲いていませんでした。
これが楽しみでしたのですけどね。
日立市の桜は「水戸の白梅、日立の桜」と称される桜の名所だそうです。
もう少し暖かければ咲いてくれたのでしょうけど、本当に残念でした。

でもコースは2年前に開通したばかりの「日立シーサイドコース」という
海岸線のバイパスを走る、実に気持ちの良いコースです。

昨年1万5000人の参加だったのが、今年は3000人も増えて
1万8000人だそうです。
やはりマラソンブームを物語る数字ですね。
私のような新米ランナーが、わざわざ東京から特急に乗って
かけつけるくらいですからね。

さてレースの方は、少し肌寒い中をスタートしました。
前半10キロは非常に良いペースでした。
10キロマラソンの経験が生きます。
予定通り1時間で通過。
これは目標タイムの2時間15分くらいはいけそうかと
期待が持てます。

しかもそこから、シーサイドコースの美しいパノラマが広がります。
普段は絶対に走れないような自動車専用レーンです。
これは走っていて気持ちが良かったですね。

さてそれから未知の長距離の試練。ここからがキツカッタ。
15キロになるとだんだん足が重くなります。
少し歩幅を狭めゆっくりの走法に。
「これがマラソンか!」
そう実感できました。

17キロでついに足に痙攣!
係員の方が飛んできて、
「無理しないで下さい。介護車に乗るか、歩いてください。」
いよいよドクターストップか・・・。

でも歩くくらいなら棄権しようという覚悟でしたので
ゆっくりでも走ります。
最後の2キロは本当にキツカッタ・・・。
結果はなんと2時間30分もかかってゴール・・・。
でも一応完走です。

反省点は、ウェイトオーバーだったのと
前日に花見で酒なんか飲んではいけませんね。
マラソンをなめてかかるとトンでもないことになります。

次回は(また懲りずに・・)、あと3キロくらい身体を絞って、
1週間の禁酒をしてから望みます!!


湯河原温泉オレンジマラソン
2010.03.29

確定申告と「渾身の」ブログで疲れた身体を癒しに
湯河原へ行ってきました。
ただ日帰り温泉だけでは物足りないので、思い切って10キロのマラソンに
エントリーしていました。

町興しの一貫なのでしょうか。町長自らが実行委員長となって、
町民総出で大会を盛り上げていましたし、今年は記念大会らしく日大の監督と
花の二区を走ったダニエル選手も招待されていましたね。

さて肝心のマラソンのほうなのですが、
正直タイムは最初から期待していませんでした。
確定申告で練習不足だったのと、この湯河原マラソンの厳しさは
ネットで知っていました。(最初から言い訳・・・)
湯河原マラソンは名前の通り温泉街を走るのですが、
あそこは、そんなに何キロもある大きな温泉街ではないですよね。
それで「無理して作った」マラソンコースで、裏山を大きく回ってくる
周回コースなのです。
それでスタートして3キロくらいはきつい登りになります。
これは参りましたね。
最初の2キロでもう15分もかかってしまった。
ヘロヘロになりながら山を登りきると今度は長い下りになります。
ここでスピードに乗るとよいタイムが出るらしいのですが
登りでもう膝がガクガク。

5キロのラップが34分でした。
「これは60分切れない・・・」
ちょっとガッカリしました。
でも気持ちの良い緩やかな坂を楽しんで走りました。
咲き始めの桜と、温泉街の人たちの暖かい応援も良かったですね。

終わってから、お待ちかねの温泉。
温泉のあとはもちろん、ビール。
至福の時です。
マラソンのこういう楽しみもあるのですね。
完走できたし、タイムなんてどうでもいいではないですか。(また言い訳)

ただ休日でも、さびしげな温泉街の様子が少し気になりましたが、
温泉街も生き残りをかけた「町興しイベント」なのでしょう。
温泉は無料で、冠大会らしく、オレンジも振舞われていたし、
湯河原名物(なのかな?)タンタンやきそばも旨かった。

これだけ楽しんで東京に帰ってきてもまだ昼過ぎです。
これは休日の新しい楽しみ方ですね。

さあ!いよいよ来週はハーフマラソン・デビューです。
桜満開の中を楽しんで走ろうと思っています。
本当に楽しみです。
今度はタイムを「ほんの少しだけ」ご期待ください!



東京マラソンの経済効果
2010.03.01

あいにくの雨と寒さでランナーと応援の方々は可愛そうでしたね。
確定申告に追われて、休日なのにテレビもろくに見れなくて
「やはり当たらなくて良かった。こんな天候で無理して走って
風邪でも引いたらお客様に迷惑をかける・・・」
とエントリーできなかったくやしさで言い訳を一日中していました。

あんな売れないタレントが(失礼!)良いタイムを出したと聞いて
来年こそ!と本当に思いました。
実はすでに「マラソンシューズ」を衝動買いしていました。
徳光アナが「東京マラソンの経済効果は80億円!」と言っていましたが
実際にはもっとあるのではないでしょうか。

初マラソンの方は必ずシューズくらい買っただろうと予想しても
天候が悪いからということで、雨天用のウエアを急に買った人もいるでしょう。
やはりあの写真屋さんもいたようですし、これをビジネスチャンスとして
雨中でも仕事に精を出していた人もきっと多いのでしょう。

これでマラソンに目覚める人もきっといるでしょうし、
私のように「来年こそ!」と思ってシューズを買う人が
実際にいるのですからね。
経済効果は確かにあるのでしょう。

MR760-ST_1.jpg

写真はニューバランスの最新モデルです。
池袋にある専門ショップ(あのキンカ堂の隣)で買いました。
なんと3Dで計測できる器具で足のサイズを測ってもらいました。
バスケットやテニス、野球をやっていましたから何度もスポーツシューズを
買っていましたが、初めての計測体験です。
こういうビジネスも経済効果に一役買っているのでしょう。

自慢ではないですが私の足のサイズはデカイです。
(一応個人情報なので公表しません)
幅広甲高の日本人固有の形状をしています。
本当は、アディダスかナイキの「カッコイイ」シューズを買いたかったのですが
3D計測でかなりの幅広が判明してしまって
私に合うモデルは実はこれしかなかったのです。
価格はなんと1万円以上もします!
東京マラソンの経済効果に私も一役買ったのですね。

東京マラソンに当たっていれば、参加料も1万円かかったのだから・・・。
と自分を納得させ、思い切って買ってみました。
履くと確かに値段の価値はあります。何といっても足にぴったりですし
軽くて本当に早く走れそうです。

来年こそは、このシューズで出場して4時間を切ります・・・
イヤ切りたいです!!


藤沢秀行名誉棋聖の孫がプロ棋士に!
2010.02.08

週末驚きのニュースが入りました。
大相撲の朝青龍が電撃引退したお話ではありません。

以前「ブログ 強烈な努力」でご紹介した、
プロ棋士の故藤沢秀行氏のお孫さんが
なんと若干11歳でプロ棋士になりました。
藤沢里菜さんで、本当に小学校5年生だそうです。
もちろん史上最年少です。
囲碁ファンとしてはうれしいニュースですね。

昨年4月からプロ棋士の養成機関である「日本棋院の院生」に
なっていたのですね。
実はその頃から注目していました。
その院生とは、毎月ランキングが発表されるのですが、月ごとに
ランキングがあがって行くのを楽しみにしていました。

でもその矢先に藤沢秀行氏の訃報です。
本当に残念でしたね。生きていれば心から喜んだでしょうが・・・。

昨年20歳の井山名人も誕生しましたが、女流囲碁界の超若手の
ホープになりましたね。
6歳から初めて11歳で合格したのですから。わずか5年です。
40年もやっていて、いまだにヘボの私にとって
まったく信じられないことです。

よほど才能があるのでしょう。
遺伝なのでしょうか、その秀行先生の血が強くさせたのでしょう。
亡くなってから急に強くなったのですから
何か因縁めいたものさえ感じます。
秀行先生のあの情熱が乗り移ったのでしょう。
人気アニメの「ヒカルの碁」で、最強の棋士と言われる本因坊秀策が
主人公に乗り移って強くするストーリーを思い出しました。

そうは言ってもまだまだ11歳です。
学校の勉強もきちんとして立派な棋士になって欲しいものです・・。
間違っても朝青龍のようになってほしくない・・・・。

でも、ゆくゆくは世界を目指して欲しいですね。
秀行先生が残された遺作の書「強烈な努力」を飾って
本当に強烈な努力してください。

私もこれから確定申告に向けて強烈な努力をしてまいります・・・。


ついにマラソン・デビュー! その4
2010.02.04

結果はなんと58分15秒!
50年近く生きてきて初めて走ったマラソンです。
自分ではまあまあかなと感じました。
目標の60分は切れたし。

でも前半は30分もかかって、後半は28分。
しかも、無駄なダッシュを2回もやったし、給水所で面白がって
3回も飲んだ・・・、テニスシューズだったし・・・。
言い訳はいろいろあるのですが、やはりペースがつかめなかったのが
敗因ですね。
でも上り坂のダッシュと、最後の国立競技場で全力ダッシュができたことで
まだまだやれるのかなと自信にもなりました。

58分15秒がどんなタイムかと言うと、残念ながら10キロでは遅いのです。
でも58分15秒は1キロだと5分50秒ということです。
でもこのペースをずっと走り続けたら、フルマラソンでは
なんと4時間を切れるのです!

最近知ったことですが、フルマラソンで4時間を切る人を
「サブ・フォー」
というのです。

市民ランナーのあこがれの数字なんですね。
これを目標に走っている人がどれだけ多いことか。
うぬぼれかもしれませんが、やれそうな気がしてきました・・・。


ところで、最初に発表した私のタイムを2日後すぐ
メールしてきた友人がいました。
こちら
驚くことに、マラソンレースの結果タイムと順位は、
ほとんどがネット公開されているのですね。
個人情報保護法なんて関係ないのですかね?

最近年賀状で「東京マラソン走りました」なんて
自慢げに書く人いませんか。
でもそんな人もすぐ検索するとタイムが分かってしまうのですね。

でも、その友人がこうも言っていました。
「マラソンをゴールするとまたマラソンを走りたくなるものだ」
本当にそう思います。

実はもう4月のハーフ・マラソンにエントリーしてしまいました。
(どこにエントリーしたか言うと検索されるので・・)

私のマラソン人生もスタートしました・・・。


ついにマラソン・デビュー! その3
2010.02.03


10キロは神宮外苑のコースを4週もするのですが
最初の1週目は、ペースがゆっくりのせいか余裕もあり
実に楽しく走れました。

絵画館前に給水所があります。
マラソンでよく見るあの給水所です。
「これが給水所か・・・」
ここでもまたビギナーランナーは感動します。
「一度ここで飲んでみたかったんだ」と。

ところで、あのコップをどうやって掴んで飲むか知っていますか?
普通に手のひらで握って取るのではなくて、指で挟んで取るのが
正しいらしいのです。しかも、取ったコップをつぼめて口で吸うのです。
練習しないとなかかな難しいですね。
実はそのあとその給水所は3回通ったのですけど
3回ともチャレンジしてみました。
そのためにタイムロスなんてどうでもよかった。

よくマラソンランナーがやるように、飲んでから沿道に投げ捨ている
シーンありますね。
でもそこは市民ランナーのマナーです。
ボランティアの方の迷惑にならないよう、ちゃんとゴミ箱に入れました。
もうここだけで、ビギナーとしてはマラソン気分を十分に味わえます。

ところでタイムの方なのですが、前半はなかなかペースが
つかめませんでした。
早そうな人についていけばいいと教わったのですが
なかなか適当な人がいません。しかも込んでいて本当に走りずらい。

それでいよいよ5キロのラップ。
なんと30分でした。
これは若干あせりましたね。どうも回りのペースが遅いのではないかと。
「本当に60分切れないのでは・・・」

そこで思い切って上り坂でスパートしました。
「オレは税理士会の柏原だ!」
心で叫びながら100人くらい一気に抜いたでしょうか。
やはり平地になったトタン、足がガクッときました・・・。
でも、もうそのあたりになると、意識はもうろうとし出して
ひたすら走ることで精一杯になっていました。

なぜか後半は若干ペースは上がったと思います。
さあ、ラスト1キロ。ここでまたスパートをかけようと思っていたのですが
足が前に出ません。

そうこうしているうちに国立競技場の門。
でもこの門をくぐるとまたビギナーとしての感動が待っていました。
数多くのドラマを生んだ競技場です。

入ると真正面に電光掲示板があります。
そこに「57分」の数字が見えました。
「60分は切れるぞ!」
ここで全身にアドレナリンがみなぎりました。
しかも観客は皆私を応援しているかのよう。
ここだけでも感動モノでした。

そこから炎のスパートです。ここでも50人くらいは抜いたでしょうか。
「まだこんなに力が残っているのか・・」
自分でもビックリするくらいでした。
最後はフラフラになりながら感動の初ゴール。

それで結果は・・・・・。



ついにマラソン・デビュー! その2
2010.02.02

マラソン当日は快晴、暖かな3月の陽気です。
絶好のマラソン日和。

スタート時刻の2時間前に会場到着。意気込みは万全。
でも10キロの前に行われていたハーフマラソンを見て唖然。
結構シビアに走っています。しかもかなり早い。

新宿シティマラソン0002.JPG

写真はそのときのものです。
でも新宿の街を走れるのは気持ち良さそうですね。

会場にて受付。
ここで「計測タグ」のついたゼッケンをもらいました。
初めて見る「計測タグ」に感動しました。
そういうランナーは、私くらいでしょうか・・・。
これがあれば、スタート地点からゴール地点まで瞬時に計算してくれます。
本当に走った後、ゼッケンを見せただけでその場で、正確なタイムの入った
完走証を打ち出されたのも感動しました・・・。
世の中進歩しているのですね。

しかし、回りのランナーが速そうに見えます。
まず格好が違う。流行のウエアで決めています。
私はと言うと、上下のテニスウエアでしかもテニスシューズ。
そういうランラーはいませんでしたね。
実は「テニスシューズはやめたほうがいい」って忠告を受けていました。
でもこれでダンベル持って3、4年は走っているし大丈夫だろうと
タカをくくっていました。(でも本当はよくないらしい・・)
軽くストレッチして、いよいよ入場。
参加者が3000人くらいいたから、会場の国立競技場のトラックは
あふれんばかりです。

ここでまたマラソン・ビギナーの私が始めて知ったこと。
参加者の予想タイムごとにスタートの列が決まっているのですね。
10キロは優勝する人は多分30分そこそこ。
それで30分~35分と5分刻みにプラカードがありました。
さすがに30分で待っている人は、まさにカッコも体型も違いますね。
それで私はと言うと、目標の60分に並ぼうと思ったけど
ちょっと欲張って55分に並びました。
でも結果的にこれがまずかったのかとあとから知りました。
後ろから走っても「計測チップ」があるから一緒かと
思っていたのですね・・。

いよいよスタート。
胸の高鳴りを押えつつ、実際に体調もよく軽快な足取り。
でもすぐ気づきました。
大人気のマラソンレースです。まさに「団子レース」です。
列に入るとまったく抜けないのです。
「このままのペースかよ~。」
正直かなりゆっくりでした。
前後左右すぐぶつかりそうになるくらい。
抜くに抜けないイライラが募ります。
最初の1キロの関門。時計を見るともう6分です。
「いま6分もかかっていたら10キロで60分切れないのではない」
あせりました・・・。
マラソン・ビギナーの試練です・・・。



ついにマラソン・デビュー! その1
2010.02.01

しつこく告知していたとおり、日曜日に新宿シティ・マラソンを走ってみました。
本当はハーフを走りたかったのですけど、すぐ定員一杯になってしまって
仕方なく10キロにエントリーしていました。
でも10キロと言っても初体験のマラソンです。
少し言い訳をいいますが、
実は小、中、高校とマラソン大会などありませんでした。
小学校と中学校と池袋という都会の真ん中の小さな学校で、
校庭も直線距離で100メートルもないくらいでした。
高校もまた都会の進学校だったので、猫の額のような校庭でした。
よって長距離など本当に走ったことがなかったのです。
唯一高校の部活で皇居を走ったくらい。
その前人未到の?10キロをどうやって走るか、
どうも想像がつかないというのが正直な気持ちでした。

実は新宿シティ・マラソンは制限時間があります。
10キロは70分で走らなければならないのです。
初マラソンとしては結構ハードルが高いのですね。
因みにハーフでは2時間30分です。
市民マラソンとしては、東京マラソンと違って結構厳しい関門なのです。

一応「毎朝は走っています!」とこのブログに
正直に言っているので、あまりみっともないタイムを
出すわけにはいかないのですね。
自分で結構プレッシャーをかけていました。
「本当に走れるだろうか?」
ちょっと不安になってきたときに、一緒に走る友人から
実によい本を勧めてくれました。

マラソン100回の知恵.jpg

これはいい本ですね。
マラソンを走るからと言って、急に谷川真理さんの本なんか買っても
ダメなのですね。
あの手の本は、本当にもともと陸上競技をやっていたような
本格的にやる人向けの本なのです。
実は本屋でその手の本を「ながめて」いたのです。
「ちょっと自分には無理かな・・・」と。

作者は大学教授の方で、50歳でフルマラソンを始めて走って
55歳にトライアスロンに挑戦したのです。
しかも57歳でフルマラソンで3時間20分で走った・・・。
こういう方のいうことは本当に説得力があります。

「いきなりフルマラソンを走るのではなく、10キロ、ハーフと
段階を踏んだ方がいい」
なるほどと思いましたね。
今月行われる東京マラソンに何の練習もしていないのに
いきなり走る人もいますからね。ファッションで走るほど
マラソンは甘くないですからね。

特に良いこと書いていました。
「初めての10キロは60分で走ればよい。」
「もし5キロで30分を切っていたら、ペースを落とせばよい。」

ここを読んだだけで気が楽になりました。
この本は実は前日に買って読んだのですが、
おかげでぐっすり眠れました・・・。
さあ!いよいよマラソンデビューの日・・・・。


小沢さんと対局してみたい
2010.01.19

昨日つい自慢話をしてしまいましたが、表現が多少まずかったでしょうか。

「小沢さんの囲碁の棋力はそれほど大したことはない」
と言っているのではありません。
20歳の井山名人に心からエールを送りたかった訳です。


今朝新聞で読みましたが、
医療現場を舞台にしたミステリー小説「チーム・バチスタの栄光」
で知られる作家で、医師の海堂尊さんのブログによって、
ある大学教授の名誉が傷つけられたとして
110万円の損害賠償の判決があったそうです。

怖いお話ですね。
ブログでも勝手なことは書けないのですね。
出版して活字になった訳ではないのに、パソコンからサーバーに
書き込んだだけでそんなことになるのですね。
多分、お医者さんの立場で特定の教授を告発するようなブログを
書いてしまったのがマズかったのでしょうね
ただ、海堂さんも「教授に個人的な恨みはない。司法の場でなく
学術の場で議論したかった。」
と弁明したそうです。

ブログ文化に警鐘を鳴らすような判決ですね。
私も自説「ブログ学」をよく勝手に書きます。
本当に固有名詞を書くときは気をつけているつもりですが、
受け取り方によっては不愉快になりますからね。

私も「小沢さんに個人的な恨みなどまったくありません。」
本当に「碁盤の上で」勝負したいだけなのです。

名人に三子と大変お強い方ですので、私が「先」(せん)くらいでしょうか。
(先とは1段差くらいということ)
ぜひお手合わせ願いたいですね。

小沢さん。白黒ハッキリつけましょう!
(この表現もまたマズイか・・・)


囲碁と民主党幹事長
2010.01.18

成人式の日に、民主党の小沢幹事長が囲碁の20歳の井山名人と、
記念対局をされたことが報道されていましたね。

ここで、小沢氏の献金問題に関しては
「捜査中であるので」私もコメントしません。
「東京地検特捜部の事情聴取を忙しいからと拒否していながら
のんびり囲碁やっているのかよ・・・。」
という野党の突っ込みみたいなことも言いません。

でも囲碁の40年来の愛好家として一言ふれたいですね。
井山名人はこれからの囲碁界を背負っていく、将来のある大事な方です。
そういう方を「政治利用」するのはやめて欲しいですね。

小沢さんが囲碁好きであることは有名なお話です。
昨年末も女流名人とも対局していましたし、数年前自民党の与謝野氏との
公開対局も記憶に新しいところです。


でも、誰も突っ込んでいないことをいいましょうか。
囲碁好きというのは分かるのですが、その本当の実力なのです。
名人とのあのハンデはおかしいと思います。

実は囲碁は実力の違うものが対局する際に、ハンデを与えることができます。
これは他の競技や特にスポーツなどにはない優れた点です。
そのハンデとは石を盤面にあらかじめ置いておくのですが、
これを「置石」といいます。九つ置くことを「星目」といい最高のハンデです。
三つ置くことを「三子」の手合い割りといいますが、
その「三子」で名人と対局していました。

これはプロのトップ中のトップである名人クラスに対して
アマが「三子」とは考えられないハンデなのです。
アマの「県大会代表クラス」の強豪でも、時の名人には
「ガチンコ」では「三子」ではなかなか勝てないのではないでしょうか。

小沢氏と井山名人がその三子で戦って「ジゴ」というのは
絶対に考えられません。
因みに、マスコミ報道ではその「ジゴ」を「引き分け」と報じられていましたが
「ジゴ」は一般的には白勝ち、つまり井山名人の勝ちです。
ローカル・ルールで「ジゴ黒勝ち」というのもありますが、
要するに「引き分け」はありません。
まさに「白黒はっきりつける」のが囲碁なのです。

「絶対に勝つな!」
と名人はあらかじめ言われていたのでしょうか。
手心を加えたとしか思えないのですね。
「わざとジゴにしろ!」という命令があったのかもしれませんね。
プロはわざとジゴにすることは誰でもできるそうです。
そういえば「ヒカルの碁」でプロがアマ4人と同時に対局して
すべてジゴにしていました。(マンガですが・・・)
しかも、もっと突っ込めば、マスコミに「引き分けということで・・・」
というシナリオももともとあったのでしょうか?

20歳のこれから有望な若手に、「大人の世界」を教えたかった
という、勘ぐりも絶対にしたくはないですね。
井山名人には、そんなつまらない大人の世界は今はまったく考えずに
ぜひ中国、韓国他世界と真剣に戦って欲しいですね。

卓球の愛ちゃんがテレビでタレントとバラエティ番組で
遊びの卓球なんかヘラヘラやっているから、
世界にまったく通用しなくなったのですね・・・。

最後に、ちなみに私がプロと打つときのハンデは「三子」です・・・
(ちょっと自慢)


石川遼とゴルフのお話
2009.10.19

日本オープンをテレビで観戦しました。
ゴルフ番組は中継録画が多いので、本当の意味での臨場感はないのですが
でもやはり天下のNHKです。ライブ映像に見入ってしまいました。
石川遼の逆転優勝かと、見ている方はハラハラ・ドキドキで
観戦したことでしょう。
本当に見ごたえのあるナイス・ゲームでした・・・。

ここで石川遼のウンチクをたれても、誰も読まないでしょうから
たまには私のゴルフのお話をしましょう。

以前アップしましたが、最初の赴任地は群馬県高崎市でした。
ゴルフのたいへん盛んなところです。
それで、初めてのボーナスで、ゴルフクラブを買うことを支店長から
「社命」で言われました。
たしか、ワンセットで5万円くらいだったでしょうか。
それから独身寮の近所のゴルフ練習場に、結構真面目に通いました。
その練習場でレッスンも受け、一応練習したつもりでしたが
初ラウンドはハーフ70でした・・・。
それでも高崎市は車で30分も走るといくらでもゴルフ場があり、
何度かラウンドもしました。

それで上達したかというと、その後中断もあり、
トータルで8年ほどやりましたが、ハーフで47というのが最高です。
バーディを2つとって得意満面で昼食でビールを飲み、そのあと
回ったのですが、残念ながら後半はスコア62でした・・・。
20年も前のことですが、本当に楽しかったのをよく覚えています。
でも109が恥ずかしながら、私の生涯最高スコアです。
つまり、8年もやっていながら一度も100どころか
「108の煩悩」も切れなかった「ヘボ・ゴルファー」です。
仕事に忙しすぎてあまりできなかったので・・・(言い訳)

残念ながら31歳で脱サラした際に、ゴルフはキッパリ辞めてしまいました。
自慢ではないですが、バブルのときに買ったゴルフ会員権も持っています。
今は名義書換え停止で売れなくなったゴルフ場ですが・・・。

よくお客さんから誘われますし、税理士会のコンペにも誘われますが
すべて丁重にお断りしております。
「吉田さん。その体格で飛ぶでしょう。やりませんか。」
何度言われたことでしょう。

しかも、これでも内緒のお話、ゴルフ場の税務顧問もやったこともあって、
ゴルフ場の税務会計は得意でもあるのです・・・。
でもそのときも、それこそ何十回も誘われましたが、やはり一度もクラブを
握りませんでした・・・。

バブルを経験している私としては、どうも「ゴルフ=バブル」という
感じなのですね。
ゴルフはスポーツとしては確かに楽しいとは思います。
でもお金と時間もかかりすぎるのですね・・・。
ゴルフに夢中になりすぎて会社経営が傾いた社長さんも
実際に多く見てきました・・。

もう何年かして、少し余裕が出たら、また始めようかなとは
思っています・・・。
それまで、テレビで自分がラウンドしたつもりで楽しんでいましょう・・。

「遼!ナイスプレー!!」


東京マラソン落選!
2009.10.14

たいへん残念な結果となりました。
来年2月28日に行われる東京マラソンに見事落選しました。
昨晩、実にあっけない結果通知がメールで来ました・・・。

当選したら「最新のマラソンシューズ」買って・・・
「皇居マラソン」にデビューして・・・
「ランナーズ銭湯」に行ってみて・・・

あれこれ想像して楽しんでいたら、
なんと肝心の抽選に外れてしまったのです。

もちろん今まで42.195キロのフルマラソンは
走ったことありません。初マラソンのチャレンジです。
でもブログでアップしているように毎朝「ダンベル・ジョギング」を
しているくらいですからね。
それで、10キロくらいだったら楽に走れるかと思って、
こっそり10キロの部にエントリーしていたのです。
ところがなんと、定員3000人に対して39,307人も・・・。
13倍もの高倍率だったのです。
それと今年から10キロマラソンは前年まで定員5000人だったのに
3000人に減らされていたのですね。
うかつでした。それも知りませんでした。
これはやはり当たりませんね・・・。

フルマラソンの方が倍率低いので、当たる確率はあったと思います。
定員32000人対して、申込み272,134人だから8倍ほど・・。
どうせ外れるなら、フルマラソンにしておけば当たったかもしれませんね。
実に残念です。

でも2月28日に、もしフルマラソン走って、怪我して入院したり
寝込んだりでもしたら問題ですものね。
税理士として一番忙しい季節ですし、やはりお客様には迷惑かけられ
ないですからね。
「2月の月末は税理士なんだから仕事しなさい」
ということなのですね。
仕方がないです。あきらめましょう・・・。

でもエントリーしてからこれまで
東京マラソンに走れる自分の姿を想像して結構楽しかったです。
来年こそ・・・。



熱海へ碁(GO)!
2009.09.24

シルバーウィークに熱海に行ってきました。
車だと渋滞に巻き込まれるので、電車でゆっくり出かけました。
ほんの2時間足らず。実に近いリゾート地ですね。
今流行の「安・近・短」の最先端ですね。

実は旅館に泊まったわけではなく、知人のご自宅にお世話になりました。
しかも、囲碁の仲間10数人!
それくらいの大人数でも楽に入れる、豪華な別荘のような邸宅でした。

また囲碁の会の集まりなのですが、一応「合宿」という名目で
朝から晩まで碁を打っていました。

その囲碁の会のことは、いずれ詳しくアップしますが、
プロの方が主催していて、県大会代表クラスの高段者から
初心者の方々までいて、実に楽しい会です。
その会に入っているある方に場所を提供していただいた訳です。


熱海へ碁 .JPG

写真はご自宅のリビングから撮ったものです。
熱海の山の上のよい場所にあります。遠くに初島も見えますね。
リビングではバーベキューもできるようになっていて、
何といってもお風呂は源泉かけ流しです。

夕方はその温泉に入ってから、まさにパーティです。
碁の好きな者同士ですので、本当に碁の話で盛り上がります。
そのあと深夜まで囲碁を打ったり、酒を飲んだり。
仕事との関係でもなく、普段とはまったく違う世界で
気兼ねなく心の底から楽しめます。
たまにはこういうこともいいですね。
本当に楽しい合宿でした。

このようなところで生活するのも実にいいでしょうね。
熱海は東京駅まで新幹線で30分足らずです。
熱海から東京まで通勤している方もかなり多いそうです。
またリゾートマンションも多くできていました。

昔は、別荘生活にあこがれたこともありましたね。
別荘というと、「軽井沢の避暑地に・・・」という感じで
特にバブル時代は、セレブなお金持ちの方のもの
というイメージでした。

やはり、バブル崩壊とともに別荘というあり方も変わったのでしょうね。
いまや別荘のもつ価値観や、ライフスタイルが変わってしまいました。
別荘という呼び方ではなく、「週末住宅」とか「セカンドハウス」
というように、その名のとおり使い方も変わってきています。

生活の拠点から遠すぎるのではなく、また知人、友人が気兼ねなく
訪れたり、招かれたりする「近さ」も必要なのではないでしょうか。
この方のように永住することも可能のような・・・。

いつか熱海あたりに「セカンドハウス」を持ちたいですね。
これでまた私の夢が1つ増えましたね。

大いにリフレッシュしたところで頑張ります!


私のホームコート
2009.08.19

お盆休みシリーズ。
たまには「お気楽な」テニスの話題を。

哲学堂テニスコート.jpg

写真は私のホームコート、中野の哲学堂テニスコートです。
ここで最近は毎週1回くらいはテニスをやっています。

区営だから何といっても安い。平日だと2時間800円!です。
最近ではテニス仲間が増え、杉並区のテニスコートまで遠征!?
することもあります。
杉並区の公営テニスコートの方が安くて一杯あるそうです。

お盆休みは、テニス仲間とこの炎天下に4時間!も
連続してやってしまいました。

おかげで「テニス焼」です。
お盆明けに早速お客さんに言われました。

「先生真っ黒ですね。ハワイでも行かれたのですか?」

「すいません。
 地元でただテニスしただけです・・・。」

いつか盆休みは本当にハワイへ行って、テニスでもしたいですね。

でも体力増強。
元気100倍で頑張ります!


強烈な努力
2009.07.21

囲碁のお話を少し。
藤沢秀行さんという著名な棋士が先日83歳で亡くなりました。
NHKでも特番で取り上げられていたのでご存知の方も
多いのではないでしょうか。

ただ囲碁を知らない、まったく興味がない方には当然ご存知ないでしょうね。
私が高校生くらいの頃、つまり30年ほど前の頃、当時碁界の最高タイトルで
あった「棋聖」になった方です。
その後タイトルを6連覇したのですが、その頃が棋士として
ピークだったのでしょうね。
極度のアルコール依存症であったのに加え、その後癌の手術を三回も
受けるなど、肉体的にも棋士生活を続けられなかったのでは
ないでしょうか。
古いお話ですので、碁をやっている方でさえも知らない方も多いですね。
ただ非常に魅力的な方でした。

こういう例えを言うとしかられてしまうかも知れませんが、
野球漫画の「あぶさん」ってありますね。
あの主人公のように酒と野球が大好きな魅力あるプレーヤーだった・・・。
少し例えが古いですかね。
ではこれなら分かりますか。
常勝巨人に挑んでいた魅力ある野武士球団「タイガース」。
あの伝説となったセンターバックスクリーン三連発を打ち込んだ
主軸の一人「掛布」をもう少し品を悪くしたような・・・
(変な例えですいません)
本当に棋士としては強かったのですが、スキャンダラスな部分でまた
有名な方でした。今時このような言葉は使われないと思いますが
「飲む、打つ、買う」の代名詞みたいな方です。
まっ昼間からお酒を飲み、競輪、競馬で借財も作り、
また愛人もたくさんいて・・・などなど。

ただ碁界ではそのスキャンダラスなことより、多くの若手の棋士を
育て上げたことで有名で、その功績を称える方は確かに多いです。

また変な例え。
あの掛布さんは引退してから、それほど野球界に貢献したとは
思えないのですが
この藤沢秀行さんは、野球で例えれば、全国の才能のある高校球児を集め
徹底的に鍛えあげます。
しかも日本以外にも韓国や中国の選手さえ分け隔てなく育てた。
そうやって松坂のようなWBCでMVPを取るような
日本を代表する選手を育て上げました・・・。

その方が亡くなる直前、本当に最後の気力を振り絞って書かれた書が
「強烈な努力」

これは日本の碁界に対する「遺書」であると紹介されていました。
まさにそうですね。
若手に対して世界に負けないように、もっと「強烈な努力」をしろと・・。

あの書、もちろんコピーでよいのですが、どうしても欲しくなりました。
事務所に飾ろうと思っています。
自分で毎日ながめたいのと、中小企業への激励の言葉として・・・。

7月24日ホテルニューオータニで偲ぶ会が行われます。
合掌。


熱海へGO
2009.06.15

久しぶりのアップです。
「毎日ブログ楽しみです」といううれしいメールももらいました。
あまり気張らずに、楽しんでやっていきましょう。

週末に税理士会の囲碁部の一泊旅行がありました。
仕事漬けの疲れた頭を、親しい囲碁仲間と囲碁を楽しむとともに
温泉に入ってリフレッシュしてきました。

6.15.JPG

写真はホテルの最上階の囲碁サロンから撮ったものです。
このホテルは実は昔一泊数万円もする熱海でも老舗の高級ホテル
だったのですが、数年前から、囲碁愛好家の団体向けに
リーズナブルな「囲碁プラン」をやっています。
一泊1万円でおつりがくるくらいの料金設定で
「飲み放題・食べ放題で囲碁打ち放題!」
となっています。
囲碁をやる人なら誰でも知っている有名ホテルです。

囲碁部の旅行はかれこれ10年くらい参加していますが
3年ほど前にこのホテルを利用してしてから、毎年ここになっています。
幹事が楽だというのと、なにより熱海というのは東京から近いですからね。

囲碁のお話はさておき、この名門ホテルの大転換の経営に非常に
興味があります。
週末とはいえ、夕食のバイキングの時間帯が2回あるくらい大盛況でしたね。
インフルエンザの影響はまったくなさそうです。
朝夕バイキングですので従業員をほとんど見かけません。
でもそんなことは別に気にならないし、温泉も入り放題。
部屋も個室です。今時社内旅行というのは少ないみたいですが
いくら親しい間柄とはいえ、やはり大部屋では気を使いますからね。
個室というもの気が楽でよいです。

参加者にも大好評で「また来年もココにしよう」と口々に言っています。
実は、顧問先の旅館経営者からも、このバイキング方式の食事出しの
相談を受けたことが過去本当にありました。
このホテルのことを知っていたので、即賛成しました。
おかげでそこのバイキングも評判になっているようです。

ところで囲碁の成績の方は・・・。
最近勉強不足からでしょうか。もう少しがんばります・・・。

でも大先輩方と囲碁を打ったり、酒を飲んだり、一緒に温泉に入ったり、
文字通り「ハダカの付き合い」をさせていただきました。
実に楽しい会です。
ただ囲碁部の参加者もご高齢の方が多く、実は入部した10年前から
私が最年少のままです・・・。


打倒!国税局!! その5
2009.04.24

芸はみをたすく」のお話をもう少ししておきましょう。
囲碁を通じて作り上げた「友人」から、本当に学ぶことは多いです。
直接国税局の方から聞くことはできませんが、元国税局にいた方で
今税理士として活躍されている大先輩から本当に生のお話を
聞くことが多いです。
このすばらしい趣味のおかげです。

実際に例えば税務署長まで勤めた方が税理士として、
税務調査を受けたとします。
「まったく最近の税務調査はなっていない・・・・。」
「昔はこういうように教わったものだ!こういう観点から・・・」
そんなお話が聞けることがあります。

必ず税理士会の囲碁大会の懇親会でアルコールが入ったときです。
(国税局との親善大会では懇親会はありませんが、税理士会の大会では
懇親会は必ずあります!)
逆に、税務調査でこちらが困っている時にも聞くときもあります・・・。
面白いお話をいろいろ聞きましたが、このあたりの内容を詳しくアップすると
守秘義務があることかもしれませんし、
ブログで公開するようなお話でもないかもしれませんね。
でも、いずれまたネタ切れの時にでもこっそりアップしましょう・・・・。

しかし、税務署の職員に対する考え方もこの10年でかなり変わりました。
税理士になりたての頃、
「税理士になった以上、納税者の権利を擁護し、税務署と戦おう!」
その位の意気込みは十分あったのですね。
そういうような団体にまで加入していたこともあります。
しかし、これだけ元税務署勤務の方々と知り合うことによって
「税務署には税務署の言い分があるのだ。
頭ごなしに突っかかっても仕方がない。」
と相手の主張する気持ちが分かってきたような感じもします。
税理士としての経験も積み、世の中の道理や分別が付いてきた
ということのでしょうか!?
もちろん、税理士として納税者のために、主張するべきところは
キチンと主張しますが。

昔は税務署の職員の方は正直なんとなく嫌いでした。(内緒です)
生理的に会わないというか、どうもなじめない・・。(これも内緒)
しかし今では「税務署の方にも人間的にすばらしい方、よい方は多い」
ということも大変失礼ながら気づかせてもらいました。
本当に囲碁をやっている方で悪い方はいません。

税理士の方々。
どうでしょうか。囲碁でも始めてみませんか。
税理士会の研修科目に囲碁でも加えたら、税務行政がより円滑に
行われるのではないでしょうか!?

(あまり打倒!と連日騒いでいると公然わいせつで!?
逮捕されるからこの項おしまい)


打倒!国税局!! その4
2009.04.23

国税局の方にご迷惑にならないように、もう少し詳しく親善大会を
説明しておきましょう。
「親善大会」といっても、「懇親会」はまったくありません。
昔はあったのかもしれませんが、少なくとも私が参加したここ10年は
一切懇親会などありませんでした。

せっかく「手談」で心を通わせた方々同士で、またアルコールでも
酌み交わせたら、これはまた本当に楽しいでしょうけど、
残念ながら一切そのようなものはありません。

これはご存知のように、「国家公務員倫理規定」というものが
数年前に制定されより厳しくなっているのですね。
残念ですが仕方がありません。

よって実にクリーンな大会なのです。
クリーンついでで補足しておきますと、
ゴルフやマージャンなら、それこそお金やチョコレートを賭けるというような
「不謹慎」なこともあるかもしれませんが、囲碁はまったくありません。
なじまないといった方が適切なのでしょう。
事実、囲碁暦40年の私でもいままで「賭け碁」は一度もやったことも
ありません。

ということで、一日国税局の方々と対局させていただいて、
「さわやかに」解散です。

でも10年もやっていると、やはり顔なじみになったりして、
「次回はまた対局しましょう」
など本当に親しくなったりします。
それはそれで良いものだと思います。

それと最近よくあるお話なのですが、10年もやっていると、
その間に国税局を退職され税理士なる方が出てきています。
ご存知かもしれませんが、国税局に一定の期間勤めると税理士になる
資格がもらえるのです。

そうなるとまさに同業者です。
税理士会の囲碁仲間として、これはまた本当の意味で親しくなります。
税理士会の囲碁部では大会が年に数度ありますし、
泊りがけで小旅行することすらあります。

大先輩なので、友人といったら失礼かもしれませんが
囲碁には年齢はまったく関係ありません。
碁盤の上で「本音で会話しあう」親しい友人になります。

趣味を通じて親しくなった方々は本当に良いものです。
まさに「芸はみをたすく」ということでしょう。

このブログを読んでいる税理士の方。ぜひ囲碁を始められたらどうでしょうか。
だまされたと思って始めてみてください。
すばらしい税理士人生がスタートすることを私は保証します!


打倒!国税局!! その3
2009.04.22

ここらで囲碁を良く知らない方から
「国税局の方に対して何て失礼なヤツなんだ!」
とお怒りの「ツッコミ」が出てくるかもしれませんので、
囲碁というすばらしい競技を説明しておきましょう。

囲碁とは「黒石と白石を交互に打ち合って碁盤の陣地を囲い合う」
ゲームです。
ルールの知らない方は「将棋」と混同される方も多いですね。

囲碁のことを「かっこいい」呼び方で、「手談」(しゅだん)ともいいます。
この呼び方を私は結構好きです。

「手談」(しゅだん)とは「手話」(しゅわ)を連想されれば
なんとなく想像がつきますね。
手話は身振りや手指を使って意思を伝達するのですが
「手談」とはまさに、対局者同士が、交互に石を置いていくことで、つまり
「手を使って」会話している、談義(だんぎ)している様を
いっているのです。

つまり、私なりに「かっこよく」いうと、碁を打つということは、
「囲碁で会話をしている」ことになります。
しかも、もっともすばらしいことは、何もしゃべらなくても碁盤に向かい合って
碁を打っているうちに何となく、気持ちも通じ合ってくるような感じになります。
囲碁がお互いの心が通じ合う、一つの「通行手形」のような
役割を果たすのです。
これは、碁を打ったことのない方には分かりえないことなのでしょうか。

ですから、私が、「日頃の感謝を込めて」相手の税務署長の石を
たたき潰したとしても(!?)、気持ちが通じ合っているからこそ
対局後さわやかな感情が残るのです・・?

勝った、負けたについては、あくまで結果であって、その過程で
碁盤の上で「会話」を楽しむことができます。
碁を打つことによって、つまり会話をすることによって、
相手の性格まで読み取ることさえもできます。

碁を真剣に打った後、お互いに打ち解けるのはそのせいでしょうか。
対局直後、いわばラクビーの「ノーサイド」のように、敵も味方もなく
永年の親友のような感情を持ちます。

ですので誤解をしないでください。
税務署長に感謝を込めて、最善手を尽くして
「たたき潰す」のです・・・。


打倒!国税局!! その2
2009.04.21

私はこの一年に一度開かれる「親善囲碁大会」を
本当に楽しみにしています。
市ヶ谷に日本棋院という囲碁の総本山があるのですが、
そこでいつも盛大に行われています。
国税局の方もいろいろな役職の方々が参加しています。
税務署長や、本局の部長さんなど「お偉いさん」も参加することが
よくあります。
我々税理士としても普段「お目にかかれないような」方々と
囲碁を通じて対局ができる訳です。
棋力も結構まちまちなのですが、総じて「お偉いさん」の方が
力自慢の「天狗」の方々が多いようです。

再三アップしたように私は囲碁暦40年です。
以前詳しくブログに書きましたが、高校選手権で全国2位になった
実力者です。(すいません。また自慢話・・・)
いわば、甲子園で早実の斉藤祐ちゃんと投げあって準優勝した
楽天のマー君が職場の草野球大会でピッチャーを勤めるような
ものです。(ちょっと誇大かもしれませんが、ご容赦ください・・・)
当然エースとして大活躍できる訳です。

楽天のマー君が草野球大会にでたら、それこそ相手にならないですね。
ただ彼はプロに進みましたが、残念ながら、私の方はというと
その後20年近く何もしていなかった訳で・・・(少し言い訳・・・)
そうは言っても、キャリアが長い私がやはり負けるわけにも行きません。
手を抜いて「投げるような」ことはせず、もちろん全力で戦います。

それはどうしてかというと、囲碁という競技の持つ特性なのです。
よく「接待マージャン」とか「接待ゴルフ」なんて言葉を聞きますね。
相手に気持ちよく勝ってもらうために、多少の手加減をするような・・・
でも囲碁はそんなことは絶対にしません。
実は囲碁というのは、相手が手を抜くとたちどころに分かるのです。
しかも実力差がある場合は置石というハンデで調整しています。
ですから、相手に失礼にならないように全力で戦います。

この「ガチンコ勝負」が面白いのです。
考えてみてください。
普段仕事で「苦労して」接している税務署の方々の石を
「皆殺しにしてしまう」ことすらあります!
まさにギャフンと言わせてしまうのです。
相手が税務署長でも「参ったな・・・」なんて頭でもかかれたら、
痛快この上ないです。
もちろん囲碁という盤上の戦いですので、「合法的?」です。

こんな気持ちのよいことはありませんね。
本当に囲碁をやっていて良かったと思っています・・・。


打倒!国税局!! その1
2009.04.20

別に国税局にけんかを売っているわけでも、不服申し立て
「打倒」するお話ではありません。
実は東京国税局と東京税理士会との「親善囲碁大会」がこの休日に
行われました。

こんなお話は多分税理士会の中では、私ぐらいしか報告しないでしょうから
面白いのでアップしてみましょう。

税務署では実に囲碁が盛んなのです。ご存知でしたか。
これは正直私も税理士になるまで知らなかったのです。
本当に税理士になってみて初めて知ったことでした。

税務署の昼休みなどは食堂で食事をした後、結構時間つぶしで
囲碁をやるということが今も昔も行われているのです。
通常の企業と違い、昼休みに外の喫茶店なんかで
コーヒーなんか飲めないみたいですね。

税務署だけでなく、銀行の方も外で食事はできないようです。
銀行でも多分同じ理由なのでしょうね。
それだけ秘密事項に接しているから、たとえ昼食時でも外で
雑談などさせないのでしょう。

税務署も今は昼休みに行っても電気も消され真っ暗です。
完全にオフにしているのですね。
よって食事の後のお楽しみとして、食堂で囲碁をする人が多いのです。

また囲碁が好きな税務署長も結構いるようです。よって必然的に「社命で?」
囲碁を勧めてもいるようです。

囲碁が強いと出世するのではないかと思うくらい、強い人は
その後出世しています。
そんな企業(!?)風土があるみたいですね。

以前もアップしたように私は囲碁が趣味です。
本当に囲碁暦40年の本格派!なのです。

では誰も知らない、今業界でまさに感じている
芸は身をたすく
のお話をしてみましょう。


囲碁のお話 その6
2008.09.22

さあ!高校3年の夏。最後の大会です。

まず東京都予選は楽に勝ち抜き全国出場決定。
アレだけ入れ込んできたのですから
さずがにメンバー3人ともかなり棋力はアップしていました。

9.22%E3%80%80%E9%AB%98%E6%A0%A1%E9%81%B8%E6%89%8B%E6%A8%A9.JPG

8月の全国大会。これも危なげなく決勝まで進みます。
「これで麻布を破って優勝だ!」
と意気込んでいたところ、何と準決勝で麻布は負けてしまいます。
正直ショックでした。
相手は島根県代表。
「麻布ではないのか・・。田舎の高校で(失礼!)やりにくいね。」
と言い合ってはいましたが、勝負のあやがここにあったようです。

決勝戦。
押し気味に進めたものの1対2で惜敗してしまい、涙の準優勝です。

TBSのテレビ解説に私の棋譜が取り上げられ、
解説者から「こうすれば楽に勝てたのにね。」と言われ、
また涙です。

あの碁は30年たった今でも手順をよく覚えています。
自分のこれまでの人生で悔しかったことを3つ上げろと言われたら
真っ先に思い浮かぶ出来事です。
でも青春の宝物でもあることにも間違いありません。

ただ、「準優勝して良かったね。」と皆から言われましたが、
やはり優勝と準優勝は雲泥の差です・・・。

そんな経験があるからでしょうか、
高校野球で優勝した早稲田の斉藤佑チャンより、
できなかった楽天のマー君を、私は心から応援してしまいます。

(囲碁のお話おしまい。つづきはそのうちに・・・)


囲碁のお話 その5
2008.09.19

「絶対優勝する」つもりで望んだ全国大会は残念ながら7位。
その時の優勝校は麻布高校でした。当時は麻布の全盛期で本当に強かった。

9.19%E3%80%80%E9%BA%BB%E5%B8%83%E9%AB%98%E6%A0%A1%E5%86%99%E7%9C%9F.jpg

それから「打倒!麻布!」に燃え、また囲碁に熱中しだします。

「何としても麻布に勝ちたい!」
負けた悔しさから、顧問の先生とメンバー3人とで打ちまくりました。
顧問の先生も東京都の教員大会で常に優勝するくらい強い方で
熱心に教えていただきました。
またバスケットボールも続けていたので、
へとへとになって帰宅してからも、打碁を並べていました。
本当に充実した時代でした。
いつ学校の勉強していたかまったく記憶にありません・・・。
その頃の右手の人差し指の爪は、碁を打ちすぎて黒くなってもいました・・。

まったく余談ですが、
その時の「打倒!麻布!」の精神は、
税理士となった今でも生きています。
よく麻布税務署から税務調査を受けるのですが、
麻布!」と聞いただけで、
絶対負けたくない!」態度で臨んでしまいます。
税務署の方にはいい迷惑かもしれませんが、
これは私の個人的なトラウマです。
すみません・・・。


囲碁のお話 その4
2008.09.18

高校(都立竹早)に進学して、バスケットボール部に入部。
週6日シゴかれてしばらく碁からは遠ざかります。

高校2年になって、始めて「全国囲碁高校選手権大会」が
行われることになりました。
当時はTBSがスポンサーで、朝日新聞の高校野球に対抗してか
「高校野球に次ぐ、高校囲碁を広めよう!」
と力入れていました。
当時のキャッチフレーズが、多少臭い感じがしますが
打ち込め!青春!!

我が高校も私を大将にあと2名駆り出され、急遽囲碁部を創設。
東京大会を勝ち抜き、見事全国大会出場を決めました。

9.18%E3%80%80%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97.JPG

その時のカップです。私の宝物です。
東京代表の四校がTBSのスタジオに呼ばれました。
その時の代表校は麻布、開成、武蔵のいわゆる御三家と我が高校。
テレビ局側も話題性から急遽特番を組んだようでした。
この時、生涯初の(最初で最後の?)テレビ出演。

番組の最後に、全国大会に向けた抱負を聞かれて、
妙に大人びたコメントを言っていた御三家の連中に対し、
私がスポーツ刈の頭で高校生らしく一言。
絶対優勝します!」

このコメントにより翌日高校中で一躍ヒーローに。
本当に楽しい思い出です。


囲碁のお話 その3
2008.09.17

当時、市谷の日本棋院に「木谷会」という教室がありました。

9.17%E3%80%80%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%A3%8B%E9%99%A2.jpg

今では伝説となってしまった教室なのですが、
その頃全盛極めていた木谷門下の棋士達が熱心に運営していました。
生徒が30人くらいしかいないのに、先生は常に10数人もいました。
その先生達も当時の大竹名人を始め、石田、加藤、武宮
当時の三羽烏、その後タイトルを総なめにしていった趙(治勲)
小林(光一)など早々たるメンバーが指導していました。
(碁を知らない人はまったく分からないと思いますが、
碁を少しでもやったことのある方なら、皆必ず分かる超有名人達です。)

ただ中学生になったばかりの私は、そんなおじさんたち
まったく興味がなく、故木谷礼子プロ、小林千寿プロ、小川誠子プロなど、
美しくてやさしいお姉さま方より熱心に指導してもらっていました。

当時その教室内で大人に混じって小中学生が確か5、6人在籍していたと思います。
そのほとんどがその後プロ棋士になっていますから、
やはり伝説の教室だったのでしょう。
面白いように棋力が上がっていって、何度か教室内のリーグ戦で優勝したり
して楽しかった思い出しかありません。

ただ、ここで私の人生初(!)の挫折を味わうことなります。
中学2年生の冬、当時確かに棋力4、5段はあったと思いますが、
プロの道はキッパリあきらめました。
才能がないと自ら判断しました。
この判断は正しかったと今でも思っています。
(そんなにエラそうに言うほどのことでもないか・・・)


囲碁のお話 その2
2008.09.16

始めた頃、近所に双子の友達がいました。
その双子は後に東京代表になったくらいのアマ碁界で有名な双子
なのですが、当時は彼らと一緒に30級くらい(初歩の初歩)でスタートしたと
思います。

数年前大ヒットした「ヒカルの碁」という漫画をご存知でしょうか。

9.16%E3%80%80%E3%83%92%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%81%AE%E7%A2%81.jpg

今ではその漫画の影響で、小学生が碁を打つのは
まったく珍しくないのですが、40年ほど前は、本当に
珍しかったと思います。
その3人で、週に3日も碁会所に通っていました。
ただ熱心に通った理由は、途中にある肉屋でハムかつが食べられたことと、
行くと必ず先生がチョコレートをくれたからです。

また、父は定年になったら碁会所を開くのが夢だったらしく、
その市場調査(!?)のために日曜日になると、
都内のあちこちの碁会所に連れて行かされました。
それほど真面目に囲碁を勉強した覚えはまったくないのですが、
小学校高学年になると一応棋力は初段くらいにはなっていたでしょうか。
「ボク打てるの?」
碁会所で面白半分にかかってくるオヤジ連中に、面白いように勝ちました。
それを横でニヤニヤしながら父は見ています。
でも、その頃の碁会所は本当に活気があったと思います。

また、今では小学生の大会が全国規模で盛大に行われますが、
当時はそんな大会もありませんし、子供教室すらなかったと思います。

父は私が中学生になると市谷の日本棋院に連れて行きました。
多分プロにしたかったのだろうと思います。
しかし、お恥ずかしい話、実は囲碁のプロという世界がどういうものか、
本当に親子共々まったく知りませんでした・・・。


囲碁のお話 その1
2008.09.12

ちょっとカバンのお話に熱が入りすぎてきたと思うので、
ここらあたりで、少し「箸休め」を。
(本当は実はまだ原稿ができていない・・・。
これからがこの物語の佳境になってきます!お楽しみに!)

私のスポーツ以外の趣味に、実は「囲碁」があります。
始めたのは小学校の3年生の頃ですから、
何と囲碁暦40年!くらいあります。
税理士会の中でも40年もやっている人は少ないみたいです。

最初に囲碁を教えてくれたのはでした。

9.12%E3%80%80%E5%9B%B2%E7%A2%810013.JPG

写真はその頃父と良く打った碁盤です。
この碁盤を見ると、
負けて悔しくて泣きながら打っていたことを思い出します。

その教えてくれた父も、残念ながら一昨年84歳で他界しました。
私も今税理士として、相続のお話をブログで、
こうして偉そうに書くような身分になりましたが、
実際の吉田家の相続では、幸せなことに
もめるほど財産はありませんでした。

結局今ではこの形見となった碁盤しかもらえませんでしたが、
母も健在でまた兄弟仲良くいることもでき、それをまったく
不満にも思っていません。
私に五体満足の健康な身体と、囲碁というすばらしい趣味を
授けてくれた父に今でも心から感謝しています。

しばらくは私の趣味のお話(自慢話?)にお付き合いください。


早朝ジョギング その4
2008.08.13

「毎朝早起きが大変でしょう。」
ジョギングの話をするとよく言われます。
そんなことないですし、慣れれば何でもありません。
その分、夜は早く寝るようになって、
深夜のくだらないテレビは一切見なくなりました。
昔は巨人が勝つとスポーツ中継をハシゴして
しつこくウィニング・プレーを確認していましたから。

夜は本を読んでサッサと寝る。非常に良い習慣です。
さらに5年くらい続けてみて、
正直普通のジョギングではもの足りなくなってきました。
でも、忙しい朝のこと。もちろん時間がありません。
それで、もっと負荷をかけるために、
最近ではダンベルをもってジョギングしています。

8.13%E3%80%80%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%80%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%AB.JPG


1つ2キロのダンベルです。両手で4キロにもなります。
この猛暑の中で、毎朝4キロのダンベルを持って走っている税理士は
全国で私ぐらいでしょうかね?
でも体力では誰にも負けません!
オリンピックにでも出ましょうか!?


早朝ジョギング その3
2008.08.12

それと実は、
もともと朝から優雅に運動したいという「野望」を持っていたのです。

20数年前のことですが、
ベストセラーになった寺沢芳男著「ウォール・ストリートの風」を
ご存知でしょうか。
当時私は野村證券に入社したばかり。
地方支店で営業をやっていました。
その時寺沢氏は米国野村の会長だったと思います。
その後、その本のおかげでその大先輩は有名人となり、
参議院議員になって最後は大臣までやりましたね。

その書で、先輩がアメリカでは毎朝ホテルのプールで泳いでから
仕事をしていたという記述を読んだとき、本当に愕然としました。
その頃の私は早朝から営業課長にハッパをかけられていた・・。
この差はなんだろう?と。

8.12%E3%80%80%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%AE%E3%83%B3%E3%82%B0%EF%BC%883%EF%BC%89.JPG

「脱サラしたら毎朝優雅に絶対泳いでやる。」
それくらいの野望を思っていたのですね。
でも残念ながら近所に早朝から泳げるようなホテルはないので、
ジョギングです。
ちょっと優雅さが違いますかね?


早朝ジョギング その2
2008.08.11

早朝の人気の少ない公園を走るのは実に気持ちのよいものです。
春は小鳥の囀りの中を、夏は蝉時雨の中を走ります。
散歩中の多くのワンちゃんにも出会い、
広場では少年野球をやっていたりします。
そんなの光景を眺めながら、できるだけゆっくり
走るようにしています。

8.11%E3%80%80%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%AE%E3%83%B3%E3%82%B0%EF%BC%882%EF%BC%89.JPG

ここまで続けられた理由は、
あまりムリをして走ってこなかったことでしょうか。
体調が悪かったり(特に二日酔い!)、
疲れ気味の時には無理して走りません。
ジョギングコースを短めに変えることもよくあります。
義務感で走ろうとせず、自由に、好きなように走るのです。

おかげで体重もかなり減りました。
(ブログでの公表は「秘密のダイエットシリーズ」でそのうちに・・・?)

ただ、夏場は早朝でもかなり暑いので、汗だくになります。
そのため洗濯物が増えて困ると言う奥さんの苦情だけ
聞き流しさえすれば、早朝ジョギングは最高です!


早朝ジョギング その1
2008.08.08

祝!北京オリンピック開催記念!!スポーツの話をしましょう。

毎朝ジョギングを始めてから
もう7,8年になるでしょうか。
すっかり日課になっていて、雨で走らない日は気持ち悪いくらいです。
毎朝6時に起きてから30分ほどかけて
ゆっくり自宅の周りをジョギングしています。
10分ほど走ると大きな公園があり、いつもそこを1周してきます。

8.8%E3%80%80%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%AE%E3%83%B3%E3%82%B0%EF%BC%881%EF%BC%89.JPG


写真はその公園です。いいところでしょ。

開業して3年くらいでかなり太りました。
ここだけのお話(ブログでこの表現はないか・・)
体重が90キロを超えたことがありました。
これではいけないと思い、最初はフィットネスクラブに通っていました。
でも、たまの週末に行くとそのあとのビールがやたら美味しくて・・・、
結局効果がまったくないことが分かりやめてしまいました。

ジョギングはいいですよ。
まず手軽だし、何よりお金がかかりません!


税理士会のフェデラー(?)  その3
2008.08.01

ところで
3年前一緒に始めた奥さんの方はというと
あっと言う間にうまくなってしまいました。

私の住む中野区では、
安い公営コートと公営テニススクールが多くあります。
よって時間のある女性には
非常に恵まれた環境なのですね。
(なんかちょっと言い訳がましい・・)

これではいけないと思い、
半年前、最新の「上級者用」テニスラケットに変えたのです。
せめてラケットだけでもうまくなろうと・・・

もっと丁寧に打って精度を上げていけばいいのでしょうけど、
思い切り打つことに快感があります。

日々の税理士の仕事は
フォルト(失敗)はできないのです。
せめて遊びのときくらいは、
思い切りフォルトしてもいいのではないかと。

やはりフェデラーばりの、
時速200キロのセンターへのノータッチ・エースを
いつか打ってみたい・・・。

8.1%E3%80%80%E7%A8%8E%E7%90%86%E5%A3%AB%E4%BC%9A%E3%81%AE%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%87%E3%83%A9%E3%83%BC%EF%BC%882%EF%BC%89.JPG


お分かりになりましたか。
そうなのです。
私のテニスは単なる「ストレス発散テニス」なのです!


税理士会のフェデラー(?)  その2
2008.07.31

昨日アップしたラケットは、
ご存知の方も多いでしょうけど、
今年全仏とウインブルドンを制覇した
あのナダルが使っているバボラー社のラケットです。

このラケットは確かにすばらしいです。
スィート・スポットにあたると
非常に気持ち良い打感とポーンと本当に良い音が出ます。

ただ問題なのは
なかなかそのスポットに当たらないということだけです。

まあ腕前の問題だけですが・・・。

7.31%E3%80%80%E7%A8%8E%E7%90%86%E5%A3%AB%E4%BC%9A%E3%81%AE%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%87%E3%83%A9%E3%83%BC%EF%BC%881%EF%BC%89.JPG

写真は私のサーブのフォームです。
フェデラーばりのダイナミックなフォームですね(!?)
このフェデラー・フォームでナダル・ラケットを使ったら、
いつでも問題なく勝てると言うかと
世の中そう簡単ではないのですね。

10回打って、
キチンと当たるのは2、3回くらいでしょうか。

テニスをやったことのある方はお分かりですね。
サーブは滅多に決まらないで、
ダブルフォルトで自滅するタイプなのですね。

残念!切腹!!(このネタも古い?)


税理士会のフェデラー(?)  その1
2008.07.30

この猛暑の中、
この業界のネタを取り上げていたら
ヒートアップしてしょうがないので、
暑さしのぎに、もう少しライトな話題に変えましょう。

今テニスにハマッテいます。
運動不足解消と(老後に?)奥さんと一緒の趣味でも、
という理由で週末にスクールに通い始めて
もう3年くらいになるでしょうか。

私の年代でテニスというと
「神和住純が白い短いパンツはいて・・」
「軽井沢で優雅に・・」
という高貴なイメージで、
従来が「スポコン・番カラ派」(!?)の私としては
結構縁遠いスポーツでした。

しかし、やってみると結構難しいスポーツですね。
しかも体力もかなり使います。
でもメタボ対策にはもってこい。
これは本当にお勧めです。

7.30%E3%80%80%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88.JPG

写真は私が今使っているテニスラケットです。
「上級者用の扱いこなすのが非常に難しい」ラケットです。
当然私の腕前も・・・?.


ブログトップページ

最近の記事
カレンダー
カテゴリ
税理士紹介ビスカス
コメント
アーカイブ
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!