税理士コラム | 税理士紹介25年、税理士紹介のパイオニア「税理士紹介センタービスカス」

税理士 紹介ビスカス > 税理士コラム

税理士コラム

吉田信康税理士事務所ブログ

確定申告で必要なことは、みんな吉田税理士が教えてくれた(5)
2011.03.10

「医療費控除」のお話をもう少し。
結構難しいのですね。

特に高額な医療費を支払った方は要注意ですね。
昨日申し上げた、「出産」の場合。
必ず健康保険や市区町村から「お祝い金」をもらいます。
これは差し引かなければならない。
あとは「入院費」
入院の際の部屋代や食事代はもちろん控除対象。
よくあるのが、「差額ベット代」
個室で入院すると、この「差額ベット代」というのが
請求されるのですね。
税務署的には「そんなゼイタクはダメ!」ということなのでしょうか。
「でも緊急入院でそのベットしか空いていなかったのだ!」
といっても残念ながら「ダメ」です。厳しいですね。

あと悩むのは通院費ですね。
「タクシー代はいいのですか?」
よくあるご質問。
これは「やむを得ない場合」ですね。
ですので、電車バスはもちろんOK.。

国税庁のHPに
「小さいお子さんの通院に付添が必要なときなどは、付添人の交通費も
ふくまれます」
と書いてあります。

これは気をつけなければいけませんね。
ではどうしたらよいかも親切に書いてあります。こちら

「通院費は、診察券などで通院した日を確認できるようにしておくとともに
金額も記録しておくようにしてください。」

これは小さいお子さんのお持ちの方々に指導しなければならない点ですね。
「では高齢のオヤジの付き添いの場合は?」
なんて質問もでそうですね。

判断基準は「やむを得ない」ということでしょうか。タクシーの考え方と同じですね。
では最後に難しい質問。

「野田聖子議員は夫婦で海外に行って不妊治療を受けました。
その場合の二人分の海外渡航費も医療費控除の対象になるのですか?」

私は野田議員の顧問税理士ではないので、そんな質問は受けないとは思いますが
多分ダメでしょうね。
ここでもやはり、判断基準の「やむを得ない」場合かどうか。

参考「遠隔地の病院において医師の治療を受けるための旅費」こちら
職業柄そんなことを毎日考えてしまう今日この頃・・・。



確定申告で必要なことは、みんな吉田税理士が教えてくれた(4)
2011.03.09

電子申告控除ができない方のために、「医療費控除」のお話。

これはこの時期よくある質問です。
「昨年レーシックの手術をうけたのだけど・・・」
「歯科矯正は大丈夫ですか?」
レーシックも多いみたいですね。
これらは立派な医療費控除。

あとは間違いやすいのは
「オヤジに高額な補聴器を買ってあげたのだけど・・・」
補聴器は高級なものだとかなりの値段です。
残念ながらダメなのですね。
このあたり難しいところです。
眼鏡あたりで普通の人は迷いますからね。
このあたりは「よくあるブログネタ」ですけど、
昨日申し上げた「電子申告」ですと、「領収書の添付が省略」です。
私はこれを最大限有効に利用しています。

よく思うのは「医療というのは個人情報そのもの」だと思うのです。
税務署にさえ領収書を出すことに抵抗ある方もかなりいらっしゃいます。
自分の治療内容など教えたくないではないですか。
顧問税理士にすら教えたくないことも、もちろんあるでしょう。
例えば「不妊治療」などなど・・・。
電子申告では、医療機関、その住所、支払額合計の一覧を
データでつけることによって領収書の提出が省略できます。
ぜひこれを活用してください。

私はどうしているかというと、お客さん側にその一覧表を
作っていただくのですね。
領収書は預からなくて、内容については、もちろん信頼関係です。
ただ、こちらもプロですから、一覧表を見ればたいていは分かります。

医療機関の名前を見れば、
「ここは補聴器を買ったのではないですか?」
「入院されたのですか?入院給付金などもらっていないですか?」
「出産されたのであれば、区からお祝い金もらいましたよね?」
だいたい分かります。
あやしいところはネット検索かけるとすぐ分かりますから。


ところで自慢ではないですが、私は開業以来、医療費控除で報酬を
いただいたことはありません。

10数年間にもなりますが、某会計事務所で修行していたとき、
わずか5000円くらいの還付になる医療費控除の申告書の作成料に
それ以上の数万円くらいの報酬いただいていた経験があります。
正直「ぼったくり」ですね。
「これなら申告しないほうがいい」と何度思ったことか。
これも我々業界の「古きよき時代」のお話です。

なんらかの怪我や病気で出費を強いられているわけです。
そこで儲けてはいけないと私は思うのです。
まさに、お客さんとの「痛み分け」ですね。

確かに普通の方が、還付申告の作成は面倒でしょうから、
専門家に依頼されるのはもちろん自由ですが、
とにかく『電子申告』で大事な「個人情報」をぜひ守ってください。

(また今日もヨイショ!)


確定申告で必要なことは、みんな吉田税理士が教えてくれた(3)
2011.03.08

「電子申告」に批判的だと誤解されては困るので
国税庁にヨイショしておきましょう。

今年の確定申告は、もうほとんど提出しておりますが
全部電子送信しました。
紙で一枚も打ち出して提出していないのですね。
本当にすばらしいシステムですね。(ヨイショ!)

何たって、紙で出さないのですから、コピー機のカウンター料金も
かからないし、郵送代もまったく要りません。
(セコイお話かもしれませんが意外に大きいのですね。)
提出した瞬間に、もう受信通知が来るので、返信を待つ必要もない。
そのまま、送信日時の記載された申告書を
PDFにして(もちろん紙に打ち出さないで)オシマイ!
何という業務革新でしょう。

もうそれで、すぐお客さんに申告書の控えもお返しできるのですね。
PDFで返却という訳にはいかないお客さんは、紙で打ち出しますが
いずれ、「もうPDFでいいよ」という方も増えるのでしょうね。
昨年までこれも打ち出していた「総勘定元帳」もすべてPDFとしました。
今年は紙の出力コストが激減でしょうね。
本当に素晴らしいシステムです。(ヨイショ!)

ではお客さん側にとってはどうでしょうか?
昨日も言われましたが、
「電子申告で5000円戻ってくるのでしょう?」
これ結構誤解されている人多いのですね。
税理士の代理送信ではダメなのです。
まあこれを無理強いすると電子申告は普及しないので
国税庁は多分あきらめたのでしょうね。

でも保管のお話から考えたら、今後データで保管されたら
便利ではないでしょうか。
総勘定元帳だって10年経つと結構かさばりますから。


ではその税務署側はどうか?
ものすごい徴税コストの削減でしょね。

以前は申告書は必ず2部紙に打ち出して、一部提出して、残りの一部に
受理印を押してもらっていました。
もうそんな受理印を押す人件費もいらなくなりますしね。
医療費控除のすべての領収書をチェックするのも大変ですから
これだけでもかなりの省力化のはずです。。

電子申告ですべてのデータが、多分国税庁のデーターセンターに
送られるのですから受付事務も楽でしょう。

さらに、「確定申告書チェックセンター」なんか作って一括管理できたら、
人件費が大幅カットできるのでしょうね。
将来的には税務署の数まで減らせるのでしょうか?

もう今年の『事業仕分け大賞!?』は、これでキマリですね。(ヨイショ!)
「落ち目の」民主党にコッソリ教えたいお話ですね。
これは(ナイショ!)


確定申告で必要なことは、みんな吉田税理士が教えてくれた(2)
2011.03.04

もう3月4日ですね。期限まであと10日あまり。
「まだ何もやっていない・・・土日になんとかまとめて・・・」
そう思っていながら、またできない。
経験的に分かるのですが、今まで何もしていないということは、
きっと3月15日ギリギリにならないとやらない方々なのですね。

そろそろハラを決めるときです。
またそういう方々は、今更税理士に頼もうなんて
微塵にも思っていないのですね。(これは正直なお話)

まず、税理士なんかに頼らず、
その「領収書の山」をぜひなんとかしてください。
そういう方のための「駆け込み寺」です。

税理士要らず.jpg

意外にそういう方の中でも、会計ソフトもちゃんと持っている人も
多いものです。
「一応買っておこうか」
そう思って購入していながら、実はまだ封を切ってもいない。
もう会計ソフトを買った行為だけで、安心してしまうのですね。
そういう方々を何人も見ました。


それと数日来アップしています「時代の流れシリーズ」
税務署の対応もずいぶん変わってきましたね。
昔は、要りもしない申告書と説明書をドサッと送ってきて
申告の準備もしていない人たちを驚かせたものです。
急に税務署から脅しをかけられた様なものです。
「どうしよう・・・?」
特に株や土地なんか売却した人にも送られてきます。
「税務署はちゃんとお見通しなんだよ」くらい。

でも今は何もしない税務署が増えました。
本当に申告書すらも送ってこなくなったのですね。
ある意味、不親切です。
「詳しくはネットをご覧下さい」
「e-Taxで簡単です」

確かに国税庁のホームページの情報量はすごいです。
すべての税法が網羅されています。
でも一般の方がこれを間違うことなく検索できるかというと
無理でしょうね。
我々税法の専門家ですら使いこなせないくらいですから。(これ本音です)

「e-Taxで簡単」かどうか?
実際には国税庁のHPで作成して打ち出して郵送している人は増えているみたいですけど
これ電子申告で送信する人は少ないでしょうね。
これも本音です。
これ実験的に、私自身もそして事務所の職員もあえて
住基カードを取ってもらってこの「e-Taxで簡単」かどうか?
それ確かめましたが、大変でした。
我々会計事務所側は専門的な便利なソフトがあるから
簡単にできるのですね。

ここでe-Taxの批判はしませんが、要するに領収書の山をとにかく何とか
したいのではありませんか?

前置きがずいぶん長くなりましたが、要するに

領収書の山で悩んでいるあなたへ。
「税理士いらず!個人事業者のための超簡単経理」

(すいません。また宣伝?)


確定申告で必要なことは、みんな吉田税理士が教えてくれた(1)
2011.02.25

グーグルネタでまた熱くなりすぎていたら
もう確定申告の真っ最中ですね。
3月になると、また一段と忙しくなりますね。

確定申告はもうお済ですか?
まだの人ももちろん多いかもしれませんね。
でも今年は大丈夫です。
いい本がでています!
(すいません。また宣伝!)

はじめてでもできる個人事業の青色申告.jpg

以前ご紹介した「はじめてでもできる個人事業者・フリーランスの青色申告」
おかげさまで好評のようです。
アマゾンのランキングを毎日チェックしてどれくらい上がるか
楽しみにしています。
アマゾンでなくても、全国どこの本屋にもある「確定申告コーナー」に
「平積み」で売られています。

私もよく本屋に気になってのぞくのですが
あると「よし!よし!」と
まるでわが子にあったように愛でたくなります。

本屋で手にとってご覧下さい。
自慢ではないですが、類書とかなり異なると思っています。
本当に図や絵が抱負なのですね。
特に、イラストやマンガがイラストレーターの方に頑張っていただいて
面白くよめるはずです。

あと内容もかなり抱負にいれてあります。
本当は、もっと絞るべきかと思ったのですが
出版社の方のアドバイスで、
「類書に負けないくらいに内容も充実して」
ということだったので、いろいろ「てんこ盛り」です。


「でも今更本なんて読んでいられないよ」
という方もいるはずですよね。
でもそれも大丈夫です。

~領収書の束の前で途方に暮れているあなたへ~
「税理士要らず!個人事業のための超簡単経理」
今年はこの2冊で「超簡単!確定申告!!」


発刊記念大特集!「個人事業者のための超簡単経理」 その5
2010.12.21

「税理士要らず!」の副題の意味が
そろそろお分かりになってきたでしょうか。

会計ソフトの入力を自力でやると必ず分からないことが
出てきます。
「どうやって入力するのだろう?」
「どんな手順でやればいいのだろう?」
「勘定科目って何だろう?」
それを解決するような本にしたいと思ったのですね。

当たり前ですが個人事業主の方は年に1回しか
確定申告しないのですね。
それを毎年覚えている訳がないのです。
「あれ!去年はどうやったのだろう?」
「どうやって入力したのかな?」
「これはどんな勘定科目にしたのかな?」
これが分からないからこそ専門家に頼まざるを得なかったのですね。

最後に本音も少し書いておきましょう。
ただあんまりアップしすぎると、文句も言われるし
著作権に侵害して著作権者からクレームがきそうなので?
このあたりまでにしておきます。
詳しくは買ってお読みください・・・。
今なら当事務所にて、「著者サインサービス」実施中です。

(税理士要らずシリーズ おしまい)


・・・・・・・・

「そんなソフト買っても使いこなせませんよ。黙って領収書を
もってきなさい」などという会計事務所も未だにあるのです。
そういう会計事務所は確定申告直前にパートをたくさん雇って、
朝から晩まで入力作業です。当然その労賃が上乗せされた高い
報酬がふっかけられます。
しかし時代の流れには逆らえなくなってきています。
パソコンが普及した上、国税庁のWeb上の申告書作成システムも
年々進化しています。
あれを使いこなせば誰でも確定申告書ができる時代です・・・。


(税理士要らず!個人事業者のための超簡単経理より)


発刊記念大特集!「個人事業者のための超簡単経理」 その4
2010.12.20

本邦初公開!「逆引き勘定科目辞典」!!

いよいよ。この改訂版のキモをご紹介しましょう。

勘定科目でつまずく方は本当に多いのですね。
「これは何費かな・・・・」
そんなことを考えるとまた前に進まなくなるのですね。
これをどう攻略するかが超簡単経理なのですね。

以前「勘定科目なんて英単語!」
ということをご紹介しましたね。

やはり知らない単語が出てくると分からないどころか、
やたら難しく感じるものです。
でもここで今更その「単語」を覚えてください。
とはいえないですよね。
例えば「通信費」という勘定科目の中に「切手代」が含まれます。
ここで「通信費」という単語を覚えようとすると
もう慣れない方は止まってしまうのですね。

ですので、「通信費」という言葉、つまり「知らない英単語」を
覚えるより、「切手代」という言葉がでてきたら
「通信費」と分かるようにすればいいのです。
英語で喩えれば、「英和辞典」で和訳するより
「和英辞典」で切手代を調べられるようにすればいいだけの
お話なのですね。

この改訂版では巻末に「逆引き勘定科目辞典」を付けました。
日頃経理で出てきそうな「単語」を網羅しています。
例えば
「アマゾンで書籍購入」
をア行から見つければ「新聞図書費」が見つかります。
どうでしょうか。
コペルニクス的発想の転換!!


・・・・・・・・・

ここで中学生になった頃のことを思い出してください。
「This is a pen(ディス イズ ア ペン)」なんて最初に習いますよね。
This(ディス)は「これ」という意味だと覚えたはずです。
あれと同じ要領で、割り切って最初はこの単語を覚えていただいたほうが
よいと思います。
ところで、その英単語はどうやって覚えましたか?
例えば単語カードを作って、は「This」は「これ」という意味だと
作りませんでしたか。
単語カードみたいに「勘定科目カード」を作りなさい。
とはお願いしませんが、やはり知らない「単語」を覚えていただく必要は
あるのです。
巻末に参考として良く出てくるものをまとめておきました。

(税理士要らず!個人事業者のための超簡単経理より)


発刊記念大特集!「個人事業者のための超簡単経理」 その3
2010.12.17

「なんで税理士要らず!なんだ!!」

そろそろ業界の方からお怒りの声が聞こえてきそうですね。
私も一応税理士ですから、「税理士が要らない」とは
申していません。
税理士の手助けを「要らずに」確定申告書を作成しましょう!
という本なのですね。

それで
「誰も教えてくれなかった会計ソフトの入力法」
を公開しているのです。

今まで弥生会計のセミナーを中心にソフト入力の
指導をしてきました。
実際には素人の方にはなかなか難しいものがあります。
領収書の山で悩んでいる人がさっと入力なんかできるものでしょうか。

でも私自身本当に「どうやったらカンタンに入力できるか」を
悩みに悩んで書き上げたのですね。


それで、一つだけ内容をここで公開しますが
「領収書のグルーピング」
なのですね。
これは大事なのです・・・。
領収書の山を一気に片付けて「グルーピング」する。
そしてそれを一気に入力してしまうのですね・・・。


あと、もっと自信があるのは
「誰も教えてくれなかった『年イチ』必殺入力法」
なのですが、
これは申し訳ないですが、このブログではアップしません。
本書をぜひお読みください。
でもこの方法は誰にも教えないで下さい。
「税理士要らず」の意味が分かっていただけます・・・。


・・・・・・・・・

先ほどまとめていただいた領収書を取り出してください。
おおよそ勘定科目別にまとまっていますか?
その勘定科目ごとにこれから入力していきますが、簡単に入力
できるようにまとめなおしてください。
慣れてくれば、このやり方で最初から領収書をまとめておけば、
より簡単に準備作業が終了します・・・


(税理士要らず!個人事業者のための超簡単経理より)



発刊記念大特集!「個人事業者のための超簡単経理」 その2
2010.12.16

「領収書の山の片付け方を指導した本」なんて
いままでまかったでしょう。
これは申し訳ないのですが、確定申告の作成以前の問題ですからね。

でも実際に確定申告の本はどれも
「所得控除だ」
「税額計算だ」
なんていうお話が出てくるのですね。
多くの個人事業主の方は
「何をどうしたらよいのかさえ分からないのです。
だから本当の意味で読者の悩みに答えていないのです。
お分かりでしょうか?

よく「これ以上やさしく書けない」と表題がついた確定申告本が
ありますね。
所得控除や税額計算を「これ以上やさしく」説明してもまったく
意味がないと思うのです。
本当に悩んでいることを「これ以上やさしく」説明する
ことが必要だと思うのですね。

フローチャート.jpg

しかも、これ以上やさしく説明できないまさに
Aコース「超簡単コース」

Bコース「ちょっとガンバルコース」
の二つをご用意しました。
このコースの選択はこのフローチャートをご覧下さい。

Aコースはまさに「超簡単」です。
詳細はもちろん本書をご覧下さい。

でも「ちょっとがんばって」みませんか?


・・・・・・・・・

さて、これから入力していただき、節税していただこうと
思っているのですが、ここまでの作業でもう目一杯ですか?
(中略)
さて、そういう人のために、誰も教えてくれなかった
「電卓だけの超簡単コース」をご紹介して起きましょう。
これは本当に超簡単です・・・。

(税理士要らず!個人事業者のための超簡単経理より)


発刊記念大特集!「個人事業者のための超簡単経理」 その1
2010.12.15

お待たせしました!
パル出版よりついに発刊されました。

税理士要らず.jpg

もう全国有名書店で発売されています。
水嶋ヒロの本と並んで売られているはずです!?
先日ご紹介した「個人事業者・フリーランスの青色申告」と
セットでいかがでしょうか。

この自信作!写真を良く見てください。
驚きの題名が付いています!
なんと「税理士要らず」と付けました。

本当にこの本あれば税理士が要らないのです!
これはかなりセンセーションナルな題名を付けてしまいましたね。
業界からいつ文句がでてくるか?楽しみですね。


もう一つ
「領収書の束の前で途方に暮れているアナタへ」
と付けています。
もうこの二つの副題ともこの本の企画の段階で考えていたのですね。
出版社との企画会議で私から提案したアイデアです。

前著である「個人事業の超簡単経理」を全面改訂をするお話が
持ち上がったとき、確定申告でどんな本がウケルか
真剣に考えに考えたのです。

今までの税理士経験から、
「領収書の束の前で途方に暮れている」姿が思い浮かんだのですね。
ほとんどの個人事業者はそんな感じなのです。

ではまた発刊記念として、この本の「見どころ・読みどころ」をご紹介しましょう。


・・・・・・・・・

毎年3月の確定申告の間際になると、領収書の山を見て途方に暮れる人が
必ずいます。
「申告期限まで、もうあと数日。早くこの領収書を何とかしないと・・・」
そういう悩める人への本を思い切って書いてみました。
(中略)
難しいことは一切省きました。これから難しいことを説明してもご理解いただく時間も
ないですからね。
とにかく目の前の領収書を片付けることから始めましょう。
そんな「ものぐさ」さんのための、誰も書かなかった確定申告の駆け込み寺です。

(税理士要らず!個人事業者のための超簡単経理より)



誰も教えてくれなかった超簡単経理術 その4
2010.02.25

この超簡単入力法の本当の狙いは何だかお分かりになりますか?
もちろん、領収書の山の整理ということも大事なのですが
「65万円控除」をバッチリとっていただくことなのです。

会計ソフトに入力さえできれば、「貸借対照表」がでます。
手書きで、会計の素人が作るのは至難のワザなのです。
これを簡単にできるのは、やはりソフトのソフトたるゆえんなのです。

※※※※※※※※※※※※

ステップ3 生活費を処理

最後に、この方法で入力すると、現金出納帳は毎月多額の残になることが
多いです。
チェックポイントとしては、現金残がマイナスとは絶対ならないはずなので、
その領収書の真偽を一応確かめましょう。
現金残が多すぎるということは、生活費と使っているはずです。
通常ご自分のお財布の中に入っている現金はある程度検討はつくはず
でしょうから、その多い分を生活費として引き出したことにして、
現金残を減らしてしてください。

以上これでおしまいです。超簡単でしょう。

会計ソフトであればこのまま、決算書や申告書まで打ち出せるでしょう。
決算書が打ち出せるということは、貸借対照表ができるということですから、
65万円控除もこれでOKです。

(改訂新版より)

※※※※※※※※※※※※


以上、確定申告への三回転半(トリプルアクセル)!?
バッチリ決めていただいて、メダル(還付金)をゲットしてください。

衝撃的シーンだけ放送して、映画館でみたくなるような映画予告編
みたいですかね。
すいませんが超簡単経理「番宣」でした・・・。



誰も教えてくれなかった超簡単経理術 その3
2010.02.24

どうやって簡単に入力できるか?
それを究極に考えた末出した結論です。
まず普通預金を処理してしまおう!
という作戦です。

どうして、普通預金を先から入力するかは、本でご確認ください。
(すいません。番宣っぽく書いております。)

超簡単経理術の根幹は、「面倒な現金処理をできるだけなくそう!」
というコンセプトなのです。
だから、今領収書の山で途方に暮れているのは
申し訳ないですがおかしいのです・・・。

※※※※※※※※※※※※

ステップ2 領収書を処理

さあ、次は領収書の山の番です。頑張って処理してください。
まず、領収書を勘定科目ごとに並べてください。
でもここで勘定科目に悩まないで下さい。
またここで進まなくなります。
支払先ごとに並べてきると何となく勘定科目が想像できるはずです。
多分「旅費交通費」、「交際費」あたりが多いのではないでしょうか。

さらにその領収書を支払先ごとに並べてください。
そのあたりで、「オレここでこんなに飲んでいるのか」
と気づき感動する方も多いです・・・。
感動していないでお話を進めましょう。

また大事なお話ですが、ご商売と関係ないと思われる領収書は
その場で破って捨ててください。商売に関係があるかどうかは、
支払ったあなたが一番分かっているはずです。
しかも、商売とは関係のない領収書は入力しても無駄です。
メンドウなだけなので思い切って捨てることをお勧めしておきます。

支払先ごとにまとめた領収書を月日で並べ
またそれをホチキスでまとめます。これで入力前の処理は終了です。


さあ、現金出納帳を開けてどんどん入力していきましょう。

その領収書の束を、ホチキス止めしたとおりに入力していきます。
相手勘定はすべて現金です。
そうするとなぜそのようにホチキス止めしてもらったか分かるでしょう。
どの会計ソフトも、同じ勘定科目を続けて入力すると簡単なのです。
また、摘要を入れる際に、同じ払い先だとこれも簡単だからです。
ワード・エクセルと同じ要領です。
いわゆる「コピー&ペースト」する機能がどのソフトでもあるはずで、
例えば「辞書機能」というような登録する機能が必ずあります。

(改訂新版より)

※※※※※※※※※※※※

どうでしょうか。
領収書の山を今見ながら悩んでいるあなたへ
こっそりお教えしておきます・・・。


誰も教えてくれなかった超簡単経理術 その2
2010.02.23

会計ソフトをあわてて購入される方は、この時期
非常に多いのではないでしょうか。
領収書を前に途方にくれている方もいるかもしれません。
でも、実際にそれをどう扱ってどう入力していったらよいか
説明している本は少ないですね。
会計ソフトの取扱説明書を読んでもダメです。
取扱説明書は、ソフトの使い方の本なのなのです。
つまり、入力手順を説明している本ではないのです。

だからこそ、せっかく会計ソフトを購入した方が、ソフトの前で
固まってしまって、無駄になってしまうケースが多いのです。

今までたくさんの方々が当事務所においでになりました。
意外に会計ソフトは一応持っているという方も多いです。
コレクションでは意味がないですからね・・・。


※※※※※※※※※※※※
フリーランスへ贈るスリーステップ入力法

ステップ1 普通預金を処理

会計ソフトを立ち上げて、最初に「預金出納帳」の画面から
まず入力してみてください。
ただ、ここで確認いただきたいのですが、ご紹介してきた超簡単経理術が
どこまでできていますか。
まず普通預金にすべて売上が入っていますね。
これは大事です。
通帳の入金額=売上高になっていますか。
その他公共料金の口座振替、家賃など通帳を見て
分かるものばかりですよね。
私の超簡単経理術をある程度実践していただいているのなら、
ここで入力が簡単にできることにお気づきになっていただけるでしょう。

問題は生活費の処理です。
月に一度プライベート口座に振り替えていますか。
でもここで大事なのですが、どうしても引き出したお金を
私的に使ってしまってしまう方が多いのです。
現金出納帳をキチンとやっている方は分かるのですが、
それができていないと、「この引き出した金どうしたかな?」
ここで入力できなくなってしまうのです。
もうそれだけで前に進めなくなります。
その場合は、すべて「現金引き出し」で処理してみてください。
まずここがポイントです。

(改訂新版より)
※※※※※※※※※※

一応フリーランスの方をターゲットにしました。
経験的に今頃、会計ソフトをあわてて買う人は
フリーランスの方が多いですからね・・・。
(当たっていたらスイマセン・・・)


誰も教えてくれなかった超簡単経理術 その1
2010.02.22

一人で「マラソン・ネタ」を熱く語っているうちに
もう確定申告は始まってしまいました。
またKY税理士と呼ばれてしまいますね。
来週は東京マラソンだからという言い訳も、関係のない方には
まったく関係ないですからね。

こちらとしても、毎日マラソンのことを考えているわけでもありません。
もちろん、すでに確定申告モード全開なのです。

最近確定申告が気になって仕方がないという方も多いでしょう。
超簡単経理術のサワリをいくつか、このブログでも触れてきたつもりですが
まだまだこれから確定申告をがんばろうとしている方のために、
少しお教えしておきましょう。
これは以前申し上げた、超簡単経理術の改訂版の予告編でもあります・・。
最近テレビでありがりな「番組宣伝」、略して「番宣」・・・・。


※※※※※※※※※※※※

あなたのために助け舟を

せっかく本書をお買い求めいただいたのですから、
具体的な「超簡単!会計ソフト入力法」をもう少しお教えしましょう。

でも、個人事業で開業されたばかりの方は、
なかなか経理をしている暇はないですからね。
現実のお話として、なかなか金庫の精算や
それこそ現金出納帳ができずにいる方も多いのです。
気がついたら年が明け、もう2月だった・・・。
これは現場を20年近く見てきた税理士として本当に思います。

領収書の山を見て途方にくれている方もいらっしゃるかもしれません。
そういう方はいまさらエクセルで現金出納帳を作って、
経費帳を作ってなんてやっていられませんね。
会計ソフト使用を前提とした「超簡単経理入力方法」を
少し公開してみましょう。
売上が数千万ある、従業員が多い、取引が複雑だなどといった
ご商売の場合は当てはまらないかもしれませんが、
実際には多くの会計事務所ではいわゆる「記帳代行」として
こんなやり方で入力しています。


※※※※※※※※※※※

こんな出だしです。
今まさにタイムリーなネタでしょう。

「番宣」っぽくちょっと引っ張ります・・・・。


超簡単入力術の公開!
2010.01.22


先日告知したように、弥生会計のトップページ上で
はじめての青色申告体験記」が連載されています。

そろそろ1月も後半に入ってきて、「確定申告をしなければ・・・」という
人のために、手前味噌ながら、結構面白いことを書いています。

実際に、この1月頃からが会計ソフトが売れる時期らしいのですね。
でも、今までの経験でどうしても使いこなせない方が多いのです。
それはどうしてでしょうか?
購入した誰もが「借方・貸方」、「勘定科目」が分かっている訳では
ないのですね。
それで、どうしても挫折してしまう人が出てします・・・。

それで、前回告知したように、領収書の山と格闘するところから
始まっています。
かなりリアルな演出でしょ。

本来の経理の指導なら、
「伝票はこう書いて・・・」
「現金出納帳はこうつけて・・・、預金出納帳は・・・」
などなど始まるのですね。それが正しいのです。
でも、会計ソフトを今頃あわてて今買う人は、ほとんど現金出納帳すら
つけていないのが実情なのですね。
だからこそ、「領収書の山」にご登場いただいた訳です。

でも、青色申告の人は、毎日現金出納帳をつけなければ
いけないのですよ!
でもそうはいっても、これだけの不景気に毎日帳簿なんか
つけていられないですからね。
帳簿つけているヒマがあれば、売上を獲得しないと、
明日のパンも買えないですからね。

どうも経理というか税金の世界は「本音と建前」があるのですね・・・。
これはさすがに弥生会計のトップページには書けなかったことです。
でも、建前のお話はいつかするとしても
領収書の山をどうやってどう片付けていくか。
どうやってまとめておいたら入力が楽かなんて
誰も教えてくれないですからね。

ご興味のある方はぜひ覗いてみてください。
今年はこれで弥生会計の販売本数がアップするでしょう!
弥生会計の岡本社長!ご期待ください!!


はじめての青色申告体験記
2010.01.13

以前「弥生会計のトップページに私の写真が出ています」
って告知しましたね。
弥生会計のWeb上で「はじめての青色申告体験記
として、5回シリーズでアップされる予定です。
まだ2回目なのですが、ほんとうに今まで経理のことは
ほとんど意識しなかったフリーランスの方にご登場いただき、
それを私が指導しながら、最後は申告までもっていくという、
涙、涙の?サクセス・ストーリー??となっています。

昨年末から、もう何度も弥生会計さんと打ち合わせもして、
個人的にもかなり真剣に取り組んでいます。
永年個人確定申告の現場を見てきた私としても、Web制作に関して、
いろいろ意見も言わさせてもらっています。
「領収書の山と格闘するところから始めましょう・・・」
てな具合です。

弥生会計のソフトは確かに便利なのですが、実際の作業としては、
入力する前段階が意外に大事なのですね。
そこをもっと重点的に説明したいのですが、
なにぶんスペースが限られてしまうので
どうしてもポイントだけになってしまうのが若干残念です。

言い足りなかったところや、説明不足のところは、
このブログでもアップしていこうかなと
考えていますので、ご安心ください。
いっそ、あのスタイルで本書いてもいいかなとも考えています。
「はじめての青色申告体験記~誰も書かなかった丸秘入力法」
どうでしょうか。
会計ソフトの取扱説明書には書いていない、本当の取扱説明書です・・・。


その影響かどうか分かりませんが、確定申告の相談のお問い合わせが
増えてきました。
会計事務所もだんだん忙しくなる季節です。
既存のお客様からも、そろそろ資料も届き出しました。
あと会社の方の税務も、住民税の申告や償却資産の申告など、
いろいろ忙しくなる時期に突入します。

新規のお客様にもできるだけ時間も割こうとも考えております。
本音を申し上げますが、やはり申告間際のギリギリに相談を受けると
困るものなのですね。

ということで
確定申告の「ご相談は」お早めに。


超簡単経理の本を全面改訂!
2009.10.23

昨日、少し口を滑らせてしまったので!?
キチンと皆様にご報告しておきましょう。

現在ベストセラーの「個人事業の超簡単経理」の全面改訂作業を
行っております。

個人事業の超簡単経理 画像.jpg

発刊以来早、5年改訂を続けてきましたが、思い切って全面改訂する
ことになっております。
個人事業ですから、当然来年3月の確定申告に間に合わせなければ
いけないですね。
来月中にはその骨格を新たにして、鋭意書き直そうと思っています。
前回、何がウケタかと思ったら、やはり
「仕訳を説明しない経理の本」
だったのですね。
やはり、仕訳で万人が悩むのです。
それと何をどうする!という点もウケタと思っています。
今回はそれをもっとグレードアップしようかと思っています。

少しだけサワリを
「経理なんて子供の頃のお小遣い帳と同じ・・・」
どうでしょうか。
でも最近お小遣い帳をつけてない「お坊ちゃま」が
増えてしまいましたからね。
それをどううまく説明するか悩んでおります。

それとこれも内緒のお話(ブログでこれはないか・・・)
パソコン経理の超簡単経理版も書こうと思っております。
出版社に提出した企画案が企画会議で通ったと
先日報告を受けました。
また私が提唱する弥生会計にも、その出版に関して協力の了解を得たのです・・・。

この出版は来年の春頃になるかもしれません。
確定申告に間に合えば売れるのでしょうけどね・・・・。

これも副題は
「会計事務所よサヨウナラ・・・。自分でできるパソコン経理」

どうでしょうか。
こんな本を出すとまた業界から文句言われてしまうでしょうか。
くれぐれも内密に・・・。


ガンバレ!確定申告!!おまけ
2009.02.27

30日も連続して「超簡単経理術」をご披露してきたのに
最後に「あとは私の本を読んでください」
なんて、トンでもなく不親切な税理士ですね!?

良心の呵責から会計ソフトの超簡単入力テクをお教えしておきましょう。
今本屋でもどこでも会計ソフトが売っています。
ぜひそれを買って入力してみてください。ただし
「借方・貸方」に自信のない方は、ぜひ現金出納帳と預金出納帳から
入れてみてください。それだけで大丈夫です。

ところで、ここだけのお話ですが(また内緒話?)
私は会計ソフトの入力セミナーをやっているのです。
弥生会計と提携して「弥生カレッジ」を開校して
もう5年近くにもなります。
数百人もの一般の方を教えてきました。

普通の会計事務所が、お客さんでもない一般の方を相手にして
こんなことはやっていません。
東京の税理士では3、4人くらいしかいませんね。
どうして税理士はそんなことはやらないのでしょうか。
このお話を業界の方にいうとビックリされてしまいます。

歯医者が「虫歯予防セミナー」をやったら、また
内科医が「インフルエンザ予防セミナー」をやったら、
売上が下がって困るのでしょうか。
確かにそんなセミナーを医者もやっていないですね。
そういうことをやったら医者の業界で文句を言われてしまうのでしょうか。

他の業界は知りませんが、でももうそんな時代ではないと思うのです。
誰でもパソコンが使える時代です。
会計事務所が正しい会計ソフトの入力方法を教えても
よい時代ではないでしょうか。
キチッと入力できていればこちらの手間も省けるのです。
お互いに楽をしたらよいと思いませんか。

コッソリいいますが、本当に「ウチの先生は機械に弱くて・・・」
ていう方にも何十人とお教えしてきました。
業界のものとしてお詫びします。
すいません。税理士はパソコンに弱い人多いのです(これ本当に内緒)

「借方・貸方」も分からないような方にもお教え続けてきて
おかげで、こちらとしても非常に勉強になりました。
ノウハウにもなったのでしょう。
いずれ「個人事業の超簡単入力術」でも書きましょうか。

会計ソフトの普及に協力していたら、自然に電子申告も普及して
そのうち国税庁から「感謝状」でももらえるかもしれませんね!?

では。みなさま確定申告ガンバ!

(ガンバレ!確定申告シリーズ おしまい)


ガンバレ!確定申告!!その30
2009.02.26

「個人の確定申告を聞きたいのだ!これ会社の経理ではないの!」
ま厳しいツッコミが聞こえてきそうですね。
この本は何度もご紹介してきました、あの「個人事業の超簡単経理」の
法人版です。

数年前に、「今度は法人向けで書いてみよう」と自ら企画したものです。
法人の経理とは「損益計算書」や「貸借対照表」を作らなければいけません。
当然あの皆さんを悩ませる「複式簿記」が前提なのですね。
それを私の反骨精神から、また「借方・貸方」を一切説明しないで
書き上げたものです。
出版社に企画書もって行って、
「こうやって本出したらもっと売れますよ」
騙して!?、さらに弥生会計本社まで押しかけていって
「こんな説明したら弥生会計のソフトが売れますよ」
脅して!?、弥生会計の図版を入れてもらったものです・・・。
私にとっても結構思い出深い本です。

よくこの書き方で「個人版」をもう一度書き直してください。
というメールをいただきます。
確かにこの説明のしかたで個人版を書き直してみたら
筆者としても面白いかなとも思います。
でも、これ結構考えて努力して書いたものなのです。
そう簡単には書き直せません・・・。
それと弥生会計の図版入れるとまた著作権の関係でメンドウなのです・・・。

でも、少しだけ「著作権に触れない程度に」ご紹介しておきましょう。
まず、会社を設立したばかりの方を対象に「超簡単経理術」を
説明していきます。
それから、秘伝のワザ「エクセルで帳簿を作ろう!」となり、
それをマスターした後、弥生会計に入力してみよう!ということになります。
その間、「借方・貸方」は一切説明していません。
あっという間に申告書ができる「手はず」になっています・・・。

「本当?」と突っ込まれる方。ぜひ読んでみてください・・・。
何か、ガンバレ確定申告シリーズで最後は自分の本の宣伝で
終わりそうですね。
この忙しい確定申告の時期に、30日も連続して超簡単経理術を
説明しすぎて私も多少疲れました・・・。
この続きは「ガンバレ!3月決算シリーズ」!?でご紹介していきましょう。

では皆様。確定申告ガンバ!


ガンバレ!確定申告!!その29
2009.02.25

「確定申告を超簡単にやるのは、要するにどうしたらいいの?」
とお怒りの声が聞こえてきそうですね。

どうも私のブログを読み返してみると、体制への批判、業界への不平不満が
やたらと多いみたいですね。
これではいけないと思い、回り道せず結論をもっと早く書くようにしましょう。
「確定申告に悩んでいる方のためにどうしたらよいか」という
お話でしたね。

手書きの旧態依然としたやり方を、いつまでも踏襲していても何の進歩も
ないと本当に思うのです。
結論としては、だいだい皆さんが予想がつくと思うのですが
「超簡単にやるにはコンピュータをうまく活用しよう!」
ということになるでしょうか。
手書きで何度も同じことを書くくらいなら、皆様ご存知の
コピペ」で超簡単です。
毎日現金残高を電卓で計算するくらいなら、計算式を入れておしまいです。

最近の経営者の方々ならメールは当然当たり前。
パソコンくらい使えない方はいないのです。
それをなぜうまく活用できなかったのでしょうか。
それをどうして活用するように仕向けなかったのでしょうか。

それに対して、いまだに税理士側は「電子申告書をしよう!」
などといっているくらいのレベルですから・・・(また体制批判か・・・)
その話はよいとして
最終的には「会計ソフト」を導入して楽をしよう!
ということになります。
でも、ここで重要なのですが会計ソフトがあれば、
誰でも「ワンタッチ」で簡単に申告書ができる訳ではないのですね。

そのあたり私の唱える「超簡単経理術」は悩みました。
どうしても、あの誰もが悩む「借方・貸方」を説明せざるを得ない・・。
でも義務教育で「借方・貸方」を教わった経験は誰もない・・・。

本当に悩んで、悩んで、悩みぬいた結果
「借方・貸方」を一切説明しないで、決算書をつくってしまう本を書こう!
と思ったのです。

それこそが
小さな会社の超簡単経理」です!

%E5%B0%8F%E3%81%95%E3%81%AA%E4%BC%9A%E7%A4%BE%EF%BC%88%E6%96%B0%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E6%B3%95%E5%AF%BE%E5%BF%9C%E7%89%88%EF%BC%89%20%E7%94%BB%E5%83%8F.jpg

すいません。
ガンバレ!確定申告シリースのクライマックスにまた宣伝です・・・。



ガンバレ!確定申告!!その28
2009.02.24

経理をやった方なら誰でも分かるお話なのですが
「出金伝票」や「入金伝票」を書いて「現金出納帳」に書き写す作業。
これはまったく同じことをするのですね。
さらに「総勘定元帳」まで手書きしていたらなおさらです。

例えば事務所の前に「やぶそば」があって、毎日のように
そこで得意先と食事をしたり、従業員が残業で遅くなってから
そこで食事したりしているとします。

経理の伝票も毎日のように「やぶそば」が登場してくるわけです。
本当に同じことを書いていくのはメンドウですね。
以前ご紹介した私の超簡単経理術は、やぶそばに交渉して
一カ月に一回の請求書にするのでしたね。
そうすれば月に一枚の伝票ですみます。
でもそんなことまでする方はまれなことで、毎日当たり前のように
「やぶそば」が登場してくるのです。
経理担当者としてはまた同じことを書くのはメンドウでしょう。
それこそ「やぶそば」のハンコでも作りたいくらいでしょうね。

昨日ご紹介した会計事務所でも、お客様にその伝票をキチンと書くように
指導していました。何度でも同じように。
でも何か変だと思いませんか。

昔修行していた頃、確かに変だとは思っていましたが、
「経理と言うのはこういうものだ」
と何となく洗脳されていたのでしょう。
しかも職員の立場でした。当然所長の方針に逆らってまでも
「こうやった方が楽ですよ」
とはなかなかいえないものです。

しかもこの業界の人種は、以前ブログネタにした
後ろ向き」のたいへん人種が多いですからね。

なかなか新しいことに取り組まないというか、
変えようとしない・・・。
やたら「後ろ向きの」過去にやたらこだわる・・・。

やはりもっと楽な方がよいと思いませんか。



ガンバレ!確定申告!!その27
2009.02.23

ここで自戒の念をこめて正直なお話を。

いくら超簡単経理といっても現実はやはりギャップがあります。
どうしてそんなに簡単に確定申告書が出来あがらないか。
お分かりになりますか。

日々の帳簿が、例えば「現金出納帳」であれ「預金出納帳」であれ
できたとします。
でもやはりそれで終わりでないのですね。
その先に勘定科目の集計が待っているのです。
つまり「総勘定元帳」というヤツです。
手書きでやろうとすると、それが実際には、かなりメンドウなのですね。

「だから会計事務所の存在意義があるのだ!」
多分業界の人々から言われてしまうのでしょう。
実際に多くの個人事業主はそこから会計事務所を頼りにしています。

でもそこを何とかできないのでしょうか。
結構悩んでこの超簡単経理を書いたつもりです。
自分の実体験から思いついたことも多いです。

昔会計事務所で修行していた頃、ある歯科医師の担当に
なりました。
歯科医師も個人事業主ですから、当然確定申告が必要ですね。
勤めていた会計事務所はかなり年配の所長で
割りと「古風な」経営スタイルでした。

でも一般的には多くの会計事務所でも
以下のようなサービスを今でも行っていると思います。

「出金伝票」と「入金伝票」、しかも「振替伝票」までを歯科医師に
作成してもらっていました。
なおかつ、「現金出納帳」と「預金出納帳」もです。
これだけでも十分結構な手間だと思っていました。

ただその後は何もしません。会計事務所に依頼するくらいですから
顧問料を支払ってあとは当然のごとく何もやりません。
担当者であった私は、その伝票を預かり、簡単なチェックしたあと
(これをこの業界では月次監査といって大騒ぎする人も多い・・・)
それを事務所に帰って入力する作業をやっていました・・・。

当然そこの会計事務所はそこの歯科医師から多額の
(守秘義務があるのでいえませんが多分そう思います)
顧問料をいただいていました・・・。
・・・こういうことが今でも当たり前に行われていることを
疑問をもつ人は私だけでしょうか・・・。


ガンバレ!確定申告!!その26
2009.02.20

「勘定科目」のお話お分かりになりましたでしょうか。
最初の関門なのですね。
実は次にご説明する「仕訳」というのがもっと厳しい「関所」です。
以前ご説明した「貸方・借方」のアレです。

ここで一度「助け舟」を出しておきましょう。
今までご説明してきたた「現金出納帳」と「通帳を帳簿代わりに」
というワザでかなりのレベルまで行くはずです。
これをキチンとしていただくだけで、今までの記帳
(というかほとんど何もやっていない・・)
よりかなりのグレードアップです。
もし、昨年まで税理士に
「すいません。今年も領収書と通帳のコピーを・・・」
とまったく何もせずに渡してきた方々に申し上げておきます。
今年は最低限これだけやっていたら、税理士もビックリするはずです。
さらに、領収書なんかキッチリ整理して渡したら、
(整理の仕方は私の本をお読みください。長くなるので説明は
ここではしません。あしからず・・・。)
もう「参りました」といってくれるかもしれません。
参りましたどころか「確定申告料」もマケテくれるかもしれませんね。
でも多分です。保証の限りではありません・・・。

でも残念ながら
「もうここまでで精一杯です。」
そういう方にたくさんお会いしてきました。
誰しも、やはり苦手な分野はあるものです。
「税務署」と聞いただけで、身体が固まってしまう方も
いらっしゃる!?ものです。

でも、まだまだこれではこんな不景気な時にでも
税理士から確定申告料を「ふっかけられる」かもしれません。
もう少し頑張ってみませんか。
まだまだ3月15日まで日があります。

確定申告ガンバ!


ガンバレ!確定申告!!その25
2009.02.19

「勘定科目」のお話をもう少し。

「勘定科目なんて間違っても仕方がないですよ」というと、
結構あちこちから反論が来ます。
「会計事務所は月次監査して勘定科目をチェックするのが仕事だ!」
そう言われてしまうのです。
「それこそが会計に携わる人の根幹の仕事だ!」
と言い張る団体もあります・・・。

まあそれはそれで正論として聞き流しておきましょう・・・。
私の「超簡単経理術」では勘定科目にこだわらずに
ドンドン処理していきましょう!と唱えています。

以下は本にも書きましたが、講習会で私が必ずいうお話なのです。
たとえば、オフィスで来客用のお茶を買ったとしますね。
さあ!勘定科目は何でしょう?

「お茶は消耗してなくなるので消耗品費かな」
「いや来客用で接待のためだから接待交際費だ」
「いやいや従業員も飲むから福利厚生費か」
「金額もたいした事ないので雑費か」
お茶一つで、こうも悩まされる訳ですから。

ここで、答えは何になると思いますか?
実はすべて正解だと私は思うのです。

極端な例かもしれませんが、たとえば商売のために切手を
買ったのに「通信費」とせずに「消耗品費」としてもいいのではないか。
と思いませんか。

商売のために支払ったという事実が証明されれば
勘定科目などあまり関係ないとまで私は思うのです。

商売のために支払ったという事実があるのに
勘定科目の区分を間違えたことで
もし税務署から否認を受けたのなら、私はあなたのために
最高裁まで争ってあげるでしょう!?

それくらい思っていただいて結構です。
ぜひ勘定科目なんかで悩まないで下さい。
確定申告ガンバ!


ガンバレ!確定申告!!その24
2009.02.18

バラ色の超簡単経理術をお教えする前に
昨日触れた「勘定科目」についてもう少しお話しておきましょう。
この勘定科目で引っかかる方は、本当に多いのです。

語学のたとえで恐縮ですが、やはり英語でもフランス語でも
学ぼうとすると、最初に単語を覚えますね。
新しいことをやろうとすると、どうしても今まで知らなかった言葉
出てきます。
学生時代の時なら、
「試験に出るから」とか
「受験勉強のために・・」
という理由でイヤイヤ覚えましたね。
でも独立開業するような方は、学生時代なんて、ずいぶん前のことでしょう。

経理や会計を勉強しようとしても、すぐ専門家はそれこそ
そういう難しい専門用語を使って説明しようとします。
だからダメなのですね。

普通の方は、そこで拒絶反応を起こしてしまうのです。
この点、日常の業務をやっていて結構気をつけていることです。
税理士側も反省すべき点だと感じています。
難しいことを難しく話すのは誰でもできます。
知らないことをどうやってやさしく覚えてもらうかなのです。

先日の例で言いますが、
「切手代は通信費」など覚えないと前に進めないですからね。
万人が義務教育で勘定科目を学んだ経験があればいいのです。
でも義務教育で簿記会計を教えないですからね。

要するに日本の教育が悪いのだと、よくあちこちで
「一応コソコソ」言っています。
でも勘定科目くらい間違えてもいいではないか。
そう私の超簡単経理では主張しています。

税務署から文句くらい言われても
中学校で切手代は通信費と教わらなかったから・・・」
胸を張って堂々と(オードリーの春日のように!?)
言ってみてください!?


ガンバレ!確定申告!!その23
2009.02.17

昨日の究極の門外不出のテクニック
お分かりになっていただけたでしょうか。

でも一人で自己満足しているのかもしれませんね。
多分こういう「突込み」が来ます。

「帳簿がいくら簡単にできたって申告書どうするの?」
「その帳簿を税務署へ持っていけばいいの?」

そうでしょうね。
日々の帳簿ができたとします。
でもそれからまた大変なのですね。
もちろんそれだけを税務署に持っていってもダメです。
実際には、そのあと集計作業があります。

ただここでその「集計作業」に入る前に、今までの経験から
ある問題が起きます。
帳簿のイロハのお話なのですが、日々の記帳をして
その科目に分けるとい一大難所が待っているのです。
科目とは簡単に言えば「分類の基準」です。

どうもここで挫折する人も多いのです。
その科目とは、専門用語で「勘定科目」といいます。
これが厄介なのですね。
聞いたことがない言葉が出てきます。

帳簿を初めて作ろうとする方にとっては、「まったくの外国語」なのです。
電車賃は「旅費交通費」になります・・・。
そんなことは、我々専門家にとっては当たり前のことかもしれませんが、
帳簿なんか見たことない方には、どうしてもここでつまずいてしまうのです。

例えば、ある日80円切手を10枚買ったとしますね。
800円の経費になるのは分かるとは思いますが、
「勘定科目は何になるのだっけ?」
そこでつまずいてしまう方も意外に多いのです。

切手=通信費と分かる方は、多少慣れている方です。
実際にはそれ以外にも、悩ませられる勘定科目はいくらでもあります。

結論的には慣れていただくしかないのです。
外国語」だと思って、最低限の単語を覚えてください。

難しいことを言いません。税務署から送られてくる「決算書」に
書いてある勘定科目=単語を知っていただくだけでいいのです。

それさえ我慢していただければ、「バラ色の超簡単経理術」へ
私が導いて差し上げます・・・・!?


ガンバレ!確定申告!!その22
2009.02.16

さあ!本日からいよいよ確定申告がスタートしました。
もう申告書は提出されましたか!?
確定申告に悩んでいる方のために超簡単経理術をお教えして、
さっさと申告書を提出して、この苦しみから開放して差し上げましょう!

確定申告スタート記念!
先日からお伝えしている「超簡単経理術」のいよいよクライマックスです。
「通帳を帳簿代わりにするワザ」の門外不出のテクニックを披露しましょう。

このお話を講演会ですると、その瞬間に受講している方の目付きが
サッと変わるのが分かります。
「何だ!そんな楽なことができるのならもっと早く話してよ!」
もう本当にそんな文句が聞こえてます。

実務簿記の講習会の講師をよくやるのですが、
最初は「一応」借方・貸方のお話を「イヤイヤ」やります。
本当は講師としてこの「借方・貸方」のお話はしたくないのですが
主催者側から「簿記講習で複式簿記の話はしないとは・・」
といわれてしまうので仕方なく話すのです。

でも、正直受講者はつまらなそうなのです。
でもそのあと、超簡単経理術を話すと受講者が乗ってくるのが
分かります。
最後にこのお話をすると、先ほどの文句が出てしまうのです。

さあ!また引っ張らずに「門外不出のテクニック」をお教えしましょう・・。
・・それは「超簡単!通帳をコピーして帳簿を作るワザ」
です。

それは具体的に、この実物を見せて説明していきます。

%E9%8A%80%E8%A1%8C%E9%80%9A%E5%B8%B3%E4%BB%95%E8%A8%B3%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88.bmp

何のことはないのですが、通帳をはさんでコピーするだけの道具です。
左側の透明な部分に通帳を裏返してコピーしておしまいです。
先日来お教えしているワザを、さらにあっという間に帳簿に変身してくれます。
ここで特定のメーカーの商品なので宣伝するわけにはいけませんね。
でも一枚7000円もする特許商品なのですが、
この商品を私のお客様に買って差し上げることがよくあります。

本当に帳簿作成の苦しみから解放されるようです。
どうでしょうか・・・。確定申告ガンバ!


ガンバレ!確定申告!!その21
2009.02.13

さあ!アクセスを増やして金メダルを取るために、
超簡単経理術のノウノウを公開していきましょう。
昨日のメールで本当に自信もいただきました。

また、この税理士業界で、「門外不出のノウハウ」
みたいなことをいう先生がよくいます。
そんな本まで書いている先生もいます。それこそ
「究極のノウハウですのでだから報酬高いのです・・・。」
などと・・・。
それほどすごいことはないものです。
私に言わせたら「単なるハッタリ」です・・・。

通帳を帳簿代わりにする裏技をもっと進化させましょう!
「通帳からキッチリ払い出す作戦」です。
例えば4万7500円を支払う必要が出たとしますね。
私が常々主張する「振込作戦」が使えればより簡単なのですが、
先方は現金支払で、と要求してきているとします。
この場合、通帳からキッチリ4万7500円払い出すのです。
ただ、単なる引き出しでは支払先が印字されませんね。
何もしなければ、あとから通帳を見て
「この4万7500円は何だったかな?」
ということになります。
これも以前ご紹介したように、通帳の右脇に「支払先の名前」と「内容」を
書いておけばいいのですね。
通帳にメモでも何でも書くようなクセを付けましょう。
まさに通帳を帳簿代わりにするのです。

でも本当に忙しくて、そんな通帳にいちいち書いていられない!
と言う方のために究極の「手抜き」テクニックを。
通帳からキッチリ払い出したら、とりあえず番号を振っておくのです。
これは月ごとでも年毎の連番で構いません。

先ほどの例のように4万7500円をを払い出した際に、
例えば⑩とでも振っておいて。領収書にも⑩と書いておくのです。
そうすれば、あとからその領収書をみて確認しながら預金出納帳に
記載できますね。

ただこれをご紹介すると
「毎回お金が動くたびに銀行なんか行っていられるか!」
と反論がきます。

よって、それほどお金の動きがないご商売や、
本当に「手抜き」経理をしたい方だけにコッソリお教えしておきましょう。

ただ銀行の時間帯によっては硬貨が出なかったりします。
また中小の銀行では札しかでないCD機も多くあるようです。
その点ご注意して「手抜き」してください・・・。ガンバ。



ガンバレ!確定申告!!その20
2009.02.12

どうやったらブログランキングの金メダルを取れるか
必死に考えていたところ、大変うれしいメールをいただきました。
今日はそれをぜひご紹介しておきましょう。
名前だけ伏せて原文のままアップします。

-------------------------------------------------------------------
はじめまして。

出産祝いのギフト、おむつケーキの制作販売をしております※※※と申します。

実は、今年はじめての確定申告で何をどうしたらよいのかさっぱり分からず、
困っていたときに本屋で何気なく手に取った先生の本が大当たりでした。

このような本が欲しかった!

まさにそう思える1冊でした。
『これならできる!個人事業の【超簡単】経理』
この本は最高です。

痒いところに手が届き、具体的に何をすればよいのかがよく分かりました。

取り急ぎお礼を申し上げたく、メールを差し上げました。
また先生の新刊本がでましたらぜひ読ませて頂きたいと思います。
ありがとうございました。

これからお忙しい時期だと思います。
どうぞお体を大切になさってくださいませ。
-------------------------------------------------------------------

こういうメールいただくと作家(!)として本当に涙が出るほど
うれしいものです。
実は「おむつケーキ」という言葉知らなかったのですが、
「おむつケーキって何?」と職員に聞いたら、
「先生!知らないんですか!」と言われてしまいました・・・。
知らない方はぜひヤフー検索してください。そのお店にすぐヒットします。

うれしさのあまり、ビスカスの八木社長に「おむつケーキ」を
バレンタインに送ろうと思ったのですけど、あまりにKYで「取引停止」になると
困るのでやめました・・・・。

ということで金メダルの獲得の際には
『これならできる!個人事業の【超簡単】経理』を先着3名様に!
「おむつケーキ」もつけましょうか!(それこそいらない?)


ガンバレ!確定申告!!その19
2009.02.10

「現金取引を減らすためにクレジットカードを活用しよう!」
と先日ご紹介しましたね。
必ず保守派の方から「突っ込まれるので」先に言っておきましょう。

手抜き経理をしようとしながら、余計にメンドウになるケースです。
これは、多分伝統的な経理手法に反するのですね?
本当に「余計大変だ!」とうるさい方から文句がでます・・・。

例えば、
「これはいいこと聞いた」とばかりに何でもカード支払にすると
旅費交通費や交際費などあらゆる勘定科目が出てきます。
よって余計にメンドウになります。
しかも経費にならないものまでもカード支払をしようとすると困るのです。
例えば、最近観月ありささんがやっているCMご存知ですか?
夏目漱石と福沢諭吉が出てくるアレです。
VISAカードで国民年金が払えるようになったのですね。
これは非常に便利な世の中になってきたとは思うのですが、
はたして国民年金は経費でしょうか。
これは税務上は社会保険控除の対象になるくらいですので
まったくの家事費とされ経費になりません。
経費にならないものまで何でもカード支払にされたら
たまったものでありません。

これの対処法として超簡単経理術としては、
「カードを使い分けよう」とお勧めしています。
例えば、ガソリン代の支払はスタンド系のカード会社にする。
旅費交通費はスイカのクレジットカードでにするなどです。

それと大事なお約束として、経費にならないものは
仕事用のカードでは絶対に支払わないで下さい。
先ほどの国民年金を、もし、ポイントが欲しいとか
観月ありささんのファンでどうしてもカード支払にしたいのなら、
以前ご紹介したプライベート用の通帳から引き落としされる
クレジットカードにしたらよいのですね。

あとクレジットカードの支払は経理を簡略化すると思いますが
リボ払いされるとトンでもなく難しくなります。
これだけはやめてください。

しかし、なんかまたクレジットカード普及協会の・・・。


ガンバレ!確定申告!!その18
2009.02.09

誤解のないように申し上げておきますが、
経理部長さんのお仕事を否定している訳ではありません。

経理と言う仕事は、営業に比べたら地味で根気のいる仕事です。
お金を扱うので確かに気も使います。
給料など社内の機密事項も扱うので、会社の中では別のフロアーで
「こそこそ」やっていたりします。
ある程度大きな規模の会社では、そういった仕事を取りまとめたり、
チェックする役割としての経理部長さんは当然必要でしょう。

ただ、もっと小規模な会社や、それこそ個人事業の方に、
大企業並みの経理体制や帳簿の作成を要求すること自体
無理だと思うのです。
個人事業なんか、それこそ私もそうですが、
一人で「営業部長」と「総務部長」と「経理部長」を
やらなければ゙いけない訳です。
とりわけ営業活動を中心にしなければ、本当に明日の生活費すら
稼げないわけですね。
自宅に夜遅くなって帰ってきて、疲れた身体で現金出納帳を
付けるのはやはり大変なのです。

私自身それが分かってるからこそ
「毎日現金出納帳を付けてください」
とやはりお願いしにくい訳です。
だからこそ現金取引を少なくするような努力をされたらどうでしょうか。

超簡単経理は「伝統的な経理手法をかたくなに守り続けている」
経理部長さんから反発を受けることは重々承知です。

先日ご紹介した「現金売上も全額入金するワザ」も、保守派の方から
「現金売上の仕訳をやって、それから現金入金の仕訳の都合2回伝票を
起こすべきだ!」
と言われてしまうのでしょう。

確かにそれが正しいとも思いますが、でも個人事業の方なら
「普通預金に売上が入金しただけの一回の仕訳」で
何の課税上弊害はないと思うのです。
税務署で否認してきたら、私が最高裁まで(!)争ってあげます!?

大企業の経理体制は確かにきちんとしています。
だからこそ経理部長さんの仕事があるのでしょう。
個人事業の方は忙しくて日中銀行なんかいっていられないですよね。
その意味でも自動振替をお願いしている訳です。
インターネットバンクでも銀行に行く必要がありません。

この厳しい経営環境下、経理などはできるだけ「手を抜いて
ぜひ本業の売上獲得にまい進してください・・・。

おかげさまで税理士ブログランキング初の銀メダル獲得!目指せ!金メダル!!


ガンバレ!確定申告!!その17
2009.02.06

これから「超簡単経理術」の根幹に入っていきます・・・。
どこまでブログで公開しようか、結構悩みながら書いています。
これを紹介すると
「何だ!手抜き経理ではないか!」
とお叱りを受けることも実は分かっているからです。
そう文句を言われるところは、多分先日ご紹介したような老舗の会社
からです。

(これからお話をすることはあくまで架空のお話です!?
特定の会社を言っている訳ではありません。)

そういう老舗の会社には、必ず「金庫番」と言われるような"老"経理部長
います。
そういう方が、多分率先して、いまだに「現金払い出し」の給料支払を
やっています。

「昔からやっているのだ。」
なかなか振込にしてくれません。
時代がどんなに変わっても自分の仕事のスタイルを変えようとしません。
自分の経理スタイルに誇りすら思っているからです。

昨日お勧めした「スイカ・カード」なんか話したら大変です。
「営業マンが不正しないように、どこに行ったか報告させチェック
しなければいけない。」
毎回行き先を書かせて、チェックした後に現金で支払い、受領印を
もらわなければいけない・・・。これが経理の基本だ。

そう反対されてしまいます。
「だいたいクレジットカードなんか持たせたら、接待費を使い放題
ではないか・・・。」

現金の払い出しのつど、支払者だけでなく、担当課長に確認印を押させ
それを経理部に回せて、経理の出納帳担当者の検印を押させ、
最後に部長である私がチェックする。
「これで当社も創業以来不正がないのだ・・・。」

そもそも、このような"老"経理部長から
「手書きの現金出納帳こそ経理の基本だ。
コンピューターなんか導入したら簡単に書き換えることができ
誰でも不正ができるではないか。」

こうも言われてしまうのですね。
さあ、超簡単経理術の天敵。老経理部長との激しい"バトル"を
始めてみましょう。



ガンバレ!確定申告!!その16
2009.02.05

また「無料相談」ネタで熱くなってしまいましたね。
確定申告で悩んでいる方のために、超簡単経理術!のお話に戻しましょう。

先日申し上げた「口座振替」や「家賃の定額送金」もそうですが、
できるだけ現金支払はヤメて、銀行振り込みになるよう努力してください。
目的は、メンドウな現金の処理を減らすことです。

商売で重要な仕入代金の支払も、いちいち現金払いとしないで
まとめて月末締めの翌月請求など仕入先に交渉されたらどうでしょうか。
また、仕入先などの経費も口座振替にするところも増えてきました。
私も商売柄、会計用品を常に大量に購入していますが、
専門業者からネット購入して月締めの口座振替にしています。

仕入以外でも、例えば「アスクル」とか「オフィスデポ」など
文房具の通販が最近流行っていますね。
最近では、文房具屋で購入するより、そういったサービスを利用する方も
増えてきたのではないでしょうか。
このサービスも申し込めば口座振替に応じてくれます。
商店街の文房具屋さんにはたいへん申し訳ないですが、
経理的に「現金100円でボールペン1本買った」などと処理するより
月締め一枚の伝票にすればまさに超簡単です。

またクレジットカードなどもうまく利用されたらいかがでしょうか。
例えば営業車を多く使っている業種で、毎日のようにガソリン代の
支払があるのなら、それこそガソリンスタンド系のクレジットカードに
したらどうでしょうか。
毎月一枚の伝票でおしまいです。

また私も利用していますが、JRのスイカカードも実に便利です。
クレジットカードに兼用されているので、クレジットでチャージできるのですね。
今スイカカードは首都圏では、地下鉄もバスもほとんど乗れます。
ですから、いくら利用しても毎月伝票一枚です。

またETCも実に便利です。
現金で高速代を毎日支払っていたら、トンでもなく経理は煩雑ですね。
これまた一枚で済みます。

どうでしょうか。
あなたも今日から「超簡単経理人」になってみませんか!


ガンバレ!確定申告!!その15
2009.02.04

なぜ私がこれほどまでに「無料相談」にこだわるか、
衝撃的なエピソードを正直にご披露しましょう。

私は忘れもしない平成4年5月15日。
あの「いろいろな意味で有名な」野村證券を退職しました。
「税理士になります!」って退職したのだから、
当然それから税理士試験の勉強を必死にしていたのですね。
ところで、退職後働かずに簿記学校に通い出したのだから、
平成4年の私自身の確定申告が必要ですね。
当然その翌年の3月。私は確定申告をしに税務署に行きました。
さて、その確定申告書は自分で書いたのでしょうか?

これは本当に正直に申し上げておきます。
無料相談」の会場に行き、税理士に申告書を書いてもらったのです!

「何だ!税理士になろうとする者が自分の申告書も書けなかったのか!」
そう突っ込まれても仕方がありません。
生まれて初めて見る「確定申告書」でしたので、
本当にチンプンカンプンでした。
昔の税務署の説明の用紙は今と違ってトンでもなく不親切でした。(内緒)
本当にどうしたらいいのか分からないので、税務署に行ったわけです。
その頃は税務署のHPもなく、税務署に行くしかなかったのです。

ただ少し言い訳を。
平成4年の9月から本格に試験勉強をスタートしていました。
その頃は、「財務諸表論」と「法人税法」と「相続税法」の三科目を
寝る間を惜しんで勉強していました。
本当に厳しい勉強をしていました。
その三科目がどれだけ大変か、やったことのある方に聞いてください。
忙しくて申告書を書いているヒマもなかった・・・。(本当に言い訳
要するに所得税をまだ勉強したことがなかった訳です・・・。(また言い訳

でも、その時の気持ちを忘れないでおこうとも思っています。
大事な経験です。
(こんな経験したことのある税理士も少ないか・・)
何も知らない私に対して、その時担当してくれた税理士は
本当に親切に教えてくれました。
しかも代書まで全部してくれ、私の申告書を書き上げてくれました。
「何て親切な税理士だろう」
本当に思いました。
万が一職業を聞かれたら「税理士志望者です。」なんて、
とても口が裂けても言えるはずもなく、借りてきた猫のように
小さくなっていたと思います。
その代書してもらった確定申告書は今でも大事にとってあります。

今だったら、それくらいの申告書ならあっという間に書けてしまうのでしょう。
でもその当時の私は何が何だか本当に分からなかった・・・。
そんな男が数年経って確定申告で偉そうにウンチクをたれている・・・。

でも今思えば、本当に良い経験をしたとも思っています。
「この人はどんな気持ちで今説明を聞いているのだろう・・・」

そんな経験があるからでしょうか。
脱サラした方からの確定申告料は、開業以来一度も取ったことありません。
ガンバレ!確定申告!!


ガンバレ!確定申告!!その14
2009.02.03

無料相談」のお話が出たので、面白いのでもう少し続けましょうか。
なかなか「こんなこと」税理士として申し上げられないのです!?

個人的なお話として、私はこの無料相談が大好きですね。
3月の期限ギリギリの猛烈に忙しいときも結構好きです。
いかに早く相談件数をこなせるか。まさに税理士としての
腕の見せ所なのですね。

実際にはこの「奉仕」を嫌がる税理士も多いのです。
本当は所得税は得意でない先生も多しいし、
(内緒ですが、確かに所得税を勉強しないでなった方も多い)
役所のお手伝いだから、それほど日当は出ないし(これも内緒)、
とにかく忙しい思いをするだけですから。

でも開業当初から、この無料相談を結構やりましたね。
開業したての貧乏な税理士が「日銭を稼ぐ」意味も正直あったのですが
とにかくこの「緊張感」が好きでした。
初見の方」の申告書を書き上げる。
税理士としての喜びというのでしょうか。
与えられた制限時間の中で悩んでいる方の相談に乗って、
その悩みに的確に答えてあげられるかどうか。
まさに税理士としての経験を積み重ねる上でも
大事なことなのでしょう。

お医者さんのたとえで言うとおかしいのかもしれませんが
立派な医者になるには、とにかく臨床を重ねることだと・・。
オペの数で医者のランクを付けるみたいな・・。

この10年あまりで、無料相談は1000人とは言わないですが
数百人はやったでしょうか。
一日で20件以上もの申告書を書き上げたこともあります。
(これは多分ギネスものです。)
相手を見ながら、
「どこに悩んでいるだろう。どうアドバイスしよう。
どこを聞けば申告書が早くできるだろう。」
そう考えながらやります。
すばやく処理してあげるには、当然ですが所得控除の計算式や
税額の計算式などは頭の中に入れておきます。
でもそれだけででなく、数百人も無料相談をやったせいでしょうか。
相談者を見ただけである程度、その後の段取りまで
想像できるようになりました。

本当にベテランのお医者さんになれば、患者さんに会った瞬間に
「この人はどこが悪いのか。」
聴診器当てなくて分かってしまうそうです。

私も本当に、もうあった瞬間に、この方はどんな職業で
どんな所得か。税額!?まで分かります!(本当?)

黙って座ればピタリと当たる!?



ガンバレ!確定申告!!その13
2009.02.02

さあ!いよいよ2月です。確定申告までもう少しです!!
先日から申し上げている「超簡単経理術」は
これから開業する人のために一生懸命書き出したところです。
「そんな冷たいこと言わないで、今年の確定申告はどうするの?」
と悩んでいる方から文句言われてしまいそうですね。

そんなお悩みの方に、ちょっと簡単経理術のお話を続ける前に
面白いことを今日はお教えしましょう。
実践!超簡単"確定申告術"です。
ただし、私から聞いたといわないで下さい・・・・?(内密に)

実は昨日確定申告の「無料相談」の手伝いをしました。
この頃になると税理士は税理士会を通じて、地元の税務署や青色申告会に
借り出されます。
いわゆる医者が「休日診療」の割り当てが来るように、税理士も当番で
割り当てがきます。
例年、私は真先に手を上げ、2月早々からにしてもらっています。
3月になると、相談会場は大混雑になることをご存知でしょうか。
しかし、これも正直に言いますが、その大混雑がイヤだからではなく、
この時期に「確定申告モード」に入るために、予習をしておこうという
前向きな理由からなのです。
当番の前日までに必死になって税制改正の内容を押えておきます。
結構それは税理士としても重要なのですね。
何故かと言うと税理士は一年中、個人の確定申告の税金だけを
考えている訳でもないのです。
税理士も人間ですから忘れることもあるからなのです。

例年のことですが、2月早々は相談会場も込むことなく、
結構じっくり相談に乗ってあげれます。
青色申告会では申告書を書き上げるサービスまでしてあげています。
(これ内緒かな)
でも手書きで申告書を書いておく練習も、
実は税理士としても必要なのですね。
普段はパソコンで計算していますので、今のうち基礎の確認ですね。
いわば、プロ野球選手の開幕前のキャンプ・インといったところでしょうか。

だからこそ申し上げたいのです。
本当に確定申告に困っている方は、今のうち、本当に空いているうちに
相談会場に行かれたらどうでしょうか。
私のように「前向きに」「向学心に燃えている」税理士に必ず当たります。
もちろん無料相談ですから、タダです。

でも、ここぞとばかりに聞きまくる猛者も結構いらっしゃいます。
3月すぎなんかに、じっくり相談になんか乗っていられません。
(これ本音です)
この不景気に確定申告を乗り切る"超簡単確定申告術"
こっそりお教えしておきましょう。
(すいませんが、くれぐれも内密に・・・)


ガンバレ!確定申告!!その12
2009.01.30

「銀行振り込みが一番!」
こう私の超簡単経理術では主張しています。

でもこれをいうと必ずご年配の方、特に老舗といわれるような
古くからやっているご商売の方から文句が出てきます。
例えば給料の振込です。
そういう老舗のところは、いまだに「現金手渡し」のところが多いのです。

そういう"老"経営者(失礼!)から
「振込料金がもったいないではないか!
一円でも無駄を省くのが創業以来の経営方針だ!」
さらには
「現金手渡しの方が、社員の士気が上がるのだ!」
そういわれてしまいます。
何より、給料を渡す瞬間に経営者としての威厳を
見せたいのでしょう。

でも経理の立場を考えてみてください。
現金を合わせて給料袋に詰める経理担当者の手間
(これを知らなくて良いですが「金種を合わせる」といいます)
は大変なものです。

でも確かに最近では「給料袋」は減っているようです。
大企業はすべて振込みです。
そういえば、給料袋を奥さんに誇らしげに見せる
昔ながらの家庭でのワンシーンも、残念ながら、
オヤジの威厳の失墜とともになくなってしまいましたね・・・。

また、あとでブログで触れようと思っていますが
インターネット・バンキング」では簡単に給与振込ができます。
給与振込に関しては手数料も取らない銀行もでてきました。
給料以外にも外注費の支払などもぜひ銀行振り込みにしてください。

こう申し上げるのは、また税務署的な発想で恐縮ですが
架空人件費」、「架空外注費」が発生する余地がないからです。
税務署というとことは、「本能的に?」給料、外注費に関して
疑ってかかってきます。
「本当に実在している人に正しく払っているか?」
ということなのです。

そんなつまらないことを言われる前に
キッチリ銀行振り込みにしてください。
そうしていたら、また税務調査で自信を持ってバシッと言えますね。
全部銀行振り込みです!」
また税務職員はおののいて・・・・!?



ガンバレ!確定申告!!その11
2009.01.29

昨日の大事な「売上」のお話、分かりになったでしょうか。
今日のお話もより大事なことですね。「支払」のことです。

現金でしか払えないもの以外は、
できるだけ通帳を通して払うようにしましょう。

普通預金から現金を引き出してから支払ったら
それだけでも記帳が2回にもなります。
通帳から支払えば1回で済みます。

通帳の口座引き落としなどもぜひ利用してください。
まず簡単なのは「公共料金」の口座振替です。
よく携帯電話料金をコンビニでせっせと支払っている方に遭遇します。
よほどコンビニに行くことがお好きなのでしょうか?
経理の見方からすればトンでもないことなのです。
電話代だけでなく、事務所の電気代やガス代、水道代なども
ぜひとも口座振替にしてください。

口座振替に移行することは簡単な手続きで可能です。
しかも無料なのですね。当然引き落とし料金もかかりません。
ただ、開業したばかりの方に口座振替の指導すると、
どうしてもお金が自然となくなってしまうことに、
ある種の「恐怖感」を覚えるみたいです。
お気持ち分からないでもないですが、
やはり、これからご商売を発展させていくには
公共料金くらいぜひキチンと払ってください。

このあたりまでは普通のお話なのでしょうけど、
超簡単経理術」ではもっと発展させていきます。
例えば、毎月支払う「事務所の家賃」なんかありますね。
毎月定額のはずです。
銀行の窓口で「定額送金」の手続きをされたらどうでしょうか。
多少手数料はかかりますが、払い忘れもなくなりますし
何よりも楽です。

・・・だんだん、NTTや銀行の回し者みたいになってきましたね。
でも月末の忙しいときに、コンビにや銀行行って支払う手間を
考えたら「振込手数料」なんか安いものです。
そんなヒマがあったら、ぜひ売上獲得のために動いてください。

「毎月定型の経理の仕事は、できるだけ定型化する」
経理的にもこれが重要なのです。
どうしてこれが「超簡単経理」なのか、いつか必ず分かっていただけます。
これは自信を持って言えます!!


おかげさまでついに税理士ブログランキング初のメダル獲得!
まだまだ目指します!金メダル!!
ここで告知を。金メダル獲得時には
サイン付(!いらない?)
個人事業の超簡単経理先着3名様プレゼント!


ガンバレ!確定申告!!その10
2009.01.28

通帳が帳簿になるかどうか。
これは学説的?にはいろいろあると思います。(多分です)
そんなこと真面目に税務署には聞かないで下さい。
「誰がそんなことを言っているのですか?」
と文句を言われるかもしれませんね。

文句くらい言われても私は構いませんが
帳簿で悩む方のために「超簡単経理術」を伝授して
差し上げているだけです。

でも何度も言っていますが、現金出納帳はやはりメンドウなのです。
通帳を活用して現金取引を減らす工夫を是非してください。

まず「売上」です。
税務上もっとも大事な科目です。
これが商売上、「現金売上」ばかりでしたら、やはり大変なのです。
赤伝票(入金伝票)に書いて・・・現金出納帳に書き写して・・・
もうそれだけで手間がかかります。
でも通帳に振り込まれる売上だけなら簡単ですね。
通帳を見れば相手先も金額も一目瞭然です。
そうするためには、請求書に振込先を書いておけば
得意先がキチンと振り込んでくれますね。

それでも相手先は「振込料金」がもったいないのでしょうか。
力関係で「集金しに来い!」とでも言われたりして
どうしても現金で集金せざるをえない場合もありますね。
その場合の「超簡単経理術」をお教えしておきましょう。
全額そのまま通帳に入金しておくのです。

そうして大事なことですが、通帳に「〇〇商店 月分」、
とか「月 日売上分」とでも書いておけばあとでハッキリ分かりますね。

ここで大事なことは通帳にいろいろ書き込んでしまうのです。
通帳などは誰も見ないものです。
ぜひいろいろ書き込んでください。
しかも分かるようにメモでも何でも書いておくのです。
あとから見て
「これ何の入金だったっけな?」
とならないようにしてください。
それとこれも大事なことですが、入金した金額を証明するために
請求書などもキッチリ保管しておきましょう。
店舗ならレジの売上金額を証明するものをキチンと保管しておきましょう。

どうでしょうか。
まず最初に大事な「売上」のことを説明してみました。
これで税務署から万が一「税務調査」があっても大丈夫です。

「私の売上は全部、一つ残らず通帳に入金されています!
もれなど一切ありません!」

自信を持って声を大にして言い放って下さい。
税務職員は、それだけで恐れおののいて帰ってしまうでしょう・・・!?
(これも多分のお話です)


ガンバレ!確定申告!!その9
2009.01.27

永年個人事業主の方々に対して、今までご説明してきた
「お金を区別しましょう」とか
「現金出納帳をつけましょう」などと
指導してきました。

それでも現実はなかなかできないものです。
昨日申し上げた生活費の取り方でもそうです。
売上の入金が伸びた、支払が急に増えたなど、予定外のことが起こり
生活費が取れなかったなどいうことはやはりあるものです。
生活費を何度か小口で分けて取ってします。
お金のやりくりの中でプライベートな支払も混じってきてしまいます。
仕方がないことかもしれませんが、やはり記帳という点からは
だんだんメンドウになってきます。

さらに現金出納帳なども、そうは言ってもなかなか毎日は
付けられないものです。
領収書が溜まれば溜まるほどだんだんイヤになっていきます。
仕事に追われて、明日の生活費も稼がなければなりません。
個人事業の現実もあるのですね・・・。

・・・といって個人事業主の方々に同情していても
何の解決策にもなりません。
いろいろこの指導方法で悩み苦しみぬいた結果(!?)
ある指導方法を提唱することにしました。
これが経理を「超簡単」にする一つの戦術です。

またまた、こんなことも誰も言っていません。
超簡単経理術のサワリを、少しだけブログ公開!してしまいましょう。

それは・・・・(また引っ張りすぎ?)
通帳を帳簿代わりにするワザ」
です。

そもそも預金通帳には、当然日付も金額も入ってきます。
電気代や電話代など、支払った先も自動的に記入されます。
しかも残高まで絶対に間違えることなくキチンと出てきます。
これも当然のことですね。
その優れた預金通帳をまさに「帳簿代わりに使ってしまおう!」
ということなのです。
ものぐさなあなたのために、こっそり公開していきましょう!


ガンバレ!確定申告!!その8
2009.01.26

個人事業主の給料はどういう扱いになるのでしょう。
このお話も不思議なことに、どの本にも書いていません。
生活費は経費にならないのですか?」
こんな質問を真顔で受けることもあります。
「今までは会社から給料をもらって、それを生活費にしていた。
生活費=オレの給料なのだから、生活費=給料だろう。」
特に脱サラして開業した方は、そう考えても不思議はないのです。

でも残念ながら、生活費は一切経費にはなりません
個人事業主の方は、いわゆるあなたが社長です。
社長が社長の給料を支払っているようなものです。
いくら取っても経費としては認められません。

でも、一つだけ将来のために覚えておいてください。
ご自分の会社を設立して、自分の給料を取るのは会社の経費となります。
「何だ。それなら会社にしたのに・・・」
といわれる前に一応申し上げておきます。
商売を成功させて、いつの日にか、ぜひ会社にしてください。
それが、個人事業主の方の当面の「夢」であり「目標」なのでしょう。

さて、またまたお話がそれてしまいましたね。
通帳での生活費の取り扱いでしたね。

私の提唱する「超簡単経理術」では、給料つまり「生活費」は
月に一回、ご自分の「プライベート用通帳」に振り替えて取るよう指導します。
それがまさに「超簡単」なのです。
%E3%81%BF%E3%81%9A%E3%81%BB%E3%80%80%E9%88%B4%E6%9C%A8%E3%82%A4%E3%83%81%E3%83%AD%E3%83%BC.BMP

そして、経費にならないプライベートな支出は、すべてその通帳から
支払うようにしてください。
そうすれば、商売用の通帳だけを記帳することにより
簡略化できます。

月に一回という意味お分かりになりますか。
今月の売上の入金があって、それから家賃や人件費などの
経費の支払をしますね。
それで残ったお金を取るのです。
これ非常に当たり前のお話なのですね。
今月もし赤字だったら、今月の給料=生活費はナシです。
キビシイですね。
説明するまでもないですが、それが個人事業の現実です。

私も一人の個人事業主です。
開業してから10年余り、常にそうしてきました。
「今月も無事に生活費取れた・・・」
このホットした月末の思い。
サラリーマン時代には思わなかったことですね。

それが独立開業の「醍醐味」でもあります。
本当に、ガンバレ!独立開業!!



ガンバレ!確定申告!!その7
2009.01.23

「もう書きません。あとは本を読んでください。」なんて
大変失礼なことを昨日書いてしまいました。反省しております。
それでは「素人にできるわけないよ。黙って領収書もってきなよ」という
例の不遜な税理士と同じですね。
こんな確定申告の直前に、自分の本の宣伝どころか、
そんな冷たい態度取るような税理士は本当に逮捕されてしまいます!?

確定申告に悩んでいる方のために、もう少し親切に書いておきましょう。
もう私はたくさん印税もいただいたので(?)、もう本も売れなくて良いです。
これ以上儲けるつもりもありません!(本当?)


金庫を買って現金の区別をつけることができるようになったら
次にすべきことは何でしょうか?
これも、どの本にも書いていないことですね。
でも大変大事なことなのです。

今度は「商売用の普通預金を作ってください。」
そうお願いすることになります。

%E9%80%9A%E5%B8%B3.BMP

今までたくさんの個人事業主の方を指導してきましたが
驚くほど多くの方が通帳に無頓着なものです。

たとえば、開業したばかりの方に
「どのように通帳を使っているのか、通帳を見せてください。」
といって実際に見せてもらうと、必ず私的な支払が混じっています。
「特に通帳は作っていません。」
と言われることさえあります。

私の申し上げる「お金を分ける」ということは、現金だけではなく
銀行の普通預金も分けなければいけないということなのです。
開業したばかりの方なら、銀行に「商売用の口座」を別に作ってください。
写真のように屋号まで入れて作っておけば、より明確になります。

その専用通帳には商売に関係したお金の動きだけを
出し入れすればよいのです。
売上は全部そこを通す。また仕入代金や給料ならそこから支払うなど。
のちのち帳簿を作るときに非常に簡単になります。
きっとこれはあとで分かっていただけることなのです。
また金庫のお話でもそうですが、通帳を別に作ることで
お金を分けようという心構えもできるのです。

「通帳で商売に関係ないお金の出し入れはやめてください。」
よくそう指導するのですが、でもここで必ず質問が出ます。
不思議なくらい10人このように指導すると10人から聞かれます。
分かりますよね。

「すいません。私の給料はどうやってもらうのですか?」


ガンバレ!確定申告!!その6
2009.01.22

もう一つ「金庫の効用」を説明しておきましょう。
金庫があると良いことは、硬貨の管理がキッチリできることです。


%E9%87%91%E5%BA%AB%E7%94%BB%E5%83%8F.jpg


実際に金庫の写真を見ていただくとお分かりになるでしょう。
金庫の中にトレーというものがありますね。
それでキッチリ硬貨が管理できるのです。
たちどころにおつりの精算できます。
つまり、飲食店なのどのお店で見る「レジ」と同じです。

このあたりは、店舗を始めた現金商売の方ならピンとくるでしょう。
つまり、日々の経費の支払などの精算を
金庫があればたちどころにできるのです。
この仕組みがあれば、経費の精算をしながら、
帳簿に記載することになります。
しかももっと大事なことは、「今金庫にいくらあるか」
つまり現金の手持ち残高がすぐ分かることなのです。
よって、金庫の残高と帳簿の残高とをチェックできる
ことこそ大変重要なのです。
この確認する帳簿こそが「現金出納帳」です。

お分かりになりますか。
それでも業種的に、サービス業など「レジ」とは無縁な方にっては
やはり分かりにくいお話なのかもしれませんね。
まさか日中に金庫を持ち歩くことはできないでしょうから
一時的にでも自分のサイフから立て替えて支払った後に
日々その金庫から経費の精算をすることになるのです・・・。

そういうときには、より具体的に説明してあげます。
その日に「ノート1050円、飲食費3150円」使ったら、
立て替えた合計4200円を金庫からもらって、
その領収書を金庫に入れておいてください。
そうすれば、あとからでも確認しながら帳簿ができます・・・と。

どうでしょうか。
「経理のいろは」の『』のしかもそれも最初のお話のことかもしれません。
でもこんな基本的なことを、どの本も書いていなかったのですね。
こんなお話には、皆さんを悩ます「仕訳」なんか、
まったく関係のないことですね。

ですから、「仕訳を説明しないこと」と「具体的に何をどうする
お話に終始したからウケタのだと思っています・・・。

これ以上書いていくと、だんだん本の内容にそっくりになって
きますので、著作権者が許しません・・・。
あとは買って読んでください。残念!



ガンバレ!確定申告!!その5
2009.01.21

なぜ金庫を買わなければいけないかお分かりになりますか。
こんなこと誰もいっていませんね。
高名な税理士先生の著書にもそんなこと触れてもいませんし、
税務署のパンフレットにも書いてありません。
また私は別に金庫屋さんの回し者でもありません。

金庫を買ってくださいということの真意は、個人事業者の方に
まずお金の区別をしてください」とお願いするため
にそう申し上げているのです。

ここで「お金を区別すること」の意味を説明をしていきます。
「お金に色はない」
これはよく聞く言葉ですね。
「何で区別するの?」
そう思うかもしれません。

確定申告を前提とした帳簿とは、簡単に言ってしまえば
商売上のお金の流れ を明確にするもの」なのです。
つまり、いくら、どういうお金があなたのところに入ってきて(売上)、
いくらどういうことに使ったか(経費)を明確にするのが帳簿なのです。

会社と違って、個人では、商売のお金も彼女と遊ぶデートの金
通常一緒になります。
ほとんどの方が、同じサイフから支払うことになります。
しかしこれでは、帳簿をつけることは不可能なのです。

帳簿づけの第一歩は、お金を「商売の金」と「プライベートの金」に
区別することなのです。
もっと、分かりやすく言えば、
「これからは、サイフを二つ持ってください」
ということなのです。

%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%95.JPG


でも実際にはサイフを二つ常に持ち歩けないでしょうから
金庫を買ってください、とお願いしている次第です・・・。

ここが肝心なのです。
この意味をお分かりにならなければ
絶対に帳簿なんかつけることができません。

現金出納帳」とは「商売用の手持ちの現金がいくらあるか」を
つけるための帳簿です。
商売用のお金とプライベートのお金が区別つかなければ
現金出納帳なんかとてもつけることができないのです。

どうでしょうか。
誰も言っていない 「超簡単経理術」 初公開!


ガンバレ!確定申告!!その4
2009.01.20

開業届と青色申請書も提出した。
商売も少しずつ軌道に乗り出した。
「青色申告にしたのだから、帳簿をつけなければ」
領収書や請求書など、増えつづける証書を前に、
いよいよ帳簿のことが気になります。
まずは本屋へ行って経理のビギナー向きの本を数冊購入。

しかし、さあいよいよ、という段になって、
多くの方が金縛りに合ってしまうのです。
「何からやればいいのかな・・・」
本を閉じると、そのまま手が止まってしまいます。
さっぱり分かりません・・・・・。
そうなのです。最初に何をやってください、というようなことは、
意外なことにどの本にも書かれていませんね。
どの本も資産だ、負債だ、借方だ、貸方だ、などという勉強が始まります。
それにしてもいったい誰がこんなルール決めたのでしょう。
「こりゃダメだ。商売も忙しいし。あとでやろう・・・」
結局こうなります。

(吉田信康著 個人事業の超簡単経理より)


本当にそういう個人事業主の方々にたくさんお会いしました。
「そういう方にどうやって指導したらよいのだろう?」
本当に悩みました。
指導書も何冊も読んでもみました・・・。でも結局・・・。
本当に開業した人は、別に会計学を勉強したい訳ではないのです。
申告書が簡単にできればいいだけのことなのです。
他の本では本当に何も書いていないのです。

では、ここでその結果この本の中でどうしなさいと言っているのか
発表しましょう。

本来なら本の内容なのですから、著作権の問題が生じますね。
ブログ書き出してから、結構ビクビクしながら、
他人の本のお話なんかしています。
インターネットと著作権の問題は古くて新しい問題のようです。
そのお話はまたいつかふれるとして、ここで気づいたのです!
私自身の本の内容を書くのは、著作権者は私ですから文句は
絶対に言われないのですね。
当たり前のことかもしれませんが、結構新鮮な発見でした・・・。

ではどのようにしたらよいか発表します!
(ちょっと引っ張りすぎか・・・)

それは・・・
「まず金庫を買ってください。」


ガンバレ!確定申告!!その3
2009.01.19

ところで複式簿記という言葉お分かりになりますか。
でも普通の人はご存知ないでしょね。
「借方」「貸方」というアレです。
この「仕訳」という難題で皆さん悩んでしまいます。
誰がこんなことを決めたのでしょうか。

現金で100万円の車を買ったら、
現金という「資産」が100万円減って、車という「資産」が100万円増えることになります・・・。
「・・???」
もうこれだけ説明しただけで、頭が真っ白になる人も多いのです。

開業したばかりの方を中心に、大勢の方を記帳指導してきました。
その結果、最初から「資産」だ「負債」だ「貸方」「借方」なんて
説明してしまうと、もうそこでハナから諦めてしまう方も多いのです。
「そんなこと私には絶対できません・・。」

指導する側もいろいろ工夫して、何とか現金出納帳あたりは
分かっていただけるのですね。
「お小遣い帳や家計簿と同じです。」
というと何となく分かってもらえるものです。
そのあと、「総勘定元帳」を説明し出すと、多くの方は
「・・・???」
となってしまいます。

日本商工会議所の簿記検定試験というのがあります。
あの手のものを勉強した方なら、ある程度理解していただけるものです。
でもそういう試験にチャレンジしたとか、商業高校などで勉強したとか
いう経験でもなければ、通常の方は、この現金で車を買った「仕訳」がサッと
頭に浮かぶものではないのです。

ただ我々税理士業界も悪いのです。
「複式簿記だなんて、そんなこと素人ができる訳ない。黙って領収書持って
きなよ。」
という不遜な税理士も結構いるのですね。

でも頑張って複式簿記をやるといいことがあるのです。
ご存知ですか。
青色申告にすれば65万円控除といって、特別な控除が認められて
いるのです。
税率10%の方で65000円も!税金が減ります。
それだけでも十分ではないかと思うのですが
仮にもう少し儲かっていて税率30%の方なら195000円!
にもなります。
複式簿記にすることだけで20万円近くも税金が違うことあるのです。

もうこの不景気に「素人にはできるはずない!」
なんてのたまう税理士は逮捕!?してください・・・?


ガンバレ!確定申告!!その2
2009.01.16

6年前に出版社から
「確定申告の本を書きませんか。」
と依頼があったとき、本当にうれしかったですね。
当然二つ返事でお引き受けしました。

税法の中で特に所得税は得意なつもりです。
税理士試験で一番必死にやりました。
なんたって何度も受けましたから・・・。

書こうと決めてから、確定申告に関する本をメチャメチャ読みました。
市販されている本はだいたい目を通したと思います。
「どうやったら経理や確定申告を分かりやすく説明できるだろう?」
ただどの本も「これで確定申告ができるだろうか?」正直疑問に感じました。
だいたい似たような本ばかりでしたね。
また税理士になってすぐ、税理士会から個人事業者の記帳指導も
やらされた経験からも「こういう本では個人事業者が分かるはずない・・。」
そういう確たる信念もありました。
税務署の確定申告説明会の講師なんかも何度もやった経験からも
本当にそう感じていました。

どういうことかお分かりになりますか。
まず、市販されている確定申告や経理の入門書の類いの本は
おしなべて「複式簿記を解説するための本」
だということです。
どの本も資産だ、負債だ、借方だ、貸方だ、などという勉強から
始まっているのです。

現職の税理士が現行制度を批判しては申し訳ないですが(内緒です)
開業したばかりの個人事業主や中小零細企業に、すべからく
複式簿記」を強いるのは本当に無理なことだと思うのです。
開業した方のなかで、簿記や会計を学んだことがあるのはまれでしょう。
そもそも簿記会計は義務教育で習うようなものではないのです。
これがおかしいのだと思っています。
これは私の持論です。
講習会で必ずこの点を結構熱弁してしまいます。
本当に青色申告制度は、この諸悪の根源「複式簿記」を
強要しているのですね。(また言いすぎか・・・)

よって「今度書く本は複式簿記を説明しない本にしよう!」
そう決めたのです!
それが「ウケタ」のだと今でも思っています・・。


ガンバレ!確定申告!!その1
2009.01.15

夢のお話をずっと書き続けたいのですが
何だか「夢見る夢子」!?さんみたいになってきたので・・・。
でも書く方は楽しいですけど・・。
もう少し読んでいただく方に役に立つお話をしていきましょう。

ブログ初めて半年で「ブログ学」をずいぶん勉強しましたが、
やはり、多くの方に読んでいただくために、何らかの有益な情報を
与えていかないとダメなのでしょう。
私は有名人ではないので、「毎日のつまらない日記」を書いても
ファンでもない限り(いるの?)誰も読んでくれないと本当に思うのです。
実は最近の楽しみは「 税理士のブログランキング」なのですね。
ところで、最近ビスカスのHPがリニューアルされて良くなりましたね。
誰もこのことに触れていないので、またヨイショしておきましょう。
個人的には以前のトップページの八木社長の全身写真が
好きでしたけどね。「全身全霊で良い先生をご紹介します!」みたいな・・。
どうしてやめてしまったのでしょうか・・・?
このランキングでどうしてもトップを取ってみたいと。
それで、きっとこの時期「確定申告ネタ」をアップすれば
当然アクセスが増えるだろうと・・・。

これはテレビのディレクターが視聴率稼ぎに、割と安易に
温泉、ラーメンなど、「旅やグルメ番組」をやるようなものですね。
それで税理士ブログでは「確定申告ネタ」はやはり王道ではないかと・・・。


前書きはそろそろやめにして、この「確定申告シリーズ」の初回に
自信をもってお勧めする本をご紹介しましょう!

個人事業の超簡単経理」(パル出版)です!!
%E5%80%8B%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E3%81%AE%E8%B6%85%E7%B0%A1%E5%8D%98%E7%B5%8C%E7%90%86.jpg

なんと著者は私、吉田信康です。
・・・すいません。第一回目から宣伝をして恐縮です。

なぜ自信をもってお勧めできるかご説明しておきましょう。
この本は2004年2月の確定申告時期に初めて出版されました。
ですので、丁度5年前ですね。
でも、その間7度も増刷され、一昨年の暮れに改定新版が
出され、さらにまた今年も改定を続けているのですね。
自慢ではないですが(かなり自慢か?)
確定申告本のベストセラーではないかと。

初回から恐縮ですが、なぜこの本が支持されるのか
解説してみましょうか。
本当に自慢話ではないです。皆様のお役に立つお話です・・・。


ブログトップページ

最近の記事
カレンダー
カテゴリ
税理士紹介ビスカス
コメント
アーカイブ
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!