税理士コラム | 税理士紹介25年、税理士紹介のパイオニア「税理士紹介センタービスカス」

税理士 紹介ビスカス > 税理士コラム

税理士コラム

吉田信康税理士事務所ブログ

税理士は「後ろ向き」の人種 その5
2008.10.31

ところで相談を受けた税理士の友人に対して
「勉強になるから株買ってみたら。」
「日本経済の別の見方ができるよ。」
と薦めてみました。
「儲かるかどうかは当然自己責任だよ。」
と念を押しておきましたが・・・。

意外に株など買った経験のない税理士が多いものです。
「賭け事はキライだから。」
「先祖からの家訓だ。」
そうハッキリいう方も多いです。
実は以前は東京税理士会の証券関係の研修講師もやったことさえあります。
「株も買った経験もないのに、株式の税務が分かるはずないでしょ。」
これ私の持論です。

同じ理屈で
「会社も経営したこともないのに、経営コンサルタントなんかできるはずがない。」
「人も雇ったことがないのに人事コンサルタントなんかできっこない。」
そう本当に思っています。

「とにかく人生勉強だから。」
迷っている友人に最後にそう言ってあげました。
でも損しても恨まないでください・・・。
まあ立派な税理士になるための授業料です!?


税理士は「後ろ向き」の人種 その4
2008.10.30

「今株は買い?」
「どの銘柄買ったらいいの?」
ここ数日、親しい税理士仲間数人から聞かれました。
難しい質問です。
でもブログなんか!?でこの答えは言いません。
いろいろ自信のある銘柄もあるのですが・・・。(残念!)

「こんなに暴落して大丈夫?」
心配していただいてか、これも聞かれました。
残念ながら、私は今1株も持っていません。
どんなに下がっても気楽なものです!

以前は株を当然数銘柄持っていたこともありましたが、
実は数年前、「証券仲介業」の免許を持った時、
すべて株を売却しただけでなく、それこそ口座もすべて廃止しました。
法律により厳しい制約を受けるからですね。
税理士として、この証券仲介業の免許を持ったのは、
多分日本初!第一号!!だったと思います。
残念ながら、昨年証券取引法が改正され、
金融商品証券取引法に変更されたのをきっかけに、
その免許も返還してしまいました。
なぜ辞めたかというと、やはりあまりに法律が厳しくなりすぎて、
とても税理士業の片手間にはできないと判断したからです。

この「証券仲介業とは」や、それ以外にもいろいろ書きたいこともありますが、
やはり辞めたとはいえ守秘義務がありますので、ブログでは公表できないのです。
これは真面目なお話なのでネタにはできません。
あしからず・・。


税理士は「後ろ向き」の人種 その3
2008.10.29

「税理士としてキチンと過去の経理内容を見る責任があるのではないか!」
「正しい申告をして始めてお客様から報酬をいただくからこそ、
過去のことをよく聞いているのだ!」
そろそろ、この業界の方々より、そう反論がきそうですね。
非常に保守的な業界ですからね!?

しかし、こんなことをいろいろ申し上げるのは
私が以前証券会社という「前しか見ない」特異な業界にいたからでしょうか。
ちょうど今のご時勢ではないですが、
まさに「これから株が上がるだろうか。下がるだろうか?」
常に将来を考えている業界でしたらね。
それこそ朝刊を昼頃読んでいたら
「何今頃やっている!」って上司から怒鳴られる業界でしたから!?

それに対して、税理士業界は非常に過去のことにこだわります。
業界の集まりでも昔話をすることが、皆大変お好きです。
本当に一週間前の朝刊をまだ読んでいるような・・・!?

しかし、この業界がどうあれ、この業界に飛び込んだ当初、
どうもなじめなかったものです。
本当に、経営者と向きが違うのではないか。
だから話がかみ合わないのだと本当にそう感じていました。

確かに今独立してお客様から報酬を頂けるのは、
過去の適正な経理処理に基づく、適正な申告をしてさしあげているからです。
でも、それは税理士として当然のこととして、
過去のデータを踏まえ、それを分析して経営者に対して
必要なこれからのアドバイスがどうできるか、
それを考えるようにしています。
誰よりも会社の内容が分かっているものが、
経営者と向きを同じにして一緒に考えてあげようと・・・。

・・・しかし、これから株式相場や日本経済はどうなるのでしょうか。
心配で寝られません・・・。


税理士は「後ろ向き」の人種 その2
2008.10.28

「後ろ向き」という過激な言葉なのですが、
実はこのお話は、私が講習会の講師をやる時のネタなのですね。
たまには私自身のネタバラシでもしましょうか。

どういう意味だかお分かりになりますか?
これ講習会の最後あたりにやると、結構ウケます。
「なるほど!」
と感心されてしまうのですね。

まず、この「後ろ向き」というのは、「否定的」とか、「消極的」とか
ネガティブな意味ではありません。
でも、講習会での受講者は必ずそう確信しているのですね。
このあたりも、この業界人として反省すべき点だと思っています。

・・・あまり引っ張らずに、このあたりで正解を言っておきましょう。
「後ろ向き」というのは、文字通り、「過去しか見ていない」という意味
なのですね。
未来を考える仕事ではなく、過去を扱う仕事だからでしょうか。
例えば、今頃ですと平成20年8月期の決算の申告時期ですね。
平成20年8月期の決算を依頼に来られているお客さんと税理士が話している時に、
通常は税理士の目は、「平成19年9年から平成20年8月」までを見ています。
「平成19年12月のこの支出はなんですか?」
「平成20年1月の勘定科目は・・」
という具合に、まさに「過去しか見ていない」のです。
個人の確定申告のお話の方が分かりやすいですか。全部昨年のことですからね。

もし、そのお客さんが輸出関連企業だったらどうでしょう。
申告より何よりも、これからの為替相場とその影響に興味があるはずです。
また通常の経営者でもそうです。
過去の勘定科目がどうのこうのより、これからの経営をどうするかに
当然興味があるはずですね。

この点本当に税理士は海より深く反省すべき点だと思っているのです。
つまり、「税理士は過去しか見ていないし、経営者は将来しかみていない。」

本当に「海より深い」ギャップがあるのです!


税理士は「後ろ向き」の人種 その1
2008.10.27

この世界的な金融経済の破綻
そして株価大暴落の際に、いつまでも昔のバブル時代のお話を
続けていたら、なんて「KY」な税理士と思われてしまうかもしれませんね。

こんな大事な局面の時こそ、少しカバンのお話をお休みにして、
これからのことを話してみましょうか。
ただ、ここで私が金融経済のお話をしても、また誰も読まないでしょうから、
軽くこの業界の裏話をしておきましょう。

まず「これからのお話」という意味当然お分かりになりますね。
「これだけ株が大暴落したら、株は買い時だろうか?」
「これだけ株が大暴落したら、私の株はどうしたらよいの?」
「為替がこれだけ円高になったら、輸出産業はどうなる?日本経済はどうなる?」
などなど、普通の常識的な感覚をお持ちの方なら
皆誰でも心配に思うはずなのですね。
でも、「この業界方々」はどうもこういうお話に無頓着なのですね。
苦手といっていいのでしょうか。

これは私自身永年疑問に思っていたのですが(!?)、
税理士の集まりに参加して、経済の議論や、株価の動向など
まったくといっていいほど話題になりません。

ではどうしてでしょうか?
こういう(また過激な)ことをいう税理士は私くらいかもしれませんが、
解説してみましょう。

理由は、
この業界の人々は本当に「後ろ向き」 (!?)の人種だからなのです!


生まれ変わっても税理士になりたい
2008.07.29

ブログを初めてまだ数日なのですが、
短い言葉で真意を伝えるのは本当に難しいですね。

「サラリーマンなんかやめて
資格を取って弁護士会計士になろう!」
と決して言っている訳ではないのです。

先日現職警察官が
裏金作りの実態を内部告発したニュースがありましたね。
でもその記事で彼は
「生まれ変わっても警察官になりたい。」
と言っていました。

自分の仕事に誇りを持つ。
本当にすばらしいことです。
だからこそ不正は許せなかったのでしょう。
彼は告発した途端に左遷されたそうですが、
頑張ってほしいものです。

自分の仕事に責任と誇りを持ちたい。
当たり前のことかもしれませんが、
当然税理士としてこれから実践してゆこうと思っています。

「生まれ変わっても税理士になりたい。」

まだ遠い先かもしれませんが、
自分の人生の最後にこの言葉を残したいです。
それが私の夢であり、目標です。


生まれ変わっても弁護士になりたい
2008.07.28

弁護士の方からその言葉を聞いたことがあります。

かつてある地方の企業の再生案件を手がけたことがありました。
5年ほどかかり、結構苦労した思い出しかないのですが、
最後の打ち上げの席でその事案を担当された弁護士に聞いてしまいました。

「従業員をリストラしたり、
債権者に債権カットをお願いしたり、
弁護士という職業は本当に大変ですね。
弁護士になって良かったとお思いですか。」

間髪いれずその弁護士
「生まれ変わっても弁護士になりたい。」
そう言われました。

まだまだ駆け出しの税理士であった私は
非常にその言葉に感動したのを覚えています。
自信に満ちたあの言葉は忘れられません。
自分の仕事に誇りが持てることはすばらしいことだと思います。
当然私も心底そう思いたいです。

「生まれ変わっても税理士になりたい。」


生まれ変わっても会計士になりたい
2008.07.25

NHK「監査法人」で
主人公が会計士になったことを後悔する場面がありましたね。

理事長にあこがれて会計士になったものの、
その理事長が粉飾で逮捕されてしまう。
目標を見失った主人公は
「あなたは会計士になって良かったか。」
とつい聞いてしまう。
正直な理事長で困った顔を見せる・・・。

そこでは、あの検察官に突っかかったような毅然とした態度で、
「生まれ変わっても会計士になりたい。」
ウソでもそう言って欲しかったですね。

でもそんな言葉は、
週末に上司の悪口をいいながら酒を飲むのが習慣のサラリーマンには
想像がつかない言葉かもしれませんね。

「生まれ変わってもこの会社に入りたい。」
そう思っているサラリーマンがどれほどいるのでしょうか。
かつてサラリーマンだった私としても本当にそう思います。


NHKドラマ「監査法人」その3
2008.07.24

突っ込みばかりでは
そのあたりの売れない漫才師みたいなので
少しフォロー(ボケ?)もしておきましょう。
業界人として感動したお話です。

粉飾で逮捕された監査法人の理事長が
検察官に取調べを受けた場面で、その検察官に
「キミはこれまでの日本経済を支えてきたのが
監査法人だと思ったことはないかね。」
と毅然とした態度で反論したセリフです。
「そんな風に思って会計士は仕事をしているのか。」
正直うらやましくも思いました。

「日本の中小企業を支えているのは税理士だ。」
というセリフはこの業界で今まで聞いたことがないですからね。
こんなセリフを自信持って言えるくらいの方が
税理士会のトップにいて欲しいですね。

何十周年という業界内のつまらない行事を主催し
記念ゴルフや仲間内の飲み会ばかりをやってないで、
日本の中小企業を支えるためにどうすべきか
という議論をもっと真剣にして欲しいです。(これはボケです)

新ドラマ「税理士法人」ではそんな夢を描いてみたいですね。


NHKドラマ「監査法人」その2
2008.07.23

隣の業界なので、文句は言いたくなかったのですが、
すいませんがもう少し突っ込みます。

主人公が最後まで、
会計士として方向性をフラフラ模索していて、結局
コンサルタント業会計士の目指すべき仕事なのでしょうか。

せっかく「厳格監査」という新語まで出して、
革新的な会計士像を打ち出していながら、
その彼が管理職となったとたんに、
もとのように粉飾を認めてしまったことは
「何だ。この業界はやはりその程度なのか」
と言われてしまわないでしょうか。

あと、上場公開に関して、
結構仕事で関わっているので最後の突っ込みを。

何となく以前のホリエモン事件を匂わせておきながら、
上場公開で裏社会と繋がりがあった・・・という筋書き。
これは監査法人ではなく、
取引所引受証券会社など本当に「厳格審査」があるのですね。
絶対にできません。

なんだ。この業界のことを良く知らない会計士が脚本書いたのか。
そう突っ込まれて仕方がない筋書きでしたね。
残念!斬り!!(ちょっとネタが古い?)


NHKドラマ「監査法人」その1
2008.07.22

織田裕二のものまねや特命係長なんか出てきてしまって、
このブログの品位が落ちてきたようなので、少し話を戻しましょうか。

NHK「監査法人」が終了しましたね。
このブログでも取り上げて結構期待していたのですが、
結局「尻切れトンボ」で終わったような気がしました。

会計士とは」という青臭いテーマを
どうやって演出するのか見ものだったのですけど、
会計士というのは結局 「監査法人に勤める
単なるサラリーマンか」 という感想です。
たった6時間連続のドラマではムリだったのでしょうか。

あのドラマを見て公認会計士を目指す人が増えてくれたら
業界人としてうれしいことだったのですが、
あれでは増えないでしょうね。

会計士になるとあまりに激務のために家庭不和になり離婚する。
粉飾を見逃すと逮捕される・・。

あまりよいイメージを持たないのではないでしょうか。
もう少し会計士に対する夢を持たせて描いて欲しかったですね。


しょぼくれ税理士対イケメン税理士
2008.07.19

「イケメン税理士の事件簿」
これではこの業界を適切に反映しないかもしれませんね。
若いイケメン塚本高史では、
税理士という職業をうまく演じてくれるでしょうか。
百戦錬磨の社長やシビアな資産家相手に
丁々発止とやりあう日々の税理士業とは
ミスキャストかもしれませんね。

イケメンなら、演出としてドラマに恋愛を盛り込めば、
若い女性向けに視聴率は稼げそうですが、
ちょっとムリがありそうですね。

では「特命係長」や「サラリーマン金太郎」で主演した
高橋克典ならどうでしょうか。
お約束のベットシーンなんかやったら、
この「清廉潔白」で「プライドが高い」税理士業界から
間違いなくクレームがつくでしょうね。

ということで、やはり主役は織田裕二で決まりでしょうね。
コロンボばりのよれよれのレインコートを着て
「しょぼくれ税理士が キター!」


しょぼくれオヤジ対女子大生
2008.07.18

しかし、「しょぼくれオヤジ」が「女子大生」に勝てるでしょうか。
NHK「監査法人」で好評を得たテレビ局側は
主人公の女子大生にはあの松下奈緒をキャスティングしてくるような気がして・・。

現実の話として、
数年前結構「しょぼくれオヤジ税理士」の構想を考えたのですけど、
出版社側も売れないではないかということで最後はボツになった話でした。

でもあの頃、思い切ってこれを書いていれば、
今頃私は山田真哉ばりの「ベストセラー税理士」になっていたのではないかと・・・。

もともと「ベンチャー税理士」であり続けたい。
と言っておきながら自分自身で
そのベンチャースピリッツが欠けていたことを若干反省しております。

でもそうこうしているうちに、
塚本高史(ドラマ監査法人の主人公)を主人公とする
「イケメン税理士の事件簿」を誰かが先に書いてしまうかもしれませんね。


しょぼくれオヤジの税理士事件簿
2008.07.17

「女子大生の会計士事件簿」に対抗して、
こちらの「しょぼくれオヤジ」はオヤジ税理士
中小企業に取り巻く難題を解いていくという構想なのですが、
女子大生とでは最初から勝負あったのでしょうか。
でも、昔ピーター・フォークが主演していた
「刑事コロンボ」というのを覚えているでしょうか。
あのコロンボのようなよれよれのレインコートを着た税理士が、
中小企業に沸き起こる「経理・会計・税務・経営」などの
難題をつぎつぎに鋭く解決していく。

山田氏のブログからこの秋に「女子大生」はドラマ化されるそうです。
これでは、例の「監査法人」とともに
ますます会計士は人気資格になっていくかもしれませんね。
これは税理士業界のために
「コロンボ税理士」にご登場いただくしかなさそうですね。

どうでしょうか。
NHKのディレクター。
このブログ見ていますか。


NHKドラマ「税理士法人」その4
2008.07.16

このドラマのスタッフにも入っている会計士山田真哉さんは、
例の「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」のベストセラー作家です。

数年前、私が税理士試験の本を書いていた頃、
彼は「女子大生の会計士事件簿」という本を書いていました。
最初は受験校TACの情報誌のコラム程度だったのが話題になって、
発刊され、あっという間にベストセラーになったのを覚えています。

一応当時税理士受験業界の作家の端くれの私としても、
この手の本を買って一応読んでもいました。

でも
ビジネス経験がない女子大生に、何が分かるのか!」
その程度の感覚だったのでしたが、
やはり売れているのを見た出版社からも要請が来ました。

当時結構まじめに検討しました。
税理士業界のために。
そのタイトル名は
しょぼくれオヤジの税理士事件簿


NHKドラマ「税理士法人」その3
2008.07.15

国税庁崩壊!
は昨日ちょっと書きすぎましたね。
すぐ当事務所に「厳格調査」が来て
嫌がらせをされては困るので(これも書きすぎか)、
訂正しておきましょうか。

あのNHKドラマは、
過去の悪しき慣習としての「会計士と企業との癒着体質を暴露した」
ことに非常に爽快感があるのですね。

といって、新ドラマ「税理士法人」で、
企業と国税庁との癒着体質は・・・とはそこまでハッキリ言ってません。
ただ税理士の資格制度にも問題が無いともいえない・・。
まあ、そのあたりのことはおいおい書いていきましょう。

言いたいことは、新ドラマができようが、
会計士」という職業のみがスポット浴びるのではなく、
業界全体として「税理士」にも焦点をあてて欲しいということなのですね。


NHKドラマ「税理士法人」その2
2008.07.14

若き調査官は大企業の税務調査で、
巨額脱税を見つける。
大企業の経理幹部は政治家や国税OBを使って
そのもみ消し工作をしていく。
若き調査官は「厳格調査」を推し進め、
税務署の上司のいうことを一切聞かない。
税務調査の現場
その主人公は「税理士とは」という哲学的な問題に悩んでいく。

やがて巨額脱税がマスコミにリークされ、それをきっかけに
その企業は破綻し、その過程で税務署国税OBからも
逮捕者が出てくる。
ついには国税庁の解体や税理士法改正につながっていく・・。

その若き調査官は税務署を辞め、税理士となる。
その主人公とともに税理士法人を立ち上げ、
理想の税理士像を求めていく。
その税理士法人の名は「エスペランサ税理士法人」
エスペランサとはポルトガル語で希望という意味・・・。

どうでしょうか?
(もちろんフィクションです。)


NHKドラマ「税理士法人」その1  
2008.07.13

NHKドラマ「監査法人」が面白い。
毎週DVDに録画してチェックしている。

会計士の方から見たら突っ込みどころ満載のようだが、
会計士とは」という青臭いところも業界人として新鮮で楽しめる。
あの番組を見て会計士を目指す人が増えるかどうかも興味深い。
厳格監査」という言葉が現場ではもう流行っているらしい。
いっそ税理士業界のためにもあの手の番組をNHKに作ってもらったらどうでしょう。

主人公は大学卒業後脱サラして税理士になった新進気鋭の税理士
巨大税理士法人に勤める。
担当先の大企業に税務調査が入る。
その調査を担当した調査官は偶然にも大学の同級生で、
国税庁で「厳格調査」を押し進めようと理想に燃えている・・・。

こんな設定ではどうでしょうか。
原稿作ってNHKに投稿でもしましょうか。


メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!