税理士コラム | 税理士紹介25年、税理士紹介のパイオニア「税理士紹介センタービスカス」

税理士 紹介ビスカス > 税理士コラム

税理士コラム

吉田信康税理士事務所ブログ

夢をかなえるゼイ 私の脱サラ日記 その15

2010.08.16

脱サラ30の法則


一つの転機が訪れたと思いました。
自分の力がいかに弱いか、「原理原則」をまだまだ知らないか
ビジネスの中で思い知らされた時でした。
年齢も、とうとう30歳になっていました。
以前、会社を辞めようと思う法則 「3日・3月・3年の法則」を
ご紹介しましたが、別の意味で「30歳の法則」もあるように思います。

20代はがむしゃらに働く時です。
でも30の声を聞くと、いろいろ思う年代のようですね。
そろそろ会社の中の位置づけや自分が見えてくる年代です。

ただ、まだその時点では会社を辞めようとは思っていなかったし、
税理士になりたい指数もそれほど上がってきません。
とにかく自分自身に力をつけようと思っていたときでした。

まず、英語について多少コンプレックスをもっていたので
当時八重洲にあった英会話スクールに夜間(自腹で)通いました。
ただこれは実際には仕事が忙しくて、ほとんど通えませんでしたね・・。
それと会社で購読していた英字新聞(Financial Times と
Wall Street Journal) を毎日朝7時に出社して読んでいました。

では肝心の税理士試験の方は、ついに大原簿記学校に通うことにしました。
ようやく税理士試験は独学では受からないと悟ったのですね。
ただ平日はとても時間が取れないので、土曜日のロングクラス(!終日です)
の簿記論のみ勉強することにしました。

この頃は本当に充実していたと思います。
私生活も2人目の子供が産まれ、余計に仕事に没頭します。
ここは、アンチ脱サラ理論の「子はかすがい理論」です。
脱サラなんて考えずに、この子のために頑張ろうと思うのですね。
毎日7時には出社して、深夜1時まで仕事しているのはざらでした。

一方でバブルのピークですから、飲食のお誘いも断りません(!?)
深夜1時に仕事終わってから(!)飲みに行ったり、
料亭「吉兆」に初めていったのもこの頃でした。(内緒ですが・・)
日曜日になるとお付き合いの「下手な」ゴルフも・・・。

こういう状況でしたから、土曜日に朝から大原に通ってはいたものの、
新しいことを勉強しているだけで満足し、授業は寝てばかりいました。


まあこんな感じですので税理士試験を真面目にやっていたとは
いえないでしょう。
復習する時間すらなかったわけですから。

でも相変わらず、必死に仕事はしていました。
そのおかげで、当時の同僚から、いまでもお仕事をご紹介して
いただくこともあります。ありがたいものです。

バブルのピークでもありましたが、
自分のサラリーマン人生のピークでもあったのです・・・。


ブログトップページ

最近の記事
カレンダー
カテゴリ
税理士紹介ビスカス
コメント
アーカイブ