会社設立にかかる費用 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 会社設立 > 会社設立にかかる費用

はじめよう 会社設立!
会社設立にかかる費用
会社設立には「登録免許税」「収入印紙代」「定款認証手続きの手数料」などが必要です。
また、自分で設立する場合と専門家へ設立を依頼した場合とでは、費用も異なってきますので注意しましょう。
①登録免除税
会社の登記を商業登記簿に掲載してもらうためにかかります。 資本金の1000分の7がかかりますが、15万円に満たない場合は15万円です。(15万円を超えるのは資本金を約2142万円以上とした場合です) 消費税2年間免税のメリットを享受できるよう1000万円未満で設立する人が 多いので、ここでは登録免許税は15万と考えます。
②収入印紙代
定款を作成した際、4万円の収入印紙を貼ります。
③定款認証手続きの手数料
定款を公証人に審査してもらう際に5万円の手数料がかかります。
④その他
  •  設立後、法務局で書類を取得する際にかかる費用
  • (銀行や諸官庁へ提出、また取引先へ提出することもあります)
  • 謄本      1通につき 600円 × 必要数
  • 印鑑証明書 1通につき 450円 × 必要数
  •  印鑑代など
ご自分で設立した場合
※定款は書面
 登録免許税 15万円
 収入印紙代 4万円
 定款認証手続きの手数料 5万円
 その他 +α
  合計         24万円+α
設立を弊社に依頼した場合
※電子定款のため印紙代は0円
 登録免許税 15万円
 収入印紙代 0万円
 定款認証手続きの手数料 5万円
 その他 +α
 専門家手数料 2万9,800円(税別)
  合計     22万円9,800円+α
お問い合わせはこちらから!