税理士顧問料・報酬・料金・価格の相場っていくら?|紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士顧問料・報酬・料金・価格の適正価格

最終更新日:2019年06月21日

法人年商1,000万円未満
10,000円~/月

法人と個人事業主の税理士顧問料適正価格

法人と個人事業主では、それぞれ税理士顧問料の相場が異なります。 また、年商・年間売上高、訪問回数(税理士事務所の税理士やスタッフが顧問先を訪問する回数)によっても金額は様々です。 「法人と個人事業主の税理士顧問料適正価格」では、これらの場合の適正価格を記載しています。 新しく税理士と顧問契約をする前や、税理士の変更をご検討中など、皆様の税理士探しの際にお役立てください。
法人が税理士に依頼した時の顧問料の適正価格
年商・年間売上高 訪問回数 料金の目安(税別表示)
年商1,000万円未満 4-6ヶ月に1回 10,000円~/月
決算のみ 100,000円~/年
年商1,000万円以上
3,000万円未満
2ヶ月に1回 20,000円~/月
3-4ヶ月に1回 15,000円~/月
決算のみ 150,000円~/年
年商3,000万円以上
5,000万円未満
毎月1回 25,000円~/月
2ヶ月に1回 20,000円~/月
3-4ヶ月に1回 15,000円~/月
年商5,000万円以上
1億円未満
毎月1回 30,000円~/月
2ヶ月に1回 25,000円~/月
3-4ヶ月に1回 20,000円~/月
年商1億円以上3億円未満 要相談 30,000~50,000円/月
年商3億円以上5億円未満 要相談 35,000円~/月
年商5億円以上10億円未満 要相談 45,000円~/月
年商10億円以上 要相談 50,000円~/月
決算申告業務対応のみでご依頼の場合、年額お支払いとなります。また、金額と内容は事務所により異なります。お気軽にご相談ください。
上記の税理士顧問料の相場表は、 小売業・卸売業、飲食・外食産業、美容業、製造業、貿易業、土木建設・建設業(一人親方など)、不動産業、フランチャイズ(コンビニなど)、ECサイト・ネットショップ、IT・WEBサービス関連、 医療業(病院、クリニックなど)、介護・福祉業、芸能・スポーツ業、教育(学習塾など)、サービス業、農水産・畜産、金融・保険、自営業・個人事業主、その他法人(一般社団法人・公益法人・NPO法人・宗教法人など) に対応しています。その他の業種の方や副業などで確定申告が必要な方もお気軽にご相談ください。
税理士無料紹介はこちら
税理士無料紹介お問い合わせフリーダイヤル
電話番号
個人事業主が税理士に依頼した時の顧問料の適正価格
年商・年間売上高 訪問回数 料金の目安(税別表示)
年商500万円未満 確定申告のみ 70,000~80,000円/年
年商500万円以上
1,000万円未満
3-4ヶ月に1回 10,000円~/月
確定申告のみ 100,000円~/年
年商1,000万円以上
3,000万円未満
2ヶ月に1回 20,000円~/月
3-4ヶ月に1回 15,000円~/月
確定申告のみ 150,000円~/年
年商3,000万円以上
5,000万円未満
毎月1回 25,000円~/月
2ヶ月に1回 20,000円~/月
3-4ヶ月に1回 15,000円~/月
年商5,000万円以上
1億円未満
毎月1回 30,000円~/月
2ヶ月に1回 25,000円~/月
3-4ヶ月に1回 20,000円~/月
年商1億円以上 要相談 30,000円~/月
確定申告対応のみでご依頼の場合、年額お支払いとなります。また、金額と内容は事務所により異なります。お気軽にご相談ください。
上記の税理士顧問料の相場表は、 小売業・卸売業、飲食・外食産業、美容業、製造業、貿易業、土木建設・建設業(一人親方など)、不動産業、フランチャイズ(コンビニなど)、ECサイト・ネットショップ、IT・WEBサービス関連、 医療業(病院、クリニックなど)、介護・福祉業、芸能・スポーツ業、教育(学習塾など)、サービス業、農水産・畜産、金融・保険、自営業・個人事業主、その他法人(一般社団法人・公益法人・NPO法人・宗教法人など) に対応しています。その他の業種の方や副業などで確定申告が必要な方もお気軽にご相談ください。

≫税理士顧問料・報酬・料金・価格についての無料ご相談はこちら
記帳代行を税理士に依頼した場合の料金【仕訳数/料金(税別表示)
~200枚 201~300枚 301~400枚 401~500枚 501枚~
15,000円 20,000円 25,000円 30,000円 35,000円
決算申告料金 給与計算 年末調整
月額顧問料の4~6ヶ月分が目安。 事務所により設定が異なります。 事務所により設定が異なります。

法人と個人事業主の税理士顧問料適正価格

法人と個人事業主では、それぞれ税理士顧問料の相場が異なります。 また、年商・年間売上高、訪問回数(税理士事務所の税理士やスタッフが顧問先を訪問する回数)によっても金額は様々です。 「法人と個人事業主の税理士顧問料適正価格」では、これらの場合の適正価格を記載しています。 新しく税理士と顧問契約をする前や、税理士の変更をご検討中など、皆様の税理士探しの際にお役立てください。
顧問料適正価格【法人の場合】
年商・年間売上高 訪問回数 料金の目安(税別表示)
年商1,000万円未満 4-6ヶ月に1回 10,000円~/月
決算のみ 100,000円~/年
年商1,000万円以上
3,000万円未満
2ヶ月に1回 20,000円~/月
3-4ヶ月に1回 15,000円~/月
決算のみ 150,000円~/年
年商3,000万円以上
5,000万円未満
毎月1回 25,000円~/月
2ヶ月に1回 20,000円~/月
3-4ヶ月に1回 15,000円~/月
年商5,000万円以上
1億円未満
毎月1回 30,000円~/月
2ヶ月に1回 25,000円~/月
3-4ヶ月に1回 20,000円~/月
年商1億円以上
3億円未満
要相談 30,000~50,000円/月
年商3億円以上
5億円未満
要相談 35,000円~/月
年商5億円以上
10億円未満
要相談 45,000円~/月
年商10億円以上 要相談 50,000円~/月
決算申告業務対応のみでご依頼の場合、年額お支払いとなります。また、金額と内容は事務所により異なります。お気軽にご相談ください。
税理士無料紹介はこちら
税理士無料紹介お問い合わせフリーダイヤル
電話番号
上記の税理士顧問料の相場表は、 小売業・卸売業、飲食・外食産業、美容業、製造業、貿易業、土木建設・建設業(一人親方など)、不動産業、フランチャイズ(コンビニなど)、ECサイト・ネットショップ、IT・WEBサービス関連、 医療業(病院、クリニックなど)、介護・福祉業、芸能・スポーツ業、教育(学習塾など)、サービス業、農水産・畜産、金融・保険、自営業・個人事業主、その他法人(一般社団法人・公益法人・NPO法人・宗教法人など) に対応しています。その他の業種の方や副業などで確定申告が必要な方もお気軽にご相談ください。
顧問料適正価格【個人事業主の場合】
年商・年間売上高 訪問回数 料金の目安(税別表示)
年商500万円未満 確定申告のみ 70,000~80,000円/年
年商500万円以上
1,000万円未満
3-4ヶ月に1回 10,000円~/月
確定申告のみ 100,000円~/年
年商1,000万円以上
3,000万円未満
2ヶ月に1回 20,000円~/月
3-4ヶ月に1回 15,000円~/月
確定申告のみ 150,000円~/年
年商3,000万円以上
5,000万円未満
毎月1回 25,000円~/月
2ヶ月に1回 20,000円~/月
3-4ヶ月に1回 15,000円~/月
年商5,000万円以上
1億円未満
毎月1回 30,000円~/月
2ヶ月に1回 25,000円~/月
3-4ヶ月に1回 20,000円~/月
年商1億円以上 要相談 30,000円~/月
確定申告対応のみでご依頼の場合、年額お支払いとなります。また、金額と内容は事務所により異なります。お気軽にご相談ください。
税理士無料紹介はこちら
税理士無料紹介お問い合わせフリーダイヤル
電話番号
上記の税理士顧問料の相場表は、 小売業・卸売業、飲食・外食産業、美容業、製造業、貿易業、土木建設・建設業(一人親方など)、不動産業、フランチャイズ(コンビニなど)、ECサイト・ネットショップ、IT・WEBサービス関連、 医療業(病院、クリニックなど)、介護・福祉業、芸能・スポーツ業、教育(学習塾など)、サービス業、農水産・畜産、金融・保険、自営業・個人事業主、その他法人(一般社団法人・公益法人・NPO法人・宗教法人など) に対応しています。その他の業種の方や副業などで確定申告が必要な方もお気軽にご相談ください。
記帳代行を税理士に依頼した場合の料金
【仕訳数/料金(税別表示)
~200枚15,000円
201~300枚20,000円
301~400枚25,000円
401~500枚30,000円
501枚~35,000円
決算申告料金月額顧問料の
4~6ヶ月分が目安。
給与計算事務所により
設定が異なります。
年末調整事務所により
設定が異なります。
上記の表はあくまでも相場です。年商/年間売上高・規模・訪問回数・記帳状況などによって金額は変わります。詳細はお問い合わせください。
税理士無料紹介はこちら
税理士無料紹介お問い合わせフリーダイヤル
電話番号
税理士顧問料見直し事例
case2
年商1,500万円 飲食店1店舗(個人事業)のお客様
  • 月額顧問料  2万円
  • 決算申告料  10万円
  • 月額顧問料  1万円
  • 決算申告料  8万円
事業がスタートしたばかりで、まずは売り上げを上げなければと、必死に営業。その反面、 経理に時間を割く余裕が無く、手付かずに…。知人から紹介を受けた税理士がついていたものの、年に1回、申告時にまとめて資料を送るのみ。 年に1回書類を作ってもらうだけにしては料金が高いのでは…?と考えていました。 ご紹介いただいた先生は、スタートアップで大変だったこちらの状況を踏まえ、関与頻度を抑えることで、 料金を抑えた提案をしてくれました。これが変更の一番の決め手に。 また、「まずは領収書をまとめるところから始めましょう」と言ってもらったことにも安心しました。 少しずつ経理に対する意欲が湧き、数字に興味を持てるようになったことも良かったと思っています。
現状に沿った関与方法で顧問料削減に成功
case1
年商1億円 Web関連(法人)のお客様
  • 月額顧問料  3万円
  • 決算申告料  15万円
  • 月額顧問料  3万円
  • 決算申告料  15万円
良くも悪くも機械的な対応の税理士。「何かあったら呼んでください」と言われているものの税務の知識が無い為、 何を質問したら良いのかわからない状況でした。ご紹介いただいた税理士はWeb関係の顧問先が多い様子で、 「Web関係の会社からは○○の相談が最近多いですが、御社はどうですか?」と積極的にコミュニケーションを取ってくれました。普段からなんとなくモヤモヤしていたものとぴたりと合致したので、新しい税理士に切り替えよう と決断。日々会計ソフトに入力をし、データを送るという作業はこれまで通りですが、データをもとに提案を いただいたり、良好なコミュニケーションが取れています。 顧問料は同額でも、サービスの質の向上に大変満足しています。
顧問料は据え置きで、サービスの質が大幅にアップ
case3
年商1億5,000万円 製造業(法人)のお客様
  • 月額顧問料  2.5万円
  • 決算申告料  15万円
  • 月額顧問料  2.5万円
  • 記帳代行料  1.5万円
  • 決算申告料  15万円
30年間経理を担当していたスタッフが定年退職。 引き継いで、会計ソフトへの入力など経理業務が出来そうな適任者が見つからず、困っていました。 そこで、会計ソフト入力から代行してくれる税理士に変更することに。面談に臨むと「製造業は現場が命。 面倒な経理業務はこちらに丸投げして、本業に集中してください」と言っていただき、とても安心しました。 報酬は上がりましたが、経理スタッフを雇うことを考えれば全く気にならず、むしろ安く済んでいると思います。 また、月々数万円で、経理業務のプロに実務を依頼できることは非常に心強く、職人たちが本業に集中できる環境も維持でき、良いことばかりでした。
経理実務を丸ごと依頼。新たに経理スタッフを雇うよりコスト減!かつ安心!
case4
年商10億円 建設業(法人)のお客様
  • 月額顧問料  7万円
  • 決算申告料  35万円
  • 月額顧問料  5万円
  • 決算申告料  25万円
先代からの長い付き合いの顧問を思い切って変更することに。 面談した税理士さんは、同年代でやる気のありそうな方。 「現状の手書き帳簿のままだと顧問料が7万円になってしまうが会計ソフトに入力すれば5万円で収まる」との提案をいただきました。 会計ソフト入力すれば顧問料が抑えられるだけでなく、社内でもこまめに数字を把握できるようになりました。 先生が、ミスがないか、何か相談はできないかと毎月会社に来てくれる為、安心して営業に集中することができています。 年間顧問料を抑えることができたにも関わらず、しっかりと節税対策もできており納税額も大幅に減りました。
適正価格で、毎月きちんと打ち合わせ。節税対策もしっかり

税理士顧問料見直しのながれ

ご相談
お電話(0120-024-497)またはメールフォームからお気軽にご相談ください。ご相談受付は年中無休です。
【初めて税理士をつける場合】 税理士顧問契約のご希望(訪問回数や、税理士の業務内容など)と大まかなご予算をお伺いします。 まだご希望やご予算が決定していない場合でも、税理士コーディネーターがお客様に最適な税理士業務内容や料金プランを提案いたします。 税理士紹介サービスを初めてご利用する方でも安心してご相談いただけます。
【税理士の変更をご検討の場合】 税理士報酬を見直したい、金額のわりに対応が良くない、など税理士に関する現在のお悩みをお聞かせください。 ヒアリングを元に、税理士コーディネーターが最適な税理士を選定いたします。 また、お客様のご状況やご希望によっては、現在の税理士とのご契約を継続された方が良いという場合もございます。 その際は税理士コーディネーターからその旨をお伝えし、その上でお一人お一人に合った改善策を提案させていただきます。
税理士の選定
コーディネーターがお客様に適した会計事務所をお探しします。 弊社のご紹介は、税理士の情報を単にデータ化したマッチングではありません。 これまでご紹介した個人・法人様の実際の声や口コミ、担当コーディネーターの日々の情報交換・社内ミーティングにより 最新の事務所の状況をタイムリーに把握し、特徴・得意分野・相性などを含めて比較して、お客様に最適な税理士を選定しています。
税理士とご面談
候補の税理士が決まり次第、ご都合の良い日時・場所で、税理士との面談をセッティングさせていただきます。 実際にご面談いただき、ご状況を税理士にご確認いただくことで、改めて料金面などを摺り合わせが可能です。 ご面談の際に必要な資料は事前にご連絡させていただきます。 ご面談後は、実際にお会いした率直なご感想をお聞かせください。その上で、税理士への料金交渉や税理士の再選定を行います。
ご契約
条件や相性にご満足していただけましたら、税理士とのご契約となります。 ご紹介後も、何かありましたらお気軽にご相談ください。 私たちコーディネーターの仕事は「お客さまのご要望を理解し、先生方のことをよく知った上で仲を取り持つ」という、 人と人とをつないでいく目に見えないものです。 だからこそ「心」を大切に、双方のご相談役としていつまでもお手伝いさせていただきます。
お問い合わせ
必須お名前
必須お電話番号
必須メールアドレス
任意貴社名
任意ご住所(都道府県)
ご住所任意
任意相談項目(複数選択可)
任意ご相談内容

個人情報の取扱いについて

    (1)個人情報の取扱事業者の名称
  1. 株式会社 ビスカス

  2. (2)個人情報の管理者及び連絡先
  3. 個人情報保護管理者 キャスティングコーディネーター 河合 健治
    〒150-0011 東京都渋谷区東3-13-11 A-PLACE恵比寿東 10F
    TEL 03-5774-6734 / FAX 03-5774-6714

  4. (3)個人情報の利用目的
  5. お問い合わせ・相談の受付及び対応に必要な範囲内で取り扱います。

  6. (4)個人情報をご提供いただくことの任意性
  7. 個人情報のご提供は義務的なものではなく、あくまでも任意のものです。ただし、個人情報をご提供いただけない場合には対応に支障が生じることがあります。

  8. (5)個人情報の提供
  9. 本人の同意がある場合及び法令に基づく場合などを除き、個人情報を第三者に提供しません。

  10. (6)個人情報の委託
  11. 個人情報の取扱いを第三者に委託する場合には十分な個人情報保護の水準を満たす者を選定し、契約等によって保護水準を担保します。

  12. (7)個人情報の開示等
  13. 本人から開示対象個人情報について利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加・削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止の求めがあった場合には、遅滞なく対応します。以下の窓口にお申し出ください。
    個人情報苦情・相談問合せ窓口; TEL 03-5774-6734/ FAX 03-5774-6714
このフォームでお客様より送信される個人情報は高い機密性を誇るSSL(Secure Socket Layer)暗号化技術により暗号化されて送信されますので、第三者に情報を見られることはありません。 また、SSL暗号化技術に対してベリサイン社により認証を受けているため、個人情報を送信する前にブラウザによって当サイトの認証の有無を確認することができます。 プロキシサーバーを経由してご覧になっているお客様は、プロキシサーバーの設定によりブラウザーのセキュリティモードをご利用になれないことがあります。
ご入力いただきました情報は、個人情報の取り扱いが適切であると認定された、株式会社ビスカスの個人情報保護方針に基づき取り扱いいたします。

税理士報酬・顧問料の見方

◆税理士報酬・顧問料とは?

税理士に業務を依頼する際に、料金が発生します。この料金を「税理士報酬」「顧問料」と呼びます。
この「税理士報酬」や「顧問料」の金額の決め方は、年商・年間売上高/規模、事業形態、訪問回数などの基準をもとに決定します。
  • 年商・年間売上高/ … 売上が多いほど/規模が大きいほど、金額が高くなります。
  • 事業形態 … 法人か、個人かで金額が異なる場合があります。
  • 訪問回数 … 訪問回数が多い方が金額が高くなります。
また、医療業など、一部の業種では金額がやや高めに設定されている場合があります。

◆顧問契約か決算申告のみかで金額が異なります

税理士との契約の種類は「顧問契約をする場合」と「顧問契約せずに決算申告のみを依頼する場合」の2つがあります。
顧問契約とは、税理士とクライアントとが結ぶ一般的な契約です。
税理士に定期的に訪問してほしい場合は「顧問契約」を選んでください。
決算申告のみの依頼とは、文字通り 決算申告のみ税理士が関わる契約です。
顧問契約と違い、税理士による定期的な関与がありません。
事業規模が小さめの場合や、自社にちゃんとした経理部門がある場合などは、決算申告のみの依頼を選択することもできます。

関連記事:税理士に依頼する場合の報酬の種類 決算申告料と顧問料の違いとは

◆オプションの有無で合計金額が変わります

顧問契約で記帳代行や給与計算といったオプションの業務を依頼するなら、その分の料金も必要です。

◆顧問契約において、決算申告では「顧問料の4~6ヶ月分」が必要

決算申告は、税理士と顧問契約をする際に業務に含まれており、 「毎月支払う顧問料×4~6ヶ月」 の料金が必要です。

税理士探しに役立つ!おすすめガイド

10万件以上の相談実績
税理士へご相談の前に
税理士報酬の決め方
法人の顧問税理士
個人事業主と税理士
税理士と公認会計士の違い
税理士の仕事と役割
自計化とは?