相続に強い税理士を無料でご紹介 相続財産センター

今知りたい!相続お役立ち情報
今知りたい!相続お役立ち情報
認知症の備えとなる「家族信託」とは 成年後見制度との違いやメリット・デメリットを解説

高齢化の進行に伴い、認知症を患う人が右肩上がりに増えています。現在、その比率は65歳以上の約16%と推計されており、2030年には「高齢者の5人に1人が認知症」の時代が到来するといわれます。そうなって困ることの1つが財産管理で、実際詐欺被害などの報告も後を絶ちません。自分が認知症になったときに、家族に財産管理を委ねることができる「家族信託」をご存知でしょうか。その仕組みと、メリット・デメリットなどを解説します。

認知症の備えとなる「家族信託」とは 成年後見制度との違いやメリット・デメリットを解説

記事を読む

“隠し子”に確実に遺産を譲りたい それを可能にする「遺言認知」について解説

婚姻関係にない女性との間に生まれた子どもと法的な親子関係を結ぶためには、認知が必要です。認知していれば、自分の死後、法定相続人として財産を渡すこともできます。しかし、家族に子の存在を知られたくないなどの理由で、それをためらうこともあるでしょう。そんな場合には、遺言書を作成することで、死後に父子関係を生じさせることが可能です。今回は、その「遺言認知」の方法、注意点などについて解説します。

隠し子”に確実に遺産を譲りたい それを可能にする「遺言認知」について解説

記事を読む

孫に財産を譲りたい その方法と注意点を徹底解説します

自分の子どもは、民法に定められた法定相続人です。一方、孫は、原則として相続人ではありません。その孫に自らの財産を譲るには、どうしたらいいのでしょうか? 孫に財産を渡すメリットやその方法、注意点などについて解説します。

孫に財産を譲りたい その方法と注意点を徹底解説します

記事を読む

亡くなった人の“電子マネー”は、相続の対象になるのか

買い物の支払いの手段として、「PayPay」「Suica」といったいわゆる電子マネーが、広く普及しました。ところで、亡くなった人の電子マネーに残高があった場合、それは相続の対象になるのでしょうか? 注意すべき点も併せて解説します。

亡くなった人の“電子マネー”は、相続の対象になるのか

記事を読む

故人への還付金などを受け取ると、相続放棄が認められなくなる!?知っておきたいリスクを解説

被相続人(亡くなった人)が大きな借金を抱えていた場合などには、相続人がそれを背負い込まないために、相続放棄の手続きを取ることがあります。ただ、相続放棄には要件があり、例えば被相続人の財産を…

故人への還付金などを受け取ると、相続放棄が認められなくなる!?知っておきたいリスクを解説

記事を読む

2024年から相続税・贈与税が大きく変わりました これからの贈与で考えるべきこととは

2024年1月から、相続税・贈与税の課税の仕組みが変わったのをご存知でしょうか。これまで贈与といえば、「毎年少しずつ渡していくもの」というイメージがありました。そうすれば、特に申請の必要などもなく、…

2024年から相続税・贈与税が大きく変わりました これからの贈与で考えるべきこととは

記事を読む

株式を相続する方法とは?手続き(名義変更)や評価額、税金について解説

相続財産に株があり、上場株式の場合は被相続人(亡くなった方)の口座がある金融機関に連絡を行い、必要書類を揃え所定の書類に必要事項を記入して返送することで株式の相続(名義変更)が可能です。…

株式を相続する方法とは?手続き(名義変更)や評価額、税金について解説

記事を読む

親族が急に亡くなった 相続発生後にできる相続税対策はあるのか?

相続対策として、財産の贈与をはじめとする生前の準備を実行している人もいるでしょう。ただ、実際には、そうした対策を講じる前に亡くなるケースも珍しくありません。亡くなった後からでも、相続税の節約は可能なのでしょうか?…

親族が急に亡くなった 相続発生後にできる相続税対策はあるのか?

記事を読む

“おひとりさま”が終活で手配しておくべきこと 「死後事務委任契約」について解説

今の日本では、配偶者も子どももいない一人暮らしの高齢者が珍しくありません。日々の暮らしや健康も心配ですが、考えておきたいのは、亡くなったときのこと。例えば、死亡届の提出や遺品の整理は、…

“おひとりさま”が終活で手配しておくべきこと 「死後事務委任契約」について解説

記事を読む

相続の手続きの期限一覧をチェックしよう!期限を過ぎたらどうなる?

身近な人が亡くなると、葬儀の手配や各種届け出に加え相続の手続きを行います。例えば被相続人(亡くなった方)の相続財産が負債のみで放棄を希望する際には、3カ月以内に相続放棄の手続きをします。…

相続の手続きの期限一覧をチェックしよう!期限を過ぎたらどうなる?

記事を読む

亡くなった人が借金の連帯保証人になっていた 相続人にその立場は引き継がれるのか

親が亡くなったので相続手続きを進めていたら、知人の借金の連帯保証人になっていたことが判明した――。十分ありえる話です。この場合、子どもはその連帯保証も相続することになるのでしょうか?…

亡くなった人が借金の連帯保証人になっていた 相続人にその立場は引き継がれるのか

記事を読む

遺産に「外貨預金」が含まれていたら 相続の方法、注意点について解説

長引く低金利の環境もあって、資産運用に対する関心が高まりました。その1つとして注目されているものに、海外の通貨に「投資」する「外貨預金」があります。その結果、遺産(相続財産)に外貨預金が含まれるケースも増えている…

遺産に「外貨預金」が含まれていたら 相続の方法、注意点について解説

記事を読む

相続税の課税対象となる「相続財産」とは?「遺産になるもの・ならないもの」を解説

被相続人(亡くなった人)の残した遺産(相続財産)にかかるのが、相続税です。当然、相続財産が多いほど、支払う税金の金額も大きくなるのですが、意外なものが遺産にカウントされたりするケースもありますから、要注意。…

相続税の課税対象となる「相続財産」とは?「遺産になるもの・ならないもの」を解説

記事を読む

子どもへのお年玉、小遣いに税金はかかる? 生前贈与のポイント、注意点を解説

子どもにお金などの財産を渡すと、場合によっては贈与税がかかることは、ご存じだと思います。では、正月にあげるお年玉や、毎月の小遣いのようなものも課税対象になるのでしょうか? 2024年からは課税の仕方も変わる贈与税について、…

スタートした消費税のインボイス制度 相続で事業を承継したらどうなる? どうすべき?

記事を読む

スタートした消費税のインボイス制度 相続で事業を承継したらどうなる? どうすべき?

2023年10月から、消費税のインボイス制度がスタートしました。インボイス発行事業者になるためには登録が必要ですが、相続で事業を受け継いだ場合には、どのような扱いになるのでしょうか。課税事業者になるのかならないのかなど、…

スタートした消費税のインボイス制度 相続で事業を承継したらどうなる? どうすべき?

記事を読む

相続手続に必要な「残高証明書」とは 取得の方法やその際の注意点も解説

相続の手続きを進める際には、多くの場合、被相続人(亡くなった人)の預貯金や金融商品の残高証明書が必要になることがあります。通帳や入出金記録とどう違うのか、具体的にどのように使われるのか、証明書の取得方法や発行を受ける際の注意点などと併せて解説します。…

相続手続に必要な「残高証明書」とは 取得の方法やその際の注意点も解説

記事を読む

亡くなった人の投資信託は「相続財産」です。相続の流れ、遺産分割の注意点などについて解説

「つみたてNISA」の普及などにより、運用商品としての投資信託の知名度も高まりました。ところで、被相続人(亡くなった人)が投資信託を保有していた場合、それが相続税課税対象の財産にカウントされることは、ご存知でしょうか。…

亡くなった人の投資信託は「相続財産」です。相続の流れ、遺産分割の注意点などについて解説

記事を読む

遺族厚生年金の受給資格をご存知ですか?男女格差是正に向けた「夫の55歳ルール」見直しとは

家計を支えていた人が亡くなったとき、残された家族に支給されるのが「遺族年金」です。このうち、亡くなった人がサラリーマンや公務員などの場合に支給される「遺族厚生年金」の受給資格の見直しが議論に上っています。…

遺族厚生年金の受給資格をご存知ですか?男女格差是正に向けた「夫の55歳ルール」見直しとは

記事を読む

デジタル遺言制度とは?現行制度との違いとメリットは

日本でデジタル遺言制度を導入する可能性があるのをご存じでしょうか。今まで遺言と言えば紙で残す必要がありましたが、この制度が導入されれば、誰でもパソコンやスマホで遺言を残すことが可能です…

デジタル遺言制度とは?現行制度との違いとメリットは

記事を読む

2024年の改正で生前贈与の加算期間、相続開始3年前から7年前に延長!相続税対策、何をすれば良い?

相続税の課税対象となる相続財産にプラスされる生前贈与が、相続開始3年前から7年前に延長されます。2024年1月1日からの贈与に対して適用されますが、段階的に施行され緩和措置があります。実質相続税が増税といわれていますが、相続税対策はどうすれば良いのでしょうか?…

2024年の改正で生前贈与の加算期間、相続開始3年前から7年前に延長!相続税対策、何をすれば良い?

記事を読む

死んだら財産を寄付したい。その望みをかなえる「遺贈寄付」とは? 注意点も含めて解説

自分は“おひとりさま”で、亡くなっても財産を渡す親族がいない。ぜひ遺産を寄付したい団体がある――。そうしたケースでは、「遺贈寄付」を行う、という方法があります…

死んだら財産を寄付したい。その望みをかなえる「遺贈寄付」とは? 注意点も含めて解説

記事を読む

亡くなった親族の預貯金を引き出すことは可能?遺産分割前に払戻しが受けられる制度があります

ある人が亡くなった場合、その人の預貯金は、原則として遺産分割が終わるまで、特定の相続人が単独で引き出すことはできません。 無理に引き出そうとしても…

亡くなった親族の預貯金を引き出すことは可能?遺産分割前に払戻しが受けられる制度があります

記事を読む

相続は遺産が少ない場合でも調停・訴訟に発展する?もめないための対策8つ

相続では、遺産が少ない場合もトラブルに発展してしまう事例があります。2021年の司法統計年報によると、遺産分割調停のうち遺産額が5,000万円以下の相続は全体の76.7%に上ります…

認知症で口座が凍結されたらどうなる? 事前準備も併せて解説

記事を読む

相続に強い税理士無料相談はこちら
税理士無料紹介
お問い合わせフリーダイヤル
電話番号