相続に強い税理士を無料でご紹介 相続財産センター

今知りたい!相続お役立ち情報
今知りたい!相続お役立ち情報
2024年4月から「相続登記」が義務化へ!法改正以前の不動産も対象に!

「相続登記」の義務づけなどを内容とした「民法等の一部を改正する法律」「相続等により取得した土地所有権の国庫への帰属に関する法律」が国会で成立しました。全国で増え続けている「所有者不明土地」対策を目的としたものですが、登記を怠ると…

2024年4月から「相続登記」が義務化へ!法改正以前の不動産も対象に!

記事を読む

「相続関係説明図」の必要性とメリット、作成の方法について解説

「相続関係説明図」と聞いても、初耳だという方が多いのではないでしょうか。ひとことで言えば、被相続人(亡くなった人)と相続人を一覧にした「家系図」のようなものなのですが、実際にはどのように使われるのでしょうか?…

「相続関係説明図」の必要性とメリット、作成の方法について解説

記事を読む

相続で認められる寄与分・特別寄与料とは?時効はある?

相続における「寄与分」「特別寄与料」をご存知ですか?言葉を聞くと、なんとなく「長年親の介護をしてきた人が、多く遺産をもらえる仕組み」といったイメージですが、実際の要件はどうなっているのでしょうか?また、もらう際に時効はあるのでしょうか?…

相続で認められる寄与分・特別寄与料とは?時効はある?

記事を読む

相続人に未成年者がいる時、相続手続きで注意すべきポイントは?

相続人の中に未成年者が含まれる場合、通常の相続に比べ注意点があります。 しかし、高齢の親を見送っての相続に比べ、このケースでは相続人が若いことが比較的多く、十分な心構えができないままの手続開始となるおそれがあります。…

相続人に未成年者がいる時、相続手続きで注意すべきポイントは?

記事を読む

「相続対策のマンション購入」に最高裁が“NO” 相続税の節税に不動産は使えなくなる!?

生前に不動産を購入すれば、相続税が節税できます――。相続関連の書籍でもネット上でも、当たり前のように“指南”されている相続対策ですが、それを「否定」する最高裁の判決が出て、大きなニュースになりました…

「相続対策のマンション購入」に最高裁が“NO” 相続税の節税に不動産は使えなくなる!?

記事を読む

海外に住む相続人が遺産を受け取ったら相続税はどうなる?

生活スタイルが多様化し、海外で生活する人も増えています。ところで、そうした状況で日本にいる親が亡くなって遺産を受け取った場合、やはり日本の相続税が課税されるのでしょうか?…

海外に住む相続人が遺産を受け取ったら相続税はどうなる?

記事を読む

包括遺贈と特定遺贈の違いとは?それぞれのメリット・デメリットを解説

遺言の方法には、「包括遺贈」と「特定遺贈」があるのをご存知でしょうか?意思を確実に実現させるために、知っておきたいその違いと注意点を解説します…

包括遺贈と特定遺贈の違いとは?それぞれのメリット・デメリットを解説

記事を読む

相続税の課税割合がジワリ上昇、9%に接近!遺産の内訳では「土地」と「現預金」が拮抗

さきごろ国税庁が公表した2020年分の相続税の「申告事績」によると、課税割合(相続税が発生する相続の割合)が8.8%まで高まりました被相続人(亡くなった人)1人当たりの相続税額は、1,700万円あまりとなっています…

相続税の課税割合がジワリ上昇、9%に接近!遺産の内訳では「土地」と「現預金」が拮抗

記事を読む

相続税、贈与税にもある税務調査 どこに注意したらいいのか?

「税務調査」と聞くと、会社などの事業に関連して行われるもの、というイメージを持たれる方がいるかもしれませんが、もちろん相続税や贈与税といった個人の申告も対象です。もし、そこで「申告漏れ」などが発覚すると…

相続税、贈与税にもある税務調査 どこに注意したらいいのか?

記事を読む

「事故物件」の不動産を相続することになったら?リスクと対処法を解説

事件・事故による死や自殺、孤独死などが起こった不動産は「事故物件」と呼ばれます。芸能人・芸人やYouTuberがあえてその事故物件に住んでみた…といった企画もある昨今ですが、親族が所有していた事故物件を相続することになった人にとっては…

「事故物件」の不動産を相続することになったら?リスクと対処法を解説

記事を読む

相続対策としての「資産管理会社」そのメリットと注意点を解説

不動産などの高額の資産がある場合、悩ましいのが相続です。講じる対策によって、支払う相続税の額には大きな差が出ます。そんな相続対策の1つに「会社を設立して資産を移す」という方法があります…

相続対策としての「資産管理会社」そのメリットと注意点を解説

記事を読む

相続人がいない「おひとりさま」の遺産はどうなる?生前にできることは?

少子化や未婚率の上昇などに伴い、家族のいない「おひとりさま」が増えています。そういう方が相続を迎えると、相続人がいない状態に置かれることになります(「相続人不存在」と言います)。このような場合、遺産はどうなるのでしょうか?…

相続人がいない「おひとりさま」の遺産はどうなる?生前にできることは?

記事を読む

財産管理を家族に託す「家族信託」とは?メリットとデメリット、注意点を解説

例えば親が認知症になると、その預金口座が凍結されて、子どもが親のためにお金を下ろそうと思ってもできなくなることがあります。そうした困った事態に備える「家族信託」をご存知でしょうか?…

財産管理を家族に託す「家族信託」とは?メリットとデメリット、注意点を解説

記事を読む

亡くなった親が税金を滞納していた!子どもに支払い義務はある?

被相続人(亡くなった人)が借金をしていた場合、その債務も相続の対象になる、すなわち相続人が弁済しなくてはならないということはご存知の方も多いと思います。では、税金の滞納があった場合、相続人はそれを引き継がなくてはならないのでしょうか?…

亡くなった親が税金を滞納していた!子どもに支払い義務はある?

記事を読む

相続に強い税理士無料相談はこちら
税理士無料紹介
お問い合わせフリーダイヤル
電話番号