会社設立の流れ | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 会社設立 > 会社設立の流れ

はじめよう 会社設立!
会社設立の流れ
大まかな会社設立の流れを説明します。 どんな作業や手続きが必要なのかを頭に入れて、計画的に設立を進めましょう。
①会社の概要の決定
会社の設立を進める上での必要な事項を決めます。
決めなければならない会社の概要
発起人、役員、商号、本店所在地、事業目的、資本金額、事業年度、 発行株式の総数や金額 など
②類似商号、事業目的の適否チェック
同一の住所に同一の商号が既に存在していないか、事業目的が法律で規制されたものでないかを、会社の本店所在地を管轄する法務局でチェックします。
③印鑑の作成および印鑑証明書の取得
これから会社を運営していく上で必要になる各種印鑑を作成しましょう。また、以後の手続きに必要なりますので、発起人や代表取締役等の印鑑証明書も取得しておきましょう。
④定款の作成
定款とは会社の基本的なルールを記載した書類のことです。 詳しくは「定款ってどういうもの?」で説明します。
⑤定款認証
定款の作成が済んだら公証役場で定款の認証を受けます。
⑥金融機関へ資本金の払い込み
定款に定めた出資額(資本金)を出資者の名義で振り込みます。
振り込んだ際、その通帳の表紙、裏表紙(支店名等が記載されているページ)、入金の確認が取れるページのコピーを取り資本金が振り込まれたことを証明する「払込証明書」を作りましょう。
⑦法務局への登記申請
本店所在地を管轄する法務局へ登記申請を行います。
⑧会社設立後の諸届け
税務署や社会保険事務所などへ各種届け出を行います。
設立完了!
お問い合わせはこちらから!