収入金額等・所得金額の計算 │ 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 確定申告 > 確定申告書の書き方 > 収入金額等、所得金額の計算

確定申告

最新の情報は国税庁のホームページをご覧ください。

収入金額等、所得金額の計算

給与所得

給与や賃金、賞与などの所得です。

第一表

「ア:給与」
給与所得の源泉徴収票の「支払金額」を記入します。

「ア:給与」

「1:給与」
給与所得の源泉徴収票の「給与所得控除後の金額」を記入します。

「1:給与」

第二表

「所得の内訳(源泉徴収税額)」欄に該当事項を記入します。

「所得の内訳(源泉徴収税額)」

雑所得

他の所得に当てはまらない次のような所得です。
(公的年金等:国民年金、厚生年金、恩給、など  その他:原稿料、講演料、印税、賃金の利子など)

第一表

「イ:雑/公的年金等」
公的年金等の源泉徴収票の「支払金額」を記入します。
「ウ:雑/その他」
その他の雑所得の合計から必要経費を引いた値を記入します。

「公的年金等」「その他」

「2:雑」
「イ:公的年金等」の金額について、金額、年齢による一定の計算を行った値を記入します。

「雑」

第二表

「所得の内訳(源泉徴収税額)」欄、 「雑所得(公的年金等以外)・配当所得・一時所得に関する事項」欄に該当事項を記入します。

「所得の内訳(源泉徴収税額)」

「雑所得(公的年金等以外)・配当所得・一時所得に関する事項」

配当所得

株主や出資者が法人から受ける余剰金の配当や、投資信託や特定受益証券発行信託の収益の分配などの所得です。

第一表

「エ:配当」
配当等の収入金額の合計を記入します。

「エ:配当」

「3:配当」
「エ:配当」から負債の利子を引いた値を記入します。

「3:配当」

第二表

「所得の内訳(源泉徴収税額)」欄、 「雑所得(公的年金等以外)・配当所得・一時所得に関する事項」欄、 「住民税に関する事項」欄に該当事項を記入します。

「所得の内訳(源泉徴収税額)」

「雑所得(公的年金等以外)・配当所得・一時所得に関する事項」

「住民税に関する事項」

一時所得

臨時・偶発的なもので対価性のない所得です。
(賞金や懸賞の当選金、競馬などの払戻金、生命保険の一時金や損害保険の満期払戻金など)

第一表

「オ:一時」
一時所得の金額(一時所得の収入金額から、「収入を得るために支出した金額」と「特別控除額の50万円」を引いた値)を記入します。
マイナスの場合は0になります。

「オ:一時」

「4:一時」
オに0.5をかけた値を記入します。

「④:一時」

第二表

「雑所得(公的年金等以外)・配当所得・一時所得に関する事項」欄に該当事項を記入します。

「雑所得(公的年金等以外)・配当所得・一時所得に関する事項」

所得金額の合計

これまで記入した「所得金額」の合計です。第一表のみです。

第一表

「5:合計(1+2+3+4)」
「1:給与」~「4:一時」までの金額を合計し、「5:合計」に記入します。

「5:合計(1+2+3+)」

|

確定申告のご相談はこちら

メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!