その他・延納の届出・税金の受け取り場所 │ 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 確定申告 > 確定申告書の書き方 > その他・延納の届出・税金の受け取り場所

確定申告

最新の情報は国税庁のホームページをご覧ください。

その他・延納の届出・税金の受け取り場所

配偶者の合計所得金額

配偶者特別控除を受ける場合(第一表13欄を記入している場合)に記入する欄です。
配偶者の合計所得金額を記入します。

第一表

「33:配偶者の合計所得金額」
配偶者の所得金額の合計を記入します。

「33:配偶者の合計所得金額」

雑所得・一時所得の源泉徴収税額の合計額

源泉徴収税額(第一表30欄の金額)に記入した税額のうち、雑所得、一時所得の金額に対する源泉徴収税額がある場合、その合計額を記入します。

第一表

「34:雑所得・一時所得の源泉徴収税額の合計額」
雑所得と一時所得の源泉徴収税額の合計額を記入します

「34:雑所得・一時所得の源泉徴収税額の合計額」

未納付の源泉徴収税額

税金が還付となる場合(第一表32欄「還付される税金」を記入している場合)、以下の条件を満たしていれば記入が必要となります。

・給与などの支払者にまだ払ってもらっていない、給与などの収入金額がある
・その収入金額に対する源泉徴収額について、給与などの支払者が未納付のものがある

第一表

「35:未納付の源泉徴収税額」
未払いとなっている収入金額に対する源泉徴収額のうち、未納付の金額を記入します。

「35:未納付の源泉徴収税額」

延納の届出

確定申告で納める税金を延納する場合に記入します。
確定申告により納付する税金(第一表31欄)の2分の1以上を申告期限までに納付すれば、残りの額を延納することができます。
延納期間中は利子税がかかります。

第一表

「36:申告期限までに納付する金額」
確定申告により納める税金(第一表31欄の金額)から延納届出額を引いた値を入力します。

「36:申告期限までに納付する金額」

「37:延納届出額」
延納したい税金の金額(「第一表31欄:納める税金」の金額の2分の1未満の金額)を記入します。

「37:延納届出額」

還付される税金の受け取り場所

税金が還付となる場合(第一表32欄「還付される税金」を記入している場合)、還付される税金を振り込んでもらう口座の情報を記入します。
名義が申告者本人の氏名のみの口座であることが必要です。

第一表

「還付される税金の受け取り場所」欄に、振込を希望する口座の情報を記入します。

・銀行などの預金口座の場合
 銀行名、支店名を記入します。
「預金種類欄」の該当する預金種類に丸印をつけます。
「口座番号 記号番号欄」に口座番号のみを左詰めで記入します。

・ゆうちょ銀行の貯金口座の場合
「口座番号 記号番号欄」に記号番号のみを左詰めで記入します。

「還付される税金の受け取り場所」

|

確定申告のご相談はこちら

メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!