税金Q&A 遺産が未分割である場合の議決権割合の判定 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 遺産が未分割である場合の議決権割合の判定

税金Q&A

遺産が未分割である場合の議決権割合の判定
【Q】

相続人間で遺産分割協議が整っていない状況で、取引相場のない株式を評価する場合、各相続人に適用されるべき評価方式を判定するに当たって、基礎となる「株式取得後の議決権の数」はどのようになるのでしょうか。

【A】

各相続人ごとに、所有する株式数にその未分割の株式数の全部を加算した数に応じた議決権数とします。

(理由)
取引相場のない株式は、純資産価額方式、類似業種比準方式又はこれらの併用方式により評価することを原則としています(原則的評価方式)が、少数株主が取得した株式については、特例的な措置として配当還元方式により評価することとしています(特例的評価方式)。
遺産未分割の状態は、遺産の分割により具体的に相続財産を取得するまでの暫定的、過渡的な状態であり、将来、各相続人等がその法定相続分等に応じて確定 的に取得するとは限りません。そこで、その納税義務者につき特例的評価方式を用いることが相当か否かの判定は、当該納税義務者が当該株式の全部を取得する ものとして行う必要があります。


なお、「第1表の1 評価上の株主の判定及び会社規模の判定の明細書」の(1.株主及び評価方式の判定)の「イ株式数(株式の種類)」欄には、納税義務者が有する株式(未分割の株式を除く。)の株式数の上部に、未分割の株式の株式数を未と表示の上、外書で記載し、納税義務者が有する株式の株式数に未分割の株式の株式数を加算した数に応じた議決権数を「ロ議決権数」に記載します。また、「納税義務者の属する同族関係者グループの議決権の合計数(⑤(②/④))」欄には、納税義務者の属する同族関係者グループが有する実際の議決権数(未分割の株式に応じた議決権数を含む。)を記載します。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!