定款とは? | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

会社設立

定款ってどういうもの?
定款の作成
定款とは会社の組織や運営方法、資本金など会社の基本的なルールを定めた「会社の憲法」と呼ばれるとても重要なものです。株式会社を設立する場合には必ず作成します。
定款は発起人により作成され、署名、捺印をして、公証役場の認証を受けなければなりません。
会社設立時に作成された定款を「原始定款」と言い、設立の登記をする際に必要になります。
電子定款とは
従来のように定款を書面で作成すると、4万円の収入印紙を貼らなくてはなりません。
しかし定款を書面ではなく電子文書として作成した場合は収入印紙を貼る必要がありません。
ただし、電子文書で定款を作るには電子証明書の発行を受けたり、特別なソフトの購入費用として別途、約10万円を負担することになります。
個人の方で電子文書の定款を作成するのはあまり現実的ではないでしょう。
定款の認証とは?
定款は、作成しただけでは法律的に効力を持つ書類とは認められません。
従って、定款を作成した後、法的効果のある書類にするために「認証」という手続きが必要になります。
手続きは公証役場で行いますが、どこの公証役場でもいいわけではありません。
本店所在地を管轄する公証役場へ行きましょう。
定款の作成
電子定款の記載事項
絶対的記載事項
必ず定款に記載しなければならない事項です。「絶対的記載事項」が一つでも抜けていると定款が無効になってしまうので気を付けましょう。
  • ・会社の事業目的
  • ・商号
  • ・設立の際の出資額又は最低額
  • ・本店(本社)の所在地
  • ・発起人の氏名と住所
  • ・発行予定の株式総数
相対的記載事項
必ず定款に記載しなければいけない事項ではないですが、定款に記載することによって法的効力が生じる事項です。
  • ・変態設立事項
  • ・株式の譲渡制限に関する規定
  • ・取締役の任期延長
  • ・取締役、監査役の員数  など
任意記載事項
記載しても法的な効力はありません。
記載しなくてもいい事項ですが、経営上明確にしておいたほうがいい内容があれば記載します。
  • ・事業年度
  • ・定時株主総会の収集時期  など
定款作成のポイント
 「絶対的記載事項」「相対的記載事項」を必ず記載しましょう。
 発起人全員が記名し、押印しましょう。
 公証役場への提出用、設立登記申請用、会社保存用として、1通ずつ、計3通作成しましょう。
 手書きでもパソコンなどで作っても構いませんが、手書きの場合は鉛筆は使えません
 訂正箇所は二重線で消し、正しい文字を上に記入します。
 また、何字削除し何字追加したかをページ上部に記載し、発起人全員の捨印を押す必要があります。
参考:定款のサンプル
1章
定款サンプル 1章
2章
定款サンプル 2章
3章
定款サンプル 3章
4~5章
定款サンプル 4~5章
6章
定款サンプル 4~5章
税理士無料紹介はこちら
税理士無料紹介お問い合わせフリーダイヤル
電話番号