給与所得の源泉徴収事務 給与所得の範囲 特殊な給与の取扱い1-9 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 給与所得の源泉徴収事務 給与所得の範囲 特殊な給与の取扱い1-9

源泉所得税関係情報

給与所得の源泉徴収事務

給与所得の範囲 特殊な給与の取扱い1-9

(9)労働基準法等の規定による各種補償金
次に掲げる補償金は、課税されません(所法9①三イ)。


イ 労働基準法第8章 災害補償 の規定により受ける療養の給付や費用、休業補償、障害補償、打切補償、分割補償(障害補償の部分に限ります。)、遺族補償及び葬祭料(所令20①二、所基通9−1)。


ロ 船員法第10章 災害補償 の規定により受ける療養の給付や費用、傷病手当、予後手当、障害手当(所令20①三)。


(注)

労働基準法第76条第1項に定める割合を超えて休業補償を行った場合であっても、その休業補償については課税されません(所基通9−24)。

※2010年1月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!