給与所得の源泉徴収事務 6給与所得に対する源泉徴収1-4 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 給与所得の源泉徴収事務 6給与所得に対する源泉徴収1-4

源泉所得税関係情報

給与所得の源泉徴収事務

6給与所得に対する源泉徴収1-4

(設例)
イ 給与の支給額(月額) 270,700円
ロ 給与から控除する社会保険料等 34,548円
ハ 控除対象配偶者なし
ニ  扶養親族2人(うち1人が障害者に該当)
ホ 本人が寡婦に該当

(説明)
① 社会保険料等控除後の給与等の金額は、236,152円(270,700円−34,548円)となります。
② 月額表の「その月の社会保険料等控除後の給与等の金額」欄で、236,152円が含まれている「236,000円以上239,000円未満」の行を求め、その行と「甲」欄の「扶養親族等の数」が「4人」の欄との交わるところをみると、「0」となっていますから、この例の場合は、源泉徴収をする税額はありません。
ロ 「給与所得者の扶養控除等申告書」を提出していない人の場合
① まず、社会保険料等控除後の給与等の金額を計算します。
② ①により求めた金額に応じて、月額表の「その月の社会保険料等控除後の給与等の金額」欄の当てはまる行を求めます。その行と「乙」欄との交わるところに記載されている金額が、その求める税額です。

(設例)
イ 給与の支給額(月額)83,900円
ロ 給与から控除する社会保険料等なし

(説明)
① 給与から控除する社会保険料等がありませんので、支給額83,900円がそのまま社会保険料等控除後の給与等の金額になります。
② 月額表の「その月の社会保険料等控除後の給与等の金額」欄で、83,900円が含まれている「88,000円未満」の行を求め、その行と「乙」欄との交わるところをみると、「その月の社会保険料等控除後の給与等の金額の3%に相当する金額」となっていますから、
2,517円(83,900円×3%)が、その求める税額です。
ハ 「従たる給与についての扶養控除等申告書」を提出している人の場合
① まず、社会保険料等控除後の給与等の金額を計算します。
② ①により求めた金額に応じて、月額表の「その月の社会保険料等控除後の給与等の金額」欄の当てはまる行を求めます。その行と「乙」欄との交わるところに記載されている金額を求めます。
③ ②により求めた金額から「従たる給与についての扶養控除等申告書」により申告されている扶養親族等の数に応じ、扶養親族等1人につき1,580円を控除した金額が、その求める税額です。

※2010年1月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!