給与所得の源泉徴収事務 6給与所得に対する源泉徴収2-6 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 給与所得の源泉徴収事務 6給与所得に対する源泉徴収2-6

源泉所得税関係情報

給与所得の源泉徴収事務

6給与所得に対する源泉徴収2-6

(設例)
イ 前月の給与(社会保険料等なし) 132,200円
ロ 賞与の金額(計算期間は6か月) 1,539,000円
ハ 賞与から控除する社会保険料等なし
ニ 従たる給与から控除する扶養親族1人

(説明)
① 賞与から控除する社会保険料等がありませんから、賞与の金額1,539,000円を6で除した金額256,500円と前月中の社会保険料等控除後の給与等の金額132,200円との合計額388,700円を求めます。
② 月額表の乙欄によって、①により求めた合計額388,700円について税額75,700円を求め、この税額から1,580円(従たる給与から控除する扶養親族1人分)を控除した金額74,120円を求めます。
③ 月額表の乙欄によって、前月中の社会保険料等控除後の給与等の金額132,200円について税額5,900円を求め、この金額から1,580円(従たる給与から控除する扶養親族1人分)を控除した金額4,320円を求めます。
④ ②により求めた金額74,120円から③により求めた金額4,320円を控除した金額69,800円を6倍した金額418,800円が、その賞与に対する源泉徴収税額です。

※2010年1月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!