公的年金等の源泉徴収事務 Ⅰ公的年金等の雑所得の金額 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 公的年金等の源泉徴収事務 Ⅰ公的年金等の雑所得の金額

源泉所得税関係情報

公的年金等の源泉徴収事務

Ⅰ公的年金等の雑所得の金額

公的年金等に係る雑所得の金額は、その年中の公的年金等の収入金額から受給者の年齢や公的年金等の収入金額に応じた公的年金等控除額を控除した残額とされています(所法35②一)。


公的年金等控除額は、次のとおりです(所法35④、措法41の15の3)。

 受給者の区分  その年中の公的年金等の収入金額A  控除額
 年齢65歳以上の人  330万円以下  120万円
 330万円超 410万円以下  A×25% + 37万5,000円
 410万円超 770万円以下  A×15% + 78万5,000円
 770万円超  A×5% +155万5,000円
 年齢65歳未満の人  130万円以下  70万円
 130万円超 410万円以下  A×25% + 37万5,000円
 410万円超 770万円以下  A×15% + 78万5,000円
 770万円超  A×5% +155万5,000円

(注)

受給者の年齢が65歳未満であるかどうかの判定は、その年の12月31日における年齢により判定することとされています(措法41の15の3④)。

※2010年1月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!