公益法人等が普通法人に移行する場合の所要の調整 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 公益法人等が普通法人に移行する場合の所要の調整

法人税関連情報

公益法人等が普通法人に移行する場合の所要の調整

公益法人等が普通法人に移行

公益社団法人・公益財団法人又は非営利型法人が非営利型法人以外の法人に該当することとなった場合には、過去の収益事業以外の事業から生じた所得の累積額(以下「累積所得金額」といいます。)を益金の額に算入することとなります(法64 の4)。

【算式】益金に算入すべき額(累積所得金額)= 資産の帳簿価額 - 負債帳簿価額等

(注)
1 上記算式により計算した金額がマイナス(累積欠損金額)となる場合には、損金の額に算入します。
2 負債帳簿価額等とは、負債の帳簿価額及び利益積立金額の合計額をいいます。

(注)
1 特例民法法人が一般社団法人・一般財団法人に移行する場合において、その一般社団法人・一般財団法人が非営利型法人でないときについても対象となります。

2 特例民法法人は、一般社団法人・一般財団法人への移行認可の申請に当たり、移行時の純資産額を基礎として算定した公益目的財産額に相当する金額を公益の目的のために消費していく計画(公益目的支出計画)を作成することになっています(整備法119)。
この公益目的支出計画の実施が完了したことの確認を受けていない法人にあっては、移行日以後に公益の目的のために支出される修正公益目的財産残額を累積所得金額から控除することとされています(法64 の4③、令131 の5①三)。
※ この場合には、確定申告書に明細の記載及び一定の書類の添付が必要となります。下記の3及び4において同じです(法64 の4④)。

3 公益社団法人・公益財団法人が行政庁から認定の取消しを受けたことにより非営利型法人以外の法人に該当することとなった場合には、当該取消しの日以降に公益目的のために支出されることが義務付けられている公益目的取得財産残額を累積所得金額から控除することとされています(令131 の5①一)。

4 公益社団法人・公益財団法人又は非営利型法人が非営利型法人以外の法人に合併(適格合併)される場合には、被合併法人である公益社団法人・公益財団法人又は非営利型法人について上記の算式により計算した金額を、合併法人の所得の金額の計算上、益金の額又は損金の額に算入することとなります(法64 の4②)。なお、被合併法人が公益社団法人・公益財団法人である場合には、その合併の直前の公益目的取得財産残額を累積所得金額から控除する等の一定の調整を行うこととされています(令131 の5①二、四)。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!