損益計算書等の提出制度 損益計算書等提出に当たっての注意事項 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 損益計算書等の提出制度 損益計算書等提出に当たっての注意事項

法人税関連情報

損益計算書等の提出制度

損益計算書等提出に当たっての注意事項

イ 提出する損益計算書等の内容等
A 提出する損益計算書等は、事業収益又は事業収入について事業の種類ごとに収益又は収入が区分されている必要があります。また、勘定科目は事業の内容に見合ったものとしてください。
なお、損益計算書等を他の法令により作成している場合には、その損益計算書等を提出して差し支えありませんが、それが事業の種類ごとの収益又は収入の金額を区分記載したものでない場合には、区分記載した明細書を添付してください。


B 損益計算書等には、年間の収入金額の合計額が8,000万円以下であるかどうかの判定に含めない収入(資産の売却による収入で臨時的なもの)も記載する必要があります。


ロ 提出する損益計算書等に記載すべき事項
次の事項は必ず記載してください。
① 公益法人等の名称及び主たる事務所の所在地
② 代表者の氏名
③ 事業年度の開始及び終了の日
④ その他参考となるべき事項

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!