報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書 提出する必要がある者 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書 提出する必要がある者

法定調書関連情報

報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書

提出する必要がある者

平成21年中に所得税法第204条第1項各号並びに所得税法第174条第10号及び租税特別措置法第41条の20に規定されている報酬、料金、契約金及び賞金(以下「報酬、料金等」といいます。)を支払った者です。

区分 提出範囲
(1)外交員、集金人、電力量計の検針人及びプロボクサーの報酬、料金 同一人に対する平成21年中の支払金額の合計が50万円を超えるもの
(2)バー、キャバレー等のホステス、バンケットホステス、コンパニオン等の報酬、料金
(3)社会保険診療報酬支払基金が支払う診療報酬 同一人に対する平成21年中の支払金額の合計が50万円を超えるもの
ただし、国立病院、公立病院、その他の公共法人等に支払うものは提出する必要はありません。
(4)広告宣伝のための賞金 同一人に対する平成21年中の支払金額の合計が50万円を超えるもの
(5)馬主が受ける競馬の賞金 平成21年中の1回の支払賞金額が75万円を超えるものの支払を受けた者に係るその年中のすべての支払金額
(6)プロ野球の選手などが受ける報酬及び契約金 同一人に対する平成21年中の支払金額の合計が5万円を超えるもの
(7)(1)から(6)以外の報酬、料金等
※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!