税金Q&A その86 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧

税金Q&A

最初へ 前へ 082 083 084 085 086 087 088 089 090 091 次へ 
特定居住用宅地等の要件の一つである「相続開始時から申告期限まで引き続き当該家屋に居住していること」の意義
租税特別措置法第69条の4第3項第2号ロに規定する「相続開始の直前において当該被相続人の居住の用に供されていた家屋」の範囲
単身赴任中の相続人が取得した被相続人の居住用宅地等についての小規模宅地等の特例
特定同族会社に貸し付けられていた建物が相続税の申告期限までに建て替えられた場合の小規模宅地等の特例
20億円未満要件の判定にあたっての特定同族会社株式等の範囲
特定同族会社株式等に係る特例適用限度株数等に端数がある場合
同一会社の株式について贈与により取得したものと相続(又は遺贈)により取得したものがある場合の特定事業用資産の特例の適用順序
特定受贈同族会社株式等として届け出た法人が特定贈与者に係る相続開始の日までに倒産により解散した場合の特例の適用の可否
 
特定贈与者の相続開始時に上場していた特定受贈同族会社株式等に係る特例の適用の可否
選択特定事業用資産として選択した複数の法人に係る株式のうち1法人について特定事業用資産相続人等の要件を満たしていないことが判明した場合の特例の適用の可否
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!