保険料控除申告書の受理と内容の確認 地震保険料控除 証明書類の添付 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 保険料控除申告書の受理と内容の確認 地震保険料控除 地震保険料の控除額の計算

年末調整のしかた

保険料控除申告書の受理と内容の確認

地震保険料控除 地震保険料の控除額の計算

保険料控除申告書に記載されている地震保険料の控除額が、次により正しく計算されているかどうかを確かめます。

 
支払った保険料等の区分
支払った保険料の金額
地震保険料の控除額
地震保険料等に係る契約のすべてが地震等損害により保険金や共済金が支払われる損害保険契約等に該当するものである場合
その年中に支払った地震保険料の金額の合計額(最高5万円)
地震保険料等に係る契約のすべてが長期損害保険契約等に該当するものである場合 旧長期損害保険料の金額の合計額 10,000円以下 その合計額
10,000円超
20,000円以下
(支払った保険料の金額の合計額)×1/2+5,000円
20,000円超 15,000円
①と②がある場合 ①、②それぞれ
計算した金額の合計額
50,000円以下 その合計額
50,000円超 5万円

(注)

1 ここでいう地震保険料等とは、地震保険料控除の対象となる地震保険料及び旧長期損害保険料をいいます。


2  一つの損害保険契約等が、地震等損害により保険金や共済金が支払われる損害保険契約等と長期損害保険契約等のいずれの契約区分にも該当する場合には、選択によりいずれか一方の契約区分にのみ該当するものとして、地震保険料控除の控除額を計算します。


3 地震保険料の控除額の計算において算出した金額に1円未満の端数があるときは、その端数を切り上げます。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!