〔参考〕(特定増改築等)住宅借入金等特別控除額の計算 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 〔参考〕(特定増改築等)住宅借入金等特別控除額の計算

年末調整のしかた

〔参考〕(特定増改築等)住宅借入金等特別控除額の計算

住宅借入金等特別控除額の計算 イ

平成21年分の所得税について、年末調整の際に適用を受けることとなる(特定増改築等)住宅借入金等特別控除の控除額、所得要件及び対象となる家屋の床面積要件は、次のようになります。

1 住宅借入金等特別控除
イ 本則

住宅を居住の用に供した日 各年分の控除額 所得要件 床面積要件
平成11年1月1日から
平成13年6月30日まで
①1~6年目
(住宅借入金等の年末残高の合計額のうち5,000万円以下の部分の金額)×1% (最高50万円)
②7~11年目
(住宅借入金等の年末残高の合計額のうち5,000万円以下の部分の金額)×0.75% (最高37.5万円)
③12~15年目
(住宅借入金等の年末残高の合計額のうち5,000万円以下の部分の金額)×0.5% (最高25万円)
3,000万円以下 50㎡以上
平成13年7月1日から
平成16年12月31日まで
全期間(10年間)
(住宅借入金等の年末残高の合計額のうち5,000万円以下の部分の金額)×1% (最高50万円)
平成17年1月1日から
12月31日まで
①1~8年目
(住宅借入金等の年末残高の合計額のうち4,000万円以下の部分の金額)×1% (最高40万円)
②9~10年目
(住宅借入金等の年末残高の合計額のうち4,000万円以下の部分の金額)×0.5% (最高20万円)
平成18年1月1日から
12月31日まで
①1~7年目
(住宅借入金等の年末残高の合計額のうち3,000万円以下の部分の金額)×1% (最高30万円)
② 8~10年目
(住宅借入金等の年末残高の合計額のうち3,000万円以下の部分の金額)×0.5% (最高15万円)
平成19年1月1日から
12月31日まで
①1~6年目
(住宅借入金等の年末残高の合計額のうち2,500万円以下の部分の金額)×1% (最高25万円)
②7~10年目
(住宅借入金等の年末残高の合計額のうち2,500万円以下の部分の金額)×0.5%(最高12.5万円)
平成20年1月1日から
12月31日まで
①1~6年目
(住宅借入金等の年末残高の合計額のうち2,000万円以下の部分の金額)×1%(最高20万円)
②7~10年目
(住宅借入金等の年末残高の合計額のうち2,000万円以下の部分の金額)×0.5% (最高10万円)

(注)上記の算式により計算した金額に100円未満の端数があるときは、これを切り捨てます。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!