税金Q&A 法人税基本通達9-6-1(3)ロに該当する貸倒損失(特定調停) | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 法人税基本通達9-6-1(3)ロに該当する貸倒損失(特定調停)

税金Q&A

法人税基本通達9-6-1(3)ロに該当する貸倒損失(特定調停)
【Q】

特定調停により放棄(切捨て)することとなる金額が法人税基本通達9-6-1(3)ロ((金銭債権の全部又は一部の切捨てをした場合の貸倒れ))に該当し、貸倒れとして損金の額に算入できる場合とは、どのような場合でしょうか。


【A】

特定調停により放棄(切捨て)することとなる金額が、法人税基本通達9-6-1(3)ロに該当し、貸倒れとして損金の額に算入できる場合としては、①債権者集会と同様に大部分の債権者が特定調停手続に参加し、②負債整理が合理的な基準(注)により定められている場合などがこれに該当します。

(注) 「合理的な基準」とは、一般的に、すべての債権者についておおむね同一の条件でその切捨額等が定められているような場合をいいますが、例えば、少額債権者については優先的に弁済するようなことも、状況次第によっては「合理的な基準」に該当するものと考えられます。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!