税金Q&A 特定調停事案における支援者の範囲の相当性、支援割合の合理性 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 特定調停事案における支援者の範囲の相当性、支援割合の合理性

税金Q&A

特定調停事案における支援者の範囲の相当性、支援割合の合理性
【Q】

特定調停事案における支援者の範囲の相当性、支援割合の合理性は、どのように検討するのでしょうか。


【A】

子会社等を整理・再建するためのいわゆる再建支援等事案については、支援者と被支援者との事業関連性の度合い等をみて支援者の範囲の相当性、支援割合の合理性を検討することとしています。
特定調停における債権者と特定債務者との事業関連性は、一般的に融資関係に留まるものと考えられ、その融資の発生原因や融資残高等をみて支援者の範囲の相当性、支援割合の合理性を検討することとなります。
なお、融資関係以外の事業関連性(出資、役員派遣等)がある場合には、その事業関連性を含めて検討することとなります。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!