税金Q&A 生存給付金付定期保険に基づく生存給付金に係る一時所得の金額の計算 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 生存給付金付定期保険に基づく生存給付金に係る一時所得の金額の計算

税金Q&A

生存給付金付定期保険に基づく生存給付金に係る一時所得の金額の計算
【Q】

生存給付金付定期保険契約に係る生存給付金を受け取った場合、生存給付金に係る一時所得の金額の計算上「収入を得るために支出した金額」はどのように計算するのでしょうか。

《生存給付金付定期保険の概要》

被保険者……加入時の年齢が6歳から25歳の者
保険期間……15年間
保険金額……300万円から1,000万円まで
生存給付金…契約後5年毎に被保険者が生存している場合、生存給付金受取人に対し保険金額の一定率の金額を支払う。


【A】

生存給付金を受け取った場合のそれぞれの収入を得るために支出した金額は、その時点での払込保険料の累計額(過去に生存給付金を受け取っている場 合には、生存給付金に係る一時所得の金額の計算上控除した金額を除きます。)とし、その生存給付金がその支出した金額に満たないときは、その給付金相当額 をもってその給付金を得るために支出した金額とします。

(注) 生存給付金の受取りの際に、積み立てた社員配当金を一括して受け取ることとしている場合には、生命保険料控除額の計算に当たって、社員配当金の額はその支払を受けた年中の生命保険料の額から控除します(所得税法第76条第1項第1号かっこ書き)。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!