税金Q&A 相続により取得した住宅に係る借入金 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 相続により取得した住宅に係る借入金

税金Q&A

相続により取得した住宅に係る借入金
【Q】

父子は持分を共有する住宅を取得し住宅借入金等特別控除を受けていました。
その後、父の死亡によりその子が父の持分(家屋及び借入金)を相続した場合、父の持分について住宅借入金等特別控除の適用はありますか。


【A】

相続により取得した住宅については、住宅借入金等特別控除の対象となりません。

相続により住宅を取得するとともに借入金を継承しても、その借入金は相続による債務の継承であり住宅を取得するための借入金ではないため、住宅借入金等特別控除を適用することはできません。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!