税金Q&A 身体障害者手帳の交付を受けている者が保護者である場合の障害者等の範囲 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 身体障害者手帳の交付を受けている者が保護者である場合の障害者等の範囲

税金Q&A

身体障害者手帳の交付を受けている者が保護者である場合の障害者等の範囲
【Q】

身体障害者が15歳未満の場合には、身体障害者手帳はその保護者に交付することとされていますが、所得税法の規定上、「身体障害者福祉法第15条 第4項の規定により身体障害者手帳の交付を受けている者」が障害者等に該当するものとされているため、現に交付を受けている保護者が障害者等のマル優制度 の適用対象者である障害者等に該当することとなりますか。


【A】

身体障害者本人が障害者等に該当することとなります。

障害者等マル優制度の適用対象者となる障害者等の範囲については、所得税法第10条《障害者等の少額預金の利子所得の非課税》において、「身体障 害者福祉法第15条第4項《身体障害者手帳の交付》の規定により身体障害者手帳の交付を受けている者……その他これらの者に準ずる者として政令で定めるも の……」とされています。
身体障害者福祉法第15条4項により身体障害者手帳の交付を受けている者とは、同項において、「……該当すると認めたときは、申請者に身体障害者手帳を 交付しなければならない」とされていますが、この申請者とは同条1項において、「……本人が15歳に満たないときは、その保護者が代わって申請するものと する」とされており、障害を有する本人が15歳未満である場合には、その保護者は本人に代わって手続上申請をしているに過ぎず、保護者が手帳の交付を受け る有資格者ではなく、その交付を受けた効果は本人に帰属すると解されます(保護者が交付を受けたとしても、そのことで障害者としての取扱いを受けるもので はありません。)。
また、障害者等のマル優制度において、所得税法が非課税としてその対象としたのは、障害を有する者及び寡婦であり、この趣旨からみても、その保護者や後見人を非課税の適用対象者とすべき合理的な理由はありません。
したがって、障害者等の範囲における「身体障害者手帳の交付を受けている者」とは、障害を有する本人をいい、手続上手帳の交付を受ける保護者は該当しないこととなります。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!