税金Q&A 退職金を分割支給した場合の源泉徴収税額の計算 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 退職金を分割支給した場合の源泉徴収税額の計算

税金Q&A

退職金を分割支給した場合の源泉徴収税額の計算
【Q】

本年3月に勤続30年で退任した取締役Aについて、株主総会において5,000万円の退職金を支給することが決議されましたが、資金繰りの都合から7月に3,000万円、12月に2,000万円と2回に分割して支給することとしました。
この場合の源泉徴収税額はどのように計算すればよいのでしょうか。


【A】

まず、退職金総額5,000万円について源泉徴収すべき税額を計算し、その税額を各回の支給金額であん分して計算することとなります(所得税基本通達183~193共-1、201-3)。
照会の場合、具体的には次のようになります。

(1) 勤続30年に対する退職所得控除額……800万円+70万円×(30年-20年)=1,500万円

(2) 退職金所得金額の計算……(5,000万円-1,500万円)×1/2=1,750万円

(3) 源泉徴収すべき税額……1,750万円×33%-153.6万円=423.9万円

(4) 7月に徴収する税額……423.9万円×3,000万円/5,000万円=254.34万円

(5) 12月に徴収する税額……423.9万円×2,000万円/5,000万円=169.56万円

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!