税金Q&A 競落した資産の取得時期 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 競落した資産の取得時期

税金Q&A

競落した資産の取得時期
【Q】

① 平成×年12月 競落許可決定

② 平成×+1年1月 競落代金支払い

上記の経過を経て取得した土地があります。資産の取得時期は所得税基本通達33-9により資産の譲渡の時期の取扱いに準ずるものとされています が、競落許可決定の日を所得税基本通達36-12に規定する譲渡契約の効力の発生の日に相当するものとして、この土地の取得時期を競落許可決定の日とし、 譲渡所得の申告をして差し支えありませんか。


【A】

競落した資産の取得の日については、売買により他から取得した場合の取扱いに準じて、原則的には、資産の引渡しを受けた日によることになりますが、競落許可決定の日を取得の日として申告することも認められます。
なお、競売に係る資産の譲渡時期についても、競落許可決定の日を譲渡時期として申告することも認められます。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!