税金Q&A 換地処分の場合の圧縮記帳の経理等 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 換地処分の場合の圧縮記帳の経理等

税金Q&A

換地処分の場合の圧縮記帳の経理等
【Q】

1 圧縮引当金を有する土地が換地処分になったため、再び圧縮記帳をする場合、圧縮引当金をそのまま存置して差し支えありませんか。

2 換地処分の圧縮記帳についても、交換の圧縮記帳の場合の法人税基本通達10-6-10((交換により取得した資産の圧縮記帳の経理の特例))の取扱いと同様に、損金経理により取得資産の帳簿価額を減額しない経理が認められますか。


【A】

1、2とも照会意見のとおりで差し支えありません。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!