酒類販売業者として留意すべき事項 通信販売酒類小売業免許申請書の書き方6~8 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 酒類販売業者として留意すべき事項 通信販売酒類小売業免許申請書の書き方6~8

酒税関連情報

酒類販売業者として留意すべき事項

通信販売酒類小売業免許申請書の書き方6~8

6 「既に有している主たる酒類販売場の明細」欄には、既に免許を受けている酒類販売場のうち主たる酒類販売場の所在地、名称及びその所在地を所轄する税務署名を記載してください。


7 関係書類は、18頁「Ⅳ 申請書類一覧表」の必要書類を添付し、54及び55頁「通信販売酒類小売業免許申請書チェック表」により添付漏れがないか確認してください。
なお、この冊子の添付書類の記載例は一例ですから、実際に必要な添付書類及びその作成方法等については、必要に応じて税務署の担当酒類指導官に確認してください。


8 ※欄は、「税務署処理」欄ですから記載しないでください。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!