社会的要請への適切な対応 公正な取引の確保 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 社会的要請への適切な対応 公正な取引の確保

酒税関連情報

社会的要請への適切な対応

公正な取引の確保

独占禁止法では、公正かつ自由な競争を促進し、一般消費者の利益を確保するとともに、国民経済の民主的で健全な発達を促進することを目的として、事業者による不当廉売、差別対価などの不公正な取引方法及び不当な取引制限を禁止しています。


公正取引委員会では、酒類の流通における公正な競争の一層の確保を図るため、平成12 年11 月に「酒類の流通における不当廉売、差別対価等への対応について」を、平成13 年4月に「酒類の不当廉売に関する考え方の明確化について」(これらを併せて「酒類ガイドライン」といいます。)を発出し、酒類市場の公正な競争の確保に取り組んでいます。


国税庁においても、公正な競争による健全な酒類産業の発展を確保する観点から、平成10 年4月に「公正な競争による健全な酒類産業の発展のための指針」(以下「指針」といいます。)を発出し、すべての酒類業者が尊重すべき酒類の取引に係る公正なルールに関する考え方を示し、酒類販売の公正な取引環境の整備に努めています。


独占禁止法の規定及び「酒類ガイドライン」や「指針」に十分配意した酒類の取引を行うよう心掛けてください。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!