税金情報 控除額の計算又は所得税の軽減額 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 控除額の計算又は所得税の軽減額

税金Q&A

税金情報

控除額の計算又は所得税の軽減額

① 所得税法(雑損控除)
控除額は次の〈イ〉と〈ロ〉のうちいずれか多い方の金額です。
〈イ〉 差引損失額-所得金額の10分の1
※差引損失額=損害金額-保険金などによって補てんされる金額
〈ロ〉 差引損失額のうち災害関連支出の金額-5万円
※災害関連支出=災害により滅失した住宅、家財を除去するための費用や豪雪による家屋の倒壊を防止するための屋根の雪下ろし費用など


② 災害減免法
その年の所得金額
500万円以下 全額免除
500万円超  750万円以下 2分の1の軽減
750万円超 1,000万円以下 4分の1の軽減

 

参考事項
① 所得税法(雑損控除)
災害等に関連してやむを得ない支出をした金額についての領収書を確定申告書に添付するか、確定申告書を提出する際に提示することが必要です。
損失額が大きくて、その年の所得金額から控除しきれない金額は、翌年以後3年間に繰り越して各年の所得金額から控除できます。


②  災害減免法
原則として損害を受けた年分の所得金額が1,000万円以下の人に限ります。
「損失額の明細書」を確定申告書に添付することが必要です。


(注)生活に通常必要でない資産とは、別荘や競走馬、1個又は1組の価額が30万円を超える貴金属、書画、骨とう等をいい、これらの資産についての災害等による損失は雑損控除の対象とはなりませんが、その年か翌年に総合課税の譲渡所得があれば、その所得から控除できます。


※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!