税理士コラム | 税理士紹介25年、税理士紹介のパイオニア「税理士紹介センタービスカス」

税理士 紹介ビスカス > 税理士コラム

税理士コラム

吉田信康税理士事務所ブログ

夢をかなえるゼイ 私の脱サラ日記 その13

2010.08.11

税理士試験初受験!


企画マンとして必要に迫られて税金の勉強でした。
このあたりから「税理士になりたい指数」がだんだん上昇してきます。
でもこの時点では、「脱サラ指数」は一向にあがらなかったのですね。
なぜなら、この企画の仕事が面白くてしかたがなかった。
結果的に開発できなかったものの、当時の大蔵省とか通産省にも
出入りできたのですね。
これはやはり野村證券の持つカンバンの力だったのでしょうか。
日本で一番でかいローファーム(法律事務所)とも
何度も交渉したりして本当に面白かった・・・。
いくらでも経費が使えたし。

だから、税理士として独立しようなんてことは思わず、
この社内で活躍する税理士にあこがれたのですね。
「これからは金融自由化がますます進む」
「金融証券・不動産に強い税理士は間違いなく必要とされる」
そう思ったのですね。
やはり金融証券に圧倒的な地位を築いていた野村證券という
組織もやはり大事だとも思っていた。
だからこそ、辞めようなんて事も思っていなかったのです。
「企業内弁護士」という言葉が使われ出した頃でした。
やがて「企業内税理士」が必要とされる。
そう確信めいたものも持っていました。


ただ、ここで肝心なのは、「税理士という職業が何をやるか」
それと肝心なのは「税理士試験というのはどういうものか」
分からなかったのですね。

当時は簿記検定2級を持っていました。
だから、きっと簿記検定1級ほど難しくもなく、
「簿記検定 1.5級」くらいにしか思わなかったのでしょうね。

この年初めて税理士試験の簿記論を受験してみます。
一応そのために夏休みまで取って。
実際に試験勉強なんか特別にしていません。
まあ
とりあえず受けてみようか。くらいの軽いのりで・・。

こんな受験生はいなかったでしょうね・・・。
税理士試験を甘く見ていたのですね。
これはブログ「ガンバレ受験生」にアップしたネタです。(このブログ)
本当にダルマさんで、試験にまったく手も足も出ませんでした・・・。


ブログトップページ

最近の記事
カレンダー
カテゴリ
税理士紹介ビスカス
コメント
アーカイブ